3分でわかる増田塾

増田塾ってどんな塾?
よくある質問を読めば
増田塾を3分で理解できる

学校生活との両立について

学校で出される宿題の量が結構多いのですが、塾と両立できるでしょうか。

増田塾には、生徒一人ひとりの状況に合わせて学習できるよう、学習プランの提案や個別サポートを行うスタディプランナー制度があります。2週間に一度、1対1で面談を行い、2週間単位であなたの学習計画を作成しますので、あなたに合った最も効率的なルートで学習を進めていくことができます。

生徒一人ひとりの1週間単位の学習プランの例

生徒の個別サポートについて

2週間に一度の面談は、誰が行うのでしょうか。

増田塾を卒業して難関私大文系に合格、現在、そこに在籍している大学生のチューターが行います。実際に、自分で難関私大を攻略し、合格を勝ち取った身近な先輩が面談を行うことで、生徒から率直な声を引き出すことができるため、生徒一人ひとりの状況にあったサポートを行うことができます。

面談を行うチューターは担任制なのでしょうか。

増田塾では、生徒の納得がいく学習プランの提案や学習サポートを行うことを最も重視していますので、面談担当のチューターは原則として担任制になります。継続して生徒の意見に耳を傾け、学習状況や成績の推移を見ていくことこそがお互いの信頼関係を築くことにつながります。自分のことをわかってくれている指導こそが、生徒にとって最も納得でき、学習へのモチベーションがあがるものだと考えています。

担任のチューターとの相性が合わない場合はどうすればいいでしょうか。

どのチューターも増田塾の指導者テストや指導研修をクリアした人材ばかりですが、相性が合わない場合は気兼ねなく校舎スタッフにお申し出ください。迅速に変更をさせていただきます。また、担任について条件などのご希望があれば、事前にお申し出ください。

質問はいつでもできますか。

授業の前後であれば、講師に質問いただけます。授業日以外に質問がある場合は、増田塾卒業生であるチューターが校舎にいますので、何度でも質問が可能です。また、自習方法や進路についてのご質問・ご相談は校舎スタッフに気兼ねなくお声がけください。担任チューター、講師と連携しながら、一人ひとりの生徒にあった指導・アドバイスをさせていただきます。

塾での学習についていけるかどうか

難関私大志望者の授業についていけるか、心配なのですが……。

高3生はスタンダード、ハイレベルのレベル別クラス編成となっています。

入塾後のテストで、今のあなたの学力に合ったレベルのクラスで受講できますので、安心して増田塾での学習のスタートを切ることができます。

もちろん、成績が上がってきた場合には、途中でクラスの変更も行っていきます。(クラス変更については、所定のテストの成績によって変更していきます)。

基礎に自信がないのですが、難関私大を目指すことはできるでしょうか。

授業はレベル別クラス編成ですので、自分の学力に合ったところから無理なく学習をスタートさせることができます。

それでも基礎に不安があるというからでも十分なフォロー体制でサポートします。

授業後には科目ごとに課題が出され、後日チェックテストで理解度、定着度をはかります。チェックテストの点数次第では、追加の課題等が出されますので、わからないを放置することなく、基礎をしっかりと定着させることができる仕組みとなっています。

集団授業について

クラスの人数は、何人くらいでしょうか。

学年や科目、校舎にもよりますが、平均すると15名くらいの少人数授業となります。増田塾では生徒一人ひとりが理解できているかがわからないような授業は行いません。志望校合格を勝ち取るためには、教える側と教えられる側の信頼関係がなによりも大切です。講師が向き合うのは、いつも一人の生徒である。これは増田塾の指導ポリシーの一つです。

欠席した場合はどうなりますか。

映像授業で振替受講をしていただきます。なお、欠席する場合には、生徒の学習習慣を維持するために、事前にお電話などでご連絡いただくことをルールとさせていただいております。連絡いただけない場合は、校舎スタッフより確認のご連絡などをさせていただきます。

授業のレベルは具体的にどのくらいなのでしょうか。

高3生の場合、1学期から夏期までは、難関私大に必要な基礎を中心とした授業となり、スタンダードが基礎定着レベルとなります。ハイレベルは基礎に加えて発展的な内容を加えていくレベルとなります。増田塾では、難関私大文系に特化しているため、偏差値40前後からでも志望校合格に導けるノウハウを持っています。

