講師紹介

教える力はもちろん、合格させる力を
持った難関私大文系専門の講師陣

英語

中澤 俊介 先生英文法/英読解

「俺だって、今までたくさん辛いことを経験してきたよ。でもね、何事も明るく前向きに対処しさえすれば、それだけで人生は素晴らしい物になると思わないか?」。これは、僕の大好きなギタリストの言葉です。
時に苦しく、投げ出したくなる時もある受験勉強ですが、どうせやるなら、明るく前向きに取り組みませんか?そして、あなたの人生をすばらしいものにしませんか?増田塾には、そんな雰囲気があります。「よし、やってやろう!」というあなたを教室でお待ちしています。

平松 克信 先生英文法/英読解

英語を主要五科目の一つとする考えを捨てましょう。
英語は本来、体育と同様に取り組むべき科目です。文法にしろ構文にしろ、理解する内容は数学や物理などと比べれば、はるかに平易です。それでは成績が伸びない場合、何が原因なのでしょうか。それは、練習が足りないからです。もちろん、練習をやみくもにやればいいというわけではありません。効率の良い練習の仕方=勉強法があります。それは……、続きは教室でお話ししましょう。

阿部 芳久 先生英文法/英読解

大学デビューするためには、まず学力デビューせよ。大学受験生の多くが難関大を目指す。しかし、倍率が5~7倍近い大学が多くあることを考えれば、その道は決してラクなものではない。それが「難関大」と呼ばれる所以である。対策はいたってシンプルだ。今、手に持っているスマホをペンに変えるだけである。その勇気と覚悟がなければ合格は見込めない。確かに受験が人生のすべてというわけではない。受験の先の人生にはきっともっと多くの試練がある。だからこそ、その後の人生を占う試金石となるはずだ。共に戦おう。人は変われる。

坂本 大祐 先生英文法/英読解

「変えられるものは変える勇気を、変えられぬものは受け入れる謙虚さを、そしてそれを見分ける知恵を授けたまえ」。これは、西洋の格言です。地頭のよさや容姿などは、残念ながら大きく変えることはできません。しかし、物事に向かう姿勢や生き方は、変えることができます。そしてそれを持続していると、信じられない変化を起こすことができます。私大文系受験は努力によって左右される要素が大きく、自分がこれから歩む道を自力で大きく変えるチャンスです。人生を自分自身の手で動かして大きな変化を起こすこと、そこに全力を捧げましょう。

梶山 大河 先生英文法/英読解

きっと、皆さんはこの1年間でたくさん辛いことを経験するはずです。時には泣きながら学習することだってあるでしょう。受験とは、それほどまでに辛く苦しいものです。ですが、それを乗り越えた先にこそ栄冠はあります。栄冠を勝ち取るために、受験勉強を始めたその日から必死にもがき続け、戦い抜いてください。もちろん、一人では乗り越えられません。そのために僕たちがいます。皆さんが本気ならこちらも本気で応えます。共にもがき、悩み、戦い抜きましょう。そして、春に喜びを分かち合いましょう。

成松 佑斗 先生英文法/英読解

受験なんて単なる通過点?
皆さんは受験を自分自身の中でどのように位置づけますか?時には自分の弱さに真っ向から向き合い、悩み、そして自分の選択に疑問を持つこともあるでしょう。しかし、そうして道を切り開いたその先には成長があり、志望する大学への合格があります。「あの時は辛くも充実していたな」。せっかくやると決めたなら、そう胸を張って言える受験にしませんか? 志望校の合格、そしてその先へ。共に戦っていきましょう!

