早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 10:00~19:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

文学部について

慶應義塾大学 各学部の分析と対策ページはこちら

1.受験日程

2/15(月) ⇒同日には、早稲田法、上智神/総合人間・心理の2次、明治農、中央経済、青山学院経営/総合文化政策がある。

2.一般入試以外の入試

なし。

3.受験科目と配点

外国語:150 地歴:100 小論文:100

英語3:地歴2:小論文2の配点である。英語と地歴の2教科入試のイメージでよい。地歴の得点率平均が50~55%程度と低く、地歴で差が付きやすい。また小論文の平均点も55%程度と、平易な出題形式にしては低い。

4.受験者数と倍率、難易度の推移

 

 

 

2018年をピークに、倍率ボーダーともに易化傾向にある。この傾向を覆す要因はないので、2021年も前年同様か、もしくはさらなる易化が起こるだろう。ボーダーラインの予測は64であり、早稲田と比較しても実は低位圏に値する。国語が苦手な受験生にとっては、実は早稲田よりも断然合格しやすい。

5.合格最低点と得点率

 

2020年は初めて合格最低点が70%を超えた。しかし、2019年までの4年間は一律に2/3程度であり、そこから難化が始まったので、その前の60%も含めても妥当である。2021年は前年の反動で問題は難化するだろう。当日の出来が悪いと思っても粘って頑張ってほしい。

慶應義塾大学 各学部の分析と対策ページはこちら

個別入塾面談のお申込み・ご相談

ページトップへ戻る