増田塾紹介動画

YouTubeにて公開している増田塾紹介動画です。どうぞご覧ください。

高卒生版 高卒生版動画 現役生版 現役生版動画
講師紹介 入塾説明会 合格実績 メディア実績 資料請求

合格体験記

2018年合格体験記

これからご紹介するのは、今年度増田塾に在籍していたOB・OGによる合格体験記となります。

当塾のカリキュラムや授業の様子などのご参考にしていただけますと幸いです。

慶應義塾(文) / 上智(文) / 青山学院(法) / 立教(法) / 中央(法)

小野寺 翔さん

自発力は強制力の先に生まれると言われたことがあります。私はもともと自発的に勉強するということができなかったので、その言葉を思い出し、「強制自習」を掲げる増田塾に入塾しました。傍から見れば、監獄生活でしたが、毎週あるチェックテストが小さな目標の積み重ねとして私の1年間を成り立たせていたため、自然と苦は感じませんでした。そして、これは私だけでなくチェックテストに励んだ増田塾生は誰もが経験することだと思います。入塾した際、スタッフの方が「私たちはあなたたちの地図だ」とおっしゃいました。闇雲に進み続けるより、地図に従った方が近道だと改めて気づかされた1年間でもありました。1年間ありがとうございました。

立教(法) / 学習院(文)

中川 真緒さん

増田塾に入塾するまでは、学校では授業中常に寝ていて、学年順位はいつも下から10番以内、評定平均は2.9でした。たまに、勉強しようと思って自分の部屋にこもってもだいたいSNSか寝落ちで終わり、1人では全く出来ませんでした。高1の頃からそんなだったので、勉強の仕方も習慣も基礎も何もありませんでした。でも、強制自習、毎週のチェックテスト、大手予備校ではあり得ないほど面倒見の良い先生達、スタッフさんのいる増田塾のお陰で、こんな私でも目に見えて成績が上がりました。クラス替えやチェックテストの結果を貼り出したランキングも私の勉強のやる気を刺激してくれました。増田塾に入っていなかったら今頃浪人が決まっていたんじゃないかなと思います。本当に増田塾に入ってよかったです、ありがとうございました。

早稲田(文/教育) / 慶應義塾(文) / 上智(外国語/文) / 青山学院(総合文化政策) / 法政(文)

星 朱音さん

私はどこの塾に入ったから絶対に第1志望に受かる、という話はないと思います。増田塾の強制自習も、ただそれを受け身でやらされているだけでは思うように成績は上がりません。ただ、この強制自習という勉強スタイルをどのように受け取り、どのように付き合って行くかで合格するかどうかの分かれ道で迷うことが少なくなります。大切なのは自分が主体となって勉強する意識を持つことです。それから長い大学受験と上手く付き合って行くためには、受験を終えた先の将来を見据えて頑張ることも大切です。私は英語を勉強するのが嫌になってきたときに、「どうせ大学でも英語は使うし今勉強しといて損はないよなあ」と自分を励ましながら勉強に取り組んでいました。与えられた環境で頑張れる力は、どこに行っても自分の助けとなってくれます。強制自習や、増田塾での生活は決して甘いものではないですが、そこで頑張った経験は人生の中でかけがえのない思い出になるはずです。

慶應義塾(文) / 立教(社会) / 学習院(文)

森田 栞さん

増田塾に入った時点で、私の成績は上位大学を目指せるような成績とは程遠いものでした。しかし、日々のテストをこなし、先生からご指導頂いたとおりに勉強するうちに、強制自習のシステムにも慣れ、現役生にはもちろん、高卒生にも絶対に負けたくない、と考えるようになりました。思うように成績が上がらず辛くて挫けそうな時、話を聞いてくれた塾の友達、両親を始め、講師の先生方、スタッフさんへ、合格通知という形で感謝の気持ちを表したいと思っていたので、慶應義塾大学の合格が分かった時は本当に嬉しかったです。増田塾は、意欲があり、諦めない気持ちを持っている限り、受験生を合格に導いてくれる予備校です。他の予備校よりもずっと厳しいところですが、そのような環境で1年間勉強し続けたことで、改めて自分と向き合い直し、精神力を鍛えることが出来ました。入塾を考えている方がいれば、自信を持ってお勧めしたいと思います。最後になりますが、1年間支えてくださった方々に、重ねてお礼申し上げます。

明治(法)

吉野 瑞記さん

私は、誘惑が多い家ではほとんど勉強することが出来なかったので、強制自習の制度はとても魅力的でした。また、毎週あるチェックテストではランキングが出るのでそれに載ろうと必死に勉強したので、自然と勉強する習慣が身につきました。そして、授業では、少人数制なので先生との距離も近く、授業中に指名されたりするのでより授業に集中することができ、気軽に質問や相談することが出来ました。面談では、今の自分の成績と志望校までの距離を見据え、今何をどれくらいやったらいいのかという細かいところまで指導して頂けたので、自分がやらなければならない事をはっきりと知ることができ、より効率よく勉強する事が出来ました。増田塾は、自分にぴったりすぎる塾でした。この塾を選んで良かったと心から思います。増田塾のおかげで志望校に合格することが出来ました! 本当にありがとうございました。

早稲田(商) / 慶應義塾(文) / 青山学院(法) / 立教(法/コミュニティ福祉) / 学習院(法)

平野 浩太郎さん

増田塾は生徒のことを第一に考えた塾です。まず、増田塾はチェックテストなどを通して私たちの合格に必要な道筋を示します。私はこれで自分に今足りない力を把握し効率よく勉強することができました。また、増田塾では強制自習制度を取り入れています。これがなければ 私の合格はなかったです。私大文系の入試は努力量や勉強時間によって決められると言われますが 本当にその通りだと思います。自分の弱さと向き合うためにはこういった環境が必要でした。最後に、先生方やスタッフの方々、チューターの先輩方には、いつも親身になって相談にのっていただきました。増田塾にはこの他にも生徒のために用意されたシステムが多くあります。こういったものがなければ慶應に行くことは叶わなかったと思います。本当に一年間ありがとうございました。

上智(文) / 明治(文) / 中央(文)

秋池 苑子さん

私は高校生の時は運動部だったのでずっと部活を言い訳にしたりというように、自己管理して勉強を行うのが全く出来なかったので、増田塾の浪人生として受験勉強を始めました。増田塾の強制自習と毎週のチェックテストは自己管理の出来ない自分に日々の勉強の目標を与えてくれました。チェックテストは時間をかけてでも確実に勉強をこなせば結果が付いてくるものだったので、夏期から徐々に高くなる難易度に対しても前期中に固めた基礎を再び固め直してステップアップに繋げられました。毎週、全国の校舎のランキングや、自分の所属校舎内での自分のランキングが張り出されるので毎週上位ランキングに載ろうという気合を保ち続けることが出来ました。毎週少しずつ基礎を固めることは後期に行う応用問題や過去問を解く上で確実に不可欠なことである事を身をもって実感しました。また、自分が第一志望校に受かったのは自分の力だけではなく、家族や増田塾のスタッフの方、先生方、チューターの方の存在あってこそであることを確信しています。今まで本当にありがとうございました。

青山学院(経営) / 中央(総合政策) / 法政(経済)

櫻庭 里那さん

増田塾に入ってよかったところは、英語については私に足りなかった基礎をしっかりと埋められたところです。基礎を埋めたことにより、現役時代より偏差値が10も上がりました。また、夏休みの長文課題や先生が作った早慶上智などに特化した文法教材をやって応用力も養うことができました。選択科目では私は世界史でしたが初学だったためほぼ何も分からない状態でした。しかし先生のテキストを覚えていったら本番の入試で見たことのない言葉はほぼありませんでした。苦手だった正誤問題も毎回のチェックテストを繰り返すことで克服できました。そして、なによりも強制自習で培った自信が入試本番で活きたと思います。

明治(法) / 立教(法) / 法政(経済)

合田 心平さん

高校3年の冬まで部活を続けていた自分は「どうせ浪人だろうなー」と3年間一切勉強をせず、3年次の英語の偏差値は39でした。そんな自分でも甘えずに1年間勉強を出来る予備校は無いのかと探していたところ増田塾に出会いました。3年間勉強をしていなかった自分には強制自習は身体的にも精神的にも辛いものがありましたが強制されている状況とその中でも黙々と勉強を続ける仲間に触発され毎日夜遅くまで残り続けました。最底辺からスタートした偏差値は勉強量と比例してぐんぐん伸び高校時代70点だったセンター試験の英語では185点を取り、MARCHをセンター利用で取れるほどに成長しました。増田塾での1年間は今まで経験したことの無い1年間で本当に大変なものになると思いますが、自分と同じようにフリーな空間で甘えてしまう方は強制自習という制度の下に1年間身を置いてみては如何でしょうか?厳しい空間で共に頑張り続ける仲間と切磋琢磨をしあい大学を目指す経験をできるのは増田塾だけだと思います。

明治(政治経済) / 立教(コミュニティ福祉)

尾野 友紀奈さん

私は、高校2年生まで勉強するという習慣がなく、さらに定期テスト前ですら家で勉強に集中することができず他のことをしてしまうので、高3になった時に自分を勉強しかできない環境に身を置こうと思い入塾しました。私が増田塾に入って良かったことは自習時間が多く取れることはもちろん、毎週テストがあったことです。テストがあることで復習のメドが立てやすくどの教科も良いバランスでやることができました。私が第一志望に合格できたのは増田塾の他の塾とは違う独自の私立文系のための制度に加えて、各教科の講師の先生方や毎回的確な指導をしてくださる面談などがあったからだと思います。増田塾のおかげで1年間で偏差値が10上がり、模試の校内偏差値でもかなり上位をキープし続けることができました。また受験勉強だけでなくスタッフや講師の先生方のお話から人生の糧となるたくさんのことを学べました。私の人生を変えてくれた場所といっても過言ではありません。増田塾を選んだ自分は正しかったと自負しています。難関私立文系大学を目指すなら絶対増田塾がいいと思います!1年間本当にありがとうございました。

青山学院(文)

岡本 千奈さん

【心が変われば態度が変わる。態度が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる。】私の尊敬する方に教わった言葉です。増田塾は私に大きなものをくれました。それは知識だけではありません。人格、そして人生をも変えてくれました。大袈裟だと笑う人もいるかもしれませんが、これは事実だと胸を張って言うことができます。合格の秘訣は何かと言われると、特にありません。ただ、この増田塾で言われたことを1つずつこなしただけです。ここにはどんな大学にも対応できる合格カリキュラムが備わっています。上手くいく人といかない人の違いはただ1つだと思います。成功者は日々のテストで8割をとり「よし!」とは言わないでしょう。1点でも多く取りたい貪欲さが受験には不可欠です。最後に、親に「ありがとう」という言葉が恥ずかしくて言えなかった私が、合格発表直後泣きながら「1年間支えてくれて本当にありがとうごさいました。」と言えるほど増田塾は私を成長させてくれました。感謝しかありません。本当にありがとうございました。

早稲田(人間科) / 立教(現代心理)

大島 夏美さん

私が増田塾を選んだ理由は、合格保証制度があったからです。苦しむ期間がみんな平等に10ヶ月間と決まっているなら、誰よりも苦しみ抜いて合格保証を取ってやろうと心に誓いました。そうは言うものの私は英語が中学生の頃から大の苦手で、偏差値は50程度。古文は動詞の活用形以外は覚えておらず、挙げ句の果てに選択科目の政治経済と漢文は初学。最初は周りのペースについていくだけでも大変で、正直足元にも及びませんでした。ですが、毎回のチェックテストを満点狙いで勉強していくことで自然と周りとの差が縮まり、最終的にはすべて上位のクラスになって、気づけば春に誓った合格保証も手に入れていました。増田塾はやらなければいけないことがすべて決まっているので、自分であれこれ考えて寄り道することなく勉強することだけに力を注ぐことができます。それが英語偏差値50の私が最難関の早稲田大学に合格できた理由だと思います。逃げてしまう弱い自分やダメダメな自分を変えたい、そんな気持ちを持っているのなら私は増田塾を強く推奨します。最後になりましたが、先生方やチューターさんをはじめ、スタッフさんなど多くの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。

青山学院(経営) / 法政(経済)

吉住 慎太郎さん

正直、現役時代は大学受験というものを舐めていました。なんの根拠もなく、どこかには受かるだろうと思っていましたが、やはり甘くはなく、全ての受験校に落ちるという結果になりました。原因は明らかに勉強不足でした。僕は勉強が大嫌いなのでどうしても自発的に勉強できません。よって強制的に勉強に取り組む環境がある増田塾を選びました。 増田塾での勉強生活は大変でした。ですが、合格発表した今だからこそそれが必要なことだったのだと分かります。やはり、何か大きな目標を達成するためには辛いのは当たり前のことだということを今年一年で思い知らされました。増田塾での生活は辛いけれども、素晴らしいものでした。増田塾で過ごした時間は僕の財産です。本当にありがとうございました。

上智(総合人間科) / 法政(経営) / 学習院(経済)

廣田 晋さん

僕は現役の時に私立大学全落ちの状態で浪人が決定しました。そこで強制自習制度のある増田塾を選びました。最初の1~2週間は、現役の時にろくに勉強してこなかった自分にとってはとても苦しくすぐにでも投げ出して辞めたいと思うものでした。それでも最初の1ヶ月を超えるとやる気も出てきて22:00まで残って勉強する体力もついてきて楽しくなってきました。そしてチェックテストでも点数が取れるようになり、毎週更新されるランキングを見るのが受験勉強の励みになりました。そして自分に自信を持てるようになり受験本番の時には絶対に受かると思えるようにもなりました。増田塾で頑張っていれば必ず結果が出ます。予備校を増田塾に選んでよかったと心から思います。本当にありがとうございました。

早稲田(文化構想/教育 ) / 明治(政治経済/法/情報コミュニケーション/経営) / 中央(経済/商) / 法政(経営)

久田 海斗さん

自分は現役時代は一つも合格を貰えず、浪人が決定しました。自分は正直1人で計画的に勉強ができる人間ではなかったので、この増田塾がピッタリだと思い選びました。塾での勉強生活は大変なものでしたが、先生方の授業は非常に分かりやすく、もしこの授業がなかったら早稲田は絶対無理だったと断言できます。また、この塾を選んだもう一つの理由は合格保証です。これは増田塾のカリキュラムをこなせば早慶に行けることを保証してくれる素晴らしいシステムです。合格保証を取るためには努力を要するのは当然ですが、頑張れば取れるものだと思いました。この合格保証のおかげで少し気を楽に本番に挑めたと思います。増田塾の二本柱とも言え る強制自習、合格保証(合格保証をとるための勉強を含む)のおかげで合格できたと自信を持って言えます。一年間本当にありがとうございました。

早稲田(文) / 明治(法/政治経済) / 立教(法)

忠 稜介さん

僕が考える増田塾の一番の魅力は強制自習制度にあると思います。たしかに自分で計画を立てて勉強できる人には必要無いと思います。しかし、そんな人はあまり多くはなく、ほとんどの人は、どこかに自分に甘い部分があると思います。僕もそのうちの一人で、浪人が決まった時に自分の弱さを自覚し、あえて厳しい環境に自分を置くことを決意しました。もちろん最初は辛いですが、毎週のチェックテストで友達に勝ちたいといった気持ちで勉強してるうちに、朝から夜まで勉強漬けの生活にも慣れ、1日が過ぎるのが早く感じました。また、先生方の授業もとても分かりやすく、模試や過去問演習の得点に直結しました。受験直前期には、1年間誰よりも多く勉強したという自信が強みにもなりました。春に増田塾を選んでいなければ、早稲田大学に合格することはできなかったと思っています。

早稲田(人間科) / 慶應義塾(法) / 上智(経済) / 明治(法)

海老澤 シェリさん

僕の通っていた高校は県内でも中の下、偏差値で言えば50前後で毎年一番高い所でマーチに一人進学するかどうか、そんなような高校でした。しかし、僕はプライドだけは高く、レベルの高い大学だけを受験し、当然ながら浪人をすることに決まってしまいました。そして、強制自習という特殊なシステムに魅力を感じて増田塾に通うことを決めました。僕は現役時代、理系に在籍し数学を利用して文系の私立大学を受けていたのですが、浪人時は受けられる大学の幅を広げるために日本史を使うことを決めました。日本史の知識は0に近く本当に受験に使えるまでになるのかが不安でした。しかし、理解しやすいように工夫された授業やチューターが相談に乗ってくれたりとそんな不安はすぐに吹き飛びました。そして、僕の日本史の偏差値も第2回の模試までには、73まで上がりました。また、英語と国語の授業は一番最初から志望校のレベルまで上げるようにと段階を踏んでおり、とてもわかりやすく成績もどんどん上昇していき、最終的には早慶模試でも成績優秀者のランキングに載るまでいきました。僕は増田塾に在籍していた期間、成績の上昇が止まったと感じたことはありません。この塾では自分で求めれば求めるほど実力がつきます。この塾で過ごした約1年間弱は人生の中でもとても貴重な体験になりました。

青山学院(地球社会共生) / 立教(観光) / 法政(現代福祉)

石川 咲良さん

部活を引退してからは入試にむけてどのように計画を立てたら良いのか不安でしたが、毎週のチェックテストを身近な目標とすることで、目標を見失うことなく着実に力をつけている実感を得ることが出来ました。また、今の自分に必要なものが何なのか時期によって導いて頂きました。例えば、過去問を解く時期や何に重きを置けばいいのかなど、丁寧にアドバイスして頂きました。なので、最後まで自分のやっている勉強に自信が持てました!増田塾にはいつでも事務の方に相談したり、チューターさんや先生に質問できる環境があり、暖かい雰囲気に何度も救われましたし、時にやる気が出ない時にはピリッと姿勢が伸びるような言葉をかけていただき、モチベーションを保ち続けることが出来ました!受験勉強だけでなく、臨む姿勢や、礼儀、色々なことを教えていただいたことにとても感謝しています。ありがとうございました。

早稲田(社会科/人間科) / 慶應義塾(文) / 明治(政治経済/商)

阿部 雄大さん

現役時代にMARCH全落ちで、一年間の浪人生活で早慶共に合格することができたのは間違いなく増田塾のおかげです。私が増田塾に入塾することを決めた理由は、強制自習と合格保証という2つの制度の存在でした。もともと意思が弱く、自分に甘い性格だった私にとって、強制自習は最高の制度でした。毎朝9時半から夜の10時まで勉強を一年間続けた結果、偏差値が10以上も伸びました。ときには辛い時もあり、逃げ出したくなった時もありましたが、この制度のおかげで我慢して勉強に励むことができ、無事第一志望に合格できました。また、合格保証という制度は、合格できなかったら授業料全額返金という私にとって前代未聞の制度でした。合格保証を獲得するにはそれなりの苦労はありましたが、受験本番では「合格保証を取れたから大丈夫だ」と心の支えになりました。最後に第一志望に合格できたのは、講師の方々やスタッフさん、チューターさんなどさまざまな方の支えがあったからです。一年間ご指導ありがとうございました。

青山学院(経営) / 法政(社会)

土谷 賢良さん

合格保証、強制自習。この2つの言葉に惹き付けられ僕はこの増田塾に入りました。何をやればいいかわからなかった僕は毎回のチェックテストで合格点を目指して頑張るようになりました。また、現役生の自分にとって周りが浪人生ばかりというのは非常に勉強のモチベーションになり、ここでサボったら浪人生にまた差を付けられると思い、スキマ時間なども勉強することができました。特に夏休みは勉強時間だけはどの受験生より負けない!という目標を持ち、頑張りました。夏休み明けには苦手だった日本史の偏差値が70弱まで上がりました!最後までリズムを変えずに勉強し、英語と日本史は得意科目といえるまでになりました。この増田塾で僕は頑張ることの大切さを学びました。本当にこの塾に入って良かったと思います! 最後にお世話になった家族、先生方、スタッフの皆様、チューターさん、本当にありがとうございました!