水野 賢二 先生英文法/英読解

受験勉強の主役はあくまで皆さん自身。僕は皆さんの案内役・指南役です。回り道をせずに、英語を好きになり、理解を深められるよう方向修正をすることが使命だと考えています。長く厳しい受験期間では、横道にそれてしまうこともあるかもしれません。でも心配は無用。常に皆さんの状況を理解し英語の学習だけではなく、長く厳しい受験期間を乗り切らせてみせます。一緒に学んでいけること、なにより皆さんが志望校合格という目標を達成してくれることを楽しみにしています。

丸谷 功二 先生英文法/英読解

「英文をしっかり観察すること」 
これが英語学習で最も大切な姿勢です。私は何度も何度もこの言葉を授業中に繰り返します。なぜなら、この姿勢が身につけば、ほとんどの問題はおのずと解決すると私は思っているからです。あとは、文の構造に対する意識と言葉を使ううえでのルールや論理を身につけましょう。それができれば、合格はもう目の前です!

国語

金濱 真吾 先生現代文・小論文・古文

現代文を「読む」というのは、普段僕らが行っている「読書」ではありません。筆者の主張と、問題作成者の意図を「読み取る」こと。これが現代文を「読む」ということです。現代文は僕らにとって身近な「日本語」を扱う科目。だからこそ現代文には様々な誤解や先入観がつきまといます。「なぜ答えが一つに絞れるのか」「センス次第」……。そう思っている人は、すべて「読書」をしているからです。授業では現代文を「読む」ための技術を徹底的に分析し、皆さんに提供します。誤解や先入観さえ拭い去れば、高得点は必ずついてきます。

藤原 貴浩 先生現代文・小論文

大学入試は、自分の力で人生を変えられるチャンスです。
「やればできる」「変わっていける」という自信と尊厳を獲得できると、人生はまるで違ったものになっていきます。そんな時間を受験生と共有できる仕事に幸せを感じます。私は、私大文系の入試ならば、やる気のある生徒全員を志望校合格に導けるようになるはずだと信じています。そのための学習法や指導システムをもっともっと追求して、生徒たちの熱さに負けないものを作っていきます。

三谷 昇 先生現代文・小論文

現代文はフィーリングや感性、または読書量などだけで決まる科目ではありません。「論理的」に読むことができれば必ず合格ラインまで届きます。そしてその「論理」というものは、正しく学び、考え、実践すれば誰にでもマスターできるものです。「なんとなく」解いていた現代文を脱し、「これしかない」と確信できる現代文を一緒にマスターしていきましょう。

関 直木 先生古文・漢文

受験古文・漢文で解答を作ることは、手順を踏むいわば「作業」です。しかし、扱う対象は「もの」ではなく文学です。どのような作品であれ、文学は人の心の発露です。「作業」だけでは割り切れないものがあります。どうぞ、ストーリーに関心を向けてください。これからどう展開していくのだろうと興味を持ってください。社会環境がどんなに変化しても、人間の基本感情に大きな変化はありません。皆さんが古文・漢文に興味、関心を示すと、相手も自然と門を開けて迎え入れてくれるはずです。

川上 俊 先生古文

普段、当たり前に使っている日本語がハイブリッド言語であることをご存知ですか。「和語」と「漢語」と「英語」が、現代日本語の主要なコンポーネントです。高校で英語だけでなく古文・漢文を教わるのは、実はそれらを学ぶことによって、より深く現代の日本語を理解できるからなのです。ルーツである古文と漢文、そして目下最大の影響力を持つ英語を学び、現代文でその結晶を確認する。すべては今を生きる日本語に通じている。そんな視点に立つことができれば、あなたは今までと違う位置にいます。さあ、いいスタートを切りましょう。

日本史、世界史、政治・経済、文系数学

宮崎 祐馬 先生日本史

受験日本史という堅苦しいイメージに萎縮してしまってはもったいない。ドラマや小説の題材としても優秀なロマン溢れる歴史を楽しむことから、すべてが始まります。まずは学習にしっかりと取り組む自分とは別に、壮大な歴史の渦に身を投じて、肌で感じる自分を準備する。そして授業の中で時には宮中へ、時には戦場へと一緒に思いを馳せてみる。こうして噛みしめた知識が得点へと繋がり、合格へと繋がります。試験が待ち遠しくなるほど面白いように問題が解ける、そんな日々を共に目指しましょう!

