早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 10:00~19:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

2021年 合格体験記

これからご紹介するのは、今年度増田塾に在籍していたOB・OGによる合格体験記となります。

当塾のカリキュラムや授業の様子などのご参考にしていただけますと幸いです。

早慶上智合格体験記

早稲田(教育)明治(政治経済/経営/法/情報コミュニケーション)中央(法)

高橋 健太さん

現役の時に受験に失敗して、文転して浪人することを決めました。

その時は不安が大きく0からのスタートでしたが、他の塾とは違い増田塾は私立文系に特化しているので効率よく成績をのばすことができました。質問対応や面談、定期的に行うチェックテストのおかげで勉強の指針を常に修正でき、文転して何から始めたらいいのか分からない僕でも「いま何を勉強したらいいのか」ということを見失うことなく勉強ができました。増田塾以外の塾に通っていたら合格できなかったと思います。

早稲田(人間科/教育)明治(文/経営/情報コミュニケーション)中央(経済)学習院(経済)法政(経済)

神田 大輝さん

自分は現役生の時どこの大学にも受かることができませんでした。このままではだめだと思い、強制自習制度のある増田塾に入塾することを決めました。自分は英語がとても苦手だったので1日のうち2時間は英単語の勉強に費やしてとにかく語彙力を高めることに努めました。他にも英文法や英読解の問題では、なぜ間違えたのか、なぜその答えになるのかまでしっかりと突き詰めるようにし、1日の勉強時間も英語に一番費やしました。これにより自分は英語の評価を得意科目だった国語の評価と同じにまで押し上げることができました。増田塾の強制自習は毎日長く感じられるかもしれませんが、努力をして絶対に合格を掴み取ってやるという強い気持ちがある人は最高の環境だと思います。一年間という時間はとても長いと思うかもしれませんが、いざやってみるとあっという間です。一秒たりとも無駄にしないという強い気持ちを持って頑張ってください。

早稲田(法)上智(法)中央(法)立教(法)学習院(法)

杉山 湧さん

私は高校の勉強を真面目にやっていなかったため、当たり前のことですが成績は悪かったです。中でも数学は絶望的だったので、私立文系の大学に絞って受験することを決め、予備校を探して見つけたのが増田塾でした。増田塾では、どの科目も最初は基礎を徹底してやらせてくれます。この基礎の徹底は受験において最も大切なことと言っても過言ではないと思います。どんなに難しい問題でも基礎が出来ていなければ絶対に解けません。私自身、基礎の確認は受験直前まで続けていました。また夏期講習中に長文課題という課題をもらいますが、これも長文を読めるようになるにはとても大切です。長文課題を言われた通りのやり方で提出し続ければ、確実に長文を読む力がついてきます。最後に少し失礼な言い方になるかもしれませんが、増田塾に入る人で最初から勉強ができる人ほとんどはいないと思います。しかし、幸い難関私大文系は勉強すればするだけ成績は伸びるし、増田塾はその伸ばし方を知っている塾です。勉強の進め方のレールは敷いてくれます。あとは必死でそれに沿って走るだけです。

早稲田(文化構想/教育/人間科)慶應義塾(文)明治(法/文)中央(文)法政(現代福祉)

曽我 茉広さん

メンタルが弱かった私が受験生生活を最後まで走り抜いて志望校に合格できたのは、増田塾のおかげです。初めて強制自習の制度を知った時は、そんな生活を1年間も続けられるか心配でした。しかしどの塾に通おうと合格するにはそれほどの勉強時間が必要だと聞き、入塾を決めました。最初は集中が続かず早く終われと思う日々が続きましたが、最終的には強制自習で鍛えられた集中力が連続の入試日程で毎回実力を発揮する上での武器になり、積み重ねてきた勉強時間が自信に繋がりました。また、合格保証も私を精神的に支えてくれました。現役生で塾での勉強時間も限られているため保証をいただくことは無理だと思っていましたが、そんなことはありませんでした。保証をいただいてからは落ちたらどうしようなどと余計なことを考えず勉強に集中でき、過去問で思うように点が取れず挫けそうになった時も「私は合格を保証されているから大丈夫」と自分に言い聞かせて頑張りました。そして2月には「ここまでやってきたからきっと合格する」 と思えるまでになり、緊張しなさすぎて逆に心配になるほど落ち着いて本番に臨めました。その結果、無事に合格を掴むことができました。私以上に私の合格を信じて応援してくださった先生方やスタッフさん、チューターさんには感謝の気持ちでいっぱいです。増田塾が大好きです。本当にありがとうございました!!

早稲田(文化構想)明治(法)中央(文)立教(コミュニティ福祉)

岡﨑  胡桃さん

現役でMARCH全落ちしたけど、それでも浪人するなら絶対に早稲田に行きたい。そう考えた私がここしかないと選んだ予備校が、増田塾でした。自己管理能力の低い私には増田塾の強制自習やチェックテストなどのシステムが非常に合い、何か特別な事をしたわけでもなく、毎日必死に勉強をしていたら自ずと成績は上がっていきました。英語の偏差値が48だった私が早稲田大学に合格できたのは増田塾のお陰だと思っています。自己管理は苦手だけれど、与えられたものはきちんとこなす自信がある、志望校に受かるための根気ややる気だけは誰にも負けない、という方に増田塾を本当にお勧めします。また、私が早稲田大学に合格できたのは校舎のスタッフさんやチューターさん、先生方のお陰でもあります。私はいつも自信がなく不安だったのですが、スタッフさんやチューターの方々が相談に乗って下さったり、アドバイスを下さったりしたので1年間やってこれました。心の底から環境に恵まれたと思っています。1年間本当にありがとうございました!

早稲田(文化構想)中央(文)立教(文)

黄 晴竿さん

これを見ている受験生であろう皆さんに伝えたいことはただ一つです!徹底的に「ラク」をして、合格してください!どういうことかと言いますと、増田塾の先生方はプロなので「ここまで、このようにこれだけやれば合格できる」ということをしっかり提示してくれます。個人的な意見ですが、それに乗っかった方が考える時間も省けるし、自己流でやるより確実性があるので、お得であり結果的に最短ルートだと思います。実際、私は夏頃自己流から先生に指示された通りのやり方に変えて、偏差値15ぐらい上げたので効果はあると思います。また「強制自習」も、先生方が設定してくれた課題をこなす為の時間や場所、さらに教材まで確保してくれるシステムです。これを活用しない手はありません。私は増田塾を「勉強」の場所、家を「リラックス」の場所としてオンオフをしっかり切り替えることもできました。つまり何が言いたいのかというと、増田塾のシステムに便乗すれば1番ラクだということです。最後にこの場を借りて指導してくれた先生方、スランプに陥った時親身になって話を聞いてくれたチューターさん、不安でどうしようもない時励ましてくれたスタッフさん、そして1年間見守ってくれた両親や友人に感謝を伝えたいです。本当にありがとうございました。

早稲田(人間科)明治(政治経済/商/情報コミュニケーション)法政(文)学習院(文/経済)

岩崎 夏希さん

私は3年の4月から増田塾に入りました。

 

①強制自習

②毎週あるチェックテスト

③リアル授業

 

この3つが増田塾を選んだ大きな理由です。私は家で集中して勉強出来ないため、自習室に長くいられる塾を探していました。また、毎週チェックテストがある事で自分の苦手分野が明確にわかり効率よく苦手を潰すことが出来ました。コロナによる自粛期間は自習室が空いてない為不安でしたが、オンラインによる強制自習のおかげで家でもちゃんと勉強する事が出来ました。成績が伸び悩んでいる時もとにかく塾に来ることが大切だと思いました。自分が実力的に届くか分からなかった第1志望校に合格できた理由は受験が始まった期間も、最後まで塾に来て勉強したからだと思います。

また、スタッフさん、チューターさんも親身に相談に乗って下さり、増田塾は受験に最高の環境でした。

この1年間で勉強を通して成長することが出来ました。本当にありがとうございました!

早稲田(商/社会科/教育)慶應義塾(法/文)上智(総合人間科/総合グローバル)明治(国際日本)

片岡 萌さん

私は、高3生の1年間でちょっと勉強を頑張ればどうにか大学に行けるだろうと甘えた考え方をしていて、高2まで学校の授業も定期テストも真面目に取り組まず、なんとなく高校生活を送っていました。増田塾に入らなかったら、そのままダラダラと受験生活を送り、第一志望の大学を志望することも、頑張るということを続けられない弱くて怠惰な自分から成長することも出来なかったと思います。1年間死ぬほど勉強した、この試験場にいる誰よりも頑張った、こんなに頑張って不合格なら仕方ないと割り切り、スッキリした気持ちで試験に挑めるかどうか、自分に自信を持って試験に臨めるかどうかということが、試験の結果に大きく影響するのではないかと思います。その自信は、1年間増田塾のカリキュラムについていくことで培われました。毎週のチェックテストのお陰で、古文単語や英単語などの基礎分野の学習を怠ることはできないし、選択科目もダラダラとなんとなく勉強することなく必死に1週間分の範囲を詰め続けられます。チェックテストのための日々の勉強が大きな力になっていたのだと思います。また、定期的な面談や、講師の方々、スタッフさん、チューターさんは本当に精神的な支えとなってくださり、本当に恵まれた環境で受験生活を送れたと思います。面談担当の先生がいなかったら、私はヘラヘラと適当に勉強しただけの甘えた受験生のままだったと思います。増田塾に入ったお陰で自分の価値観や内面を含め、人生が変わったなと本当に思っています。ぜひ増田塾に入って頑張りきった1年を過ごしてほしいです。

早稲田(商/法/文化構想/教育/人間科)慶應義塾(法/商)上智(外国語)

中村 木那さん

私は去年の5月までドイツに留学していて、帰国後受験を決意し、強制自習制度に惹かれて、夏期講習から増田塾に入塾しました。私は現役の時から英語がものすごく苦手で嫌いでした。留学でもわざわざ英語圏を避けたほどです。しかし、受験する限り英語は避けては通れません。腹を括って基礎から詰め直しました。精読を徹底的に続けているうちに英語が読める読める。次第に英語楽しい!とすら思うようになっていきました。そして10月以降の実力判定テストでは英語、世界史共に偏差値70以上は安定して取れるようになりました。でも同じ校舎に凄まじく優秀な現役生がいたため、現状に満足せずに日々学習を続けることができました。一方的にライバル視していただけですが、その人の存在はかなり大きかったです。入塾した時は、やるべきことのあまりの膨大さに、受験までに間に合うのか不安にもなりました。でも、毎週のチェックテストや頻繁にある塾内模試で自分の立ち位置を常に把握できて、成長を確認できたからこそ、腐らず最後まで突き進むことができたと思います。ここまで頑張って来れたのは、辛い時に支えてくださったスタッフの方々やチューターさん達のおかげです。本当にありがとうございました!

