早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 10:00~19:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

川越校

1・高2から高3・浪人生まで!川越でSKJGMARCH難関私大を目指す予備校といえば増田塾川越校舎!

・単語や熟語は自分だけで計画的に進められますか?

・志望校合格に向けて、今この瞬間やるべきことは明確ですか?

・比較サイトのランキングだけで塾を選んでしまって大丈夫ですか?

増田塾では、「SKJGMARCHなど難関私大に何としても受かりたい」という方に、合格に必要なものすべてを提供します!必要なのは、やる気だけ!

所在地

〒350−1123 埼玉県川越市脇田本町10-16 BOビル4F

★川越ユープレイスからウェスタ方面に約30秒

電話番号 増田塾総合受付: 0120-842-428
アクセス 川越駅から[JR川越線・東武東上線] 西口より徒歩約5分
本川越駅から[西武新宿線] 駅ロータリーより徒歩約15分

 

校舎までの詳しい道のりは、このページ下部にあります ⇒ 川越校への詳しい道順

◆川越校の特徴:コースや学年について

増田塾川越校では、高1、高2、高3、高卒(浪人)までの4学年のコースがあります。

 

私立文系の大学受験のみに特化した少人数制の予備校で、現在のクラスは、1クラス15名程度で一人一人の顔をしっかり見ながら授業を行っています。

 

川越駅の集団授業予備校では数少ない、浪人生専用のコースもあります。

 

川越校舎も、増田塾の特徴である、私立文系受験に特化したコースのみを提供しています。申し訳ありませんが、受験学年(高3、浪人生)は、国公立の受験、理系の受験には対応していません。

 

高校2年生は英語中心のカリキュラムなので、国公立、理系志望の方も受け入れています。

 

目標は難関私大ですが、もちろん基礎から、必要な学習内容のすべてを提供し、テストや課題、そして、自習時間の管理を通して合格までしっかりサポートしています!

 

高校受験の時のようにやるべきことを明確にして学習に集中できる環境をご用意しています。

 

学校の勉強だけだと、大学受験には足りないのでは?

 

と思われている方も多く、高1や、高2の早い時期から大学受験を意識して入塾される方もいらっしゃいますので、大学受験を本気で考えている方は1度相談だけもお受付しております。

 

こんな方にお勧め!!

 

・早慶上智、GMARCHを目指して一生懸命勉強したい!

・やる気はあるけど、実際に何からやればいいかわからない

・すでに塾に通っているけど、受験に直結している感じがしない

・暗記の学習などに不安がある

・映像の塾に通い始めたけど、自分でどんどん進められずもっとスケジュールを管理してほしい

 

2021年夏コースとして、現在増田塾では

夏から、難関私大を目指す高3生、浪人生を募集中!

1、高2コースも随時申し込み受付中!


入塾面談の流れはこちら

◆増田塾川越校の近隣の予備校・塾との比較7つのポイント!

川越駅には、多くの大学受験塾、予備校があります。川越の予備校ランキングなど、比較サイトもたくさんあり、サイトよって基準もまちまちで、本質的に何を基準に選べばよいかわからないという方も少なくありません。

 

また、

 

・大手予備校(集団授業)

・中堅予備校(集団授業)

・大手映像系予備校

・大手予備校映像ブランド

・個別指導塾

 

など塾によってもコンセプトや、形態もさまざまで、迷われる方も多くなっています。

そこで、これらの予備校と比較して、増田塾川越校が選ばれるポイントとメリットをご紹介します。川越での塾選びの際のポイントとしても参考にしてみてください。


1、学習時間の管理(強制自習)

受験学年からは、強制自習により、塾の登校時間、下校時間を学校のように定めています。高卒生は朝10時から、高校生は学校が終わる時間を申告してもらい、その時間までに、校舎に登校してもらっています。

 

いつでも自分なりに息抜きをできてしまう環境では、自分の実力以上の成長は見込めません。誘惑に負けないように頑張るくらいなら、はじめからその誘惑を取り除いてしまおうと、勉強だけに集中できる環境をつくっています。川越の予備校の中では増田塾だけの大きなメリットです。


もちろん毎日の勉強は大変ですが、これまでの生活を振り返った時に、増田塾のような確実に勉強だけに集中できる環境が必要かどうか検討をしてみてください。

 

2、一般の予備校にはない、暗記までの徹底管理!