上智(経済) / 明治(商/経営) / 法政(経済) / 学習院(経済)

宮下 晃輔さん

私は現役時代自己管理がうまくできずに、一日一日ただ漠然と勉強していただけで、明確な目標などあまりもっていませんでした。増田塾に入塾するとき、強制自習・毎週のチェックテストでランキングが出るシステムに惹かれ、ここで必ず成功しようと思いました。最初、成績が伸びるか不安もありましたが、日々のチェックテストで他校の人たちと比べて自分がどの立ち位置にいるかを把握しながら、そしてどこが自分の弱い部分なのかを多角的に見ることができたので、自分が伸びてきていることを実感することができました。増田塾で一年勉強してきて、重要だと感じたことは、必ず合格するという愚直な気持ちとそのためになさなければならないことを逆算することです。精神的にも肉体的にも厳しいものでしたが、やはり乗り越えられたのも友達や事務の方、チューターさんそしてなにより増田塾のおかげであったと思います。これから入塾する皆さん、苦しいときは初心を思い出し、仲間や支えてくれる人たちに感謝を忘れずに合格をつかみとってください。

青山学院(法) / 立教(法) / 中央(法)

錦織 芙佑さん

私は昔から面倒なことは後回し勉強はサボりがちでした。1度大学受験に失敗し自分の甘さを痛感したことが増田塾を選んだ理由です。約1年経った今、この決断は正しかったと思います。増田塾には強制自習制度があるので最低でも9時半から18時まで自分専用の机に向かって勉強しなければなりません。途中の休憩時間以外は携帯電話なども使えない(これが私にとってはかなり重要でした)ので長時間気が散ることなく勉強だけに向き合うことができました。また、私は計画的に勉強することが苦手だったのですが、増田塾は毎週CTがあり今勉強しなければならないことを明確に示してくれるので自分で計画を立てずともCTの予定に従うだけで計画的に勉強することができました。自分に甘い私が1年間怠けることなく受験勉強に集中でき、志望校に合格し笑顔で浪人生活を締めくくれたのは増田塾のおかげです。1年間本当にありがとうございました。

青山学院(文)

鈴木 翔大さん

私は現役の時に大学受験で志望校に落ち 大学受験の厳しさを痛感しました。そしてもう一年かけて再び大学受験することを決意した時に自分の身を厳しい環境に置かなければならないと思い増田塾に入ることを決めました。増田塾のシステムの中で私にとって魅力的だったことは強制自習制度と毎週行われるチェックテストです。私は自分自身を管理したり毎日計画を立てることが苦手だと感じていたのでこの2つは自分にとても合っていました。特に私は日本史が苦手で勉強の仕方が分からなかったのですが、先生のアドバイスや毎週のチェックテストによって自分の勉強スタイルを作ることができました。さらに毎回の授業も初めから一つ一つ教えてくれたため、着実にレベルを上げることができました。特に現代文は急にできるようにはならず受験期後半になって実力を伸ばすことができました。私はこれによって勉強は日々の課題を1つ1つ乗り越えた先にあるものだと実感しました。決して楽ではなかったですが、この1年で得られたことは大きかったと思います。

明治(情報コミュニケーション) / 中央(総合政策) / 法政(社会)

中山優衣さん

「強制自習」は皆さんの増田塾への入塾の決め手であり、合格への鍵です。勉強量を増やす意味はもちろんですが、1年間の強制自習を終えて考えられるメリットは、①集中力の向上②精神的な安定があります。特に②が重要で、皆さんが合格を掴むまでの1日1日はとても長く感じられるでしょう。勿論、どうしても勉強をしたくない日もあります。でも、「とりあえず塾に行ってしまえば」、思ってるより辛いものではありません。それを毎日していれば、皆と差をつける事ができ、「自信」と言う本番当日の1番のお守りになります。「完璧」はありません。でも、毎日の「とりあえず」「もう少し」が直前までの貪欲さ、そして合格に繋がります。増田塾のためでも、合格したから言うのでもありません。後悔がないから言います。本気なら増田塾。皆さんにとって自分が納得できる1年になりますように。

明治(商) / 法政(経済) / 学習院(経済)

本多 拓也さん

まず、僕がこの1年間で確信したことがあります。それは合格への道は自分の気持ち次第で決まると言うことです。その理由を詳しく説明したいと思います。僕が最初に増田塾に入ってきた時、目標としていた事は、「この1年間で他の誰よりも努力をし、それを継続する」という事でした。おそらく、この気持ちが無ければ、この1年間という長い期間を耐える事は出来なかったでしょう。この気持ちを1年間持ち続けて努力する事はそう簡単ではありません。しかし、その辛さを乗り越え、最後に勝利を掴む瞬間の喜びは、その何十倍のものだと思います。また、もう一つ忘れないよう心がけていたことがあります。それは親や事務の方々への感謝の気持ちです。お金を払って僕を増田塾に行かせてくれた親、そして、毎日良い環境で勉強が出来るように朝から夜まで自習室を開けて下さった事務の方々がいたからこそ、ここまで来れたのだと改めて実感しました。最後に、増田塾では毎週のようにテストがあります。そのテストでは、全国の増田塾における順位が表で貼られます。僕は、その表に毎週載ることも意識して、日々のテストから気を抜かずにやってきました。そして、その表に載ると自然とモチベーションも上がるので、この1年間耐える事が出来たのだと思います。長くなりましたが、要するに、僕が言いたいことは、気持ち次第で合否は決定するということです。一年後に皆さんが後悔の無い一年が過ごせたと思える事を願っています。

明治(政治経済) / 立教(経済) / 中央(経済)

小泉 健さん

自分は高2の最後の模試で偏差値が40ちょっとしかありませんでした。このままではまずいと思っていたもののやる気も起きず、2月に塾を探していた時に増田塾に出会いました。増田塾では毎週のチェックテストに加え、授業の予習などもしなければならなかったので、今まで勉強してこなかった自分にとって、最初の頃は本当にきつかったです。ですが、チェックテストのランキングで上位に入ることを目標にして努力を続けた結果、だんだんと実力がついて最終的には全ての教科で偏差値を20程度あげることが出来ました。正直、増田塾に入っていなかったらMARCHはおろか、中堅私大すら合格できなかったと思います。増田塾と出会ったことが自分の人生のある意味ターニングポイントとなりました。1年間本当にありがとうございました。

早稲田(人間科) / 明治(商/経営) / 中央(商) / 学習院(経済)

栗林 みりさん

昨年の春、合格通知が0通、増田塾からの入塾案内のパンフレットが1通届きました。正直情けないし悲しかったです。ただしここで重要なのは、サボり続けた私にはこの結果が自業自得であることです。自分を律し勉強に取り掛かる事、続ける事が苦手な私は増田塾の”強制自習””合格保証”に飛びつきました。春休みから、増田塾に指定された事だけを着実にこなすという最低限のルールを守って来ました。最初は辛いですが、夏明け頃には昨年に比べ偏差値は10くらい上がった事も相まって、勉強に充実感を感じられるようになりました。浪人は一見辛い事ですが、私にとってこの一年はこの先の人生の糧となるかけがえのない一年だったと思います。上手くいかない時は沢山話を聞いてくださる事務の方々やチューターさん、そして的確な指導をしてくださる先生達がいます。私は人生の分岐点で増田塾を選んだ自分の選択に感謝しています。最後に、増田塾大好きです!一年間ありがとうございました!

明治(法) / 立教(経済) / 法政(経済) / 立命館(法)

松竹 樹一郎さん

現役で全ての大学に落ちて浪人することを決めたときに選んだのが強制自習がある増田塾でした。現役のときは、勉強のやり方がわからず途方にくれていた私は、一から全ての教科の基礎を塾で学びました。大手の予備校では教えないような基礎から学べたので、勉強が苦手な私でも授業についていくことができました。強制自習は最初は本当につらかったですが、しばらく経つと勉強していないと落ち着かないくらいになり、勉強が習慣になりました。また勉強でわからないことがあったとき、チューターの方々が親切に教えて下さり非常にありがたかったです。現役のときには考えられなかったような大学に合格できたのは、増田塾で多くの方々に支えていただいたからだと思います。本当にありがとうございました。

上智(法/文/外国語) / 法政(法)

瀧澤 佑馬さん

滑り止めしか受からず浪人することに決めました。予備校を選ぶ際「一年間一定の勉強量を保てる環境」を重視しました。浪人は時間の長さを生かせるかがカギとなると思ったからです。増田塾には強制自習があり、ここで一年間頑張れば勉強量では他の受験生に負けないだろうと思い入塾しました。また、チェックテストや実力テストでこまめに自分の勉強内容の習熟具合を確認でき、全国ランキングの上位に載ることを常に意識することでモチベーションを高めることができました。浪人生活は本当にきついものでしたが、悩みや不安は先生方、事務の方々、チューターの皆さんに相談し、アドバイスをもらい、成績が上がっていくことや、友達と競い合うことにある種の楽しさを感じながら、充実した一年間を過ごせたと思います。一年間ありがとうございました。

慶応義塾(文) / 学習院(文) / 同志社(文)

永峯 愛子さん

私が浪人を決意したのは、高校受験の際に、自分に挑戦しなかったことを深く後悔していたからです。上を目指してみたい、そう思い、浪人を決めました。「浪人するなら、ちゃんとした環境の中でやりたい」と思いながら塾探しをしていたところ、増田塾のチラシが目に留まりました。増田塾の代名詞でもある、強制自習。この言葉にひどく惹かれました。浪人は誘惑に負けやすく、強制してもらわないと、途中で折れてしまうだろうと思ったからです。加えて、休憩時間が30分しかない分、十分に勉強時間を取ることができ、オンとオフの切り替えがしやすいと思いました。また増田塾には、ほぼ毎日チェックテストというものがあります。1週間ごとに目標を立てて勉強を進めることができるので、今何をすべきなのか、と悩む時間のロスはありませんでした。思い返せば、最後まで諦めずに通い続けられたのは、スタッフさんの皆さんのおかげです。ありがとうございました。また、「これ以上は英語の成績は上がらないから、浪人は辞めなさい」と何人もの先生に言われたにもかかわらず、偏差値70台まで上げられることができました。増田塾のチラシを初めて見た私のように、本当にこの塾で大丈夫なのか、と不安になる人も多いと思います。しかし、増田塾は本当に良い塾です。増田塾にして良かったと、心から思います。増田塾に行かなければ、私の合格は無かったと思います。増田塾のおかげで、素晴らしい人生を取り戻すことができました。心の底から感謝申し上げます。

立教(コミュニティ政策) / 法政(国際経済/経済)

市村 丈さん

現役時代は根拠のない自信を持っていて、基本を疎かにし、自分で滑り止めだと思っていた大学にすら落ちてしまいました。一つだけ受かっていた、かなり妥協した大学に行こうとしていた時、増田塾のパンフレットが家に届き、もう一年だけ頑張ってみようと思い親に頼み込みました。意志の弱い自分にとって特に決め手となったのは強制自習とチェックテストです。チェックテストの点数をしっかり80パーセント以上取ることを目標にやることで、合格保証をもらい、それも一つの自信につながりました。人生の選択肢はたくさんあり、何が正解かは分かりませんが、自分の立てた目標を途中で諦めてしまうようでは、いつになっても妥協の連続の人生を送り続けることになってしまうと思います。最後まで支えてくれた、先生方やチューターの方々、親の支えなしでは一年間やり遂げることはできなかったと思います。本当にありがとうございました。

明治(国際日本)

手塚 隆二さん

私が、増田塾に決めた理由は難関私大文系に特化した塾だったからです。現役時代、私は理系から文転したのですが、学校の授業は理系科目がメインで英国社の授業は少なく、正直、周りの友達はみんな、必死で計算したり化学式を書いたりしていて、自分の中では、理系に来たのだから本当は理系科目を勉強するべきなのかなぁ、など迷いがあり、中途半端な受験勉強をしていました。結果、第一志望だった獨協大学には落ち、また日東駒専にさえ受かりませんでした。浪人が決まってからは、現役時代のような中途半端な受験勉強は良くないと思ったので、難関私大専門塾の増田塾に通う事にしました。単に、難関私大専門塾というだけで決めてしまって良いのかと思う人もいると思いますが、私にとって1年間を難関私大一本に絞って勉強する事は、覚悟と親への感謝を一層、確固たるものにしてくれたきっかけでもあったと思います。1年間を受験勉強だけに捧げる事は、ものすごく大変な事でした。でも1年を通して、必死に勉強し、無事に大学に受かったのも、この覚悟と親への感謝があったからであり、またこのきっかけを作ってくれた増田塾のお陰でもあると私は思います。これから、受験生になる方の参考になれば嬉しいです!

早稲田(商) / 慶應義塾(法) / 上智(外国語 /法) / 明治(政治経済) / 青山学院(国際政治) / 立教(社会)

武井 那奈さん

意志が弱く、一人ではなかなか勉強できない私が現役で合格できたのは増田塾のおかげだと思っています。合格へ最短距離で導いてくれる効率的な増田塾のプログラムをきちんとこなせば、着実に実力がつき安定した成績を取ることができるため、私はそこまで緊張せずに安心して受験に臨むことができました。増田塾には小規模ならではのアットホームな雰囲気があり、共に頑張る友達や厳しいことも言ってくれる先生、一緒に合格を喜んでくれるチューターの存在が、自分にとって大きかったように思います。一人では頑張れず、また、無駄な勉強はしたくない私にとって増田塾は最高の塾でした。本当に感謝でいっぱいです、ありがとうございました。

早稲田(社会/教育/人間科/文) / 上智(文) / 明治(文) / 青山学院(文) / 学習院(文)

田中 碧さん

高卒生として一年間増田塾に通い、思うことは「変化」です。私は、人は簡単に変わることができるとは思いません。現役生の頃、志望校全てに不合格を貰い、たくさん後悔をしました。来年は受かってやる!と誓いました。しかし、たとえばそこで、増田塾に通わなくても、誘惑に負けず、後悔をバネに猛勉強し、私は今合格を勝ち取っている……あまりそうとは思えないのです。私がそのような人間であれば、現役の時に合格を頂いていたでしょう。一年は長く、ずっと誘惑との戦いの連続です。「強制自習制度」が特徴である増田塾を選んだ理由は、結局はそこに尽きると思います。さて、現役生の頃「頑張れなかった受験生」だった私ですが、この一年で「頑張った浪人生」に変化しました。なぜ頑張ることができたのか?それは先程述べた強制自習制度も理由の一つですが、志望校合格への道筋が具体的に見えたから、だと思います。増田塾の課題をこなし、先生の指示に従い、チェックテストで高得点を取るため努力を続けると、過去問が解けるようになりました。現役生の時は6、7割で満足していた早稲田の世界史も、最終的に8割、時に9割以上取ることができました。英語も苦手科目でしたが、授業を通して文法を理解し、かなりの量の長文をこなすことで、冷静に読み解けるようになりました。国語は、数をこなして先生の読み解き方を定着させると、驚くほど点数が伸びました。私はこの結果を原動力に、努力を続けることができたと思います。「変化」、これは一生の財産です。私は本当に、変わることができたことが嬉しいです。「変化」の原動力を与えてくれた増田塾に、感謝しております。

上智(総合人間科) / 学習院(経済)

神谷 悠喜さん

まず、初めにこの1年間熱心に指導して下さった先生方、親身に相談にのってくれた事務員の方々、チューターの皆様、家族に感謝したいです。今このように1年間努力して合格を勝ち取ることができ達成感でいっぱいです。受験は最終的に結果が求められるので、努力が報われなかった時はたしかに辛いです。けれど浪人して学べることは1年後終わって気づくと思います。増田塾の先生方は単なる受験の知識だけでなく、これから生きていく上で、大切なことも教えてくれます。そして僕は増田塾の1番の良いところは友達と競い合えることだと思います。同じ校舎だけでなく、他校舎の友達とも最後まで切磋琢磨して頑張ることができました。受験が終わり、友達と話して大事だなと思ったことは最初の2ヶ月間毎週CTのランキングに載り続けることだと思います。受験間際にこの大切さに気づくはずです。是非、友達と競いあってみて下さい。