早稲田(商/社会科/文/教育/人間科)慶應義塾(経済/商/文/法)明治(政治経済/情報コミュニケーション)中央(法/文)法政(経済)

土方 三四郎さん

増田塾に入塾したのは高2の春でした。帰国子女のくせに英語の基礎が壊滅していたため、高2生から英語の基礎をしっかり固めるというカリキュラムに魅力を感じての入塾でした。生徒として2年間過ごした上で一番ありがたいと感じたのが、1年を通して細かく組まれた増田塾のカリキュラムです。増田塾は、早慶上智をはじめ、難関私大に合格するためにこなすべき量、時間、回数を明示してくれました。また個人面談の回数も多く、そのつど的確に修正すべき点を伝えていただけました。こうしたシステムのおかげで、勉強の方向性を見失うことは一度もありませんでした。定期的に実力テストが存在することで、常に目標があったことも、勉強していく糧になったと感じています。終わりの見えない戦いのように思えた大学受験の日々も、増田塾のカリキュラムに沿って一日一日を過ごしていくことで、その積み重ねを自信に変えることができたのだと思います。受験生の頃の成績はそこまで悪くはありませんでしたが、正直自分の実力にはっきりと自信が持てたことはありませんでした。そんなネガティブな僕を支えてくれたのはやはり、厳しくもやさしく共に1年間歩んでくださった校舎スタッフの方々や、常にインスパイアしていただいたチューターの方々、最高の授業をしてくださった先生方の存在だと強く感じます。結果として、目指していた大学に全勝することができました。増田塾というと強制自習の名のもとに軟禁される塾というイメージだけがクローズアップされている感じがします。それだけでなく、カリ キュラムや生徒のサポートを含め、増田塾は私大文系受験における最高の塾だよということが、この合格体験記を通じて読んでいる受験生に伝わっていたらいいな、と思います。増田塾のカリキュラムに沿って、克己心を持って勉強すれば、難関私大に合格しないことはないです。僕は生徒として過ごしてきた上で、確信を持ってそう言い切れます。長くなりましたが、最後に、2年前の4月に増田塾に入塾して本当に良かったです。ありがとうございました。

早稲田(文/文化構想/教育)上智(文)明治(文/国際日本)同志社(文)

名久井 りささん

私は高3の春休みまで定期テストの前以外に勉強したことがなく、まともな勉強をしてきませんでしたが、増田塾に入ってからは勉強時間も大幅に増え勉強の習慣が身につきました。入塾してからは基礎から始まる授業やチェックテストを通してだんだんと成績も上がるようになりました。自分がこの1年間を通して意識していたことはスキマ時間の有効活用です。現役生は時間がありません。自分は最後の最後まで学校と受験勉強の両立に悩んでいましたが、逆にそのおかげでスキマ時間や無駄な時間は全て勉強にあてることができたと思います。浪人生の勉強時間に追いつくために強制自習の勉強の質を上げることを常に意識していました。常に浪人生には負けないという気持ちで勉強に臨み、夏頃からは偏差値が70を越えるようになりました。そして、最後の奨学金模試で50位以内に入ることができ、もうムリだと思った時でもそれを自信に乗り越えることができました。増田塾のカリキュラムは辛いものも沢山ありましたが、確実にこの1年間で自分の成績は上がり、目標の早稲田大学に合格する事ができました。1年間、ありがとうございました。

早稲田(人間科)上智(文)明治(法)立教(法)学習院(文)

内山未希さん

高校受験で燃え尽きた後勉強という勉強をあまりしてこなかった私にとって、大学受験勉強って何から始めるのか全く分かりませんでした。そんな私にとっては、増田塾の毎週あるチェックテストや月一程度である実力テスト等は、近い目標を立てて勉強を進められるのでとても魅力的でした。定期的に自分の今の立ち位置が知れるので、これが苦手なんだということを知れて、それを埋めていくことで基礎を固めることができました。また、チューターの大学生の方には自分が実際に増田塾でやっていた勉強法や私たち一人一人に合った勉強法を丁寧に教えていただき、入試中でメンタルがきつい時も頻繁に面談をしていただけたので最後までやりきることが出来ました。私は、特に面談担当の講師の方やチューターの方のこのメンタルケアが、非常に支えになりました。やる気が無くなり投げ出したくなった時に、頼れる場所があるのは本当に大きいと思います。強制自習、最初は慣れるのに苦労すると思うけど、その勉強量は必ず入試の時に自分の大きな 武器になるし、自信を持つことができます。最後まで折れること無く続けられる人が最後笑顔になれると信じていて欲しいです。最後に、1年間支えてくださった事務の方々、チューターの方々、本当にお世話になりました。ありがとうございました!

早稲田(文化構想/人間科/教育/商/社会科)慶應義塾(商/文)明治(情報コミュニケーション/経営/文)中央(商)法政(キャリアデザイン)

髙橋 亮さん

自分は現役の時は全て大学に落ちました。当時はとても落ち込み、とても勉強できるような状態ではありませんでした。そんな中、友人に勧められ増田塾に入ることを決めました。最初は辛かったのですが、先生やスタッフさん、チューターさんのおかげでだんだんと慣れていき、実力もついていきました。そして志望校の過去問も解けるようになり、試験本番に落ち着いて臨むことができました。試験中は増田塾での辛い日々を思い出しながら、勇気を持って問題に取り組みました。その結果、志望校に合格することができました。全落ちした自分でも志望校の合格を掴めたのは増田塾のおかげです。ほんとうにありがとうございました。

早稲田(社会科/文化構想/教育/人間科)明治(文)中央(文)法政(文)

小野 正龍さん

僕は現役の頃MARCHの大学の合格を頂けたのですが、第一志望の早稲田大学を諦めることができず、浪人を決意しました。浪人したからには絶対に早稲田に受かる1年にしたいと思い、今までにないくらい厳しい環境に身を置くため、増田塾に入塾することを決めました。現役の頃の1日の勉強時間は長くて6時間程度だったので、いきなり長時間の強制自習が始まった時はなかなかハードに感じました。でも不思議なことに、1週間も同じ生活を続ければすっかり慣れてしまい、長時間の勉強もほとんど苦に感じなくなりました。とはいっても、浪人生活は辛いもので、実力がなかなか伸びず、去年受かったMARCHにすら落ちるんじゃないかと不安になった日もありました。そんな時にスタッフさんやチューターさんにちょっと話しかけて貰えるだけで、かなり心が救われてました。僕のようにメンタルの弱い人間が1年間逃げ出さずに勉強を続けることができたのも、増田塾のおかげだと思います最終的には念願の早稲田大学に合格することができ、1年前のあの選択が間違ってなかったと思えることが今何よりも嬉しいです。1年間本当にありがとうございました。

早稲田(人間科)慶應義塾(法/文)明治(政治経済/法/文/農/情報コミュニケーション)中央(法)

越智 歩さん

現役時代、中学高校はエスカレーター方式で、あまり勉強をしないまま学校生活を送っていました。そんな時たまたまチラシでみた増田塾に行き、強制自習のシステムなどを聞く内に、自分には合わないかもしれない…という印象を受けました。しかし逆にこの環境に身を置けば、成績も性格も変われるのかと思い入塾しました。結果は誰も予想しなかった(スタッフさんたちは信じてくださっていましたが)慶應義塾大学の法学部に無事に合格しました。やることなすこと一貫性がなく中途半端なことしかしてこなかった自分が、一年間同じ目標に向かってそれを成し遂げられたことがとても自信になりました。増田塾は厳しく、徹底管理されていますが、大学受験はそのくらい厳しくなければ到底受からないと思います。厳しく、苦労した一年ではありましたが、自分の可能性を感じられる一年でもありました。

早稲田大学(商/社会科/文化構想/教育/人間科)慶應義塾大学(商)上智大学(外国語)立教大学(文)法政大学(経営)

屋代 和輝さん

僕が大学受験を始めようと決めたのは、高校3年の4月でした。それまではずっと部活に打ち込んでいて、スポーツ推薦で大学に行ってやると意気込んでいたので、勉強などした事もありませんでした。しかし、コロナで大会が無くなり、推薦を取ることも出来ず引退になってしまいました。そこで、早く引退した分勉強して、逆にこの状況を利用してみんなが驚くような大学に受かってやろうと思い、増田塾に入ることを決心しました。授業についていけるか不安でしたが、増田塾のカリキュラムに沿っていくなかで、今までは知らなかった勉強の難しさや面白さを知っていくことができました。また、たくさん相談に乗ってくださったチューターの皆さんやスタッフの方、先生方の温かさも、自分にとって大きな励みになりました。受験生の誰もが、どんなに小さくても目標や決心を持っていると思います。しかし、1番難しいのはそれを行動に移すことです。このような決心を行動に移し、成績という形に変えてくれたのが強制自習やたくさんのチェックテストだったのだと思います。増田塾を選んで、本当に良かったです。先生方、スタッフの方々、チューターの皆さん、本当にありがとうございました。

早稲田(社会科/教育)明治(法/政治経済)

勝俣 英さん

浪人が確定したとき、他の方のような悔しさはありませんでした。それはやり切った結果としての浪人だったからではなく、今思えば両親にはとても申し訳ないのですが、当時の勉強態度からして落ちて当然だろうなという思いがあったからです。そのような私が、浪人生活を始めるにあたってその勉強態度を改めるために意識したことが二つあります。一つは、常に目的意識を持つこと、もう一つは、メリハリをつけることです。前者に関しては、目的意識を持って学習に取り組むことで学習内容の理解が深まりましたし、自然と自身の現状の把握なども行えました。後者に関しては、しっかりとした睡眠をとったり落ち着いて食事をとったりなど、勉強とその他のことを明確に分けることで集中力を持続させることや勉強を嫌になることなくつづけることができました。そして増田塾のシステムは上記のことを行う上で最適のものであると思います。最後に、支えてくれた両親と増田塾の方々にこの場をお借りして感謝を申し上げます。ありがとうございました。

早稲田(人間科/スポーツ科)法政(スポーツ健康科)同志社(スポーツ健康科)立命館(スポーツ健康科)

浅野 広翔さん

クラス最下位の付近をさまっていた自分にとって、入塾当初の増田塾の環境はとても厳しいものでした。しかし、周りの仲間たちの意識の高さに触発されてすぐに慣れました。厳しい縛りの代わりに、このカリキュラムを完璧にこなせば絶対合格できるという自信も次第についてきました。辛くなった時はチューターの方々がまるで自分の事のように相談に乗ってくれて、そのおかげもあり、自分の第1志望の大学に入ることが出来ました。8月中旬まで部活漬けの生活を送っていた自分を変えてくれたのは間違いなく増田塾だと思います。増田塾では厳しい事も多いですが、乗り越えれば必ず自分の目の前に望んでいたものが現れるので日々の積み重ねを大切に頑張って欲しいです。

早稲田(教育/人間科)法政(文/人間環境)学習院(経済/文)

岡田 玲於奈さん

現役時代の僕は間違えた勉強を続けた結果、第1志望のレベルの大学に全て落ちてしまいました。

浪人が始まった当初は落ちたショックを引きずりながらだらだらと勉強していましたが、このままではいけないと思い、増田塾に入塾しました。増田塾では強制自習に毎日の勉強計画を組み合わせて継続し、さらに僕を合格まで導いてくれた恩師との出会いもあり、最終的には入塾当初の第1志望の大学に合格することが出来ました。僕は増田塾への入塾を考えている人には強制自習で確保できる勉強時間を最大限に使うことを意識して欲しいと思います。膨大な勉強時間を生かせるかどうかは自分次第です。強制自習のシステムを上手く使いこなせれば成績は確実に伸びます。頑張ってください!最後に、長い間本当にお世話になりました!

早稲田(教育)慶應義塾(法/商)上智(文)明治(経営)立教(経済/経営)

宮嶋 華歩さん

浪人が決まった時、私に足りなかったものは明白でした。

それは、勉強時間の不足でした。高校生時代、定期試験直前だけ勉強していた私は、勉強の習慣がありませんでした。そんな時見つけたのが、増田塾でした。「強制自習制度」という文字に惹かれて、入塾することを決意しました。最初の二週間は、勉強を何時間も続けるのが、こんなにも辛いのか、と挫折しかけたのを覚えてます。しかし、徐々に習慣が身につき、勉強を毎日する習慣が、自然と当たり前になり、受験期間中の最後の最後まで、勉強の習慣を続けることができました。やりたくないことはなるべく避けてきた私の人生の中で、壁を超えることで成功を掴み取ることの感動や、嬉しさを増田塾は教えてくれました。また、勉強のやり方や、英語の基礎文法などを、一から学ぶことができ、右も左もわからなかった私に、合格までのレールを提示してくれました。スタッフの方々や、先生方の、手厚いご指導には、感謝しかありません。本当にありがとうございました。

早稲田(商/人間科)明治(商)中央(商/経済)法政(経営)

下妻 武尊さん

わたしは高校2年生の夏頃から早稲田大学を志望していました。

しかし冬に行われたセンター同日模試で早稲田と自分の学力のギャップを感じ、増田塾に入塾することを決意しました。増田塾のいいところはなんと言っても強制自習のシステムです。勉強せざるを得ない環境に身を置くことによって、放課後も、休日も学習する習慣が自然と身につきました。特に今年はコロナウイルスという見えない脅威の中、オンラインを駆使した自宅での強制自習により、4、5月の休校期間中も怠けることなく勉強ができました。また、最高の講師陣、頼れるチューターの教えにより、志望校とのギャップを埋めることができ、不安は自信へと変わっていきました。この自信を得られたことで、試験本番で実力を発揮でき、合格を掴み取ることができたのだと思います。増田塾の教えを守り、コツコツと努力を積み重ねていけば志望校の合格は必ず見えてきます。最後になりますが、増田塾の皆さまには大変感謝しています。一年間ほんとうにありがとうございました。