受験に向けて単語や熟語の知識系の勉強はすすんでいますか?増田塾に入塾すると、授業以外に必要になる、知識の管理まで行っています。毎週のテストに加えて、進度から送れないような補講も実施しながら、必要な知識の確保も確実に進めていきます。

 

ポイントは、自分で進めるのではなく、塾が引っ張ってくれること。自分主体で進める環境では、やろうやろうと思ってもほかの勉強に埋もれて後回しになり、受験直前になって焦ることになりかねません。

 

川越の集団授業や、映像系の予備校のなかでは、ここまで対応しているのは増田塾だけです。

 

3、先生は全員プロ講師

基本的に授業を受け持つのはその道を専門とするプロの講師のみとなっています。大手予備校様でも同じように、基本的には社員講師や、プロの講師が授業を受け持っています。

 

増田塾を卒業した先輩が、チューターとして質問対応や、補講を実施することはありますが、大学生の講師はおりません。特に、SKJGMRCH以上に進学したい方にとっては重要な項目となります!

 

4、先生は全員1教科専任制

どの先生方も、各教科専任とし、一人の先生が複数の教科(英語や国語、地歴など)を兼任しないように採用しています。

 

なぜなら、GMARCH以上の難関私大になると、教科書レベルを超える問題も出題され、その教科の研究を通して情報を最新に保つためには、専門性が必須となるからです。

 

さらに、ここ最近の入試改革で、大学ごとの問題傾向も大きく変わりってきていますので、より一層講師の専門性が問われています。

 

5、毎週のテストで授業復習をサポート

普段から復習は取り組めていますか?増田塾では、授業復習がどのくらいできているか?つまり、どれだけその単元の理解ができているかを毎週のテストでしっかり測っていきます。

 

英文法、英読解、現代文、古文、選択科目すべての復習の確認を毎週実施していきます。

 

これにより、定期テストの前のように、毎日1日単位でやるべきことが明確になり、常に目的意識をもって勉強を進められるようになります。

そして、復習テストの結果から、単元ごとに、自分の理解度を毎週確認できます。

 

基準点に足りない単元は補講に参加してもらう仕組みになっており、苦手単元を放置してしまうということがありません。

 

6、あなた自身のデータに基づいた生徒面談

「単語の偏差値」なんてきいたことありますか?

5週間ごとに実施する個人面談では、毎週実施する、全科目の授業復習テストはもちろん、毎週の課題である、英単語や古典単語の得点も偏差値化しています。

 

周りの方と比較して、あなたがどのくらい知識を獲得できているかも数字でわかるようにしています。

 

これにより、5週間で勉強した学習の結果が明確になります。そのうえで、どういった原因で今回の結果になったのかを明らかにし、次の5週間に向けた明確な学習指示を行います。

 

強制自習で毎日塾に来てもらっているので、1週間に使える勉強時間まで把握しているため、どの教科に何時間割けばよいかまで具体的に指示していきます。

 

7、私立文系専門塾の強みを活かした受験日程戦略

難関私大文系を専門としていることにより、増田塾内の成績が、そのまま難関私大受験者の縮図となっています。年間7回の校内模試を実施して成績を出し、大手模試の結果も加味しながら、戦略を一緒に立てています。

 

明確な滑り止めの戦略、実力相応レベル、挑戦レベルの受験学部個数も明確に指導を行うためには、私立文系の大学の問題を想定した模試の実施や、毎週レベルまで成績の管理ができなければ、正確な生徒様の実力は把握できません。

 

増田塾が、私文専門、生徒様の偏差値を徹底管理しているからこそできる指導で、他には真似できない明確な指導とご好評いただいています。川越の塾予備校で、私立文系だけを専門にカリキュラムまで特化している塾は増田塾だけです。

◆川越校の在籍生の最寄り駅はどのあたりが多い?

東武東上線

寄居町~和光市駅までの駅を利用している方が登校されています。小川町方面には、大学受験の予備校が少ないため、川越で塾を探される方も多いです。

 

池袋方面の駅の方は、池袋校舎もあるため、高校の所在地や、下り線を利用したいなどを検討し、校舎を決定されています。

 

JR川越線

高麗川~川越間にお住まい方の利用が多くなっています。大宮方面には、大宮校舎があるため、高校が大宮を経由する場合は大宮校に通われるケースも多いです。

 

教室の終了時間が22時頃になるため、女子生徒様の場合は、高校と塾が近いよりも、自宅と塾の近さを優先されることが多くなっています。

 

西武新宿線

川越校舎は、ウェスタ川越のすぐそばにあり、西武新宿線本川越駅からは、徒歩で約15分、バスで5分ほどの距離となっています。

所沢校舎もあるため、西武新宿線をご利用の方は、本川越~狭山市駅までの方が多くなっています。

 

川越校舎を選ぶ基準は?

