早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 10:00~19:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

法学部について

上智大学 各学部の分析と対策ページはこちら

1.受験日程

①一般入試(共通テスト併用型) ⇒ 2/5
②TEAPスコア利用型 ⇒ 2/3

2.一般入試以外の入試

共通テスト利用型

3.受験科目と配点

①共通テスト併用型
外国語:60点換算・国語:40点換算・地歴政数(ⅠA):40点換算
大学独自試験:100点
②TEAPスコア利用型
英語:150点換算
大学独自試験:国語100点・地歴数100点

 

2021年入試から、共通テスト導入に大きく舵を切る。サンプル問題によると、法学部の独自試験は現代文に近いものだが、法律の知識を問うものに見える。他学部ほどではないが敬遠され、軽い倍率の低下が起こりそうである。

4.英語外部検定利用入試について

昨年度まで、TEAPスコア利用型入試の難易度は大変高く最難関であった。今年はシステムが変更されるので、他学部との差は縮まるだろう。一般入試における加点は、合格者平均で17点程度だろう。

5.共通テストについて

一般入試において、共通テストが140点、独自試験が100点である。独自試験の難易度が低めに作られない限り、共通テストでボーダーマイナス20点程度までならば、逆転可能であろう。

6.受験者数と倍率、難易度の推移

 

 

 

2019年がピークであり易化が進んでいる。今年度の難易度は倍率に左右されるだろう。つまり、受験者数の増減が難易度に直結すると思われる。予測は軽い易化である。

 

 

 

 

これまでは大学の設定する基準スコアが高くなかったため受験者が多く、上智で最も合格が難しかった。今年は他学部も基準スコアを撤廃するので、変わるかもしれない。

7.合格最低点と得点率

 

今年度から入試方式が変更になるため、参考程度である。

 

学科によって合格最低点は変動する為、参考程度だが、70%程度得点できていれば、合格の見込みはある。

上智大学 各学部の分析と対策ページはこちら

個別入塾面談のお申込み・ご相談

ページトップへ戻る