早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 10:00~19:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

教育学部について

1.受験日程

2/19(金) ⇒ SKJGMARCHでは、同日に青山学院経済があるのみである。

2.一般入試以外の入試

なし。

3.受験科目と配点

一般入試… 外国語:50点 国語:50点 地歴政:50点

 

3科目均等配点は難関私大ではめずらしいものである。地歴が得意な受験生に有利な配点であり、同時に英語が苦手な受験生に有利である。さらに言えば、英語の問題に特殊性があり、対策できれば英語は対応しやすくなる。本質的な英語力が足りなくても、補って合格できる学部が早稲田教育である。そして、国語国文は国語傾斜配点になり、英語英文と複合文化は英語が傾斜配点になる。

4.受験者数と倍率、難易度の推移

 

 

 

理学科・数学科を除く全学科平均の倍率やボーダー偏差値で見れば、早稲田の中で人間科学の次に難易度が低い。受験者数は2018年にピークを迎え、そこから2年で20%弱の減少をした。その2年で倍率は13%低下、偏差値は1低下にとどまった。2014年、2015年当時の難易度と比べれば、偏差値は2以上、倍率も33%高い。

5.合格最低点と得点率

 

合格最低点は、毎年一定である。ここまで安定しているのはめずらしい。難易度の上昇に合わせて数字は上がり、易化に合わせて下がっている。過去問演習としての目標正答率は70%だろう。

個別入塾面談のお申込み・ご相談

ページトップへ戻る