塾を選ばれる際には毎日通うことになるので、以下のような基準で選ぶ方が多くなっています。

 

・自宅に近い

・上り下り選べるなら、電車が空いている下り路線

・部活が遅くなる方は、学校に近い校舎(なるべく部活からすぐ来られるようにするため。男子生徒様に多い。)

・夜が遅くなるため、学校よりも自宅に近い校舎(女子生徒様に多い)

 

以上参考にしてみてください。

◆川越校の部活をやっている比率

川越校では、高校3年生の春で約2/3の生徒様が部活動に在籍しています。

コロナの影響もあり、部活の頻度も多くはありませんが、20時を過ぎて登校する方や、月~日までほぼ毎日部活に参加している方も在籍しています。

 

高校2年生、1年生で部活をされている方も同じくらいの比率になっています。

 

生徒様を見ていても「部活と塾の両立はとても大変」ですが、部活生は隙間時間を少しでも学習に充てておかないと、部活が終わった時に、受験に向けて切り替えにくくなる傾向があります。

 

もし、こちらをご覧になっているあなたが、部活をやっているのであれば、隙間時間の活用をお勧めします。

◆川越校の口コミや評判

増田塾は、「厳しい」「つらい」といった口コミや評判をいただくことが多く、実際にそういう一面もあります。

 

しかし、ただ厳しくしているわけではなく、その根底には、「本気で頑張りたい」「絶対に志望校に受かりたい」という生徒様の、真摯な気持ちを何とか、合格という形で応えたいという生徒様との信頼関係の上に成り立っています。

 

この点も踏まえ、卒業生の体験記をご覧いただき、実際の声を参考にしていただければと思います。


早稲田(商/社会科/教育)慶應義塾(法/文)上智(総合人間科/総合グローバル)明治(国際日本)

現役合格 片岡 萌さん

私は、高3生の1年間でちょっと勉強を頑張ればどうにか大学に行けるだろうと甘えた考え方をしていて、高2まで学校の授業も定期テストも真面目に取り組まず、なんとなく高校生活を送っていました。

増田塾に入らなかったら、そのままダラダラと受験生活を送り、第一志望の大学を志望することも、頑張るということを続けられない弱くて怠惰な自分から成長することも出来なかったと思います。

 

1年間死ぬほど勉強した、この試験場にいる誰よりも頑張った、こんなに頑張って不合格なら仕方ないと割り切り、スッキリした気持ちで試験に挑めるかどうか、自分に自信を持って試験に臨めるかどうかということが、試験の結果に大きく影響するのではないかと思います。

その自信は、1年間増田塾のカリキュラムについていくことで培われました。

毎週のチェックテストのお陰で、古文単語や英単語などの基礎分野の学習を怠ることはできないし、選択科目もダラダラとなんとなく勉強することなく必死に1週間分の範囲を詰め続けられます。

チェックテストのための日々の勉強が大きな力になっていたのだと思います。

 

また、定期的な面談や、講師の方々、スタッフさん、チューターさんは本当に精神的な支えとなってくださり、本当に恵まれた環境で受験生活を送れたと思います。

面談担当の先生がいなかったら、私はヘラヘラと適当に勉強しただけの甘えた受験生のままだったと思います。 増田塾に入ったお陰で自分の価値観や内面を含め、人生が変わったなと本当に思っています。

ぜひ増田塾に入って頑張りきった1年を過ごしてほしいです。

早稲田(人間科/スポーツ科)法政(スポーツ健康科)同志社(スポーツ健康科)立命館(スポーツ健康科)