明治(農)

浜崎 紗来さん

私はなにか自分を変えたいと思い、推薦で進学する生徒が多い中、一般試験を選びました。人一倍努力してストイックにいこうと決めていた私は増田塾の強制自習に惹かれ、入塾を決めました。しかし、最初はやはり不安が大きく意志が弱い私はやっていけるか自信がなかったです。自習室は仲間の姿が常に見えます。それが最初はプレッシャーでしたが、きつくなった時、仲間の頑張ってる姿を見て自分を奮い立たせることができました。他の予備校では恐らく増田塾ほど常に仲間を身近に感じることはないと思います。その結果、強制自習も強制から自主的に勉強が始められるようになり最後まで諦めることなく仲間と切磋琢磨して勉強に勤しむことができました。休憩時間もしっかり決まっているので、時間がない現役生も一日を無駄なく最大限に勉強できると思います。増田塾は本当に他の予備校よりも勉強時間が確保でき、自分を変えられ、一年が終わるころにはこれだけやったんだと自信を持つことができるところだと思います。自分が第一志望の大学に合格できたのも、この自信があったのと最後の最後まで諦めない仲間と共に勉強できる環境があったからです!皆さんにもこの経験をぜひしてほしいです。増田塾での思い出は一生ものです。ありがとうございました。

上智(経済) / 明治(政治経済/情報コミュニケーション) / 中央(総合政策)

髙橋 勇人さん

増田塾で過ごした一年で、僕は勉強に対する姿勢というものを学ぶ事ができたと思います。増田塾に入ったばかりのころの僕は、勉強という物に対して嫌悪感や苦手意識を常に持っていて、授業中も自習中も寝てばかり、内職してばかりでした。夏ごろからは周りの友達の影響もあって真剣に勉強に取り組むようになりましたが、思うように成績は伸びず、「もう行くのやめようかな・・・浪人でいいかな。」と弱気になってしまうことも何度もありました。ですが、そんな情けない僕に対しても事務の方々・先生方は真剣に対応してくださり、「継続することが大事だ」「自分の弱さから逃げちゃだめだ」と力強い言葉を何度もかけて下さりました。僕が「増田塾で良かった」と胸を張って言える理由は、カリキュラムがどうとかテキストがどうというよりも(もちろん増田塾のそれは一級品ではありますが笑)、事務の方々・先生方の温かさ・力強さといった所にあり、僕にはもったいないくらいの本当に素晴らしい塾であったと思っています。一年間本当にありがとうございました。

上智(文) / 明治(農) / 法政(法/人間環境/キャリアデザイン) / 学習院(国際社会)

永嶋 史緒さん

私は現役時代、センターは3科目で8割と決して悪くない成績を叩き出したにも関わらず、GMARCHのどこにも引っかからず、基礎のガタガタっぷりを痛感しました。そこで、進路指導の先生に相談したところ、増田塾を紹介されました。説明を聞きに行ってみて小規模で勉強せざるを得ない環境がぴったりだとすぐに入塾を決めました。自習時間がたっぷりあり、授業時間が少ないことで復習の時間、応用問題を解く時間も取れたので習うだけでなく、定着させる余裕ができました。また、毎週行われる小テスト、また復習テストがあることで定期的に内容を振り返ることができ、特に英文法と世界史の成績が上がったのが勝因と思います。この二つはランキングにも何度か載り、それでも満点はほとんど取れず、その悔しさで余計にやる気が出ました。やる気はあるし、行きたい大学はあるけど、どう勉強すればいいかわからない人には増田塾は特におすすめです。

早稲田(文化構想/社会科/教育/人間科) / 上智(総合人間科) / 明治(経営)

駒野 智大さん

増田塾に入る前の僕の成績は本当にひどいものでした。そこで、圧倒的に勉強時間が足りなかったのが原因だと思い、強制自習のある増田塾への入塾を決めました。最初は辛かったですが、勉強時間をしっかりと確保できるようになった上、講師の方々や事務員さん達の勉強に関するアドバイス等のおかげで、成績はどんどん伸びていき、最終的には憧れだった早稲田大学に入ることができました!昨今の私大入試は厳しいと話題ですが、増田塾で1年間しっかりと勉強すれば絶対に志望校に合格できると思います!皆さんもぜひ増田塾で志望校に向けて頑張ってみてください!最後になりますが、講師の方々、チューターの皆さん、そして事務員さん達には本当に感謝しています!1年間有難うございました!

慶應義塾(文) / 立教(文) / 中央(文)

尾越 桜さん

第一志望に合格できて、本当に嬉しいです。増田塾で過ごした10ヶ月は本当に素晴らしいものでした。ありがとうございました! 高校の時、勉強を真面目にしていなかった私は基礎力というものがなく、全部雰囲気で解いていました。増田塾では、基礎の基礎から教えていただき、勉強をまたやり直すことができて本当によかったです。また、勉強の習慣がなかった私にとって、強制自習は本当に最適でした。4月は辛いと思うこともありましたが、次第に慣れ、最後は時間がもっと欲しい!と思うほどでした。私大入試は勉強時間の確保が大切だと言われましたが、まさにその通りだと思います。また、合格には英語が出来ることが大前提にあります。私は英語に苦手意識があり、出来る時と出来ない時との差がすごかったです。それでも合格レベルにまで持ち上げられたのは、単語と精読を頑張ったからだと思います。実は初めの方はとても舐めていました。単語は覚えるのが疲れるし、適当にすればいいか、とあまり単語に時間を割いていませんでした。10月頃になってようやく、単語の大切さがわかり、そこから単語を急いでやり直しました。もっと早くに気付けていれば・・・と本当に後悔しています。あと、精読は最後の最後までやるべきだと思います。私は精読教材を見てから英語の試験に臨むようにしていました。本当に増田塾には感謝しています。勉強しないと不安になるほど勉強の習慣がつきました。素晴らしい講師の先生方にも出会え、浪人して良かったなと実感しています。お世話になりました!!!!!!!

立教(現代心理)

辻 響子さん

私は、先生方に常々言われていた“私大文系受験は努力量で決まる”という言葉を高卒生の一年間で実感しました。現役時代は頑張り切ることが出来ずに、最終成績は偏差値50にも届かず、滑り止めにも全て落ちるという惨敗でした。そして気持ち改め、増田塾で頑張りたいと決意し、前年とは比べ物にならないくらい成績を上げることが出来、その結果自分の納得のいくところに合格することができました。私が現役時代から変わったところは、覚悟を決め、毎日朝から塾へ行き、先生から言われたことだけを地道にこなしたところです。勉強の仕方がわからなかった私でも強制自習の制度と毎日のようにあるチェックテストのおかげで、勉強の習慣を確立し、ペースを掴むことが出来ました。面倒見のいい先生方や事務員さん、一緒に勉強した友達がいたから、高卒というプレッシャーの中、入試を乗り越えることが出来たと思います。勉強をする習慣は財産です。お世話になりました。

早稲田(教育) / 立教(現代心理) / 立命館(映画)

土屋 宙奈さん

今まで、家で勉強しようとしても、1時間弱ぐらいしか勉強ができず、試験前にテスト内容を詰め込んでいました。このままで受験勉強を迎えると大変なことになると思ったので、強制自習制度がある増田塾に春から通い始めました。自習室は自分の机があり、月曜日から土曜日まで、朝9時から夜の10時まで使うことができるので、家で勉強できない私にとって、素晴らしい環境でした。家では携帯やテレビなど娯楽が多く、やはり集中が続かないことが多かったのですが、皆が勉強している塾に行くことで、自分も勉強しようという気になり、集中力が高まり、勉強を続けられました。また、増田塾は授業を受けた後、復習テストがあります。なので、定着していない部分がテストでわかり、復習することで、成績が伸びました。増田塾に出会えて本当に良かったです。最後になりましたが、分かりやすく、丁寧に授業を教えてくださった先生方、親身に相談に乗ってくださったスタッフの方々、チューターさんの方々のおかげで合格することができました!!︎一年間本当にありがとうございました!!

早稲田(商/人間科) / 慶応義塾(法/文/経済) / 明治(法/経営) / 法政(法) / 学習院(経済)

石井 祥伍さん

私が増田塾を選んだ決め手は、合格保証制度でした。 生徒は合格したいから一生懸命に勉強し、塾側は、もしその生徒が一つも志望大学に合格しなければ、授業料を返金するという責任を持ち、精一杯に指導する。これは普通の大手予備校には絶対にない制度であり、とても理にかなったものだと思いました。この合格保証を取るという目標を1年間持ち続けられたからこそ、毎週のチェックテストにしっかり臨むことができ、そして毎日の勉強をコンスタントに続けられました。無事私はその後合格保証を手に入れられたのですが、肝心の第一志望の慶應の日に体調をとても崩してしまい試験会場に行くのでさえ精一杯でした。しかし、この合格保証と1年間増田塾の強制自習に耐えたという自信で、なんとか問題を解けました。増田塾のカリキュラムに1年間しっかりついていくと、他の予備校では得られない自信と学力を手に入れることができます。本当に増田塾を選んで良かったと思っています。

上智(文) / 明治(政治経済) / 法政(法)

片田 大さん

現役時代に失敗した僕にとって、増田塾はとても魅力的な塾でした。その魅力な点の一つとして、授業と自習のバランスの良さがありました。現役時代は授業を受けるだけで満足し次の授業に臨んでいたのですが、増田塾では自習時間をしっかりと確保して授業の予習・復習が十分出来るので、着実に実力を伸ばすことができました。また、実力を正確に把握することができる実力判定テストがとても魅力的でした。年7回の実力判定が出るので自分の学力を客観的に見ることができ、また分野別にも細かい分析ができました。そのため、実力がついていくことが非常にわかりやすい形で理解できると思います。1年間やりきることはものすごく大変なことだと感じましたが、それ以上に地道に努力することの大切さに気づけました。そして、1年間お世話になった校舎の事務の方々、先生方、友人、両親には心から感謝したいと思います。

早稲田(商/教育/人間科/文) / 慶應義塾(商) / 上智(法) / 明治(政治経済)

早船 祥希さん

私は、現役のときは理系でした。浪人が決定した後、自分の興味がある分野や、将来を考えて、文系の道に進もうと決心しました。増田塾に入塾した要因は、やはり他の大手予備校とは一線を画した特異な学習システム、強制自習の存在にあります。なぜなら、私は自律して学習に打ち込むことが苦手だったからです。また、歴史科目に初めて挑んだ私にとっては連日授業がある他の予備校と違い、大きなウエイトを占める強制自習によって自分のペースに合わせて学習を進めることができました。週の初めには、前週の学習の定着度を測るチェックテストがあります。このテストで良い点数をとろうという意識が、毎日の大きなモチベーションでした。そして直前期、本番を通じて私の大きな心の支えとなったのは、合格保証です。早慶上智に合格できることを塾側に約束してもらえたことは、確固たる自信となりました。本番は自分でも信じられないくらい、まるで教室で演習しているかのように受験できて、それが早慶上智制覇に繋がったと思います。わずか10ヶ月でここまでの実力を養ってくれた増田塾には感謝が尽きません。本当にありがとうございました!

早稲田(スポーツ科/人間科) / 明治(法/文) / 中央(文) / 学習院(経済)

松橋 知広さん

自分が増田塾を選択したその判断は本当に正しかったと今感じています。周りの友達が大手の予備校に通う中で、お世辞にも名の知れ渡っているとは言い難い増田塾に通うのは当初は不安でしたが、講師の質は間違いなくどの予備校にも匹敵しますし、チューター、事務員の方々、そして毎月配られる増田塾だよりのおかげで、モチベーションについても高い状態を維持することができました。また、綿密に計画立てされたチェックテストも基礎の完成には不可欠でした。増田塾の質は、全体的にどの予備校よりも優れていると確信できた1年でした。支えてくれた増田塾関係者の方々にとても感謝しています。ありがとうございました。

明治(経営) / 中央(商/経済)

和田 翔悟さん

浪人することが決まり、1年間やっていけるか不安な状態でした。そんな時、増田塾に出会いました。増田塾は「強制自習」という他の予備校にはない制度を掲げており、勉強の習慣がついていない自分にはここがベストだと思い入塾しました。増田塾では基礎基本から徹底し、応用につなげていく、まさに「基礎なくして応用なし」この言葉が本当に当てはまっていました。そして、優れた講師陣、チェックテスト、目標を持った仲間たちと切磋琢磨できる環境が僕の成績を上げた原動力といっても過言ではないと思います。こうして僕の一年前の「不安」という二文字が「合格」という二文字に変わりました。毎日の積み重ね、習慣が合格への架け橋なのだと感じました。ここで暮らした日々は勉強面だけでなく生活面、そして社会に出ても必ず自分の糧になってくれると思います。スタッフの方々、チューターの方々、その他支えてくれた人に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

明治(情報コミュニケーション) / 法政(経済/文/社会/国際文化/キャリアデザイン)

伊藤 日南子さん

私が増田塾を選んだ理由は、自分でやることを見つけることが苦手だったので、受験に必要な課題をしっかり与えてくれる点が自分に合っていると感じたことです。また、私は誘惑にも弱かったので、強制自習は自分を集中させてくれる唯一のシステムだと思いました。強制自習は厳しい制度のように聞こえますが、私にとっては誘惑と戦わずに済むので、逆に気が楽でした。難関大学を目指す方は、難しい問題を解かなくては、と焦る気持ちもあるかもしれません。しかし、基礎無くして応用なし、ということはどの大学を受けるにしても100%言えることです。増田塾は、その基礎固めをきちんとやってくれます。私は、増田塾を信じ、自分を信じて頑張ったから達成することができたのだと思います。本当に感謝しています。

早稲田(文化構想/文/教育) / 上智(文/法) / 青山学院(文) / 法政(文)

武隈 進之介さん

僕は都立高校を中退してサポート校に通っていました。普通の塾ならサポート校から早慶上智を目指すなどまともに取り合ってもらえなかったと思いますが、この塾は違いました。入塾説明会の時に担当の方が、僕の高校を見ても顔色一つ変えずに頑張ろうと言ってくださったのが、いまでも印象に残っています。増田塾の良いところは、出身高校は関係無い、努力する人は受かる!というところだと思います。入塾を検討されている方達の中で「どうせ自分は○○高校だから、早慶上智なんて無理だ」と思ってる方がいるならば、増田塾は本当にオススメです。最後に、都立高校すら速攻で辞めた根性無しの自分を、人に大学名を聞かれても胸を張って答えられる人間に導いてくださった、事務の皆様、講師の皆様、チューターの皆様、本当にありがとうございました!!

明治(国際日本) / 立教(異文化コミュニケーション) / 中央(文/総合政策)

張 季佳さん

私はあまり自己管理ができない方で、家では全然集中して勉強出来ませんでした。増田塾には強制自習制度に惹かれて入塾しましたが、自習室の緊迫した空気の中で勉強する内に、次第に「今勉強しないと自分のためにならない」と強く思うようになりました。強制自習以外の私の合格の要因は、増田塾の先生方のわかりやすく丁寧な授業だと思います。私は特に国語が苦手でしたが、先生が一から教えてくださったので、文章の読解がかなりできるようになり、チェックテストや過去問でも結果が出せました。今考えてみれば強制自習制度がある増田塾に通っていたから、自分の志望校に合格できたのだと思います。周りの生徒が自習室で頑張る姿を見て、私も頑張れました。また、色んな面で支えてくださり、時には励ましの言葉をかけてくださった事務やチューターの方々のおかげでもあります。一年間ありがとうございました。

青山学院(法)

堀 光佑さん

僕は、一年生、二年生の頃に受けた模試でいつも学年でビリの方でした。このまま受験生になって大丈夫なのかと思っていたところ、増田塾の強制自習制度に魅力を感じて、入塾することに決めました。最初は慣れていないので、長い自習時間に苦痛を感じていましたが、そのうちに慣れていきました。僕は模試の結果など最後の最後まで伸びなかったけど、諦めないで勉強し続けたので合格できたと思います。諦めずに勉強し続けることができたのも、増田塾の先生方、チューターの方々、親のおかげだと思います。今まで、本当にありがとうございました。

早稲田(文化構想) / 立教(社会) / 中央(文)

山口 美桜さん

高2の時、家ではまったく勉強する気になれなかった一方で、勉強しなければいけないと思っていたところ、増田塾を見つけました。1人で勉強できない自分にとって、強制自習制度はとても魅力的だと感じたので入塾を決めました。実際、高3になっても家ではなかなか勉強できませんでしたが、毎日塾に行っている間は集中して勉強することができました。毎日ただ勉強を繰り返すことが本当に辛いと感じる時もありましたが、塾に行くといつも同じメンバーが勉強していて、私も頑張らなくてはと力をもらいました。もし、他の干渉がない予備校に行っていたら、私は早稲田に受からなかったと思います。この1年間、一生懸命努力してそれが合格に繋がったことは自信につながりました。本当にありがとうございました。

明治(経営) / 法政(人間環境)

荻島 京太さん

私は高卒生として、増田塾で一年間勉強しました。現役時、大手予備校に通っていましたが、本番ではマーチ志望でしたが日東駒専レベルの大学さえ受からず全落ちしてしまいました。受験後なぜ落ちてしまったのかを考えた時、勉強時間の少なさと、やる気のなさがこのような結果に繋がってしまったのだと思いました。そこで塾選びをしている時に見かけたのが増田塾でした。増田塾は現役時の失敗要素を解消してくれそうだとその時思いました。増田塾の特徴は強制自習と合格保証です。大手予備校では浪人生は自主的にやらなければならず、一人でやっていくのはかなりきついと思います。しかし、強制自習では決められた時間に来なければなりません。それ故に勉強時間が他の予備校の人よりも多いと思います。私大文系ではやったぶんだけ成績が伸びます。もう1つの特徴である合格保証では、毎週のチェックテストを平均八割以上取らなければもらえません。チェックテスト八割以上を目標とし勉強し続けることで自然と成績も上がって来ました。また、そのチェックテストの結果は校内に全国ランキングとして載ります。そこに自分の名前があったときはとても嬉しいですしモチベーションにも繋がります。毎日コツコツやった結果、合格保証が取れて自信にも繋がりました。そして困った時や悩んだ時にすぐ事務の人に相談でき真剣に答えてもらえる環境は他の予備校には無いところだと思います。最終的には自分の行きたい大学にも合格でき増田塾を選んでよかったなと思いました。増田塾の事務の方、先生方、本当にありがとうござました。