早稲田(人間科)明治(経営)中央(法/経済/商)法政(経営)

栁瀬 好花さん

この1年を振り返って、私は浪人生活を増田塾で過ごして本当に良かったと思いました。現役の時の私は特に英語が苦手で英文を見るのが嫌で試験当日まで逃げてしまい、本番の入試の時では手応えも点数もボロボロな状態でした。しかし、苦手から逃げまくった当然の結果である不合格に不甲斐なく、浪人をして増田塾で自分は変わろうと決心し、がむしゃらに1年間くらいつきました。増田塾はしっかりと基礎から固めるカリキュラムであったため、すぐに英語の成績を上げることができました。現役の頃は全く精読をしてこなくなんとなく英文が読める状態で不安定な成績でしたが、増田塾で品詞分解などの英文解釈の手順を学び、速読や本文理解がしやすくなりました。去年は全く太刀打ちの出来ない状態であった英語などで今年は手応えを感じることができ、この1年で自分は成長したのだと改めて実感することができました。学力とともに自分の成長のきっかけとなった増田塾に感謝しかありません。1年間ありがとうございました。

早稲田(商/文/教育/人間科)明治(文)中央(文)法政(文)

伊藤 大志さん

高2まで勉強する習慣がなく成績も下位常連だった僕が、最終的に早稲田の合格を勝ち取ることができたのは、一念発起して増田塾に入塾したからに他ならないと思っています。「強制自習システム」のおかげで、自制心の低い僕でも質と量ともに十分な勉強時間をキープすることができました。さらに志望校合格に直結する勉強内容の指導をたいへん明確にしてくださったため、時間のない現役生として最後の年を「実りある飛躍の一年」にすることができました。授業が上手な先生方が多く、スタッフやチューターの皆さんの親切なサポートも大きかったと思います。何より、努力の集大成としてつかみ取った「合格保証」は入試本番でも絶対に揺るがないメンタルを与えてくれました。これからの人生においても、受験生としての一年ほど自らの運命を大きく切り開くことができるチャンスはそうそうなく、この一年で手に入れた成果と自信は一生モノの財産になるに違いないと僕は信じています。そしてその運命を動かす原動力こそが、「絶対にこの大学に合格してやる!」というあなたの意志なのです。自分の未来のために辛く厳しい受験勉強に挑もうとする皆さんの健闘を祈ります。

早稲田(スポーツ科)青山学院(教育人間科)法政(法/文/経営)

西村 和佳奈さん

私は増田塾の強制自習制度に惹かれ、高3の8月に入塾しました。

新型コロナウイルス感染症の影響で同年の3月から高校が休校していたこともあり、当時塾に通っていなかった私は家で勉強することも無く、とても受験生とは思えないような怠けた日々を送っていました。しかし、学校で受けた模試がE判定だらけでようやく焦り出し、どこかに勉強漬けにできる環境はないかと探していたときに増田塾を見つけました。私はとにかく選択科目の世界史が苦手で、勉強の仕方に困っていましたが、課題管理表でどの教材のどのページを解けば良いのかが明確にされていたことでとても勉強しやすくなりました。よく、何事も始めるのに早いに越したことはないと言いますが、遅くなってしまったからといって諦める必要はないと思います。受験において1番の敵は自分が諦めてしまうことだと思うので、最後まで諦めずに見守ってくださったスタッフやチューターの皆さんや、私自身諦めずに取り組むことが出来たこの環境に本当に感謝しています。ありがとうございました!

早稲田(社会科/人間科)明治(法)

飯室 舞さん

増田塾は私が初めて全力で頑張れた場所です。

増田塾入塾以前は何事も中途半端で、学校でも勉強を真面目にやらない怠け者でした。しかし、増田塾はそんな私を駆り立ててくれました。まず、強制自習制度によって勉強が自然と習慣化されていきました。また、毎週行われるチェックテスト、定期的に行われる実力テストで目標を設定することによってモチベーションを保つことができ、また目標を達成することによって成長を実感することができました。さらにテストの結果がランキングとして貼り出されたので、負けず嫌いの私は常に刺激されました。途中でスランプが来て心が折れそうになったこともありました。しかし、チューター、スタッフの方々、塾の仲間に支えてもらい、最後まで走り続けることができました。この受験の経験は今までの人生、またこれからの人生において価値のあるものになった思います。

早稲田(文化構想/文/教育)明治(文)立教(文)中央(文)

並木 草馬さん

合格できてうれしいです。

私もやはり増田塾最大の特徴である強制自習というシステムに怯えつつも惹かれ、入塾を決めました。高校2年生まで自習という習慣が全く身についていなかった自分にとっては最初の数週間こそ苦痛に感じられたものの、一ヵ月後には机に向かう事がご飯を食べるのと同じくらい当たり前に出来るようになりました。この経験から習慣というものの重要性を実感しました。しかし、もしこの習慣を一人で作り上げようとする場合どれくらいの期間がかかるだろうと考えた時、自分のように高校3年生から受験勉強を始めようとしている者にとっては(個人差はあるとは思いますが)その2倍や3倍の時間がかかる、もしくは自習の習慣が身に付かないまま本番を迎えることも大いにあるとも思いました。その点で、強制自習というものは受験の一年間を振り返ってみると何にも替え難い素晴らしいシステムだったと思います。それに加え私立文系に特化したカリキュラムや考え抜かれた先生方のご指導が受けられる増田塾では今まで勉強の習慣がなかった生徒でも、点数や偏差値が格段に上がることも期待できるのではないかと思います。昨年の自分がこの塾を選んで本当に良かったと心から感じます。ありがとうございました。

早稲田(文化構想/文/教育/商)上智(文/外国語)明治(国際日本)立教(経済)

小原 秀平さん

私は高校一年生の時から増田塾に通い始めました。

おかげで、英語や選択科目について、ほかの人より大きくアドバンテージをつけることができました。また、早くから塾に通い始めたため、受験校の決定や受験で必要なことなどを、比較的早く知ることができました。今年度は新型コロナウイルスのために長らく教室が閉鎖されていましたが、そうした中においてもスタッフの皆様の努力によって、最良の指導を受けることができました。増田塾は私立専門の予備校ですが、裏を返せば、私立大学の対策に全力を当てているということでもあります。そういう意味でも、増田塾の授業は私立大学に合格するための学力をつけるという点で、よく洗練されたものだと思います。

早稲田(人間科)明治(経営)法政(経営)学習院(経済)

渡邊 駿亮さん

自分は高3まであまり勉強しておらず7月の模試での偏差値は3教科41でした。当時MARCHで1番低そうだと思っていた所を第1志望に受験したにも関わらず全落ちしてしまいました。浪人することになったものの早稲田を目指す気はありませんでした。しかし増田塾の入塾説明会に行くと「増田塾のカリキュラムについてこれれば君も早稲田に行ける」と増田塾の方に言われ、その日から増田塾に入り早稲田を目指すことに決めました。早稲田を目指す道は大変でした。毎週のチェックテストでは8割を切ってしまうこともあったり、早慶レベルのテストでは11月に英語の偏差値で30台を出したり、過去問では1月に入っても半分しか取れない時もありました。それでも最初に決めた目標を下げずにひたすら自分の弱点と向き合い続けた結果、早稲田大学に合格することが出来ました。増田塾に入塾しなければ自分は早稲田を受けるどころか、過去問を見ることすらなかったと思うので本当に感謝しています。

早稲田(人間科)明治(文)

阿部 夏帆さん

私は今まで言い訳ばかりで苦しいことから逃げていました。中途半端な自分を変えたいと思い、強制自習のある増田塾に入って悔いのない受験にしようと決めました。チェックテストは本当に効果的で、単語や各教科の基礎がいかに重要かを実感しました。特にスタートダッシュで焦らず基礎固めを徹底したことが、後の成績の伸びに繋がりました。苦手だった英語長文や日本史も、勉強法を見直したり助言をもらったりして苦手意識をなくし、入試本番では得点源になりました。増田塾は他塾に比べて圧倒的に勉強時間が多く、また基礎や復習に力を入れます。これは後に大きな自信になります。そして先生やスタッフさん、チューターさんは、学習面でも精神面でも優しく向き合ってくださいました。私は増田塾での1年間が苦だと思ったことは一度もありません。勉強が楽しいと思えたし大きく成長できた1年でした。本当にありがとうございました。

早稲田(社会科/法/人間科)明治(法/文)立教(観光)法政(文)

田中 大貴 さん

今年はコロナの影響によって、学校の開始が遅れたり今までの当たり前が通用しない年でした。ゆえに受験に対してとても不安を感じることが多かったです。増田塾では、早期に大学合格を目指すために必要な勉強の指針が決まっていて、それに沿った課題にしっかりと取り組むことで学力が向上し、不安も和らぎました。さらに定期的にある面談で、コロナ禍の受験に対する自分の不安や、悩みを相談できる体制が整えられており、最後まで自分の目標を見失わずに勉強に取り組むことができました。それでも不安に感じた時には、毎週あるチェックテストや実力テストの結果や数値が、評価シールで目に見えて分かることが自分の自信に繋がりました。今後の人生で様々な困難にぶつかった際に「増田塾で頑張れたから、挑戦してみよう!」という自信を持つことが出来ました。

早稲田(人間科)明治(国際日本)立教(社会/法)中央(国際経営)法政(社会)

大谷 百合香 さん

私は増田塾に入って本当に良かったと思っています。強制自習制度・学力で分けられた少人数の授業・チェックテスト・実力テスト・定期的な面談・チューター制度・合格保証制度など増田塾の良い点を挙げたらキリがありません。自分1人ではどうしてもダラけてしまう人や、毎日長時間勉強し続けなければならない浪人生は増田塾に入ることを強くおすすめします。また増田塾では生徒全員が一体となって受験に向かっていく良い雰囲気があり、モチベーションが上がります。受験では苦しいことも沢山ありますが、増田塾を信じて勉強し続ければ必ず結果は付いてくると思います。驚く程頭の悪かった私が難関大学に合格できたのは、増田塾のおかげです。支えてくださった増田塾の方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。

早稲田(商/教育/人間科)上智(総合人間科/文)明治(国際日本/文)青山学院(教育人間科)立教(コミュニティ福祉/現代心理)中央(文)法政(グローバル教養)

小川 涼音 さん

私が増田塾に入った理由は強制自習でした。家では全く勉強が続かず、とにかく勉強時間を増やしたかったからです。けれど、今振り返ってみると合格のためには"量"と"質"の両立が重要だったと思います。強制自習で朝~夜の間、勉強すると聞くと大抵の人はすごいと感じるでしょうし、私もそう思っていました。しかし最初は、実際には机に座って参考書を眺めていただけで大して身になっていない…ということがありました。増田塾の3つのシステムがこの状況を改善し、勉強の質を高めるためにぴったりだったと思います。1つ目は毎週行われるチェックテストです。自分の苦手なところを確認し、効率よく穴埋めすることができました。また、テストまでに「授業の復習(インプット)→演習(アウトプット)→わからなかった単語をチェック」を間に合わせるよう意識することで、本番から逆算して勉強する力がつきました。2つ目は授業の豊富さです。毎週の英国+選択科目の授業では基礎をしっかり理解することができ、問題演習の解説もしてもらえました。それに加えてチェックテストの補講やオンライン授業も活用してリスニング、英検、漢文、問題形式別、志望校別の授業などもあり、独学では難しい部分もがっちり固めることができました。3つ目はレベル別の課題があるということです。夏期講習の長文課題では初級・中級・上級向けがあり、志望校の難易度別のテストなどもありました。難しすぎたら解説を読んでも理解できないし、簡単すぎたら新しく学べることがありません。初級が終わったら中級の課題をもらえたので、努力次第で実力をどんどん伸ばしていけました。結局どれだけいい塾に通っても最後は自分次第です。ただ増田塾はやった分だけ応えてもらえる場所でした。1年間本当にありがとうございました!