なお、2学期以降は、ハイレベルが早慶上智レベル、スタンダードがGMARCHレベルとなっています。高2生の場合、基礎定着のスタンダートレベルとなっています。

集団授業の講師はプロの先生ですか。

増田塾の集団授業は、早慶をはじめ難関私大に精通しているプロの講師が担当しています。大手予備校でも活躍されている先生方も数多く在籍しています。難関私大文系の対策を知り抜いたプロ講師陣ですので、授業における「理解させる力」は群を抜いています。

先生を選ぶことはできますか。

校舎で担当の先生が決まっているため、先生を選ぶことはできません。増田塾では、同じ方針で授業を行います。講師によっては、授業の順序が異なる場合はありますが、授業内容や進捗が異なることはありません。いずれの講師も同じ年間カリキュラムで授業を進めていきますので、ご安心ください。

個別特訓・オプション講座について

個別特訓の講師は大学生ですか?

増田塾を卒業して難関私大文系に合格、現在、そこに在籍している大学生の方が指導を行います。いずれも増田塾の指導者選考テストを受けて合格し、指導者研修をクリアした方ばかりです。生徒のあこがれでもある志望校の先輩が指導することは、生徒のモチベーションアップにもつながります。なお、通常、生徒二人に対し、講師一人で指導を行っていきます。

オプション講座は何を受講する必要がありますか?

オプション講座は1学期は外部検定試験対策・小論文基礎、夏は総復習系の講座、2学期以降は記述対策や大学、学部別対策が中心の講座です。志望校とその時の学力バランスを見てアドバイスしていくのでご安心ください。また、オプション講座は希望制ですので、無理に受講する必要はありません。

課題、自習について

授業の後に課題は出ますか。

授業内容の定着を図るために、原則として課題を出します。課題をこなした後にはチェックテストで理解度の確認があります。

合格点に達しない場合は、追加の課題を出すなどして、わからないを放置しませんので、学習したことを定着できるシステムになっています。また、面談でも課題をどの程度こなせているか、こなせない場合には優先順位を生徒と一緒に考えていきます。

強制自習制度は全員は対象ですか?

強制自習制度は自宅では勉強できない方やスマホなどの誘惑等に負けてしまう方が毎日塾で勉強する時間が決まっていて管理する制度です。希望、定員制で5教科を受講していることが条件です。強制自習対象ではなくても空いている席で自習はできます。日曜日も期間校舎で自習室を開放しています。

授業料、返金について

教材は自分で購入する必要はありますか?

増田塾では講座に必要な教材については教材費として頂き、お配りしております。

また、面談等で個別に出される課題について市販の教材を指示することもありますが、そのような教材の多くは塾でご利用いただけます。

学費はどのような支払い方法がありますか?

学費は原則として月謝制となっており、口座引き落としとなっております。事情によって退塾される場合も月謝制となりますので、余分な学費を頂くことはございません。

保護者様への情報共有について

子どもの出欠状況や成績状況などは、塾から保護者に報告があるのでしょうか。

出欠は専用のアプリを介して、保護者の方に登下校の時刻を配信させていただきます。成績状況についても、アプリで実力テストの結果などを学期ごとに共有させていただきます。また、入塾の際に、お問い合わせ窓口として、校舎の電話番号、メールアドレスをお知らせいたしますので、お子様の学習状況など少しでもご心配のある方は、気兼ねなく校舎スタッフにお尋ねください。

三者面談などはあるのでしょうか。

タームに一度、生徒様との面談をさせていただきます。その際にご一緒頂いたり、別の機会にご要望があれば、いつでも三者面談や校舎スタッフとの保護者面談をさせていただきます。ご心配なことがあれば、すぐに校舎スタッフにお問い合わせください。その際には、ぜひ率直なご意見・ご相談をいただければと思います。

個別相談会・見学・体験授業申込

個別相談会・見学・体験授業のお申し込みは、お電話またはWEBフォームから受付中です

お電話でのお申込みここを押すと電話がかかります0120-303-425受付時間 10:00~19:00

個別相談会・見学・
体験授業申込

簡単30秒!合格のコツを資料で確認!

ページトップへ戻る