早稲田(教育) / 上智(総合人間科) / 明治(文) / 法政(社会)

大澤 慎吾さん

現役時代に見事なまでに滑り止めまで全落ちを経験した僕は、意識改革の為に強制自習制度を掲げている増田塾に入塾を決めました。もともと他の塾に通っており、学校の成績も悪くはなかったのですが、本気で勉強出来たのが高3の最後の方のみで、結局自分に自信を全く持てないまま入試に臨み、手ごたえも無く、いつの間にか入試は終わっていました。そんな自分にとって増田塾の強制自習やCTは1年間努力し続けるという目標には最適でした。また、遠方から通っていた為、周りより早く帰らなければならなかったのですが、それを逆手に取って、「少なくとも強制自習時間中は誰よりも一生懸命勉強する」という意識の中で頑張ることも出来ました。結果的に合格保証も手にすることができ、それは日々頑張ったという証にもなったので、センター試験や入試本番で自信を持って臨めました。受験においては当然知識の量は重要となりますが、よく言われる通り、最後はメンタルが物を言います。メンタルを養うにはやはり毎日の勉強、努力が必要となります。そしてそれをサポートしてくれる環境が増田塾にはありました。どの予備校に通おうが結局は自分次第ですが、増田塾でなければ僕はこの結果には至らなかったでしょう。非常に濃密な1年間を過ごせて良かったと思います。本当にありがとうございました。

早稲田(人間科) / 明治(法/情報コミュニケーション) / 中央(総合政策/商/経済)

嶋ノ内 源さん

僕は現役のとき受験勉強も部活動も中途半端でなんとなく受験してしまいました。その結果入試の結果は納得できず浪人を決めて増田塾に入塾しました。僕は受験を乗り切るために必要なことは大きい目標と小さい目標の2つを決めることが必要なことだと思います。まず大きな目標は自分の志望校を決めることです。自分は目標よりもレベルの高い所を設定することがいいと思います。高いレベルに設定することで自分の志望校にぐっと近づくことができると思うからです。そして小さな目標は大きな目標を達成するためのモチベーションになると思います。僕の場合、毎週のチェックテスト、塾内の実力テストや模試へ向けて目標を作っていました。小さな目標を達成することで大きな目標に近づいている感覚が実感できました。この小さな目標の達成の積み重ねが何より大事だと僕は思います。その積み重ねが結果として合格保証だったり難関大学の合格に結びつくのだと思います。受験生には二つの目標をしっかり持って頑張って欲しいと思います。

明治(経営) / 立教(経済) / 法政(経営)

三浦 守生さん

私は高3の6月に部活が終わり、そこから受験勉強を始めました。そこから受験終わりまで受験に対して本気で考えもせず、第一志望はお金が安いなどの理由で国立大学を選んだだけで、勉強もせずにそこから最後までずっと遊んでいたままでした。そんな状態だったので、センター試験では英語も世界史も5割、他の科目も平均点くらいという結果で、第一志望の国立は絶望的、その後焦って出願した私立も全て落ちました。そして、こんなんじゃ来年も駄目だ、と思い、第一志望をしっかりと考え、決定し、その学校に行くためにどうすればいいかを考えた結果、自分を強制的に勉強させてくれる上に、合格保証という形で努力の結果がでて、最も自分を第一志望に近づけてくれる助けになってくれると思った増田塾に入りました。正直増田塾での1年間は今までにない程辛い1年間でした。ですが、事務やチューターの方々、一緒の方向を目指して互いに頑張る友達と共に精一杯の努力をしたこの経験は一生モノになったと思います。だから、これから入ってくる受験生たちも自らの第一志望を目指して頑張ってください!そして、支えてくれた事務とチューターの方々、1年間本当にお世話になりました!

早稲田(人間科) / 明治(経営) / 中央(経済) / 学習院(経済)

神野 大地さん

私は高校選びの時、部活だけで第1志望を決め自分の実力よりやや上の高校に頑張って入学することができました。高校ではやりたかった部活動生活を送りとても充実していましたが、成績はいつもクラスで下から3〜5番目の状態で、朝早く家を出て夜遅くに帰宅をすると疲れて寝てしまい家庭学習はほぼゼロでした。なんとなく大学受験もどうにかなるだろうと漠然と思っていました。現役の時はよく考えずに地元の友達が通っていた大手予備校の映像での授業を受けていました。しかし現役での受験はことごとく落ち、浪人を覚悟した3月末に後期試験の補欠合格で1校だけ受かり、入学するか悩みましたが「1年間本気で勉強するから浪人させてください。」と親に頼んで私の浪人生活は始まりました。もうやるしかないと思っていた私にとって、増田塾の強制自習システムや合格保証制度は魅力的だったため入塾を決めました。ほぼ一日中、机の前で勉強する強制自習という生活は周りの人からはよく「大変だね」と言われましたが、毎日同じリズムで決まった事をするという生活は高校時代部活で養った力がすごく発揮できたと思います。また、ほぼ毎日あるチェックテストで高得点を取るという小さな目標をコツコツと達成していくことによって、どんどん実力がついていきそれが自信にもなりました。毎日通っていると気の合う友達もできて、夏の中だるみしそうな時でもお互いを励まし合うことができ、事務の方やチューターさんとのちょっとした会話も私にとってリラックスできる時間で最後まで息切れせずに走りきることができた理由の一つと言えます。増田塾はやろうと決意した受験生にとっては最高の環境が揃っています。辛い時もあると思いますが、ぜひ今後の受験生には増田塾で精一杯やりきってもらいたいと思います。最後になりますが、約1年間温かく見守って下さった先生方やスタッフの皆様には本当に感謝しかありません。ありがとうございました。

立教(法/経済) / 学習院(法)

中村 綾乃さん

私は高3の6月まで週6で部活に励んでいました。練習後に塾に行って勉強するのはもちろん辛かったですし、投げ出したくなることもありました。そのような私でも、「強制自習」と「チェックテスト」という2つの制度のもとで勉強をがんばることができました。私は入塾したころはまだ勉強する習慣が身についていなかったため、何から手をつけたらいいかわかりませんでした。しかし、毎週行われるチェックテストに向けて勉強を繰り返すうちに、自分に合った勉強方法を見つけることができました。チェックテストの結果が良ければ貼り出されるので、それがモチベーションにもなりました。自習室に入ると強制自習終了時間まで帰ることはできず、自分を甘やかしてしまいそうな人には良い制度だと思います。自習室には志望校合格という同じ目標をもった仲間たちが一生懸命に勉強している姿が見られます。その姿を見ることで、自分もがんばらなきゃ、という勉強に励む糧にもなりました。そして、各校には親切な事務さん、チューターさんが入塾から最後の試験日まで支えてくださいます。心が折れそうなとき、その支えのおかげでめげずにがんばることができました。恵まれた環境で1年間勉強できたことに感謝しています。ありがとうございました。

立教(法) / 中央(法) / 法政(法)

渋谷 匠さん

一年前、現役の頃の僕の受験結果は本当に悲惨なものでした。日東駒専からMARCHまで受けた所は全部落ちてしまい、初めて味わう大きな挫折感に襲われたことを覚えています。しかし、浪人が決まってしまった以上は徹底的に勉強してリベンジを果たそうと思い、前から厳しいという評判を聞いていたこの増田塾に入ることを決意したのです。最初の内は朝9時から夜10時までの強制自習に耐えられるか心配でしたが、各教科の勉強時間の配分を早い内から決めておいたことで、効率的に学習を進めることが出来るようになりました。そして、毎週行われるCTで高得点をとることを目標に掲げてその対策を中心に勉強したことが 基礎を固めることに繋がったのだろうと思っています。そんな調子で、秋になる頃には自分でも成長したと感じることか出来るほどに成績が上がってきました。実は、11月の中頃にスランプに陥ってしまい落ち込んだことがありました。その時に先生やチューターの方々にはげましてもらったことで立ち直ることが出来ました。この時期を乗り越えられたことは本当に大きかったです。センター試験が終わった後は息切れしそうになりましたが、なんとか踏ん張り、本番にベストの状態で臨めました。この一年間を振り返ると、現役の頃の倍以上勉強し、自分は頑張ったと言い切ることが出来ます。ここまで断言できるのは勿論増田塾のお陰です。どうもありがとうございました。

青山学院(教育人間科) / 立教(文)

吉野 幹二さん

僕は野球部で7月まで部活があり、入塾したのは8月からでした。あまりにも勉強してこなかったので、英語の単語どころか自分の名前も漢字で書けるかどうか、というレベルからのスタートです。もちろん不安しかありません。浪人生はおろか、現役生にも遅れを取っている状況で焦りを感じないでいられるわけがない……。でもその”焦り“が僕を奮い立たせてくれました。「逆に1年も勉強しなくて良いんだ笑」とアホみたいに前向きになった僕は遂に受験生として腹を括ったのです。増田塾には「ランキングの掲示」「定期的に行われる実力判定テスト」「授業毎に行われる小テスト形式のチェックテスト」などがあります。これでもかと言わんばかりのテストのお陰で塾生は刻々と自分の成長を確認し、ランキングで全体における立ち位置を知ることができます。はっきりいって大変です。テストの無い日の方が少ないのです。ですが、その厳しい部分を妥協せずにこなすことで必ず成長できます。「絶対に周りの奴らを見返してやる!」と言い聞かせ勉強に励みました。テストのたびに他の塾生と自分を比べて嘆いたり、それでも結局は敵は自分で、たまに来るダレ期に葛藤したり……。毎日10時間以上勉強していたと思います。最初は鬼の様に長かった強制自習ですが、「これじゃ全然足りない…?!」と物足りなさまで覚え、塾が開くまで家で勉強するようにもなりました。増田塾ならではの厳しさに心身磨かれ、気づいたら1月のセンター試験を終え、本番の2月を迎えました。勉強量は自信につながります。精神的に最も辛い入学試験が続くこの期間をなんとかやり抜けたのがまさにこの“自信”のおかげです。結局は自分次第ですが、増田塾に来ればより自分自身と向き合いながら勉強することができると思います。ぜひ増田塾に来てみてください。

早稲田(スポーツ科/人間科) / 明治(文/情報コミュニケーション) / 立教(コミュニティ福祉) / 法政(人間環境)

志村 直希さん

僕が1年の浪人生活を通して一番感じたことは競い合う人の大切さです。受験は団体戦という有名な言葉がありますが、本当にその通りだと思います。悪いように言えば周りの環境次第では足を引っ張り合うようになってしまうと思います。ですが、増田塾には互いに高め合う友達や、相談に乗ってくれるチューターさんや事務員さんがいることで1年間しっかりとやり抜くことができました。成績が伸び悩んでいても互いに引っ張り上げられる存在は受験において大きな力になると思います。

早稲田(教育) / 学習院(文)

間杉 麻衣さん

私は高2の冬に早稲田大学を目指すことを決め、知人の紹介で増田塾に入塾しました。所属するバスケットボール部ではキャプテンを務めており、部活漬けの毎日で、ずっと最低限の勉強しかできていなかった私は、部活の後に必ず自習室に行くというルールを自分で作ることで、部活と勉強の両立ができるようになりました。また、「予習→授業→復習→チェックテスト」のサイクルによって、苦手な分野なども自然に定着していきました。増田塾に通えば正しい勉強の習慣が身につくことは間違いないです。先生、スタッフさん、チューターさん、その他すべての環境に恵まれた増田塾で必死に勉強した毎日は、私にとって自信になるものであり、財産です。本当にありがとうございました。増田塾を選んで最後まで信じ続けて良かったです。これから私大文系最高峰を目指す皆さんも、ぜひ増田塾で勝利をつかんでほしいと思います。

明治(文) / 中央(文) / 法政(文)

倉本 幸之介さん

増田塾での浪人生活は今までの人生で1番充実した1年であったと思います。思うようにはいかず辛い時期もありましたが、自分の目標に向かって努力することに没頭できる1年は結果以上にその経験を通して人として成長できたと思います。そんな増田塾の私が思う魅力、それは入塾時の学力に関係なく難関大に合格するためのカリキュラムや環境が整っていることだと思います。私自身現役時は塾には通っておらず英語に関しては、ほとんど勉強をしていませんでした。そんな私は浪人しようか迷っている時、こんな自分が1年で難関大に合格できるのか、今まで勉強してきた周りの人やハイレベルな授業に遅れてしまうことはないか、そんなことばかり考えていました。しかし増田塾のパンフレットを見た時、1年で逆転するにはここしかないと思いました。実際に入ってみると、苦手としていた英語の授業では基礎から徹底的に教えてくださりました。中学の内容を映像で受けたこともありました。授業で理解が浅かった範囲は補講で補うこともでき遅れてしまうことはあやふやなまま次の単元に行くこともありませんでした。英語の苦手意識はなくなり、むしろ強みとなっていました。そんな生活の中で最初の私には高すぎるような目標も少しずつ現実味の帯びたものになっていきました。もちろんやるのは自分であり、1年で逆転するにはそれ相応の努力は必要です。しかしやる環境によって1年間の過ごし方は大きく変わると思います。そして結果も変わってくると思います!努力は嘘をつかない。そのことを改めて実感した一年でした。

立教(観光)

横山 拓海さん

僕は増田塾に入るまで、部活を言い訳にして定期テストや模試に向けて本気で勉強したことはありませんでした。しかし、部活を一緒に頑張ってきた友達が高2の冬に勉強のために部活をやめていきました。そこで初めて受験に対する焦りを感じ、今の自分を変えることのできる塾を探し、見つけたのが強制自習の増田塾でした。正直に言うと、強制自習は勉強の習慣のなかった自分には苦行でした。それでも先生や事務の方、チューターさんのおかげで勉強のサイクルが次第につかめるようになり勉強が習慣になりました。勉強の始めたては何をしたらいいかわからないものだと思いますが、迷ったらチェックテストの勉強をしておけば無駄にはなりません。それでも分からなければ、先生や事務の方、チューターさんに聞いてください。頼れる大人や先輩が近くにいることは想像しているよりも心強いものです。現役生には迷ってる時間、不安になってる時間はありません。それなら、がむしゃらに増田塾についていってください。どこかで必ず変わった自分に気がつくはずです。がんばってください。

早稲田(文化構想) / 慶應義塾(法/文) / 明治(国際日本/経営) / 立教(法)

原田 光一さん

私は増田塾の合格保証制度に、塾のカリキュラムに自信があるんだと感じ、増田塾を選びました。実際に、実力のある講師の方々をはじめ、徹底した復習テスト、学習進度のわかりやすい提示、それに基づく個人面談があり、意味のある学習を着実に積むことができました。仲間と共に励まし合い、入試当日まで突き進んだ増田塾での生活は充実したものでした。第一志望の慶應大学法学部に合格することができました。増田塾を選んで本当に良かったです。

青山学院(文)

澤田 千冬さん

わたしが受験において一番必要なものは、本当にありきたりですが「粘り強さ」だと思います。増田塾では、強制自習制度があり、チェックテストなどもあるので、勉強を始めるにあたってはそこまで大変だということはありません。むしろ自分でなにをすればいいのかわからない、学校の定期テストも1日前くらいにならないと勉強しない、という人にとってはこの制度はとても合っているのではないかと思います。しかし、勉強がうまくいかなくなるときは、必ず来ると思います。増田塾には、折れそうになったとき、親身に相談に乗ってくれるチューターさんもたくさんいます。勉強の質問や、相談を遠慮なく出来て本当に助けられました。受験というのは、長いようで、すぐ終わってしまいます。でもこの一年は、みなさんにとって大切な一年になると思います。塾では一緒に戦う友達もできますし、あなたを応援してくれている家族や友達がいます。受験は1人ではありません。これからの一年、頑張る自分を信じて、駆け抜けてください!応援しています!!

慶應義塾(環境情報) / 青山学院(法) / 中央(総合政策)

勝沼 千秋さん

私が増田塾に通うことに決めた要因は、CT(チェックテスト)制度でした。現役時代、塾の予習もし、毎回授業にも出ていましたが、復習をしっかり出来ていませんでした。予習は授業中に当てられるかもしれないという気持ちから取り組むことが出来ましたが、してもしなくても変わらない復習はついおざなりにしてしまっていました。しかし、何かを学ぶ上で何よりも大切なのは復習です。せっかく学んでも、自分のものに出来なければ全く意味が無いからです。そのため、ちゃんと復習出来ているか確認をするテストを行ってくれる増田塾は私のような生徒に合っていると思いました。そして、私が第一志望に合格できたのも、CTを通してひとつひとつ自分のものにすることが出来たからだと思います。

慶應義塾(経済) / 明治(政治経済) / 中央(法 / 経済)

高野 優也さん

現役でMARCH全落ちした僕が一年後に慶應大学経済学部に合格することができたのは、紛れもなく増田塾のおかげだと言えるだろう。増田塾の強制自習という制度が、僕の甘えた根性を叩き直してくれた。最初の1ヶ月は本当にキツく、何度も挫折しそうになることがあった。しかし、増田塾の充実したテスト制度のおかげで、1年間なんとか頑張り続けることができた。テストのランキングが毎週のように貼り出されるため、モチベーションの維持に繋がるし、テストの対策をしているといつのまにか基礎が仕上がっていた。また、定期的に行われる実力テストで現在の自分のレベルがわかり、自信がついたり新たな課題が見える点も非常に良かった。大手予備校と違い1つの校舎あたりの人数が少ないため、チューターに気軽に相談・質問できることも大きかった。素朴な疑問などにも親身になって対応してくれたことには本当に感謝している。チューターを含め、この1年は本当に様々な方々にお世話になった。浪人して学力が向上しただけでなく、人間的にも成長できたと感じる。サボりぐせがあってそれを治したいと思っている人は、増田塾に入り、極限の環境の中でそんな自分と見つめ合ってみてはどうだろうか。

明治(法) / 中央(法/商)

小野原 琢真さん

現役時代、高3の夏休み前まで部活をしていた私は、部活終了後も受験生への切り替えが全くできず、本気で勉強に取り組むことなく受験に臨みました。当然結果は全て不合格。そんな中、中学の先輩から紹介してもらったのが増田塾でした。いわゆる大手予備校の大人数体制の中では人数に埋もれ、現役の時のように自分に甘えが出てしまうと考えていたため、増田塾の少人数制度は私にとって魅力的でした。実際、先生や事務員さん、チューターさんとの関係も近く、1人1人に丁寧に対応して下さり、また、必ず自習室の席も用意されているので、受験に臨む環境としては何も心配することなく1年間通うことができました。それでもやはり1年間の受験生活というのは本当に苦しいものでした。大量のチェックテストに、強制自習、夏の長文課題など、どれも当初は挫けそうになったり、時には本当に意味があるのかな…と考えてしまったりするようなこともありました。ですが、それら全てをやりきり、また合格保証も頂いたことで今年の受験にはかなり自信を持って臨むことができました。1人で勉強すると誘惑に負けてしまう、けどやる気はある、そんな人には本当にぴったりな塾だと思います。今年無事大学に合格できたのは先生方を始め全ての方々に支えて頂いたおかげです。本当にありがとうございました!