早稲田(商)明治(商/経営)

加藤 陸人 さん

昨年度の受験では全落ちという厳しい現実を突きつけられました。そんな僕が今年度、第1志望である早稲田大学商学部に合格することができたのは、大きく分けて増田塾の3つのシステムのお陰だと思います。1つ目は、強制自習制度です。この制度のお陰で、もともと怠惰な性格の僕でも勉強時間をコンスタントに確保することができました。ほぼ全ての塾生が自習時間をフルに使って塾で勉強しており、自分もやらなければという気持ちになり、ますます勉強に励むことができました。そして2つ目は、チェックテストのランキング掲示です。増田塾では全ての科目にチェックテストが設けられており、地頭の良さなどを要求されるものはなく、日頃の授業の復習内容や暗記物が出題されます。そしてこのチェックテストの点数の全国ランキングがほぼ毎週校舎内に掲載されます。そのお陰で、「この人には負けたくない」「次こそは〇位以内に入ってやる」と闘争心を掻き立てられ、より勉強に熱が入りました。3つ目はチューターさんや事務スタッフの方々の存在です。こちらから相談を持ちかければ親身に相談に乗ってくれるのは勿論ですが、チューターさんや事務スタッフの方々の方から「最近どう?」「勉強順調?」と定期的に、かつフランクに話しかけてくれました。メンタルが弱い僕は、精神的に苦しい時期などは特にそういった優しさに救われました。今年度は新型コロナウイルスの流行やセンター試験の廃止など、受験生にとって苦しいことが沢山ありました。そんな中でも僕が難関大受験を突破できたのは、増田塾の手厚くて温かいサポートのお陰です。増田塾に入塾して本当に良かったです。ありがとうございました。

早稲田(法/教育/社会科/人間科)明治(法/政治経済)立教(法)中央(法)

井上 太翔 さん

私は高2の秋に増田塾に入りました。

その際に、単語やthatの見分け方など英語の基礎を教えられたおかげでそれまでは何となくできていたのものが理解に基づきできるという状態になりました。そして、高3になった際にコロナのためにイレギュラーの形ではありますが、強制自習が始まったおかげで毎日長時間の勉強習慣が出来ました。また、強制自習だけでなくチェックテスト、実力テスト、科目別の評価のおかげで定期的に自分の成長を実感できました。さらに、スタッフ、チューターの方々が勉強のアドバイスをくださったり具体的な目標を提示してくださったことにより勉強の質を高めることができました。このような充実したシステムによってコロナという厳しい環境の中で勉強の習慣がなかった私も自らの成長に喜びながら勉強することができました。私を合格に導いてくれた増田塾には本当に感謝しています。約1年半ありがとうございました。

早稲田(文/文化構想/社会科)慶應義塾(文)立教(社会/現代心理)

髙橋 宏太朗 さん

僕は浪人時にこの増田塾を選びました。現役のころは自分を律することができずに第一志望校であった早稲田はおろか、MARCHにも受かりませんでした。はっきり言って受験というものを舐めていたと思います。滑り止めに行くか浪人するかを悩んでいる時に増田塾のホームページを見て、強制自習なる仕組みを知りました。ここでなら自分に厳しく受験に取り組めるのではないかと思い、入塾を決意しました。現役時は英語が苦手で知識が固まりきっていない状態で受験に臨んでしまったことがずっと後悔していたことでした。増田塾では文法や読解などの英語を読むにあたって基礎中の基礎のことを学ぶことができ、現役時に比べて遥かに成長することができました。その他の教科もメキメキと伸ばすことができました。また浪人していた夏には英検準1級を取得することができ、受験時にも最大限に利用しました。一からやったことで基礎を固められたので、増田塾にしてよかったと思います。

早稲田(文化構想/文/教育/商)慶應義塾(文/法)明治(法/情報コミュニケーション/経営)中央(法)

藤原 啓吾 さん

私は増田塾に入るまで、人生で一度も復習ということをしてきませんでした。復習というのは、一度で覚えられない、要領が悪い人がやることだと思っていました。その考えは、増田塾に入って180度変わりました。復習中心に1週間単位で綿密に組まれた増田塾のスケジュールは、復習ぎらいの自分からすると、退屈で無意味な作業のように感じられましたが、必死にこなし続けるうちに確実に実力がついているということが数字に現れ、ようやく復習の重大さに気づけました。学習の進め方まで細かく指導してくれる増田塾ならではの収穫でした。今になって思うと、面倒見がよくない塾に入っていたら、勉強のやり方も分からず、迷いながら勉強することになって、早慶どころではなかったと思います。校舎のライバルたちとの切磋琢磨は、自分の大きなモチベーションでしたし、チューターさんやスタッフさん、先生たちも親身になって話を聞いてくださったので、1人で飛び込むのをためらっている人も、心配しなくて大丈夫です。本当の努力の重ね方を知った、受験の合否以上に大切な1年間になったな、と思っています。1年間、お世話になりました。

早稲田(人間科)

経澤 彬益 さん

僕は家では勉強することができなかったため増田塾の強制自習制度にとても助けられました。他塾と違い、確実に自習席があるので便利でした。カリキュラムにおいては圧倒的な実績があるので信用しきって勉強することが出来ました。また休憩時間が決められていることでメリハリのある勉強ができました。スタッフさんやチューターさんも接しやすく快適な受験生活を送ることが出来ました。学習面でいえば、地歴はどこの塾よりも情報量が多く、実際世界史は武器となるくらい点数が取れるようになりました。英語は速読用のプリントを貰ってから毎日読むようにしたお陰で読めるようになりました。国語は苦手科目で基礎的なことから質問にも行きましたが、丁寧に対応してくださいました。他塾とは違い人数も少ないため質問にも行きやすく、自習室にいる人も変わらないためアットホームな雰囲気で、快適でした。大変お世話になりました!

早稲田(法/社会科)慶應義塾(経済)上智(総合人間科)明治(法/商/政治経済)青山学院(経済)立教(経済)

沖田 彩乃 さん

私は数学選択で地歴選択より受験できる学部が限られていたので、小論文や英作文を使って少しでも受験できる範囲を広げたいと考えていました。そのため春夏で基礎を早めに固めようと思い、またそうすることで秋冬では演習や過去問だけでなく小論文や英作文にかける時間を十分に確保することができました。そのことが、私が早慶で合格をもらえた理由だと思います。また、増田塾のチェックテストや実力テストのおかげで自分の抜けているところを確認することやテストに慣れることができ、ケアレスミスを少なくすることができました。そしてテストごとの塾内ランキングで上位に入りたいという思いが、モチベーションにつながったと思います。「夏期講習や秋から本気を出せばいいや」ではなく「早めにできることはやろう」と常に努力することが合格を掴むために大切なことだと感じた1年間でした。増田塾の強制自習制度はそんな努力をするのにぴったりの環境です。この塾を選んで良かったです。1年間ありがとうございました。

早稲田(文)上智(外国語)明治(法/情報コミュニケーション)法政(法/国際文化/人間環境/キャリアデザイン)学習院(法)

吉田 磨生 さん

私は高校3年生の春から、受験勉強を本格的に始めました。しかし、ちょうどその矢先に緊急事態宣言が出て、外出自粛をしなければならなくなり、塾に通えず自宅で勉強する生活が始まりました。最初はとても不安でしたが、増田塾が勉強スケジュールやこなすべき課題などを提示してくれていたので、取り組みやすく、習慣化することができました。徐々に与えられた課題以上のことをしようと努力するようになり、だんだんと成績もあがりました。増田塾には定期的に実力テストというものがあるので、それをモチベーションにして頑張り続けることができるのも良かったと思います。途中でスランプに陥り、かなり落ち込んだこともありましたが、それも受験勉強ではよくあることだと思います。焦らずにいつも通り塾に通い勉強する中で、ペースを取り戻していくことができました。強制自習というシステムは最初はキツいと感じると思いますが、勉強の妨げになる誘惑から逃れられるので、慣れてしまえば逆に無くてはならないものになりました。今では、増田塾に入って、安定した勉強時間を確保することが出来て本当に良かったと感じています。私が受験勉強の経験を通して何よりも言いたいことは、目標を達成するには、誰よりも1番勉強したと言いきれるほど努力する姿勢が必要だということです。絶対に悔いのない結果にするために、1日1日を大切にし、今自分がやれる最大限のことをやってみて下さい。

早稲田(人間科)立教(法/コミュニティ福祉)

白木 稜久さん

これを見ている方は増田塾に入るか悩んでいることだろう。それなら断言する。増田塾に入れば合格できる。なぜそう言い切れるのか、これから話す僕の体験談を根拠にしてもらいたい。僕は一年前、早慶はおろかマーチの一般すら全落し、絶望の毎日を送っていた。そんな時、僕は増田塾に出会った。「強制自習」「実力テスト」「チェックテスト」「合格保証」どれも魅力ある言葉に僕は感じ、ノータイムで増田塾へ行くことを決めた。当初は緊急事態宣言の関係もあり、自宅でオンライン強制自習で勉強した。今思うと、監獄のような生活だったが、あそこで頑張ったからこそ今の自分が作られたと思う。しかし、僕の浪人生活は決して順風満帆なものではなかった。特に現代文の成績は初めの頃は偏差値30を切っていたし、時には体調を崩し、他の科目の成績が著しく下がった時もあった。本当に合格できるのかと不安になることもあった。しかし、そんな時に僕を支えてくれたのは面談担当の先生や事務の方々だった。その的確なメンタルケアと増田塾のカリキュラムによって、豆腐メンタルが鋼以上のメンタルに、現役時代に70%ほどだったセンター試験は共通テストにて総合97%までになった。ここまで成長できた理由には増田塾が自習に力を入れている点が深く関わっていた。たとえ授業を受けてもそのまま復習せず放置したままでは、結局できなくなってしまう。しかし、増田塾は授業の前と後に強制自習という形で授業の復習を必ずやらざるを得ない環境となっている。これによって学力を着実につけていくことができるのだ。また、特に私立文系は努力の量によって成績を大きく塗り替えることもできる。それだけの学習時間を全員、確保することが増田塾ならばできる。他の予備校と比較するわけではないが、大学受験にこれほどまでに最適な学習環境はないと僕は考えている。もう一度言う。増田塾に入れば皆さんは合格できるだろう。しかしそれは皆さん次第である。 もし、これを読んでいる方の中で、1年間を努力で埋め尽くせるやる気と覚悟を持っている方がいるのなら、是非増田塾にきてもらいたい。入塾したのちの皆さんの健闘と、その先に待つ成功を心から祈っている。

早稲田(人間科/商)明治(情報コミュニケーション)立教(コミュニティ福祉)法政(社会)

大竹 瑠奈さん

私が増田塾に入ったのは高校二年生の秋頃で既に秋コースが始まっていて途中からの入塾でした。もともと英語がとても苦手だった上に授業にも遅れての参加だったので二年生の頃から時々自習に行き、追いつこうと必死でした。二年生の最後の実力テストの時自分なりに勉強していてチェックテストも悪くなかったので絶対いい成績取ってやると意気込んでいました。しかし受け終わったあと結果を見なくてもこれは絶対にやばいと分かるくらい解けませんでした。実際結果は偏差値40にも届きませんでした。それなりにやったはずなのに全然できなかった。英語が苦手だと自覚していたがダメだった。この時の衝撃は今でも忘れません。それなりやなんとなくではダメなのだと突きつけられた瞬間でした。その後このままではダメだと一年間全力でやりきらなければならないのだと覚悟を決め勉強することができました。増田塾はとてもテストが多いです。毎日の様にチェックテストがあり実力テストもすぐにやってきます。ですがこのたくさんのテストは具体的な目標にもなり、自分の弱点を見つめ直すことが出来ます。他にも成績を伸ばすための様々なサポートがあり、全力でやれば結果がどうであれとても充実した一年になると思います。増田塾に入ってほんとうによかったです。一年間ありがとうございました。

早稲田(人間科)明治(経営/商)法政(経済)中央(経済)学習院(経済)立命館(経営)

横山 大剛さん

私は0から教えるというキャッチフレーズに惹かれて入塾しました。不安が多い所もありましたが、今では増田塾に入ってとてもよかったと思えています。そう思えるような塾だからです。自分が増田塾の模試で盛大にやらかしてしまった際、とてもつらくやめたくなる時がありましたが、先生や友達をはじめスタッフさん達が励ましてくれたので、なんとか乗り越え難関大に合格することができました。増田塾での強制自習はつらく聞こえるかもしれませんが、ここでの毎日は質の高い充実したもので、受験勉強という範囲を超えて人間性までも成長できたと思っています。スタッフさんたちの充実したサポート、先生との距離の近さ、そして友達との励ましどれをとっても、ここにしかない素晴らしいものだと思いました。繰り返しますがこの塾に入ってよかったですありがとうございました。

早稲田(社会科)明治大学(法)青山学院大学(法)

五十嵐 涼 さん

僕が増田塾に入ろうと思ったのは、部活の仲間が塾に通い始めているにも関わらず高三進級直前でも勉強を全くしていなかった自分が怖くなったからです。そんな自分に必要だと感じたのが「強制自習」でした。もちろん最初は登校から夜までの勉強に耐えられる自信がなく、正直しんどかったです。しかし毎週のチェックテストのランキングや心強いチューター方のサポートなど様々なシステムが僕を後押ししてくれ、その中で誰よりも努力しようと思えるようになりました。そして入塾時の39という偏差値からおよそ25もあげることができ、入塾時の目標を上回るような大学に合格できました。この増田塾に入れば、スポーツ日本代表の合宿のようなハードな日々を過ごすことになります。しかしこの環境で得られるものは結果だけではなく、内面の成長など計り知れないと思います。ここに入って本当に良かったです。スタッフのみなさん、大変お世話になりました!

