早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 10:00~19:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

環境情報学部について

慶應義塾大学 各学部の分析と対策ページはこちら

1.受験日程

2/18(木) ⇒ 同日には早稲田人間科学、青学法があるのみである。

2.一般入試以外の入試

AO入試(大学HP参照)

3.受験科目と配点

外国語・数学または情報・数学および外国語:200 小論文:200

 

受験科目は、「英語と小論文の均等配点」、「数学(または情報)と小論文の均等配点」、「英語と数学と小論文で1:1:2で受ける」でのいずれかである。この偏差値帯になると、科目数を増やして安定性を高めても有利になるとは言えない。英語か数学で、得意かつSFCの問題に合いそうな方で勝負するのが現実的な合格への道であろう。

4.受験者数と倍率、難易度の推移

 

 

 

日程的に受験しやすいからか、前日の総合政策学部よりも偏差値は高い。また、志願者数も2019年まで増え続け、2020年にようやく減少に転じた。偏差値が70を超えた高さで慶應の他学部よりも難しく見えるのは英語or数学1科目での計算だからである。

5.合格最低点と得点率

 

総合政策学部と比べて、かなりとっつきにくい小論文の問題が出題されるが、合格最低点は総合政策学部と同様である。小論文の採点基準は推測が難しいが、およそ2/3程度の得点率が合格最低点である。したがって、過去問演習での目標は70%になるだろう。

慶應義塾大学 各学部の分析と対策ページはこちら

個別入塾面談のお申込み・ご相談

ページトップへ戻る