立教(観光) / 法政(人間環境)

矢川さん

わたしは現役生の頃、時間をかけて勉強する割に成果が現れずとても悩んでそのまま受験を迎えました。結果、マーチはおろか、滑り止めも全落ちしてしまいました。浪人が決まった時は原因が分からずただ落ち込んでました。でも、増田塾に入って全てが分かりました!増田塾は難関私大専門というだけあって、私大の勉強法についてたくさん学ぶことができます。その中で、自分が志望する大学に合格するためには何の勉強が必要で、何が不必要なのかを理解できます。特に毎週行われる授業のチェックテストの勉強をすることが、同時に志望校合格への一歩になっていたと思います。最初は慣れないことも多いし、きついことも正直たくさんありました。だけど、増田塾のカリキュラムをやりこなして、最後まで志望校合格という強い意志をもって諦めないで努力し続けられれば必ず合格できます。わたしが身を持って体験しました!勉強方法に悩んでいるみなさん、難関私大にどうしても入りたいみなさん、増田塾はそんなみなさんの味方になってくれますよ!わたしもみなさんを心から応援してます!最後に今までお世話になった先生方、チューターの皆さん、スタッフの皆さん1年間増田塾で皆さんに出会えて、増田塾で学べて幸せでした。本当にありがとうございました!!

上智(外国語) / 明治(商) / 立教(法) / 法政(経済)

石渡 流星さん

自分が勉強を始めたのは増田塾に入塾した高3の春です。増田塾に入塾するまで、単語帳だって持っていなかったし学校では赤点も全然取りました。入塾して勉強を始めたと言っても6月までは部活に夢中で自習中よく寝てしまうこともありました。なので、本格的に始めたのは部活の引退後です。部活の間は最低限やるべきことを塾が与えてくれるのでそれをこなせばいいです。この塾の特徴である強制自習は夏休み中特に効果があると思います。部活や学校の時間がなくなり、かなりの勉強時間が確保され、量をこなせるからです。とにかく量をこなしていくことが一番単純でいいと思います。自習室が常に確保されていて朝から夜まで空いているのは本当に貴重だと思います。最初は面倒ですがそのうち慣れます。たくさん利用して最後までやりきってください。

立教(コミュニティ福祉/コミュニティ政策)

八澤 美奈子さん

私は高校二年生のオープンキャンパスで、立教大学に一目惚れをしました。そこからずっと、どうしても立教大学に行きたい!その思いで勉強をしました。しかし、立教大学どころか、滑り止めにも合格することができず、浪人することが決まりました。予備校選びをしながらどうして合格できなかったのかを考えた時、つい怠けてしまったり、苦手を後回しにしていたことに気づきました。そんな時に知ったのが増田塾でした。強制自習制度や、ほぼ毎日あるチェックテストは、怠け者で自分に甘い私を勉強に縛り付けるにはぴったりだと思い、増田塾に入塾することに決めました。最初は、長い自習時間が想像以上に大変でした。しかし、長い自習時間のおかげで、毎日のチェックテストの勉強、授業の予習復習にたっぷり時間をかけることができました。チェックテストの順位で自分の名前が載ったり、模試の結果がどんどん上がるたびに、もっと頑張りたい!と思うようになり、いつしか長い自習時間も勉強しているとあっという間に過ぎ去り、時間が足りなくなっていきました。途中で何回も挫折しそうになったけれど、一緒に頑張る友達と励まし合い、悩みをスタッフの方々に聞いていただいたりして、自分を奮い立たせました。受験期間中はなかなか上手くいかず不安との戦いでしたが、増田塾で1年間これだけのことをやってきたんだから大丈夫!と、自分と増田塾を信じた結果、第一志望だった立教大学に合格することができました。これは絶対に私1人では出来なかったことです。本当に増田塾に入塾してよかった。先生方、スタッフの皆さんに感謝しています。ありがとうございました。

上智(文/外国語) / 立教(現代心理/社会/文) / 中央(文/総合政策) / 国際基督教(教養)

羽塚 傑さん

私が志望順位の高い大学に行けた理由は、増田塾の年7回の実力テスト、講師の先生方の授業、添削指導、この2点にあると考えます。年7回のペースでこまめにテストがあるため、それに向けて勉強計画を立てることができ、次のテストが終わればまた次のテストに向けて勉強するといった形で、短期的な目標をこなしていけ、成績を確実にあげることができたように感じます。また、勉強を怠り、テストで低い点を取ると下位クラスに落とされるという適度な緊張感もモチベーションの維持に繋がったと思います。講師の先生方の授業では、全ての大学で求められる基礎的な学力と、それぞれの大学の問題に合わせた具体的な解答方法を教えて頂きました。これにより、滑り止めから挑戦校まで幅広い対策ができたように感じます。また、入試問題が他の大学と大きく異なり、授業で扱われなかった問題などもしっかり質問することができ、生徒任しにせず、一緒に対策を考えていただけたのも、私にとってはありがたかったです。

早稲田(法) / 上智(法) / 明治(法) / 立教(法) / 学習院(法)

谷 拓磨さん

僕が増田塾を選んだ理由は強制自習があることでした。現役の時は自分に甘く十分な自習時間を取っていなかったため、増田塾の「強制」という言葉に惹かれました。増田塾は授業があるたびに復習テストを行い、また定期的に総まとめテストが行われます。そのため、今自分がどの辺りの学力なのかを常に把握でき、その都度自分のやるべきことを明確にすることができました。おかげで、学力がどんどん上がりました。増田塾はとても面倒見がよく、自分の学力以外のことも大きく成長させてくれました。現役の時、マーチ全滅の僕がここまで伸びたのも、増田塾で勉強しなかったらおそらく不可能でした。ここには書ききれないほど感謝の気持ちでいっぱいです。1年間ありがとうございました。

明治(文) / 立教(文) / 中央(文)

高木 玲海さん

私は勉強が嫌です。嫌い、というよりもとても面倒くさくて、真面目に椅子に座って机と向き合う気にはなりませんでした。そんな時に増田塾の強制自習という制度を知りました。これなら自分でも大丈夫かもしれないと入塾しました。入りたての4月あたりはずっと座って勉強することがとても苦痛でしたが、日を追うごとに耐性がつき、どんなに怠けたい時も塾に入って自分の決められた机に座ると「よし、やってやろう!」という気持ちが引き出されるようになりました。また、共に戦う仲間と毎日顔を合わせていたおかげで辛いのは自分だけじゃないと実感できたことも良かったです。もし、増田塾に入っていなかったら、部屋で一人朝から晩まで誰とも喋らずに勉強すると思うとゾッとします。合格を取れたのは両親や先生、スタッフの皆さんに支えてもら得たおかげです。本当にありがとうございました。

早稲田(社会科) / 中央(法)

星 晴人さん

私は、部活漬けの毎日を送っていたので、受験科目の基礎でさえもわからぬままに塾に入りました。しかし、増田塾では、単語や文解釈など基礎中の基礎の授業から始まるので、とてもやりやすかったです。また、毎週行われるテストや夏の長文課題などで勉強の道筋を示してくれるので、その課題を一生懸命取り組むことで、自然と必要な力が養われていきました。部活後や行事前など怠けがちになる時でも、強制自習によって嫌でも勉強することができたため現役でもしっかり勉強時間を確保できました。

早稲田(人間科)

横山 涼哉さん

私は高校1年生の頃から漠然といい大学に行きたいと考えていました。しかし理想だけは高く行動が伴っていなかったために2年の時の模試では英語、国語ともに偏差値40台で担任から本当にこのままでは厳しいと言われるほどでした。二年の終わりに予備校選びを開始しましたがなかなか惹かれるところがない中で増田塾のホームページを見て体験授業を受けて、ここにしようと決意しました。当初は第一志望を立教大学に決めて講師の先生方の言うことだけを素直にやってチェックテストも8割以上を目指してガツガツやっていました。英語、国語、選択科目は全部基礎からしっかり教えてくださるのでどんどん基礎が固まって力が付いていくのが実感出来てあまり勉強を苦だと感じたことはありませんでした。そして夏休み終わりにはGMARCHは合格圏内になる程度まで偏差値が上がり、講師の先生の勧めで志望校を早慶上智にワンランク上げました。そこから約5ヶ月間全てが順調とは言えませんが、着々と志望校に向かって近づいて行くのを感じていたのでとても楽しかったです。時には辛いと感じることがありましたが同じ環境で頑張っている周りの人に刺激を受けたり、講師、チューター、事務の方などに励まされここまで頑張って合格を掴むことが出来ました。増田塾に来なかったら絶対ここまで勉強しなかったし、早慶上智も絶対合格出来なかったと思います。僕は増田塾を知り、そして入ることが出来て幸運だったと思います。事務の方、チューター、講師の方々には本当に感謝しています。1年間ありがとうございました。

上智(法) / 明治(法) / 立教(法) / 中央(法)

笹井 瑞樹さん

私が志望校に合格出来たのは、増田塾のカリキュラムに従って入塾時から入試の日まで勉強することが出来たからだと思います。増田塾では、授業やチェックテストに真剣に取り組み、復習することで、着実にレベルアップすることが出来ます。また、どの時期にどのような勉強をすればいいのかについて指示があるので、必要な勉強を必要な時にすることが出来ます。さらに、自習室には自分の席があり、勉強に集中出来ます。 増田塾には、合格したいと思う人を応援し、合格に導く環境があります。あとは自分がやるかやらないかです。特に浪人生の中には、入試まで勉強し続けられるのか不安な人もいるかもしれませんが、増田塾で勉強を習慣化することでやり遂げることが出来ると思います。私も、先生方、事務の方々、チューターの方々に支えられ、最後まで勉強し続けて合格することが出来ました。本当にありがとうございました。

明治(商) / 青山学院(経済) / 法政(経営)

伊藤 照周さん

僕は高校三年生の春に部活動をしながら増田塾に入塾することを決めました。増田塾の魅力は何と言っても「強制自習制度」にあると思います。僕は家では妥協してしまうと思ったことがこの塾に惹かれた理由の一つでした。入る前にこの制度を聞いた時は衝撃でしかなかったですが、一年間やって本当に良かったなと思っています。やっているうちに段々と勉強が習慣化され、塾のない日曜日なども家で勉強が出来るようになりました。また、一日に増田塾で何時間も勉強したことが入試の際の一番の自分の自信に繋がっていました。そして、受験を終えた際に学力だけでなく人としての成長も感じられたのは増田塾のおかげだと思っています。支えてくださった先生方やチューターさんやスタッフの皆さん、本当に一年間お世話になりました。ありがとうございました。これから受験される皆さんに僕が言いたいことは最後まで諦めないということです。受験は本当に最後の最後まで何が起こるかわかりません。日々の時間を大切にして、自分の出来る精一杯を尽くしてください。必ずいい結果が待っています。頑張ってください。

早稲田(教育) / 立教(コミュニティ福祉)

高玉 美穂さん

私は現役では志望校合格を果たせず、増田塾に入塾しました。現役で敗因は、授業を受けても「受けっぱなし」で理解した気持ちになり、十分な復習をしていなかったことだと思います。しかし、増田塾では毎週必ずチェックテストがあり、この「受けっぱなし」になることは絶対にありませんでした。また、わからないことがあればすぐにチューターや先生に質問でき、勉強するのに素晴らしい環境が整っていました。さらに合格保証制度やチェックテストのランキングも生徒のやる気を引き出し、その時の実力を正確に把握できる、とても良い制度だと思います。実際合格保証を頂き、安心して受験に望むこともできました。本当に、増田塾には勉強できる素晴らしい環境が整っています。私が合格できたのも周りの方々のおかげです。感謝してもしきれません。本当に一年間ありがとうございました!

青山学院(経済) / 法政(人間環境) / 学習院(法)

大月 さくらさん

私は二年生の頃に偏差値が模試で50にさえ届かず、先生には行く大学無いかもよ、とさえ言われました。まさかそんなに落ちこぼれていたとは夢にも思わず、厳しいと評判の増田塾に通う事を決めました。この一年通って感じたのは、塾の先生方の学習や志望校を決める上でのアドバイスは全て正しかった、という事です。高校二年生の頃に単語の暗記を定着できたことは本当にありがたかったです。私は最初に合格保証をとる、という目標を決めて(とは言っても本当にとれるとは夢にも思いませんでしたが)チェックテストを一つ一つ取り組んできました。すると本当に成績がみるみる伸びて驚きました。親や先生方には感謝してもしきれない経験をさせていただきました。ありがとうございます。

早稲田(文/商/教育) / 明治(商/情報コミュニケーション) / 立教(経済) / 中央(経済)

北嵐 大雅さん

私は現役の時、たいして勉強もせずに受験に臨み、全ての大学に落ちました。その時に衝撃は忘れがたく、浪人する事に決めた後、今年は絶対にこんな想いはしたくないと思って増田塾に入塾しました。決め手は3つで、まず一つ目は、強制自習です。増田塾は朝9:30までに登校して、そこから10時間近くただひたすら勉強だけをさせられます。当時の私には自分の逃げ道がなくなるこのシステムはとても魅力的に見えました。2つ目はチェックテストです。チェックテストは毎週何回かあり、単語などのテストと先週の授業の復習テストがあります。このテストのおかげで自分がどこを苦手としているかが分かり、弱点の補強ができました。また、テストごとに上位者の順位が貼り出されるので、それも私のモチベーションの向上に役立ちました。そして3つ目が合格保証です。これはチェックテストで80%以上を取ることで得られる保証で、これを取るために年間を通してだれることなくテストに臨むことができました。また、取ることで受験に自信を持って挑戦できました。入塾してからも、スタッフの方やチューターさんなどは親身になって自分達をサポートしてくださいました。講師の方も分かりやすく授業をおこなってくださって、ここで一年頑張ることを決めてよかったと心から思うことができました。増田塾のおかげでここまで頑張り続けられたと思います。受験生のみなさん、特にサボリ癖がある人やつらいことから逃げてしまう人には、増田塾で頑張ることをオススメします。

明治(文) / 立教(文) / 中央(文)

五ノ井 涼音さん

私は勉強が心の底から嫌いで、中学・高校の授業は殆ど聞かず、100点満点の定期テストで一桁の得点を何度も取るほどでした。このままでは大学受験どころか卒業も危うい、と警告を受けた頃に、増田塾からパンフレットが届いて入塾を決めました。自習室に自分専用の机があるので、自分の使いやすいように工夫することが出来、集中して勉強出来たと思います。また、復習用の課題やチェックテストなどもあるので、自習時間に何をすれば良いのか分からない…なんてことも殆どありませんでした。私は特に世界史が得意になりました。素晴らしい先生によって、夏の模試では偏差値が70に到達し、それ以降の模試でも学年トップ10に入るようになりました。私に国語力がある事を見出し、伸ばしてくださったのも増田塾の先生方です。英語は最後まで苦手でしたが、塾で身に付けた読解力が本番で実力以上の効果を発揮し、受かる自信の無かった明治大学・立教大学からも合格を戴く事が出来ました。最初こそ中央大学に行きたいと思っていましたが、私は散々悩んだ末に立教大学へ進学することに決めました。増田塾に入っていなければ絶対にできなかった選択です。こんな贅沢な思いが出来るとは思いませんでした。英語が出来ず仕舞いだったことがとても不安でしたが、沢山の大学から合格を戴き、周りの人たちからも「よく頑張ったね」と褒めてもらえて、そこで初めて、自分が思った以上に頑張っていた事に気が付きました。泣くほど勉強が嫌いだった私が1年間大学受験を頑張れたのも、想像以上の素晴らしい結果を出せたのも、増田塾の皆さんのおかげです。大変お世話になりました。本当にありがとうございました!