早稲田(商/人間科)明治(商/経営)中央(商/経済)法政(社会)立命館(政策科/産業社会)

井上 凱成 さん

自分は高三の春まで全く勉強という存在に触れてきていなくて、学校や他の塾にも見捨てられ、人生のどん底をさまよっていました。でも、増田塾と出会い、入塾を決めたことで人生が180度変わりました。増田塾に来てよかったなと思う点は、まず強制自習です。この制度のおかげで、自然と毎日の学習習慣が身につきました。次に、テキストの質の高さです。増田塾のテキストには、市販の教材には載っていない詳細なことまで書かれているので、そこで他の受験生との差を付けることができます。そして最後に、環境です。増田塾では個人専用の席が設けられているので、自習室の確保に困ることがありませんでした。また、先生やチューター、スタッフの方が親身になって寄り添い、問題の改善に全力で取り組んで頂けるので、とても力強い支えとなりました。そして、向上心の高い友達と切磋琢磨し合えたおかげで1年間を乗り越えることができました。最後になりますが、SVOCを知らなくても、助動詞が何かわからなくても、増田塾できちんと勉強をすれば確実に早慶へ合格できます。難関私大を目指すなら、絶対に増田塾への入塾をオススメします。そして、関係者の皆様、1年間本当にありがとうございました!

早稲田(社会科)同志社(商/文/グローバルコミュニケーション)関西(経営)

田中 柾廣 さん

増田塾の主な特徴は強制自習にあります。自習時間と休憩時間が決められており、自習時間は携帯などが禁止されるため、元々携帯などの誘惑に負けやすかった自分は強制自習によって勉強に集中することが出来ました。ただ、私個人が1番支えられたと感じるのは先生方やスタッフさん、チューターさんとの距離感が近かったことにあると考えています。私自身、面談担当の先生には毎回の実力テストの後の面談だけでなく、毎週先生にノートを提出して、自分の学習進度や利用すべき教材などを確認していただき、成績向上に繋がりました。また校舎に勤務しておられる先生やスタッフさんとは凄く色々な相談をしました。一見勉強にはあまり関係の無いことのように思えますが、周りの支えてくれている人に自分の不安を言う事で迷いなく努力することができました。1年間常に机に向かうことが出来たのは周りの人の支えがあってこそだと思っています。人としての温かさを感じ自分を見つめ直す有意義な浪人生活となりました。ありがとうございました。

早稲田(社会科)青山学院(経済)中央(商/経済)関西学院(総合政策)

虎若 日菜 さん

私は現役生の時早稲田大学志望でした。私の中では早稲田=応用というイメージがあり英語では全く文法に手をつけていませんでした。また、塾も生徒数が多かった為、先生やチューターとの距離も縮まず質問や勉強方法も気軽に聞けませんでした。そしてただ闇雲に突き進んだ結果勿論早稲田、青山学院も全て落ちてしまいました。そこで浪人生をするにあたり予備校選びで重要視した事は校舎ごとの生徒数が少ない、小テストがある、やる事を決めてくれるの3つでした。この3つで増田塾は全てに当てはまっていました。そして強制自習もあったため意志の弱い自分にはピッタリでした。そしてスタッフの方々には、よく声掛けを行っていただきとても温かく感謝しています。自分で何をしたらいいのかわからない、意志が弱い、自分から先生に質問するのが苦手だという人はぜひ増田塾に入って第一志望を勝ち取って欲しいと思います!

早稲田(社会科/人間科)慶應義塾(商/文)明治(法/政治経済)学習院(文)

宮元 蒔琴 さん

私は、増田塾に入るまで、勉強の仕方がわからず、なんとなく勉強をしていました。しかし増田塾に通うことで、合格のために必要なことを自然とこなすことができました。それは、毎週あるチェックテスト、節目毎の実力テスト、そして強制自習のおかげです。まずは、チェックテストでいい点数を取る、次に実力テストでいい点数を取る。わかりやすい小さな目標を着実にこなすことで、受験合格という大きな目標を達成できました。また、強制自習という制度のため、勉強から逃げたくなるときでも、やらないという選択肢はありません。勉強の仕方がわからない人、逃げてしまう人は、増田塾へ入ってみてください。ここでの受験生生活を終えたあと、他の受験生に負けない勉強量と自信と共に入試本番を迎えられるでしょう。来春笑顔で受験を終われるよう、精一杯頑張ってください。読んでくれた方の合格を祈ってます。

早稲田(文/教育/商/社会科)慶應義塾(法/経済/文)明治(文/国際日本/情報コミュニケーション)

石岡 祐太郎 さん

受験を成功させるために必要なのは、圧倒的な勉強量と質、そしてこれらを可能にしてくれる環境であると思います。増田塾では強制自習制度のもと、全国のライバル達を寄せ付けないほどの勉強時間を確保できます。また、プロの先生方による質の高い授業や難関私大に特化した綿密なカリキュラムにより、戦略的な学習を効率的に進めることができます。私は現役時は理系で、文転しての浪人でした。世界史はもちろんゼロの状態でしたし、英語も国語も基礎から抜けだらけでした。そんな状態から1年間で第一志望合格を実現できるまでに成長できたのは、増田塾がこのような最高の環境を提供してくれたからこそだと思います。また、2020年度はイレギュラーな1年でした。未曾有のウィルスの大流行、さらには共通テストの導入など、受験生にとってはこれまでに無いほど過酷な1年であったと思います。そんな中でも増田塾では、オンライン強制自習や共通テスト対策授業など様々な形で受験生をサポートしてくれました。ここまで親身になって面倒を見てくれる塾は増田塾以外に無いと思います。1年という時間は長いようで短いものです。この限られた時間の中で、現状の自分よりも遥かに格上の第一志望校合格を成し遂げることは簡単なことではありません。決して平坦な道のりではありませんし、様々な困難と直面するでしょう。それでも夢の第一志望合格を志し、それに向かって努力することを固く決意したあなたに、増田塾は全力で応えてくれると思います。最後に、ご指導してくださった先生方、温かく支えてくださったスタッフ、チューターの方々、そして苦楽を共にした仲間達に、心から感謝しています。1年間本当にありがとうございました。

早稲田(社会科/人間科)上智(総合グローバル)明治(国際日本)中央(文)

渡井 優月 さん

高3の春まで全くと言っていいほど勉強の習慣がなかった私が、早稲田大学に合格できたのは増田塾のおかげだと心から思っています。家では勉強に集中することができなかった私は、強制自習に惹かれて増田塾に入ることを決めました。「厳しい塾」というイメージを持っていたので、塾のスタッフの方々も厳しいのかと思っていたのですが、実際に入ってみるとスタッフ、チューター、講師の方々全員がとても親身になって受験生に寄り添ってくれる塾だと感じました。1年間、強制自習をやり遂げられるか不安な人も多いとは思いますが、支えてくれる人はたくさんいます!これほど受験勉強に適した環境はなかなかないと思います。今までほとんど勉強してこなかったという人も増田塾なら1からスタートすることができます。皆さんが来年の春を笑顔で迎えられることを願っています!

早稲田(商/教育)慶應義塾(法/経済/商)明治(経営/国際日本)法政(経営)

西山 隆 さん

現役の頃の偏差値は40で結果は全落ちでした。そこで増田塾での浪人を決意し、1年間地道に努力を積み重ねてきました。私が1年間貫いてきたことは「弱い自分としっかり向き合う」ことです。受験勉強をしていく中で、ケアレスミスをする自分、暗記が思い通りにできない自分、過去問の点数が伸びない自分など、さまざまな「弱い自分」に直面することがあります。そのような結果に対し、言い訳をして楽な方に逃げるか、原因を分析して行動に移すかどうかで次に生まれる結果は大きく変わると思います。受験勉強において何が正解かはわかりませんが、このような信念のもと、増田塾を信じてやってきた努力は間違っていなかったと思います。最後に、このような状況下でも満足に勉強できる環境を整えてくださった増田塾には本当に感謝しています。1年間支えてくださった講師の方々、スタッフの方々、チューターの方々、本当にありがとうございました!

早稲田(社会科)慶應義塾(文)法政(文)

久保嶋 真也 さん

私が増田塾で受験勉強をして特に良かったと思うことは、ライバルの存在を近しく感じられたことです。増田塾では定期的な実力判定テストや毎週のチェックテストがあり、それらのテストの成績上位者が校舎で貼り出されるため、それを見てその成績上位者たちに「絶対に負けない」とライバル心を燃やし日々の学習のモチベーションにすることができました。また、増田塾では知識を受動的なものに留めず能動的なものにすることが大切であることを学びました。受動的な知識では単に問題集の問題のみを解けるようになるだけで、受動知識に留まっていれば同様の形式で難易度の高い問題が解けるようになりません。それを回避するため、なぜその答えが正解になるのかを能動的に自分の言葉で説明できるようにすることで問題の本質的な理解がなされ、どんなにひねられた問題が出されようと正しく解答することができるのです。努力は必ず報われる。増田塾のカリキュラムに従い正しく努力すれば必ず良い結果が待っています。どんなに辛いことがあっても諦めずに合格する自分を思い描きながら日々の勉強に励んでください。

早稲田(教育/人間科)明治(法)

佐々木 颯 さん

偏差値42。これは自分が現役生の頃増田塾に入塾してすぐのテストでの英語の偏差値です。僕は中高一貫に運良く入ってしまったため、高校受験もせず、なあなあな人生を送っていました。そのため気がつけば周りとの差はどんどん広がり、現役時は全落ちしてしまいました。今思えば、現役時の自分は増田塾のことを十分に活用しきれていなかったのかもしれません。合格保証は初めから諦めていたため、チェックテストも適当にこなしていました。浪人してようやく、日々のコツコツとした勉強が大事だということに気がつき、まず合格保証をもらうことを一つの指針としました。チェックテストや強制自習というものがとてつもなく効果のあることに浪人して気がついたため、もっと早く気がつけていればとも思っています。こうした意識の変化もあって現役時の4月の英語の偏差値42から最終的に20以上も上げることに成功しました。これはやはり増田塾に通っていなければ成し得ていなかった事だと感じています。ここに来て自分の人生観が変わったと言っても大袈裟ではないほどこの塾は今までの自分の考えの甘さを教えてくれました。本当にありがとうございました。

早稲田(教育)明治(文/農/情報コミュニケーション)

石塚 歩佳 さん

中高一貫校に入学し、完全な中だるみで勉強をする習慣が一切なかった私にとって増田塾の強制自習システムはとても魅力的でした。家で勉強しようとしても誘惑に負けてしまう、そもそも何から手を付けたらいいのか分からないという方も多いと思います。増田塾では1週間の中でやるべきことが決まっているので何をしたらいいのか分からないという悩みを感じることはありませんでした。強制自習は長く、辛そうに見えますが、早慶レベルを目指すにあたって必要な時間だったと思います。また、私は高2の春から増田塾に入り高2の間は英語だけを集中的に取り組むことで基礎を早い時期に固めることが出来たため、高3になってから選択科目に時間を割くことが出来たことも大きかったと思います。約2年間増田塾で過ごした時間は楽なものではありませんでしたが、直前期に不安になった時に強制自習を乗り越えた経験が自信に繋がりました。勉強面、精神面で手厚く支えてくださったスタッフ、チューター、友人にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。