永井 誠一郎 先生日本史

皆さんにあえて聞きます。なぜ大学に行きたいのですか?さて…いま思い浮かべたことは、大学に行かないと達成できないことですか?大事なのは、色んな選択肢があるってことに気付くこと。その上で選ぶっていうこと。そうしたら、どんなに辛くても幸せに過ごせます。江戸時代の学者である荻生徂徠は「学問は歴史に極まり侯」と言いました。歴史とは「人間」を学ぶことです。単なる丸暗記から、論理的な学習へ。私は教師ではなく、あくまで『講師』として、皆さんの知的感動を呼び起こす日本史授業を提供することをお約束します。

矢崎 聖 先生日本史

私は日本史を教えて20年以上になりますが、毎年自分自身も進化して、常に最新の教え方で授業を提供しています。「わかりやすい流れ」「合理的暗記法」「入試の出題パターン」、これらに加え志望校ごとの対策をアドバイスしていきます。今の入試は正誤問題とテーマ史が中心で、地図、写真、グラフ読み取り、系図、未見史料、論述問題も増加しています。そこに対応すべく、問題の解き方を教えて、膨大なアウトプットを通じて偏差値を大幅に上げていきます。日本史は努力を裏切りません!!

鈴木 靖則 先生世界史

世界史は用語の暗記のみではありません。実際の入試問題の出題データに基づく、すべての用語の背景知識と因果関係、時間(年号)、空間(地図)の把握、文化史、各国史、テーマ史、正誤判定、複雑な空欄補充……。それらを基礎から超ハイレベルまで、理路整然とかつ完全に網羅して、一切妥協のない正攻法を伝授しつつ、きめ細かく復習テストをしていきます。やりきった後、自分を大きく変えられた一年間だったと確信してもらえるように、こちらも自分に厳しく、甘い考えは持ちません。今はそびえ立つ最高峰にも見える目標を、一年後に一緒にクリアしていきましょう。

佐藤 俊彦 先生政治経済

今から10年以上前、どうしても行きたい大学があった僕は、受験生になった。とは言っても、上位の進学校出身でもないし、勉強は苦手。得意な科目もなかった。そんな中でなんとなく政経を始めたら、割とできた。真面目に勉強しだしたら、模試で偏差値92、全国で1位にまで成績が伸びて、最後は志望校に合格できた。その時にわかった。単に勉強していなかっただけじゃん、と。このことを一人でも多くの生徒に伝えたい。これが僕の講師になった理由。だから一言。勉強させるから勉強しよう。宿題の量に驚いたら、それは勉強してこなかった証だ。

藤井 祐輔 先生文系数学

数学に対して「苦手だ」「なにか難しそう」というイメージを持っている人は多いと思います。確かに、数学はたった一か所の計算ミスで20 点、30 点が奪われかねない科目です。しかし、実際の入試問題で問われる問題はそのほとんどが「教科書」に載っているものなのです。目先のテクニックに頼るだけではなく、「なぜそうなるのか」「なぜこのようにやれば解けるのか」をしっかりお伝えしていきます。数学に対して真摯に向き合い、受験に対しても真摯に向き合い、そして、来年春、あなたたちの明るい未来を共に喜びましょう。

古谷 正洋 先生文系数学

定義、式の意味、公式の導き方といった本質的な理解から数学を勉強することが、成績の伸びを決めます。そのため、授業では基礎知識を強化し、自信の持てる解法が身につくような講義をします。また、「ここはじっくりやるべきところ」「ここは計算中心で大丈夫」といった力の入れどころと抜きどころを選別し、受験に必要な数学の力が身につくよう展開していきます。あなたたちが諦めず前向きに進もうとする限り、協力を惜しみません。一年間、しっかりがんばってみませんか?

増田塾とは

個別説明会申込・資料請求

個別説明会のお申し込みは、お電話またはWEBフォームから受付中です

お電話でのお申込みここを押すと電話がかかります0120-303-425受付時間 10:00~19:00

個別説明会申込

資料請求

ページトップへ戻る