早稲田(教育) / 慶應義塾(文) / 明治(文) / 学習院(文)

高橋 咲衣さん

私が増田塾に入塾しようと思ったのは、やはり『強制自習制度』に惹かれたためでした。増田塾には自分の机があり、そこで毎日長時間勉強する生活を送ることで、勉強する習慣を身に付けることができます。家だと集中できず、学校の自習室も短時間しか開いていなかったのでこの制度があって本当に助かりました。また毎週の授業の一週間後には毎回テストがあるため、後回しにする事なく習ったことを復習することができました。そして何より、先生と生徒の距離が近いことが増田塾のとても良いところだと思います。先生方に英語の過去問や小論文の添削をして頂いたり、日本史や世界史の勉強法を沢山指導して頂いたりという手厚いサポートがあったから志望校に合格することができたのだと思います。受験間近では気持ちの面でも先生方や事務の方々、増田塾の友達に支えられる事が非常に多かったです。はじめは「一日中座りっぱなしで勉強なんて無理だ」と思っていたのですが、受験間近ではそれが当たり前です。世間の受験生が苦だと思うことが、4月からそれをやっている増田塾生にとっては普通のことになっています。この勉強量が自信にもなりました。増田塾の方々には沢山お世話になりました。私を合格させてくださって本当にありがとうございました。

早稲田(社会科) / 慶應義塾(商) / 上智(経済) / 明治(経営/商)

田村 真恋さん

いい加減塾を決めなければと焦っていた私は、私立文系に特化した増田塾を選びました。学校の授業だけでは理解しにくかった英語には苦手意識を持っていましたが、たった1回の体験授業を受けた後、この先生に教われば英語を得意科目にできるかもしれないと思い、迷わず入塾を決めました。家では勉強する気が起きなかったので強制自習のシステムは私には合っていました。毎週のチェックテストも大変でしたが、与えられた課題を毎日地道にこなすことで確実に実力がついているとランキングに載る度実感でき、やる気と自信に繋がりました。また合格保証のおかげで、試験本番は今までの自分の積み重ねを信じ落ち着いて臨むことができました。この1年挫けそうになりながらも無事第一志望に合格することができ、諦めずに増田塾を信じてやってきて 良かったなと感謝の気持ちでいっぱいです。

慶應義塾(環境情報) / 青山学院(教育人間科) / 法政(人間環境)

戸張 維さん

増田塾の強制自習制度は、自分に甘く勉強を怠ってしまう私には必要だと思い入塾しました。実際、中だるみしてしまう頃も強制自習のおかげで常に勉強をする環境に身を置くことができ、そのことが結果に繋がったと思います。受験は学校や予備校で知識を得ても、定着がままならず力にならないことが多いと思います。そのため、知識を定着するための充分な自習時間が必要であり、この増田塾の強制自習制度は確かな勉強時間を与えてくれました。受験は辛く苦しいことが多いけれど、増田塾の講師の先生方や事務の方々、意識の高い仲間、そして家族や友人の支えがあってここまで来れたと思います。この一年で大学に受かることだけでなく、人としても成長することができたので心の底から増田塾で浪人してよかったと思っています。本当にありがとうございました。

早稲田(文化構想/文/人間科/政治経済/商/社会科) / 慶應義塾(商) / 上智(経済) / 明治(情報コミニュケーション)

多田 光伯さん

高3の入試の時は全然自信がありませんでした。 高校生の時はよく勉強をさぼっていて、部活が終わった後の塾も、行かずに帰ることもありました。当然のように落ちて、予備校の相談をしていた時に、母の友人から増田塾の話を聞きました。 「このまま同じ塾に通っていても、ちゃんと勉強できないのではないか?」という不安を持っていた私は、強制自習の制度に惹かれて入塾しました。私立文系の入試では何と言っても勉強した量が大きな差になります。その点において、強制的にでも勉強するのは大きな強みになります。さらに、毎週行われるチェックテストは、強制自習の目標の一つになるとともに、自分の学習達成度の目安にもなります。私は、毎週のチェックテストで良い点を取ることで、自信をつけることができました。本番でも怖気付かずに、自分は増田塾のカリキュラムをしっかりこなした、という自信を持って問題を解くことができました。「努力と、根拠のある自信は自分を裏切らない。」増田塾で本気で勉強すれば、きっと自信を持って受験に臨み、納得のいく結果をつかめると思います。

慶應義塾(環境情報) / 青山学院(経済)

江頭 駿さん

私は高卒生として増田塾に入塾しました。当初の自分には自ら勉強するという概念はなく、強制的にでも勉強出来る環境に身を置こうと入塾を決心しました。また、辛うじて中学レベルと言えるほどの学力しかなかったので当然クラスは最下位クラスからスタートになりましたが、基礎の基礎から始まるカリキュラムをこなしながら、「実力テストで上位クラスにあがってやる」という、入試以外の強い勉強のモチベーションになりました。夏まで続く基礎的な勉強をこなしていながら第一志望校の問題に初めて目を通した時には、このペースでやっていて、数ヶ月後には本当にこんな問題が解けるようになるのだろうかという不安も大いに感じていましたが、それでも周囲の方々の声を信じて愚直にやり続けた結果、苦手だった英語は1番の得意科目になり、最終的には憧れであった慶應義塾大学からの合格通知を受け取ることができたのだと思っています。勉強のことを考えると頭が痛くなるような人間がこの一年間でここまで変われる環境を用意してくださった先生方や事務の方々、チューターの方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。

立教(法) / 中央(法)

菱沼 航希さん

僕は、増田塾へ「強制自習」と「合格保証」に惹かれてこの増田塾に入塾しました。最初の方の英語の授業では精読を主に行い、焦っている僕は、正直これで間に合うのだろうか?と不安でした。でもそんな不安は、すぐになくなりました!春のマーク模試で偏差値が50ぐらいだったところ、夏の記述模試では68を越えたのです!精読をマスターする事は、入試英語において必須事項だった・・・と、この時確信しました。それに伴い、国語や選択科目もものすごい勢いで伸びました。もし自分が行きたいなと思ってる大学がとても高いハードルの大学でもこの増田塾のカリキュラムを信じて一生懸命頑張れば絶対に合格します!自分には届かないと思っても増田塾ならそれを可能にしてくれます。それを信じてぜひ頑張ってください!

早稲田(文/人間科) / 上智(外国語) / 明治(政治経済/農) / 立教(経済/観光) / 法政(社会) / 同志社(政策)

稲本 俊太さん

「増田塾の敷いたレールの上を走れば絶対難関大に合格できる。君はそのレールの上を走ればいい」。これは僕が入塾説明会で言われた一言です。嘘だって思いますよね。僕も思いました。その頃は一丁前に合格体験記なんて書くとは思いませんでした。でも今では騙されたと思ってその増田塾のレールに乗って本当に良かったと思ってます。特に良かったのが自習時間とやるべきことがほぼ全て決まっていたことです。強制自習は名前からして厳しそうですが、慣れてしまえば自分で全ての時間を管理するよりはむしろ楽です。それにやるべきことは毎週実施されるチェックテストや授業の予習復習と決まっており、自分のレベルにあった教材はベストな時期に増田塾から提示されます。まさにレールが敷かれてるわけです。実際成績も伸び、最後の模試で成績優秀者の欄に名前が載った時は自分が一番驚きました。それにチェックテストで点数を取って行けば合格保証が付きます。そのおかげでモチベーションはずっと下がりませんでした。それに自分が信じてやってきたことが一番不安な本番前の時期に評価されるのは本当に自信になりました。最後になりますが一年間お世話になった先生方、事務員の皆さん、チューターさん本当にありがとうございました。増田塾を信じて本当に良かったです。

明治( 商/経営/法) / 立教(経済) / 法政(経営/経済) / 学習院(経済)

鈴木 大雅さん

1年間とにかく課題は英語でした。三科目の中でとにかく英語が苦手でそこを克服するためにはとにかく面倒見のいい英語指導を求めて塾を探しました。増田塾はあまり大きな塾ではありません(僕の校舎は、かもしれませんが) ですがそこが僕には魅力的に思いました。授業で先生との距離が近いので緊張感があります。CTができない人はすぐに補講にかかります。そういう環境に身を置くことで1年間という決して短くない時間を受験に向けて置くことが出来たのだと思います。私文はとにかく勉強した者勝ちの世界です。強制自習というシステムは私文特化の象徴と言えるでしょう。増田塾での1年間はやる気のある人には必ず意味のあるものになるでしょう。頑張ってください1年間ありがとうございました。

早稲田(スポーツ科/教育) / 青山学院(教育人間科)

坂元 花伽さん

私は増田塾が初めて入った塾で、それまで塾に入ったことがありませんでした。最初のうちは強制自習や毎週のテストに慣れませんでしたが、いつの間にか当たり前になっていました。私は運動部に所属していて、入塾したのは三年の春からですが、本格的に長い時間勉強をするようになったのは夏からでした。部活をしていた時期は練習で疲れた後、塾で眠くなってしまうこともありましたが、チェックテストのためになんとか勉強をすることができました。また、授業がすごく面白くて好きだったので、つらいと思うこともありませんでした。もし塾に入っていなかったら勉強を続けられなかったかもしれません。約一年の強制自習は短いようで長く、集中できない時もありましたが、自習室の環境がいつも変わらず整っていたおかげで最後までやり抜くことができました。増田塾に入っていなかったら第一志望校合格は無かったと思います。お世話になった講師の先生方、事務員の皆さん、チューターさん、本当にありがとうございました。

上智(法)

松本 浩己さん

僕が増田塾に入ったきっかけは3つあります。1つは部活動と勉強との両立ができると思ったからです。授業開始時間も遅めだったので、部活のあとに行っても充分間に合いました。また、部活の大会などで授業に出れなくても他の日に振替授業を受け、カバーできたので安心して部活に取り組めました。僕は高3の9月まで部活を続けたのですが、こうして合格できたのは増田塾のシステムのおかげです。もう1つのきっかけはやはり「強制自習」という制度があったからです。僕は高校2年生の夏から増田塾に入ったのですが、入るまでは友達との遊びや部活動を優先していて全くと言っていいほど勉強をしてきませんでした。また僕はすぐに自分にあまえて妥協してしまう性格だったので強制的に勉強させてもらえる環境があるのはとても魅力的でした。そして3つ目のきっかけは毎週チェックテストがあることです。授業ごとに確認テストがあるので、授業の復習を疎かにしなくてすみ、定着度が増しました。復習という作業はなかなか気が進まないものですが増田塾の場合はチェックテストがモチベーションになるので復習をしっかりできました。増田塾にはこのように自分にとって理想に近い学習環境が揃っていました。優しく教えてくださるチューターの方や、わかりやすい授業をしてくださる先生の方々、いつも相談に乗ってくださった事務の方々、そして同じ目標を掲げて支え合いながら頑張れた友達などたくさんの人々のおかげで合格することが出来ました。ほんとうにありがとうございました。

早稲田(教育) / 慶應義塾(文) / 明治(経営/情報コミュニケーション) / 学習院(経済)

相川 京介さん

僕が増田塾を選んだ主な理由は2つあります。それは強制自習とカリキュラムです。僕は現役時代大手予備校に通っていましたが全落ちを経験しました。それは勉強のメリハリがなく、基礎力のなさが原因だと考えました。そんな僕にとって増田塾は魅力的すぎました。誘惑が多い浪人生ですが、強制自習があることでその誘惑から離れ勉強に集中することができます。また、休み時間も短く勉強と休憩のメリハリがつきやすいと思います。カリキュラムについては、初めにどう勉強したら早慶までのレベルに達するかを示してくれるので安心して勉強することができました。夏までに徹底的に基礎力を固められるようなカリキュラムがあったからこそ夏以降の成長があったと思います。逆に言えば浪人生で夏までに基礎を定着できないと早慶の合格から離れてしまいます。それを図るためにあるチェックテストが重要で、それのために勉強をしていたと言っても過言ではありません。増田塾のカリキュラムを信じて一年勉強すれば必ずいい結果が出ると思います。英語も日本史も国語も現役から偏差値が約15~20上がった僕が言うので間違いないです。最後に本当に増田塾で浪人して良かったと思っています。辛かった時期もありましたが生徒との距離の近い増田塾であったからこそ乗り越えられました。本当にありがとうございました。

早稲田(文化構想) / 立教(観光) / 中央(文)

山下 萌々子さん

私は高3の春に増田塾に入塾しました。高2まで家に帰ると部活で疲れてすぐ寝てしまったり、スマホばかり見ていましたが、増田塾には強制自習制度があるので、必要な勉強時間を確保することができました。また、毎週チェックテストがあり、その出題範囲に合わせて、自分が今何をするべきなのか、どのくらいのペースで進めれば間に合うのか把握できたのが良かったと思います。これらを続けるのは大変でしたが、合格保証をとることやランキングで上位に載ることを目標にすることでモチベーションを維持することができました。増田塾に入って勉強面でも精神面でも大きく成長することができました。1年間ありがとうございました。

早稲田(商/社会科) / 慶應義塾(経済) / 明治(政治経済/経営) / 学習院(経済)

片岡 宏斗さん

私は中学まで勉強を怠っていたため、高校入学時には学年の成績が下から3番目でした。現役時代も全ての大学に落ち、浪人することを決意しました。私が合格することができた最大の要因は増田塾の強制自習にあると思います。朝早くから夜遅くまで外に出ることができず否応なく勉強しなければならない環境の中で、逃げ出さずコツコツと勉強したことが合格につながりました。また毎週掲示されるチェックテストランキングも合格につながった要因であると思います。私は校舎内で一位を保ち続けることを目標に最後まで貫きました。同じ受験生に負けないというモチベーションを保ち続けられたのも増田塾のシステムのお陰です。増田塾のカリキュラムに従い、第一志望に合格するという決意さえあれば合格することができると思います。増田塾で経験した一年間が人生において財産になりました。ありがとうございました。

上智(経済/文) / 中央(商)

水島 桃子さん

私は浪人を決めた時に、普通の予備校では、絶対に遊んでしまう!と思っていました。そこで厳しいと評判の強制自習制度に惹かれて増田塾を選びました。合格保証を取ることを大きな目標に、毎週のチェックテストを小さな目標としてコツコツと勉強を続けました。そして増田塾ランキングに名前が載ることにより、負けず嫌いの私に最高のモチベーションになりました!受験に対して不安になって辛かった時は、チューターや事務の方に励まして頂き、めげずに頑張ることが出来ました!私は増田塾に通っていなかったら、ここまでの結果は出せなかったと思っています・・・1年間ありがとうございました。

早稲田(教育) / 慶応義塾(文) / 立教(法/観光) / 中央(文) / 法政(現代福祉) / 学習院(文)

柳沢 七帆さん

私は友人から合格保証の制度を聞き、増田塾を選びました。理由はそれだけ確実な力をつけさせてもらえるのだと思ったからです。そして実際に増田塾で過ごし、合格保証をいただいた時には、本当に実力が付いていました。繰り返し復習して挑むテストの中で知識が確実に定着していったから、実力がつきました。ランキングも貼り出されるので、もっと頑張ろう!と常に気合いが入りました。また、私大を知り尽くした私大専門の塾だからこそ、授業から得られるものが格段に違うのだと思います。先生方から志望校合格に必要な知識や工夫をたくさん教わりました。試験中は教わったテクニックを駆使すると解ける問題ばかりで、今振り返ると、私の合格は先生方の授業からきていました。親身になって相談にのってくださる、事務の方やチューターさんの存在も心強かったです。 増田塾のスケジュールで過ごす一年は、今何をやるべきかが常にはっきりとしています! そこが、暗中模索で勉強していた現役時代とは違いました。分厚い参考書も、復習のタイミングも、増田塾のスケジュール通りに勉強していけば大丈夫です。余計な心配をしなくて良い環境だからこそ、私は落ち着いて目の前の勉強に集中できました。強制自習もテストも大変だけれど、それだけの力が付きます。私は、増田塾に入ったから合格できました。ありがとうございました!

青山学院(経済) / 中央(商)

原田 晃徳さん

僕は高2の冬まで全く勉強もしておらず、部活などを言い訳にしてそうした状況に甘えていました。それゆえに学内でほとんどビリに等しい成績をとり続けたにも関わらず、受験勉強に本気にはなれませんでした。そんな中、出会ったのが増田塾でした。状況に甘えて勉強をしなかった僕にとって、増田塾における「強制自習制度」は自分を律するために最適であり、また最高の環境でした。塾内は授業の質が良く、チューターへ質問しやすい場が整備されており、私大文系に特化した塾だからこその赤本、参考書の充実さといった最高のサポート体制が敷かれているため、あとは本人の頑張り次第で第一志望合格を目指せる環境でした。今までの自分から生まれ変わる気持ちで一心不乱に勉強し、塾の仲間同士で切磋琢磨することで成績をぐんぐんと伸ばして、遂に第一志望の大学にバカから逆転合格することが出来ました。受験の最大の敵は「自分への甘え」だとよく言いますが、増田塾ではその甘えを無くし、本気で勉強と向き合う最高のサポートを提供してくださる塾です。日々の長く厳しかった自習室での勉強は本番で自信に繋がり、目の前の問題に臆すること無く勝負を挑むことで最後の最後に合格を勝ち取ることが出来ました。増田塾を信じて本当に良かったと思います。本当にありがとうございました!