早稲田(文/文化構想/商/教育/人間科)慶應義塾(文)上智(文/経済)立教(文)学習院(文)

山本 俊輔 さん

僕は大学附属の中高一貫校に通っていた事もあり中学から高校二年生の時まで受験しようと考えた事はありませんでした。勿論、受験しない方が楽な道だからです。しかし将来自分が何をしたいのか、どうすれば自分の人生が良いものになるのかを考えた結果高校二年生の冬に受験しようと決めて増田塾に入りました。増田塾を選んだ理由は強制自習やチェックテストで自分を律して自分に強くなりたかったからです。私立文系はどんなレベルでも多くの勉強時間と努力があれば誰にでも合格出来る可能性があります。増田塾は多くの勉強時間を提供してくれるので、あとは自分の努力次第で夢だった志望校に合格する事が出来ます。大学受験を努力してやり抜ける事で自分に確固たる自信が持てます。成功しても失敗しても自分が約一年間努力し続けられたという事実は変わりません。その経験はその後の人生における挑戦にも大きな自信をもたらしてくれると信じています。最後にここまで自分の成績を上げてくださった先生方、自分のやる気を保ち続けて頂いた塾の皆様に本当に感謝しています。ありがとうございました。

早稲田(社会科/人間科)立教(コミュニティ福祉)法政(経営/キャリアデザイン/人間環境)

荒川 小夏 さん

私は高3の夏前から増田塾にお世話になりました。入塾時で既にカリキュラムが先行している他の受験生に追い付くため、2倍のスピードで授業やチェックテストを進め、夏期講習中に追い付くことが出来ました。そこからは追い付いたことに安心することなく、それまでのペースを維持して勉強すると心に決め、実力テストで成績が上がっても気を緩めずに、早稲田に受かるためにはまだ足りないと自分を奮い立たせて、受験の直前まで勉強し続けました。強制自習と聞くと、辛そうで自分には耐えられないと思うかも知れません。もちろん、楽なものではありませんが、本気で大学受験と向き合って自分の限界まで勉強したい、限界を超えたいと思う方には増田塾に入ることを強くお勧めします。増田塾に入ったことで行きたい大学に合格する事が出来ただけではなく、自分で立てた目標に向かって努力する力、そしてその目標を達成した時の今まで感じたことの無い高揚感など、たくさんの事を得ることができました。それは自分の力だけで得られたのでは無く、いつも優しく接してくださった事務の方々、分かりやすい授業をして下さった先生方、どんなに小さなことでも相談に乗ってくれたチューターの方々、そして一番近くで支えてくれた親のお陰だと思っています。この体験記を読んでくれた方が増田塾に入り、自分の目標に向かって精一杯努力し、笑顔で春を迎えられることを祈っています。

早稲田(文/教育/商/社会科/人間科/スポーツ科)上智(総合人間科)明治(法/政治経済/国際日本/情報コミュニケーション)立教(法/経済/文/コミュニティ福祉)同志社政(政策)立命館(法/経済/産業社会)関西学院(法/社会)

松倉 海斗 さん

高校の部活動を引退後、3年夏から受験勉強を本格的に始めて追い上げましたが、現役時代の入試結果に満足できず、悔いのない浪人生活を送りたいという一心で、地方から上京し、増田塾への入塾を決めました。増田塾のシステムを活用し、短期目標として合格保証につながる毎週のチェックテストの点をとること。中期目標として実テでのランキング上位掲載。最終目的として早慶合格を掲げました。そうすることで、単調にひたすら勉強に取り組む中で、日々実力が付き、着実に早慶合格へ近づいていることを実感できました。強制自習は確かにキツかったですが、早慶やMARCHに合格するのに必要な時間と量であり、それをこなすことで自分の自信になりました。その時間と量を十分に確保できる環境がある増田塾は、自己管理能力が低い自分にとって最短かつ確実な選択肢で、増田塾を選んで本当によかったと思います。今振り返ると、この1年間は非常に不安で苦しかったですが、自分自身の限界に挑戦し、自己実現を果たす経験をすることで、自分の人生におけるかけがえのない財産になりました。最後に、1年間ブレずに走り続け、最高の結果で浪人生活を締めくくれたのは、スタッフの方々やチューターの方々の支えのおかげです。本当にありがとうございました!

早稲田(社会科)明治(政治経済)青山学院(国際政治経済)立教(法学部)法政(法学部)関西学院(総合政策/人間福祉)立命館(法/政策科)

野々村 拓真 さん

自己分析をしてみてください。家では絶対に勉強できない人、そもそも勉強の仕方がわからない人、大人数の塾が嫌いな人、自分の学力のレベルや順位を細かく知りたい人、そして絶対に早慶MARCHに受かりたい人。この中に一つでも当てはまれば増田塾をお勧めします。実際僕は上記の全てに当てはまり、増田塾以外には考えられませんでした。なにも僕は最初からうまくいっていたわけではありません。勉強の仕方がわからない、世界史はすぐに忘れる、ランキング上位にのれない...しかし自分は浪人生なので後がありません、徹底的に増田塾を利用しました。増田塾は少人数で先生やチューターさんとの距離が近いので、授業やチェックテストで分からなかったことはすぐに聞きにいけるし、私大専門の勉強の仕方も各教科の先生に教えてもらえました。チェックテストや習熟度テストがたくさんあり、それがランキング化されるため常に目的意識を持って、ライバルを意識して毎日を過ごすことができます。自分は家では勉強できない人だったので強制自習は大変ありがたかったです。そして一番重要なのは増田塾を信じて増田塾のひいてくれている合格へのレールに乗ることです。実力テストの後には自分の志望校合格のためにこれからいつまでに何の勉強をどれぐらいすべきかという自分のためだけのレールを増田塾は示してくれます。それを守ったおかげで僕は成績が一気に上がりました。長くなりましたが僕に的確な指導をしてくれた先生方、いつも支えてくれたスタッフやチューターの方々、本当にありがとうございました。

早稲田(教育)慶應義塾(文)学習院(法)

都築 凌二郎 さん

私は現役の時、塾に入らず怠惰な生活を送り、かろうじて一つの大学に受かっただけでした。しかし納得いかず浪人して頑張ろうと決めました。この浪人時代を通して学んだことは途中でやめないことが大事だということです。高校で部活を途中でやめたりと、幼少の頃から何をしてもあまり続かないのが私でした。そのため当然、浪人生活においてもうやめたいと思う瞬間が多々ありました。特に共通テストができなかった時はもう駄目だと思いました。そして一番入りたかった慶應の文学部で辞書を忘れた時は神に見放されたとさえ思いました。しかしそれでもなお、合格を勝ち取れたことの要因は諦めなかったことにあると思います。なぜ諦めなかったかと言えば増田塾で勉強していた日々が自信となり、勇気をあたえてくれたからです。これから受験生になる人は失敗もあると思いますが、後から振り返れば些細なものですので、途中で諦めず最後まで走り抜けてほしいです。そしてそのような継続を可能にするのが増田塾であると私は信じています。

早稲田(社会科)中央(法/経済)明治(法)学習院(経済)

富田 凜 さん

自分は受験で結果を残すためには、勉強に取り組む時間の長さとどのようにその時間を利用していくのかの2つが重要だと考えていました。時間を確保する点では、強制自習制度のある増田塾は他の予備校と比べ圧倒的に勉強を長くできるので自然と長時間勉強する習慣がつきました。どのように時間を利用していくのかという点では、先生方やチューターさんの意見を聞きつつ毎日1日と1週間と1ヶ月の目標を立て目標に沿った明確な目的を持って勉強をしていました。毎日目標を立てることで自分の弱点を見つけ修正することが効率化され、確実に実力を上げることができました。最後に、充実した浪人生活を送れたのは支えてくださった方々のおかげです。本当にありがとうございました。

慶應義塾(法/文)明治(政治経済)

小笠原 光紀さん

難関私大に的を絞った専門性の高いカリキュラムが魅力です。課題の要求量は半端ないですがそれを確実にこなせたので合格できたと思います。結局必要なのは意志と根性でした。私も最初は量をやらずして''量より質''と吐かしていましたが、受験に関しては、どれだけ他人より勉強できるかどうかで決まると確信しました。その点、増田塾はそのような環境を提供できる1番の塾だと思います。私は自分に合った生活リズムを整えることに苦労し、体調を崩した事もありましたが塾側が柔軟に対応してくれた事も合格の一因であると思います。この塾で私は''何かを得るには何かを捨てる必要がある''という言葉を理解できた気がします。

慶應義塾(法/経済/文)早稲田(人間科)明治(政治経済/経営)法政(経営)

吉成 暁彦さん

僕は高2の春から増田塾に入りました。高2の間は英語のみの学習のため、受験学年になる前に徹底的に英語をやり込むことによって、自分の武器ができたのはもちろん、すでにMARCHの過去問で戦えるくらいの実力をつけることができ、自信がつきました。僕は受験勉強が楽しくてしょうがないくらいだったのですが、夏くらいになると、全落ちの未来を考えてしまったり、とても大きな不安が押し寄せてくるようになりました。それでも最後にはまた楽しみという感情で受験を迎えることができました。おそらくこのマインドにもっていけたのは、まわりの人たちよりも圧倒的に努力をしたという自信があったからだと思います。増田塾での強制自習は、このような観点からも、プラスに働いたなと実感しています。そしてひとつみなさんにアドバイスできることがあるとすれば、受験生は視野がものすごく狭くなりがちということを意識してみて欲しいということです。僕自身、プレッシャーもかかるし、ほんの少しのことですごく悲しんでしまったり もしたけど、1歩引いたところから見つめ直すことで、いま自分がすべきことを冷静に捉え直すことができました。ぜひ皆さんにも実践して欲しいです。そして最後になりますが、増田塾で関わってくださった全ての方々、本当にありがとうございました。様々な場面で、「受験生のために」という思いが伝わってきて、自分は支えられているなと実感していました。2年間大変お世話になりました。

慶應義塾(法)早稲田(人間科)中央(法/商/文)法政(経営)学習院(法/経済)

牧野 皓太さん

自分は家で勉強することができないことを自覚していたので、強制自習のある増田塾を選びました。

朝から夜まで、スマホはもちろん私語も禁止という厳しいルールですが、勉強するにはこれ以上の環境はありません。周りのみんなが勉強している姿も高いモチベーションにつながりました。入塾当初は長時間の自習は本当に大変でしたが、1ヶ月もすれば1日があっという間に感じるほど集中して勉強することができるようになりました。また、毎週のチェックテストや本番形式の実力テストで、自分の苦手な単元やできなかった問題を確認し、効率良く復習することができました。自分はこんなに勉強したんだという自信と自分を支えてくれたスタッフやチューター、先生方の存在が入試を戦い抜く上で大きな支えになりました。本当にありがとうございました。

慶應義塾(法)明治(経営/情報コミュニケーション)早稲田(商/人間科)中央(商)

伊藤 拓実さん

今年度は新型コロナウィルスが日本のみならず、世界中で猛威を振るった。先行きが見えない中で、目標に向かって努力しなければならず、非常に大変な1年だった。しかし、このピンチをチャンスに変えられたことが私大最難関の合格に繋がったと思う。コロナの影響で4月〜6月頃は学校や予備校に通えなかったため、ほとんどの人が自宅での勉強を強いられた。「家では勉強できない」人が多くいると思ったので、この状況はライバルに差をつける絶好のチャンスだと思った。この期間に勉強を頑張れたため、浪人生活の好スタートを切ることが出来た。強制自習が始まった時には勉強する習慣がついていたため、長時間勉強することが苦ではなくなっていた。その後は増田塾のカリキュラムに従って、着実に成績を伸ばしていくことが出来た。「現役時に大学受験全滅した人がなぜ1年で私大最難関に合格したのですか?」と尋ねられたら、「勉強したからだ」と私は答える。受験というのは勝負の世界。実力があるもの=勉強が出来る者が合格を勝ち取り、実力がないもの=勉強が出来ない者には不合格という辛く、悲しい3文字が待ち受けている。増田塾には勉強するための環境が整っており、前者(=勝者)になるための講師陣がいて、カリキュラムがあります。増田塾に入塾して皆さんも勝者になりませんか?