現役合格 浅野 広翔さん

クラス最下位の付近をさまっていた自分にとって、入塾当初の増田塾の環境はとても厳しいものでした。

しかし、周りの仲間たちの意識の高さに触発されてすぐに慣れました。

厳しい縛りの代わりに、このカリキュラムを完璧にこなせば絶対合格できるという自信も次第についてきました。

辛くなった時はチューターの方々がまるで自分の事のように相談に乗ってくれて、そのおかげもあり、自分の第1志望の大学に入ることが出来ました。

8月中旬まで部活漬けの生活を送っていた自分を変えてくれたのは間違いなく増田塾だと思います。

増田塾では厳しい事も多いですが、乗り越えれば必ず自分の目の前に望んでいたものが現れるので日々の積み重ねを大切に頑張って欲しいです。

⇒増田塾の合格体験記をもっと見る

◆増田塾って「自分に合うかな?」と思われたら

増田塾の入塾資格は、現在の成績でも、高校のレベルでもありません。

志望校に合格したいという「やる気」と受験を本気で頑張りたいという「信念」のみです。

 

・今の成績が低いから

・いままで頑張ったことが無いから

 

不安に思われる方も多いですが、どうしても行きたい大学がある、がんばりたい、と気持ちがあるなら、是非一度増田塾の入塾面談にお越しいただき、不安に思うこと、疑問に思うことを相談してみてください。

 

「入塾面談」と名前はついていますが、実際には受験や今後の勉強について相談される方も多いです。

 

個別の3者面談形式で実施しておりますので、深いところまでしっかりご相談いただき、増田塾が合いそうかどうかも率直にお伝えします。

その場で入塾をしていただくことはありません。オンラインでの面談も実施しておりますので、ご希望の方法でお申込み下さい。

川越駅からの詳細な道のり

今回は川越駅からの行き方を紹介します。

川越駅改札を左に出て西口に向かいます。
1Fには下りず、2Fのスターバックスの前を通過し、そのまま歩行者用デッキを直進します。

つきあたりを左へ進み、その先すぐの階段を下ります。
UPLACEの横を通りすぎ、交番から50メートルほど歩いたところの、総合資格学院様の入ったビルの4Fが川越校になります。 もし、途中で道に迷われましたらお気軽にお問い合わせください!

川越校の電話番号や連絡先について

校舎直通の連絡先は、入塾された方にのみご案内しております。

校舎見学や、入塾面談のご予約は、総合受付(0120-842-428)からお申込みいただいております。

教室⻑からのメッセージ

この度は、増田塾川越校舎のページをご覧いただきありがとうございます。

 

増田塾を耳にされたことが無い方も多いかと存じますが、難関私立文系大学を専門に20年、地道にそのノウハウを研ぎ澄ませ続けている少人数制の予備校となっています。

 

在籍生の多くは口コミで、広告や大々的な宣伝を行っておりませんので、無理もないことだと思います。

 

こんな、増田塾ですが、実は川越にある数ある予備校の中で、私立文系に関しては、増田塾以上に特化した塾は無いというくらいの専門的なカリキュラムとなっています。

 

増田塾のカリキュラムでは、自分でコマを選択するということがありません。皆さんに目標としていただく、GMARCH、早慶上智合格に向けた授業を、単語から授業に至るまですべて塾が決定し、毎週の進度管理までサポートします。

 

書店で生徒様に参考書を選ばせるまでもなく、すべての方針を指導していきます。

 

また、よくある予備校とは違う点でいえば、年間の授業料がどなた様も一律となっており、年間の授業料の総額をすべて明示しています。

 

・教材代金

・夏期、冬期などの講習代金

 

など、すべてを含んだ金額を最初にご提示しますので、塾の費用の心配をする必要がなくなります。

 

また、この料金の一番のメリットは、生徒様の合格に必要なものを講師や指導担当が判断して、料金を気にせずに生徒様に必要なだけ提供できることにあります。

 

早稲田を受験するのであれば、漢文が必須となります。慶應であれば小論文。青山や、立教、上智など共通テストが必須の大学であれば、リスニング対策など、一口に私大といっても、志望校に応じてやるべきことは様々です。

 

増田塾は、志望校合格までに必要なものをすべて提供する姿勢が、生徒様の合格を最大限に引き寄せることだと考えております。

 

社内でも夏期講習や冬期講習など講座を推奨するノルマや、営業は一切ありません。

生徒様にとって本当に必要なものを、必要なだけ提供し、合格に導くことだけを考えて真摯に取り組んでおります。

 

本気で大学受験を頑張りたいという方は、ぜひ増田塾の入塾面談でお話を聞いていただければと存じます。

 

増田塾川越校


⇒増田塾の資料を請求してみる

個別入塾面談のお申込み・ご相談

ページトップへ戻る