明治(文) / 中央(文) / 法政(文)

安藤 菜緒さん

私が増田塾を選んだ理由は、強制自習という制度があることと英語に力を入れていることでした。練習量の多い部活動をしていたので、家に帰ると疲れてしまい自ら勉強しようとはなかなか思えませんでした。そこで、増田塾の売りである強制自習を利用して勉強せざるを得ない状況を作るようにしました。自習室では、周りの人が全員勉強しているので自然とやる気が出て、集中して勉強に取り組めました。強制自習のおかげで、部活動の時間と勉強の時間との区別がしっかりとつけられました。また、私は英語がずっと苦手でした。苦手意識が強いため、勉強にもやる気が起きづらく理解できないという悪循環を繰り返していました。そこで、増田塾で基礎から英語を教わり、徐々に理解できるようになりました。また、長い受験勉強は先が見えなくて辛くなる時もありましたが、話を聞いてくれる友達やチューターさんがいて乗り越えることができました。私一人では最後まで諦めずにやりきることはできなかったと思います。試験終了のチャイムが鳴るまで、自分がやってきたことを信じて諦めなければ、必ず合格するチャンスがあると思います。

早稲田(スポーツ科) / 学習院(経済)

田島 千紘さん

私が1番苦手だったのは「英語」です。現役時代では、なんとなく長文を読んでいただけで、内容は6割ぐらいしか理解できていないままに、読めた気持ちになっていました。それでは受験問題を解けるはずもなく、まるで成績は伸びませんでした。それから増田塾で学び始めて1年、今ではスラスラと前から一文一文筆者が言いたいこと理解して読めるようになりました。それは、4月からの徹底した精読の訓練によるものだと思います。増田塾の英語学習では「精読」を重視し、一文を正確に読むということを特に訓練します。初めの頃は難問へ取り組まないことに不安で、大丈夫かなと思いましたが、根気強く継続した結果、12月ぐらいには圧倒的な速度でスラスラと読めるようになったのです。こんなに「精読」に力を入れている塾は聞いたことがありません。応用の前に基礎をしっかり固めるということはなりより大事なことで、その点において精読の訓練は必要不可欠であったと理解できました。親身に相談に乗ってくださった先生や、事務の方チューターさんに感謝の気持ちでいっぱいです。1年間ありがとうございました。増田塾を選んで本当に良かったです。

立教(コミュニティ福祉)

廣戸 杏果さん

私は高校2年生まで勉強に対するやる気がなく、ただ何となく高校生活を過ごしていました。そんな時私はどうしても行きたい大学に出会いました。全く勉強する習慣がなかった私にとって強制自習制度はとてもいいペースメーカーになりました。自力で勉強だけと向き合う時間を確保するのは簡単なことではありません。しかし増田塾に行けば自分の席があって、決められた時間まで勉強しなければいけない環境があるので私はまず勉強時間を確保することができました。すると徐々に強制的な自習だと思っていたものが自主的な勉強したいという意欲が湧き、静かな環境で集中力を培うことができました。私は9月中旬まで部活があり、今思えばとても大変な時期でした。遅れて塾に着くと周りはみんな勉強しているという環境は短い時間で最大限の努力をしようという意志に繋がりました。私は残念ながら行きたい学部に合格することはできませんでしたが、GMARCHは到底無理だと思われる成績からここまで頑張ってこられたのは、増田塾に入り、チューターさんや事務の方々に支えてもらったからだと思います。そして1年間自分自身と向き合うことで成績だけではなく色んな面で成長することができたと思います。この先大変なことがあっても、受験期にあれだけ頑張れたから大丈夫、と思えるほど踏ん張って頑張った時間を増田塾で過ごせてよかったです。ありがとうございました。

立教(社会) / 法政(社会/キャリアデザイン)

中森 菫さん

私は、高校3年生になるまで全く勉強をして来ませんでした。しかも、自分は意志が弱くすぐ集中力が切れてしまうので、強制自習のある増田塾は本当に自分に合っていました。 CTでいい点が取れるととても嬉しくて、それがモチベーションになって部活と学校と塾で大変だったけど、目の前の事を必死にやってました。増田塾の課題、強制自習を最後までやりきった時、こんだけやったんだから、大丈夫。と思えるようになりました。1人だったら絶対ここまで来れなかったです。チューターさん、先生、事務の方、それからずっと一緒に頑張ってきた友達の存在に本当に助けられました。本当に私は周りに恵まれてたから、やり切れたんだなと思います。結果関係なく本当にこの1年間頑張ってきたことに変わりはないので、全く無駄じゃないし、本気で努力したから価値のある時間になったと思います。こんなに自分に甘々だった私が自分に厳しくなれました。増田塾のおかげ合格できました。1年間ありがとうございました。

早稲田(人間科) / 慶應義塾(法/文) / 上智(外国語) / 明治(法/情報コミュニケーション) / 中央(商) / 法政(経営/経済)

阿部 諒さん

私は、現役の時1つの大学にも受からず全落ちし、入試の帰り道に貰った解答速報を見て増田塾の存在を知り、入塾を決めました。勉強への意志が弱く、誘惑に負けて勉強から逃げてしまっていた私にとって、他の予備校には無い増田塾の〝強制自習制度〟は勉強せざるを得ない環境ができ、自分の弱さを克服できる最高のメソッドでした。また、私は世界史を初学で始め、「授業についていけるのだろうか」、「初学で始めて入試に間に合うのだろうか」と最初は不安でしたが、心配は無用でした。時には、勉強が辛く感じ、辞めたくなる時もありました。ですが、私を応援してくれる両親、親身なって相談に乗ってくださる先生方、事務員さん、チューターの皆さんや共に切磋琢磨し、必死に頑張る仲間の姿を見て、「やるしかない」と思え、最後までやり通すことができました。今受験を終えて、私は、「増田塾無しでの合格は無かった」と断言できます。このような素晴らしい塾に巡り合い、素晴らしい先生方、事務員さん、チューターさん、共に支え合った仲間に出会えた私は本当に幸せ者です!本当にありがとうございました!

上智(法) / 明治(政治経済) / 立教(法) / 学習院(法/経済)

高橋 美久さん

『増田塾を信じる』これは、私が最も伝えたい事です。高3時、私は勉強が大嫌いで机に向かうことさえ苦痛でした。しかし強制自習制度により、段々と勉強することが楽しくなり、開室から閉室まで勉強し続けることができるようになりました。増田塾のカリキュラムは厳しく、何度も挫けそうになりました。しかし毎週行われるチェックテストで成績が上がることを実感できるため、最後まで頑張り続けることができました。また合格保証制度により、1年間の自分の努力に自信を持って受験本番に臨むことができました。そして、何よりも増田塾には絶対的な信頼を置ける講師、チューター、スタッフの方々がいらっしゃいます。散々な結果に終わり浪人をした私は、増田塾のおかげで合格を掴むことができました。本当に、本当に、心から感謝しています。増田塾と出逢えた私は幸運でした。ありがとうございました。

早稲田(商/文) / 慶應義塾(文) / 上智(文) / 明治(法/商/経営) / 法政(経営)

大野 杏奈さん

増田塾に入る前の私は、大学受験に対する不安でいっぱいで、また何をどのように勉強したらいいのかも分かっていませんでした。そんな私にとって強制自習と合格保証という増田塾の制度はとても魅力的なものでした。増田塾は他塾と比べて、私立文系専門と的を絞っているからこそ、受験生の実力を上げる環境が揃っていると思います。例えば毎週のチェックテストによる徹底的な基礎力固めと定期的なテストによる実力判定です。自分に足りないところをすぐに知りすぐに勉強に活かすことができます。実力がついていくのをテストの結果で実感できるのは、自信と志望する大学への強い憧れにつながります。また周りに同じ大学同じ学部を目指す仲間が大勢いることもモチベーションの維持につながりました。合格を掴み取ることができたのは、講師の皆さん方をはじめ、事務員さん、チューターさんのおかげです。感謝してもし尽くせません。

早稲田(人間科) / 立教(コミュニティ福祉) / 法政(人間環境) / 学習院(法)

不破本 あいさん

私が増田塾に通って良かったと思う所は2つあります。1つ目は強制自習制度です。これは私が増田塾を選んだ理由でもあります。私は増田塾に通う前、他の予備校に通っていました。しかし、何かと言い訳をつけ、予備校に行かず、家に帰る日が次第に増えていました。私はこのままではいけないと思い環境を変える決意をしました。この決定は私にとって大当たりでした。それからは、部活で疲れて帰りたいと思う時なども、気持ちを奮い立たせ通い続けることができました。2つ目は精神的な面でのサポートが充実している所です。実力テストや入試直前期など、精神的に不安定になる時、私は何度も何度も講師や事務員、チューターさんに助けていただきました。他にもランキング表に載ってると「載ってるね!凄いじゃん!」と私より早く気づいて言ってくださりとても嬉しかったです。それは勉強をする大きな原動力にもなりました。また、私は友達にも恵まれ、常に明るい気持ちで勉強に取り組むことができました。これは、苦しい受験を乗り越える上で1番重要なことだったと思います。私は1年半増田塾に通って学力も上がったけど、何よりも精神的に成長できたと感じます。増田塾は卒業する時には、いい1年を過ごせたなと感じられる素晴らしい塾です。だから、これから増田塾で1年間頑張る受験生のみなさんも、増田塾を信頼し、最後までしっかりついていってほしいです。

早稲田(文化構想/社会科/人間科) / 明治(経営) / 青山学院(法)

越川 峻行さん

増田塾の強制自習。私のような自制心の弱い人間には魅力的な制度でした。しかし、増田塾の魅力はそれだけではありません。一生懸命、勉強を頑張ったとしても、間違った勉強法を続けていたら、合格は遠のきます。その事に自分で気づき、修正していくことは非常に難しいです。増田塾では、何世代もの生徒を見て研究した上で、単語帳から過去問演習に至るまで細かな指示が出ます。その増田塾が引いてくれたレールの上を走りきりさえすれば、合格を掴めるわけです。実際、私はこの1年間、増田塾や先生方が指示する教材や勉強法以外のことは一切しませんでした。この点が他の大手予備校ではなく、増田塾を選んで良かったと思う数ある理由の中の1つです。あなたも1年間、増田塾のレールの上を走り抜けて見ませんか?きっと、良い結果に繋がると思います。

明治(法/文) / 立教(経済) / 法政(経済)

斎藤 七星さん

去年MARCHに落ち、日東駒専に落ち浪人が決まったときは絶望感に苛まれていました。女子で浪人はどうなのか、そもそも1年間また受験勉強を続けられるのか、など不安はすごくありました。そのときに母に勧められたのが増田塾でした。強制自習という浪人にとっては最高のシステムがあるということで入塾を決意しました。そのためにSNSは全て消し、塾が始まる前は英語の基礎をひたすらやっていました。そして、いざ増田塾がスタートしたときは毎日机に向かうというストレス、またたとえ1年勉強しても受かるとは限らない不安感。想像以上に厳しかったです。しかし、きつかったのは最初のうちで慣れてくると割と楽しくなって、CTや実力テストという目に見える目標ができ、また成績によってクラスが変わるので、それも自分の負けず嫌いな性格に火をつけてくれました。また親や応援してくれる友達にもすごく励まされて、浪人したからこそ、身近な人のありがたみが分かるというのは、この経験をしたからこそ味わえたことだと思います。この浪人生活を振り返ると良いことばかりではなかったですが、自分を見つめ直すことができ、嫌でも自分の悪いところと対峙しなければならない、というのは本当に自分にとっては大事なことだったなと改めて感じます。この経験は一生忘れることができないと思います。本当に増田塾にお世話になりました!いつも優しい事務員の方、最高の授業と色々なことを教えてくれた先生方ありがとうございました!!!!こんな自分を変えてくれて本当に感謝しています。これから大学受験をする人、浪人しようと思う人、増田塾はお世話抜きでいいですよ!特にわたしのように自己管理が甘い人には特に!笑。人生を変えられるといっても過言ではないです!!!

慶應義塾(文) / 明治(法) / 立教(法) / 中央(総合政策) / 法政(キャリアデザイン)

伊藤 初さん

現役生の頃の大学受験失敗の原因は、計画性のなさにあったと思います。しかし、増田塾では、チェックテストという小テストがあり、その出題範囲と教材が明確に定められているので、具体的にどのような勉強をいつまでにすればよいのかがわかり、日々の勉強に計画性を持たせることができました。また、講師や事務員、チューター、清掃員など、多くの方が受験生活を支えてくださったので、つらい時でも、勉強に励むことができました。他塾にはない合格保証制度も、受験期直前の大きな心の支えとなりました。増田塾なしには、志望校に合格することはできなかったと思います。ありがとうございました。

早稲田(文化構想) / 明治(文) / 法政(文/経済)

川島 蒼生さん

自分は今、無事に浪人生活を走りきることができて、ホッとしています。やり遂げられた理由として、浪人生活に対する自分の捉え方が大きいものだったと思います。一つ目は、同級生には大学に行っている人もいれば、既に働いて社会貢献をしている人もいるということです。その中で、どの部類にも入らない浪人生という部類に入るにあたり全力を尽くさなければならないと強く思えました。二つ目は、家族が浪人を自分にさせてもらったことです。家族に投資をしてもらい、心配をかけていると考えれば、毎日塾に来て、高得点をがむしゃらに狙って、遅くまで頑張るということは苦に感じません。自分はこう考えました。自分が今ここで頑張れば、1年後の3月、家族はもちろん親戚、近所の人、小・中・高の友人、先輩や後輩が喜んでくれるということです。そう思うことで、けっして自分だけの戦いではないという気持ちになれました。大学受験は手強い相手であり、勉強の習慣を保ち続けることは非常に大変でした。教室には仲間がいて、事務員さんやチューターさんや講師の皆様が優しくしてくれたことは、非常に有り難いことでした。自分はこの増田塾での勉強生活を通じて物事の捉え方が変わり、1年前の自分と比べて、ふた回りほど成長できたと思います。本当にありがとうございました。

立教(コミュニティ福祉) / 中央(総合政策) / 法政(法)

小松 知輝さん

私が受験校の目標を定め、増田塾に通うようになったのは高校2年生の3月でした。受験を意識し始めるようになったきっかけは「大学受験は人生における最大の分岐点であり、自分の可能性を試せる最大のイベント」と考え始めたことでした。そんな私はそれまで努力をして何かを成した事のない人生を過ごしてきていたので、こんな自分に1年間努力し続ける事が出来るのかと不安でした。当初の成績はどの大学も厳しいと思うようなもので、特に選択科目の数学は大きな懸念材料でした。そこで自分に合うと思った強制自習のシステムがある増田塾を選びました。それから毎日、学校が終わると塾に通うという生活が始まったのです。この1年間、辛いと思いくじけかけた事も多々ありました。それでも諦めず、最後までやっていけたのは塾のスタッフさんやチューターさん、応援してくれる家族や一緒に頑張る仲間達のおかげだと思っています。大学受験で得られるものは成績だけではありません。一緒に同じ環境で頑張った仲間、目標に向かって走り続ける忍耐力、その人次第で得られるものは多くなると思います。最後に、この1年間増田塾にはとてもお世話になりました!現役で志望大学に入れたのは増田塾生だったからだと思っています!是非、過酷でありながら有意義でもある受験生活を増田塾で頑張ってみて下さい!

青山学院(法) / 立教(経済) / 法政(社会) / 関西学院(人間福祉)

高田 拓実さん

何が何でも行きたい大学がある人にとって、僕の知る限り、増田塾はその目標を達成するためには一番の塾だと思います。僕は小さい頃から自分に甘く、すぐに挫折をするような意志の弱い人間でした。その結果、高校の定期テストでは偏差値でマイナスを記録し、当然のごとく受験にも失敗し、学校の先生からも見放され、そして辿り着いたところがこの増田塾でした。増田塾の強制自習システムはそんな僕にぴったりでしたし、日々のチェックテストに集中することによって確実に力がついていってることが実感できました。しかし、全てが順調にいったわけではなく、途中思うように過去問の正答率が上がらなかった時、実力テストで成績が下がった時、何度も逃げ出し諦めかけました。そんな時も熱心に面倒を見てくれるスタッフやチューターが周りにいたおかげで、何度も心を折られましたがそのたびに奮起し、合格をつかむことができました。僕と同じようなことで、悩んでいる人は是非増田塾に来て、自分の甘さと向き合ってみるべきだと思います!

青山学院(文)

渋谷 玲奈さん

私が増田塾を知ったのは、現役時の受験が終わり、解答速報を探している時でした。現役時は半ば浪人を覚悟しての受験だったので、せっかくだしどんなところか見てみようと増田塾のホームページを見ていたところ、強制自習や合格保証制度など他の予備校にはないシステムを行っていて、ここでなら自分の学力を高められると思い、入塾を決意しました。わたしが増田塾に入ってみて1番よかったと思ったことは、毎回のチェックテストです。授業がどのくらい身についたか確認できることはもちろん、自分だけでは確認することが難しい単語などの細かいけれど重要なことをチェックテストを通して確認できたのは非常に大きかったです。また、講師の先生方も非常に親身になって教えてくださり、受験が近くなって辛い時期にも、アドバイスや励ましを頂いてとても心強かったです。1年間ほとんど休まずに増田塾に通ったことが実を結び、大学に合格することができました。本当にありがとうございました。

早稲田(商)

藤田 みなみさん

私が大変だったと思うことは、塾と学校の勉強の両立です。しかしそれがあったからこそ、第一志望の大学に合格することができたと思います。私は元々自分に甘い性格でしたが、強制的に学習をさせる増田塾のシステムのおかげで、勉強を習慣化することができました。学校から塾に来て、高卒生や現役生が一生懸命勉強している姿を見ると、自然とモチベーションも上がり、勉強が捗りました。夏からの半年間という短い間でしたが、その中で増田塾からは得たものは本当に大きかったです。ありがとうございました!