慶應義塾(文)明治(商/情報コミュニケーション)中央(文)法政(経営)

池田 夢人さん

厳しい環境で勉強がしたい!なんとしても早慶に合格したい!そんな自分に適していたのがこの増田塾でした。強制自習のおかげで、圧倒的な勉強量を確保することが出来ました。また、チェックテストや実力テストの頻度が多く、自分の立ち位置や苦手な分野が明確になり、絶えずモチベーションにも影響を与えてくれました。途中何度も投げ出したくなったこともありましたが、先生やスタッフの方々の支えのおかげで最後まで勉強に励み、志望校に合格することが出来ました。見えない不安と戦い続ける。この経験が自分を大きく成長させてくれました。

慶應義塾(法)

杵村 美杜さん

私はどうしても早慶の法学部に合格したく、早慶上智の合格保証制度がある増田塾に入塾しました。増田塾の数ある特徴の中で、一番私に合っていたものは合格保証制度です。合格保証を貰う条件である各教科のチェックテストで80%以上を維持することを目標とし、日々勉強に励んでいた6月ごろ、慶應にFIT入試があることを知りました。慶應に合格するチャンスを増やすべく、FIT入試を受験することを決意し、強制自習以外の時間はFIT入試の準備に心置きなく取り組むため、より一層力を入れて強制自習をこなしました。増田塾には、FIT入試対策でもお世話になりました。小論文の先生に、小論文の書き方やコツを伝授していただいたり、面談担当の先生に模擬面接を実施していただいたりしました。このような増田塾の手厚いサポートのおかげで、この度FIT入試で慶應義塾大学法学部に合格することができました。増田塾は一人一人のスタイルに寄り添い、応援してくれる塾です。増田塾の先生方、スタッフの皆さんには感謝してもしきれません。本当にありがとうございました!

慶應義塾(文)中央(文)

加藤 理莉有さん

単語帳を1冊も覚えておらず、全科目フィーリングで解いていた結果、現役時代はMARCHにも一校も受からず浪人を決めました。知識が皆無に等しいほどでしたが前期で基礎を徹底的に学ぶことができるので、初めは単語と授業の復習に尽力していました。基礎は固まったものの途中で伸び悩み、諦めかけた時期もありました。それでも強制自習が本当に心強かったです。塾に行くことで人と接触する機会が増えるので精神的にも安定し、周りの自習している仲間を見てモチベーションにもなるからです。諦めの気持ちに歯止めをかけてくれる契機でした。入試期間ではMARCHの手応えも感じず不安に襲われましたが、諦めずに通って大正解でした。大手より教室が小さいですが、それこそ増田塾の長所だと思います。先生やスタッフさん、チューターの方々と距離が近いので質問しやすい環境は万全で、少し不安を吐き出したい時は親身に聞いてくださいました。増田塾に入ったおかげで180度勉強への価値観が変わり、学ぶことの楽しさを見出すことができました。1年間全力でサポートしてくださり、本当にありがとうございました!

慶應義塾(文)青山学院(文)中央(文)法政(社会)立命館(産業社会)

鉄谷 凛さん

私は高校2年生の時に増田塾に入塾しました。

学校内での成績が悪く、大学受験に不安を抱えていました。また、家で勉強をするとすぐに飽きてしまい、受験勉強の進め方も分かりませんでした。しかし、増田塾で勉強をしてみると、高2のうちに英語の基礎固めが出来て、着実に英語力がついていると実感できました。今振り返ると、高3の時期は選択科目に力を入れていたため、早い段階での英語の基礎固めは本当に重要だったと思います。もちろん高3から入塾しても、受験には充分間に合いますが、高校1・2年生の方はぜひ早い段階で増田塾での学習を進めることをお勧めします。また、受験校を決める際には自分の適性に合った受験校をスタッフさんがアドバイスしてくれます。私も当初は慶應義塾大学を受験するつもりは無かったのですが、スタッフさんの分析から慶應への適性があるとアドバイスをいただき、無事合格できました。この結果は本当に増田塾のおかげだと思います。

慶應義塾(総合政策)

片山 宏城さん

「勉強ってほんとやだ」。一度は誰もが思った試しがあるのではないでしょうか?高校の時の僕は本当にこれをずっと思ってました。それでずっと勉強しなかったんですよね。当然、大学受験は成功するわけもなく、浪人するに至りました。どうせ浪人するなら慶應義塾大学に行きたいなと考え増田塾に入塾しましたが、一方で「難関私大文系専門」の語呂に圧倒される気持ちもありました。こんな状態で始まった僕の浪人生活ですが、結論から言うと増田塾に入塾した事は大正解でした。理由は3つあります。1つは「授業の質が高い」ということです。特に英語、小論文の授業は群を抜いていると思います。慶應の総合政策学部は、英語においては帰国子女との勝負になってくるし、小論文においては他学部で出題される小論文とは一線を画す問題が出題されます。ただ、これらも先生のアドバイスや添削にそって日々学習を進めれば、確実に自分のものにできている実感がありましたし、結果的にも合格を掴み取ることができたので、増田塾が提供する授業は最高クラスのものであると確信しています。2つ目は「サポーターの優しさ」です。浪人生活を振り返ると、家にいるよりも圧倒的に塾にいる方が時間が長いんですよね。で、その塾のチューターさんや、スタッフさん、先生。全員が優しいです。僕は入試直前、実力の足らなさに打ちひしがれて、2週間塾に来れない時がありました。もう諦めようかなとも思いました。でも、そんな時も、チューターさんからA4紙2枚両面の励ましや、スタッフさんの個別の励まし面談、先生は仕事の合間をぬって、わざわざ励ましの電話をくれたりと、メンタル面においてもサポートしていただきました。間違いなく、この支えがあったからこそ立ち直れたし、勉強という垣根を超えて、諦めない大切さを学ぶこともできました。受験においては辛い時期もありますよね。だからこそ、そういった時に支えてくれる人がいるというのは、受験生にとっても大きな存在になると感じました。そして最後は「勉強がたのしくなること」です。冒頭のように、「勉強ってつまらないよね」って、その気持ちよくわかります。ただ、その先に「楽しい」って思える自分が必ずいます。やり込んだゲームとか、スポーツって、やってるだけで楽しくないですか?「俺、こんなことできちゃうぜ」みたいな。実は勉強も同じです。スタートラインがどれだけ低くたって構わない。どんだけわからない問題が多くたって構わないと思います。大切なことは問題と真剣に向き合うこと。自分の歩幅で、少しずつ「できる」を増やしていくことだと思います。でも1人でやるのは大変ですよね。だからこそ、増田塾が提供する「本気な人が集まる環境」は「勉強を楽しむ」上では最高でした。仲間と競いながら、時には悩む時もありました。でもどこかで最高レベルの場所で戦える自分が嬉しくなる。そんな環境が増田塾なのだと感じました。長くなってしまいすみません。以上が増田塾を選んでよかった理由です。それと同時に、僕が慶應義塾大学に受かった理由でもあると思います。改めて増田塾に感謝の言葉と、これを読んでくださった未来の受験生にエールを送って締めたいと思います。増田塾さん、本当にありがとうございました!新受験生、思いっきり楽しんで、合格掴み取ってください!

慶應義塾(文)早稲田(社会科/人間科)上智(文)明治(法/経営)法政(法/経営)

原田 琉海さん

僕は現役のときには全落ちという結果に終わってしまいました。正直なところ、浪人することを決めた時には自分が早稲田や慶應義塾を本気で狙えるようになるとは思っていませんでした。ですが、自身のモチベーションに影響されない強制自習制度や、他の予備校に比べ小規模で生徒一人一人に手厚く指導が行われる校舎などとにかく勉強に集中できる環境が整えられていたため、限られた時間を最大限活用し実力を伸ばすことが出来ました。また、教科ごとの先生方だけでなくチューターの先輩方がいてくださったおかげでメンタル面も万全の状態で入試に臨むことが出来ました。僕と同じで自分一人ではどうしてもできない、怠けてしまうという人には理想的な環境です。増田塾で1年間浪人生活を送ることで「自分でもできるんだ!」という自信がつき、得がたい経験を得ることが出来ました。先生方やチューターの方々、応援してくださった全ての人に感謝したいと思います。ありがとうございました!

慶應義塾(文)早稲田(教育/人間科)法政(経営)学習院(経済)

野村 楽斗 さん

僕は現役の時は全落ちで自分では勉強ができないことを知っていたので強制自習がある増田塾に入りました。コロナウイルスの影響でオンライン学習でのスタートとなり、塾に行けるようになってからは誰にも負けない位勉強した自信があります。それも親身に相談に乗ってくれるチューターの方々、先生方、そして強制自習で周りの生徒の皆も必死に勉強しているという環境が大きかったと思います。「継続は力なり」増田塾では塾に行ったら強制的に勉強をする環境が整っているので、自分ではつい怠けちゃう、勉強の方法がわからない、悔いの残らない受験をしたいという方にはとても合う塾だと思います。

慶應義塾(文)明治(文)中央(経済)

板山 佳維人 さん

1年間浪人生として増田塾で勉強してきました。初めはどんな厳しいところだろうと思っていましたがスタッフの皆さんはみな暖かく、寄り添ってくれてとても馴染みやすかったです。この増田塾の制度についてですが、強制自習制度がやはり特徴的だと思います。この制度のおかげで確実な勉強時間を確保することができ、集中できました。また私大文系に受かるための教材を個人のレベルに応じて薦めてくれるため自分のやってることに対する疑いを1人で勉強する時よりも持つことは少なく、基礎から応用まで丁寧に学習を積み重ねることができました。増田塾は1人でなかなか勉強できない人もそうですが、英単語や古文単語など基礎を軽視しがちな人に特に良いと思います。定期的なチェックテストや実力テストを通して基礎の大切さを実感できるし、カリキュラム的にも基礎をしっかりやる学習期間を作りやすいと思います。受験で基礎は最重要であり、増田塾は基礎を疎かにさせない塾だと思います。私はこの塾で良かったと思っています。ありがとうございました。

慶應義塾(総合政策)明治(経営)青山学院(経済)同志社(法)

田口 朗人 さん

僕が増田塾を選んだのは強制自習というシステムに惹かれたからでした。僕は元々怠惰な性格で、現役生の頃は入試の前日や当日の終わった後に遊びに行くような人間でした。その為、管理してもらい勉強時間を確実に確保できる強制自習というシステムは見事にマッチしました。通い初めの頃は、10時間の勉強習慣がついていなかったためにしんどさを感じましたが、慣れればすぐに平気になり、成績も上がって行きました。また、勉強の仕方がわからない受験生に手取り足取り、面談を通じて勉強方法を教えてくれるのも利点だと思います。チューターや進路相談の先生と頻繁に面談を重ねることで、最短ルートから逸れることを防ぐことができました。長時間勉強することはもちろん成績を上げるためでもありますが、結局最後に頼るべき自分の自信を積み上げるのに役に立つと思います。今までの怠惰な人間性を変えるのにはぴったりな環境だと僕は思います。

慶應義塾(文)明治(文)青山学院(経済)中央(法)法政(人間環境)立命館(産業社会)

西村 裕太 さん

私が現役で失敗した理由は圧倒的に勉強不足でした。

なぜならスマホを頻繁に触っていたからです。そのため予備校を選ぶ際、強制自習というスマホの使用禁止を強いられ、12時間勉強だけをする環境に惹かれ、即決しました。モチベーションを上げる手段は毎週行われるチェックテストでした。ランクインすることを目標に毎回全力で頑張れました。毎週行われる為、勉強を怠らずに継続して最後まで取り組めることが利点です。また講師の手厚い指導です。私の志望校は慶應義塾大学文学部だった為、英語の添削が重要だったのですが、先生が授業外でわざわざ時間を作っていただき、添削の指導を受けられ、自分の苦手なところや克服法など様々な事を学べました。小論文も受験期の2月で授業が無い時期でも、わざわざ添削をして頂きました。おかげで志望校に合格することが出来ました。本当に感謝しています。ありがとうございました。

慶應義塾(法/文)早稲田(商)上智(総合人間科)明治(経営)中央(法)同志社(法)

星 優香 さん

私は大学受験の勉強をするにあたり、必要なものが4つあると考えます。まず集中して勉強ができる自分のスペース、次に自分の学力レベルに合った教材、また受験までの道標となるような勉強方針や管理、そして自分の話を聞いた上でアドバイスをくれる人が周りにいることです。増田塾はこれら4つを全て満たす環境を提供してくれます。まず自習室は必ず全員の席が確保されています。次に教材について、増田塾が推奨している教材、過去問は全て校舎に揃っています。また、「増田塾だより」や生徒集会映像等は定期的に私たちの前に、言わば合格までのレールを敷いてくれます。そして校舎の教科の先生方、スタッフの方やチューターの方は自分を分かった上で様々な相談を聞いてくださり、アドバイスも頂けます。特に私は本当にお世話になりました。浪人して第一志望に合格できた今、大学受験にもう後悔はありません!ありがとうございました!!私が2年間で学んだことはどれだけ勉強が嫌で逃げても、2月に自分が求めるものは間違いなく合格の2文字だということです。受験会場で問題を開いた瞬間に後悔してもそれでは間に合いません。そうならないための最高のシステムが増田塾には揃っています。勉強に取り掛かるまでに時間がかかる、また、何をすればいいのか分からない人には特に増田塾をおすすめしたいです。これから増田塾に入る方々が合格されることを願っております!!