立命館(経営) / 明治(経営) / 青山学院(経済) / 中央(商)

鈴木 一成さん

毎日毎日教室にこもって10時間以上の勉強。高校時代全く勉強してこなかった僕にとってはとても過酷な環境でした。だから、浪人生活が始まった当初は「本当に1年間こんな生活を続けられるのか」と不安に思っていました。しかし、「必ず第一志望の大学に合格する」という強い信念を持っていればどんな壁でも乗り越えられると、この1年を通して学びました。確かに浪人生活は精神的にキツかったけれどこの1年間目標に向かって努力し続けたことは自分にとってとても大切な財産です。そんな僕の勉強をサポートしてくれた増田塾のスタッフの方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。

早稲田(スポーツ科) / 慶應義塾(総合政策/環境情報) / 関西(経済)

冨安 聡太さん

現役時、スマホの奴隷だった私は全く勉強せず大学受験に挑み、当然のことながら良い結果を得ることができませんでした。増田塾は私のように一人では勉強できない人ほど特に偏差値を上げることができる塾だと思います。というのも、この増田塾は強制自習という制度があり外出はおろかスマホを触ることすらできません。確かに苦しいですが、これを乗り越えることで学力と「俺は絶対に受かる!」という確固たる自信を得ることができます。来年、第一志望の大学の合格を勝ち取りたい人は是非増田塾への入塾を検討してみてください。

早稲田(文化構想) / 慶應義塾(文/環境情報) / 同志社(文) / 立命館(文) / 明治(文) / 法政(文)

伊藤 光来さん

今年、私が試験会場に持っていった一番の御守りは、沢山の人に支えられて過ごした増田塾での一年という日々の記憶でした。それは目には見えませんが、平常心と確かな自信を私に与えてくれたように思います。難関大学を本気で目指す者なら、その多くは努力を厭わないでしょう。そんな中において、自分を見つめ知り自ら考え、努力の上に自分なりの工夫を加えることができたのは、増田塾でのふんだんな自習時間ゆえではないかと思います。また、毎日何時間と同じ教室で自習時間を送った、背景こそ、違えど、志を同じくする仲間たちの背中は、挫けそうな時にも、諦めず耐え忍ぶきっかけとなり、気付けば戦友と呼べる存在になりました。大学に入ってから何をするかが肝心とは言え、合格までの道のりで、昨年までの慢心は自信に変わり、私は大きく成長できたように感じます。この一年で更に膨らんだ、学ぶ楽しさと感謝の気持ちを大切に、有意義な大学生活を送りたいです。

慶應義塾(法)

原田 理沙さん

私は増田塾のパンフレットにあった強制自習の文字に惹かれて入塾を決意しました。強制という言葉がついているので大変だと思うかもしれませんが、日々のチェックテスト対策や授業の予習復習をやっているうちに時間が過ぎて行くので、つらいと感じたことはほとんどありませんでした。強制自習の時間にやるべきことをやるだけでかなり力がついたと思います。私は慶應志望だったのですが、先生は忙しい時間の合間を縫って、個別で添削指導をしてくだいました。構成や論展開、内容まで細かくチェックしてくださり、合格するための的確なアドバイスを頂きました。私の合格は増田塾なしでは叶わなかったと思います。増田塾は第一志望に合格したいという強い意志とやる気がある人にぴったりの場所だと思います。本当にありがとうございました。

慶應義塾(法/文) / 上智(法)

松原 悠紀さん

苦手な英語をなんとかしたいと考えていた時に体験授業で出会った英語担当の先生に惹かれて入塾を決めました。部活動を引退して本格的に受験勉強を始めてからは、毎週行われるチェックテストを小目標にすることで、一定のペースで継続して勉強を進めることができました。このチェックテストが増田塾の最大の魅力です。成績上位者のランキングも掲示されていくため、かなりのモチベーションをもって毎週勉強することができ、実力を伸ばすことができました。また、一年間の努力は自信となって本番の自分を助けてくれます。本命の慶應法学部の直前5日間、僕はインフルエンザにかかり勉強が一切できず、慶應経済と滑り止めの大学の受験も断念せざるをえませんでした。一時はかなりの不安に襲われましたが、「これだけやった僕が直前やらなかっただけで落ちるはずがない」という自信のおかげで、何とか立て直すことができ、無事に慶應法学部に合格することができました。先生方、サポートしていただいた事務員の方々、チューターのみなさんには本当に感謝しています。ありがとうございました!

早稲田(文化構想/教育/文) / 同志社(文/社会) / 関西学院(社会) / 関西(社会)

秋山 海洋さん

増田塾を選んだ理由は色々ありましたが、やはり「強制自習」が目玉の一つでした。持論ですが、人間何事も真面目にやればある程度まではできる物だと思っています。しかし、私のようなズボラな人間は、なかなか勉強をしないので、たいした学力は身に付きませんでした。その点、他の多くの予備校と違い、自習が強制である増田塾で、一年間毎日真面目に登校し、机に向かった成果として無事合格を手にすることができました。また、親身な先生方や多くの教材、映像授業、信じられないほど基礎から始まる授業など、勉強をしようとさえ思えば、充実した環境がありました。多くの人に支えてもらった一年間と合格でした。ありがとうございました。

同志社(法) / 立命館(法) / 中央(法)

石坂 彩乃さん

私は現役時代に、全落ちを経験し、浪人を決めました。増田塾を選んだ最大の理由は、強制自習制度です。情けないことに、私は家で勉強できない癖に、自習しに行くか行かないかの選択を与えられたら行かない人間でした。なので強制ぐらいがちょうどいいと思ったのです。最初の頃はしんどさを感じましたが、それも束の間で、慣れるとこっちのものでした。確かに、授業、復習、チェックテストのサイクルをこなすことは決して簡単ではありませんでした。ですが、いつも周りを見ると同じ目をした仲間がいたのです。そんな仲間に加えて、勉強以外の面でもご指導頂き、私たちを全力サポートしてくださった、先生方、チューターさん、事務員の方々の存在があって、私は合格を手にすることが出来ました。本当に感謝しています。私は増田塾を選ばなければ今頃どうなっていたのかと考えると恐ろしくなります。大変な1年でしたが、こんな私でもこの1年必死で頑張れた、ということは、きっと私の今後の自信にもなるはずです。志望校に行きたい、褒められたい、やる気だけはある、きっかけはなんでもいいと思います。増田塾は、努力量に見合う結果を出せる塾です。今後も、増田塾から一人でも多くの受験生の笑顔が生まれることを願っています。

早稲田(商/国際教養) / 同志社(商/経済) / 関西学院(商/経済) / 立命館(経済) / 関西(外国語)

番匠 聡さん

僕は現役の時、受験したすべての大学に落ちました。そして、浪人が確定して、受験に失敗した原因を考えた時、自分に足りなかったものは演習量だと感じました。自分の中では理解したつもりでも、テストでは点数が取れなかったからです。学力を上げるためには弱点の発見とその克服は欠かせません。浪人生の間、僕はその事を意識しながら一年間勉強し続けました。この勉強を可能にしてくれたのが毎週行われるチェックテストでした。授業で学んだ事を覚え、チェックテストに取り組み、間違えた所を復習する事で知識が定着していきました。特に、浪人生になって初めて勉強した日本史は、チェックテストに向けて勉強していく中で、早稲田に合格できるだけの知識を身につける事ができました。この一年は以前の自分では想像もつかない程勉強しました。しかし同時に、以前の自分では想像もつかない程の結果を手にする事ができました。本当に増田塾を選んで良かったと思っています。

早稲田(スポーツ科) / 同志社(経済/スポーツ健康科) / 立命館(産業社会)

倉田 拓実さん

私は高校では部活動一筋で受験勉強をまともにせず、全落ちで浪人が決まりました。基礎もおろそかだったので、まず夏までは基礎固めに徹し、それ以降は演習中心の計画を立てました。塾では友達もでき、休憩時間に様々な話をしたり、時には成績で勝負して互いに切磋琢磨しながら高め合いました。受験勉強はもちろん楽なものではなく、スランプに陥った時は精神的にも厳しかったです。しかし、そういう時こそ助け合うのが友達だと思います。お互いに支え合い、団体戦とも言われる受験を是非とも勝ち抜いてください。応援しています!頑張れ受験生!!

慶應義塾(総合政策)

清国 彩織さん

私が思う増田塾の魅力は「強制自習制度」と「少人数制」です。強制自習は私語が禁止されていて、休憩時間が昼夜2回のみと、かなり厳しい印象を受けると思います。しかし実際、赤本を解いて解答をチェックしたり、復習をしたりしていると、あっという間に時間は過ぎてしまいます。それに長時間の集中を保つのに慣れることは入試は勿論、これから先ずっと役に立ちます。また少人数制なので、一人一人をしっかり見てもらえるし、その中でもクラス分けがされているので自分のレベルに合った勉強が出来る環境になっています。塾の指導に従い、コツコツと取り組めば、自ずと合格に近づくと思います。一年間、辛いことも多いと思いますが頑張って下さい。

同志社(法/社会) / 関西(社会) / 青山学院(文/教育人間科)

廣瀬 瑞帆さん

私は自分の意思で勉強するのが苦手で、何をやるべきなのかが分からず結局何もしない、というタイプでした。しかし増田塾の強制自習制度を知り、ここしかない!と思い入塾を決めました。最初の1ヶ月は辛いと言われていましたが、絶対に大学に行きたいと思っていたので辛さは感じませんでした。むしろ、私こんなに勉強したんだ!という自信になりました。現役時は政経選択でしたが、浪人することに決めてからは以前から興味のあった世界史に変更しました。10ヶ月程度の期間でしたが、授業やチェックテストの勉強で世界史は私にとって一番の得意科目になりました。英語は第5文型が何なのか分からないレベルだったのですが、授業ではSVOから教えてくださり、基礎の基礎から英語を叩き込むことができました。苦手だった英語も難関大学に敵うようになりました。ほとんど休むことなく増田塾に通い、当初の希望だった同志社大学に合格することができました。浪人を決めた人は、本気で大学に受かりたいという意思さえあれば絶対に受かります。最初は成績が伸びなくても強い意思で諦めずにいればいつかは絶対に伸びます。高校時代ろくに勉強をしてこなかった私ですが、強制自習制度の下で目標を達成することができました。増田塾で浪人生活をしてよかったです。

慶應義塾(法/文/環境情報) / 関西学院(国際) / 立命館アジア太平洋(国際経営) / 関西(外国語)

西 理奈さん

初めは親が選んだのですが、増田塾に入ってよかったと思うのは、チェックテストがある点です。授業での内容がどれくらい定着しているかが点数に出るので、定着度が一目で分かりました。また、ランキングも出るのでモチベーションにも繋がりました。チェックテストの結果でその後何したらいいかが分かるので、する事が分からないということが無く、効率的に勉強ができたと思います。もう一つは基礎からしっかりと学べる点です。現役の頃はなんとなくで英語を勉強していたのですが、基礎から学ぶことでしっかりと理解しながら問題を解くことができるようになりました。最後になりましたが、事務の方々 先生方 チューターさん 1年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。

立教(コミュニティ福祉)

藤本 諒さん

私は浪人となり増田塾に通い始めて最初は、本当にやって行けるかなと不安に思っていましたがその不安は1週間で吹き飛びました。なぜなら増田塾には1週間にチェックテスト、チェックテストがない日は授業と細かく予定が組まれているので自分がやるべき事がはっきりと分かるからです。なので浪人であろうと4月からチェックテストに課される範囲の勉強、授業の予習、復習などかなりハードなスケジュールのため最初の方でも、だらだらして過ごすということはまずありません。しかし、受験勉強というものは長期間にわたるものなので私も時には心が折れそうになりました。ですが、増田塾の事務の方々からたくさんのサポートをしていただき約1年やりきることができました。実際に試験を受けるのも自分自身だし、勉強をするのも自分自身です。全ては自分次第ですが増田塾は1人1人全力でサポートして下さります。なので強い意志があれば受験勉強も乗り越えられると思います。私は増田塾で過ごした1年の中で、結果が出ずたくさん悩んだり、時には浪人が本当にいやになったりしました。しかし、そんな時に支えてくれる両親、お互いを励まし合える友達、授業をして下さる先生方、そして何より1番近くで勉強をサポートして下さった事務の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

青山学院(経済) / 学習院(法)

遠藤 洸一さん

僕は高校三年間野球部に所属し、勉強はせず学校ではずっと寝ていました。そんな僕が受験勉強を集中してすることはとても難しいことでした。そこで、それではいけないと塾を探しているところに増田塾のパンフレットを見つけ、増田塾に入ることを決めました。「厳しい」「スパルタ」というイメージが先行してしまいがちな増田塾ですが、そんなことはなく、スタッフさんや先生が近く、勉強の仕方に迷っても親身に相談に乗ってくれ、時に厳しく時に優しく的確なアドバイスをしてくれました。そのおかげで一年間を戦えるメンタルになることができました。さらに基礎が抜けまくっている僕でもわかりやすく基礎から徹底的に授業をし、入試に出るところを繰り返し教えてくれました。そのおかげか入塾当初は偏差値37だった日本史は偏差値30以上伸び、入試では得意科目として自信を持つほどまでになりました。一年間増田塾の先生やスタッフさんに支えられたおかげでこんな僕でも大学に合格することが出来ました。本当にありがとうございました!最後に増田塾は一年間で自分を変えたいと思う人には本当に向いている塾だと思います。ぜひ増田塾で自分を変える一年にしてください!

早稲田(人間科) / 明治(農) / 法政(経営)

田中 涼介さん

僕は現役の時、塾に入らずダラダラ自分のペースで勉強していました。当然受けたところは全部落ち、浪人が決まった時、このままではやばい!と判断し、「強制自習システム」が有名な増田塾を選びました。入ってみると一日中勉強するのは確かにきついですが、やっていくうちにだんだん慣れていき、周りの友達もみんな私立を目指しているのもありすぐ仲良くなり、いい雰囲気で勉強することができました。先生方も勉強が行き詰まった時、とても丁寧に優しく対応してくださって、心の支えになっていました。増田塾じゃなかったら、こんなには頑張れなかったと思います。先生方、スタッフ、チューターの皆さん1年間ほんとうにありがとうございました。

慶応義塾(文) / 明治(経営)

三好 祥太さん

私はだらしのない性格をしていて、何をするにしても中途半端でした。そのため、浪人生の私にとって一日中勉強することは辛かったです。しかし、増田塾の強制自習制度はそんな私を許してくれませんでした。毎日の習慣として強制されていたため、だらけることはおろか、規則正しい生活を強いられました。それはもちろん辛くはありましたが、この生活こそが今では合格に直結していたと感じています。また、精神的に辛くなった時に、事務や講師の方々が親身に話を聞いてくれたことはありがたく、本当に感謝しています。最後に合格を勝ち取ることができたのは、決して私一人の力ではありません。周りの支えがあってこそでした。増田塾の環境はそういったことも教えてくれました。これから受験を迎える人にも是非感謝の気持ちを忘れずに志望大学に合格して欲しいです。

早稲田(法)

中野 佑美さん

私立文系の大学は入試形態も多様化してきており、私立文系に特化した塾の方が大手の塾より効率よく勉強することができ、入試情報をより多く提供してもらうことができると考え、増田塾への入塾を決めました。増田塾の1番の強みは何よりも「強制自習」にあると思います。私は高校では生徒会活動や文化祭実行委員長などをしており、周りの塾生に比べて勉強時間があまり確保できない時期がありましたが、講師や事務員、チューターの方々の柔軟なサポートのおかげで周りに遅れをとることなく勉強することができました。また、勉強時間を十分に確保することができる浪人生と同じ環境で勉強することで、何とか浪人生に追いつこうと、隙間時間に勉強する癖が自然とついたことも良かったと思います。加えて、沢山のテストを日々こなすことでいつでも自分の学力を正しく知り、勉強に取り組むことができたように思います。一見、増田塾は厳しいだけの学習塾だと思うかもしれません。もちろん、厳しい環境ではありましたがその一方で、少人数制のためアットホーム感もあり、塾全体で一丸となり受験に向かっている雰囲気は増田塾ならではのものだと思います。増田塾では勉強面だけでなく多くのことを学び、成長することができたように感じます。大学受験終えた今、増田塾で良かったと心から思います。支えてくださった先生、事務員、チューターの方々にはとても感謝しています。1年間ありがとうございました。

明治(法)

堤 真子さん

高校2年生の夏、自己管理が苦手な私は「強制自習」に惹かれ入塾を決意しました。入ってみて思ったことは、他の塾と比べて圧倒的に先生や事務の方の熱量が違うということでした。増田塾は少人数制なので先生との距離が近く、生徒一人一人と面談をして生徒を置き去りにはしません。今がどのような時期で、何をすれば良いかなど的確に指示してくれます。相談をしたいと言えば時間を取ってくれ、例え遅くなったとしても親身になって相談に乗ってくれます。強制自習という言葉を聞くと「すごくきつくて辛そう。地獄だ。」と思うかもしれませんが、入ってしまえば慣れますし、勉強を習慣化することが出来ます。私も、学校が終わったら増田塾に直行していました。最初はきついけど増田塾に行くことがいつしか楽しくなっていました。また、一日中自習できつい時、周りを見渡せば仲間が沢山いるので頑張れました。そして、増田塾ではどの教科も基礎中の基礎から教えてもらえます。SVOCも分からず、受験のスタート地点にさえ立てていなかった私にとってこれが本当に良かったんだと思っています。増田塾には私大に合格するためのメゾット、環境、仲間、先生の全てが揃っていると思います。私は増田塾だったから第一志望校に現役合格出来たんだと思います。ぜひ、あなたも増田塾に入って合格を掴み取ってください。私はどんな塾よりも増田塾を1番におすすめします。

明治(商) / 立教(経済) / 中央(経済)

藪 成美さん

私は現役生の時はマーチを全落ちしました。私は自分なりに努力して勉強したつもりでした。でも全落ちしてみて、自分の勉強の仕方が悪かったのかなと思いました。高校で同じ志望校を目指していた友達は合格しました。その友達は増田塾に通っていました。私は増田塾には合格するための秘訣があるんだと思い入塾しました。増田塾には合格するためのカリキュラムが毎日密に組まれていました。毎日テストがあり、やることが次から次へとあるので、それをこなすことをただひたすらがんばりました。それをこなしていくことで、実力も着実に身についていきました。また、テストが上手くいかなくて落ち込む日もありましたが、同じ目標をもって頑張る友達が励ましてくれたり、勉強してる姿勢をみて、刺激を受け、切磋琢磨し一年頑張れました。私はこの1年間増田塾でがんばれたことは、自分の人生の中でとても大きく大切な時間だったと思います。この経験を誇りにして、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。

明治(商) / 立教(文/法) / 法政(経営) / 学習院(法)

若林 佳奈さん

私は現役の頃、自分への甘さから受験に失敗し、強制自習制度のある増田塾への入塾を決めました。実際、強制自習後も残り、9時半から22時10分まで机に向かって勉強したことは、学力の向上に繋がっただけでなく、受験の時の自信にもなりました。また、定期的に配布される増田塾だよりや、親身に指導し、時に叱咤激励してくださる先生、事務の方、チューターさん、そして懸命に努力する友人の姿は、いつも私を奮い立たせてくれました。そして、この1年で培った精神力や継続力、努力の経験は自分の大きな糧に、共に切磋琢磨し合い尊敬できる友人は私の宝になりました。浪人生活を経て、受験校合格以上の多くのものを得ることができたのも増田塾のおかげです。1年間本当にありがとうございました。