慶應義塾(文)中央(国際情報)

髙橋 法穂 さん

去年の春、机に向かう習慣が全くつかないままなんとなく受験を終えたわたしは、このまま大学生になってしまっては成長がないと思い、増田塾での浪人を決めました。最初は確かにきついかも、と感じる強制自習でしたが、夏が来る前には慣れて、当たり前だと感じられるようになっていました。なので、そこを懸念している受験生の方がいたら安心してください!授業も楽しくて刺激的だったので、慣れてからは苦痛な時間はほとんどありませんでした。増田塾では、自分のレベルに合った教材が配られたり、推奨されるので、何をやればいいか一人で迷わずに済みます。難関私大文系専門のノウハウに導いてもらえたことで、学習面で無駄な回り道や道外れをすることなく、合格まで突っ走ることができたと思います。また、先生やチューターさんやスタッフのみなさんには、沢山声をかけてもらい、励ましていただきました。どれほど自分の支えになっていたか知れません。1年間温かく見守ってくださって、本当にありがとうございました。

慶應義塾(文)上智(文)明治(文)青山学院(社会情報/教育人間科)

片塩 はな さん

わたしが一年間の受験生活で感じた受験をする上で大事なことが二つあります。それは、「①納得」「②意志」です。

 

①について
誰しも受験に成功したいと思いますが、そもそも受験の成功とはなんだろうかと考えた時に「自分の進路に納得できること」なのではないかと思いました。 わたしは残念ながら第一志望には落ちてしまいました。しかし進路が決まった今、全く後悔はありませんし、これからの生活を思ってとても幸せな気持ちになります。なぜなら、増田塾で全力で受験生として過ごし、一年間をやり切ったと思えるからです。増田塾は受験生が全力でやり切れる環境が整っていました。

②について
ここでの意志とは受験における目標という意味です。例えばわたしの一番の目標は哲学を学べる文学部に行くこと、しかし文学部は比較的就職に弱いと言われるから、二番の目標としてできるだけ名の知れた大学に行くことという具合です。もちろん他にも、必ずこの大学に行きたい良い学歴が欲しい等、人それぞれ「意志」があると思います。これらは受験のモチベーションになりますが、わたしが特にこの大切さを感じたのは秋頃本格的に行う受験校決定や出願の時です。自分の確たる「意志」を伝えれば、増田塾の経験豊富な先生方はそれに応えて親身になって面談をして下さいましたし、自分自身模試の判定や倍率速報、くだらない噂に一喜一憂せずに済みました。立派なものでなくとも、新年度が始まる前に一番の目標、「意志」を固めることは大切なことだと思いました。

慶應義塾(経済/商)

船城 倫太郎 さん

集中力は15分も保たない。定期テスト勉強は二日前からが本番。学校の評定はいつも底辺。これが、僕が増田塾に入塾した当初の状態でした。そんな僕がここに入塾を決めた理由はなんと言っても増田塾の「強制自習制度」でした。実際、ここに入っていなかったらどうなっていたんだろうと考えると背筋が凍るほど、マイペースな僕の性格にとても合っていたと思います。増田塾は他の予備校などと比べて、決して楽な方ではなかったと思います。しかし、同じ環境下で共に頑張った友達、講師、スタッフやチューターの方々に支えられここまでやってくることができました。結局は、どこの予備校にいようが、頑張るのは自分自身です。増田塾にはそんな頑張る人の声に応えてくれる環境が揃っています。そして、入試に向かう頃には学力だけでなくここでの1年が自信になっていることでしょう。この文章がみなさんが良い受験生活を送るための参考になれば幸いです。

慶應義塾(文)明治(文/情報コミュニケーション)青山学院(地球社会共生)関西学院(総合政策/人間福祉)

秋本 來路峯 さん

私は中学受験をし、医学部進学で全国屈指の実績を誇る中高一貫校に通っていました。そのせいか、学年で文系のクラスは1クラスしかなく、またそのクラスの中でも私立文系を第一志望としていた人は私1人でした。また、クラスで東大京大を第一志望とする人が大半を占めていたため、早慶を滑り止めと考える風潮があり、成績が悪い方ではなかった私は早慶だと余裕と言われ続け、完全に自分の実力を過信していました。結果、現役時代に早稲田全落ちを経験しました。模試の結果も悪くなかったため、自力で勉強した方が効率がよいと思い、現役時代は週2回の個別指導のみでした。なので、同じ目標を抱える仲間もおらず、孤独を感じながらひたすら勉強をしていました。やはり、現役時代の敗因は自分なら受かるという根拠のない余裕ときちんとした学習方針を定められてなかったこと、そして自分の実力を把握しきれていなかったことだと思い、浪人が決まった時、私立文系に特化した管理が徹底されている増田塾を選びました。増田塾の存在を知った時、現役の時にここを見つけていればと悔しく思ったのを覚えています。実際、増田塾は私にとって最高の学習環境でした。毎日決められたスケジュールで規則正しい生活を送ることができ、質の良い授業と定期的に復習の機会を取れるチェックテスト、2ヶ月に1回のクラス替えの実力テストとそれを踏まえての面談、合格保証制度、同じ目標を抱える仲間の存在、その全てが本当に大きかったと思います。自分の実力がどれくらいのレベルなのかの評価が2ヶ月に1回更新され、またテストの全国ランキングもモチベーションにつながりました。かなりスパルタな1年間でしたが、充実した日々の積み重ねは入試本番での大きな自信になりました。1年間増田塾で泥臭く頑張り抜いたことは一生の思い出となり、またこれからの人生における糧となると思います。本当に増田塾を選んでよかったです。苦悩の後には歓喜がある。お世話になった全ての方々への感謝を忘れず、大学でも夢に向かって頑張ります。

慶應義塾(文)青山学院(文)学習院(文)

榎本 花梨 さん

私は高2の春に増田塾に入塾しました。それまで2つの大手塾に通って授業を受けていましたが、自発的に勉強することができず、成績もなかなか伸びませんでした。そんな時に増田塾の強制自習制度を知り、入塾を決意しました。増田塾では実力テストという大きなテストが定期的に行われ、テスト後は面談を通して、自分の成績の現状を知るだけでなく、人によって異なる課題と学習プランが与えられます。実際、私も面談をして頂くことで効率の良い勉強ができ、成績向上に繋がりました。難関私大文系の合格のカギは勉強量、努力量です。私が合格できたのは、独自の強制自習制度を持ち、塾生ひとりひとりと向き合ってくれる増田塾のおかげだと思います。

慶應義塾(文)学習院(文)

髙橋 萌依 さん

受験勉強を進めるうえで重要なことは"頑張り方"を知ることだと思います。現役時の私はその"頑張り方"を知らず、睡眠時間を削り、難しい参考書を使い、と自己流のプロセスで勉強を進め全落ちという結果に終わりました。徹底した管理体制に惹かれ入塾を決めた増田塾では志望校合格を勝ち取るための指針、"頑張り方"を示して頂き着実に実力をつけることが出来ました。増田塾はその厳しさで知られています。たしかに慣れるまでは辛さを感じるかもしれません、しかしその辛さは難関私大に合格するためには絶対に必要な過程であり、避けては通れない道です。いずれにせよ苦労をするのなら、難関私大文系に特化した増田塾に身を投じて最短距離で合格を勝ち取る為の"頑張り方"を知り学力を伸ばすことが望ましいのではないかと思います。増田塾で過ごした時間は受験当日、何にも変え難い自信になりました。そしてこの経験は受験を乗り越えた今後も糧になると思います。増田塾で浪人生活を送れたことは私の誇りです。貴重な経験をありがとうございました!

上智(文)明治(政治経済/商)中央(経済/商)学習院(経済)

金岡 颯さん

私は2年生の冬からの14ヶ月弱にわたり増田塾で勉強を進めてきました。最初は先に入ってきた人がとてつもない早さで演習問題を解いていく光景に圧倒されていましたが、授業を受けて復習→問題演習を重ねていくうちにチェックテストでも高得点がとれ、ランキングにも載れるようになってきて、入塾当初の不安が自信へと変わって来ました。増田では、コロナ禍に於いても通塾時と同じフローで学べて、殆どコロナ知らずで勉強を進めることができました。僕が合格をつかめたのもおそらくその結果であると、今は思えてきます。(当時は結構苦しみましたが。)本気で受験勉強したい人は是非。

上智(文)

遠藤 古都さん

高校2年生で進路について考え始め、別の予備校に通っていましたが、授業を受けるだけで自ら勉強することができていませんでした。高校3年で本格的に受験が始まることから増田塾に移りました。コロナ禍の影響で自宅学習になり、家で勉強ができない性格の私は不安がありました。しかし、増田塾の指導のもと自粛期間中もしっかりと受験勉強に励むことができました。得意科目であった英語は雰囲気で覚えていた部分もありましたが先生の理論的な説明のおかげで他の人に説明することができるほど、さらに英語ができるようになりました。また、大の苦手だった古典はただ暗記するものだと思っていましたが、成り立ちや覚え方など、勉強方法を教えてもらったことで今では得意科目となりました。増田塾の先生方の指導、スタッフの方の細かい管理のおかげで大学に合格することができました。ありがとうございました。

上智(文)立教(コミュニティ福祉)

墨谷 梨桜 さん

私が考える増田塾の利点は「勉強は全て塾で行い、自宅では休養を取るだけ」ということが可能な点です。

自宅学習がなかなか出来ない、と悩んだ事のある方もいると思います。しかし受験勉強で長時間の勉強時間を確保することは必須。そして普通は自宅学習抜きでそれを達成することは困難です。ですが増田で導入されている「強制自習」を利用すれば、塾に通うだけでそれを補うことが可能です。実際、私は強制自習のみでこの一年を過ごしました。またチューターさんや先生方、スタッフの方の手厚いサポートも利点の一つです。多大なストレスが掛かる受験勉強において、自分を助けてくれる存在がすぐ傍らにあることは、非常に大きなアドバンテージとなります。最後に、増田塾には私立大学文系受験を考えている方にとって魅力的な環境が整っています。しかしその環境を生かせるか否かは、本人次第。もし入塾を決めた時は、そのことをきつく肝に銘じておく事をおすすめします。

上智(外国語/文)明治(文)

藤澤 郁 さん

私は受験生になるまで、なんとなくでも問題は解けるだろうという甘い考えで過ごしていました。しかし、高2の冬に受けたセンター同日模試でのあまりにもひどい点数を見て初めて、自分には基礎がなく、基礎なくして大学受験には立ち向かうことができないと思い知りました。増田塾は基礎を大切にする塾です。基礎が大切だなんて、色々な場で言われ過ぎて、聞き流している人も多いと思います。しかし、毎日のようにあるチェックテストや基礎から始まる授業を通して勉強を重ねることで、確実に力をつけることができます。私もその結果、共通テストでも満足できる点数を取り、志望校に合格することができました。そして、増田塾では生徒一人ひとりに、面談担当の先生やチューターさんが寄り添ってくださいます。これは、増田塾ならではの強みだと思います。辛いことが多い受験生活ですが、増田塾を信じて走り切ってみてください。きっと満足できる結果を手にできるはずです。

個別入塾面談のお申込み・ご相談

ページトップへ戻る