早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 平日10:00~20:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

増田塾の合格メソッド

3つのサイクルの 反復によって合格に必要な知識を定着

増田塾では、大手予備校にはない独自の難関私大合格メソッドがあります。 それは、授業主体の一方的な指導ではなく、難関私大合格に必要な3つの要素を塾主導で管理していくシステムになっています。これら3つのサイクルを反復することで、知識の定着を目指します。 定期的に生徒面談を行い、習熟度のチェックや勉強の方向性の確認を行うので、生徒に課題やチェックテストを課して投げっぱなしになるようなことはありません。

Method 01授業+課題による合格学習量の明示

増田塾では「授業」だけでは補いきれない英単語や古文単語の暗記、復習時の必要な問題演習などを 「課題」として年間のカリキュラムに組み込んでいます。「課題」は、暗記や問題演習などのジャンルごと、また科目ごとに1週間でこなすべき範囲がスケジューリングされています。そして、そこで指示された範囲を進めていけば、1 年間で無理なく難関私大に到達できるようなカリキュラムとなっていま す。 生徒たちはこの課題をもとにして日々の学習計画を立てていきます。ですから「何を勉強すれば分からない」ということはありません。また、課題として必要な教材は塾で配付しますので、生徒自身であれこれ教材を選定する必要はありません。

 

Method 02チェックテスト補講・課題管理

どれだけ課題をこなしたとしても、その理解が不十分では意味がありません。増田塾では、その理解度(到達度)を数値化するために毎週チェックテストを実施しています。このテストで点数をとり続けることで、自然と難関私大で通用する実力が身につく仕組みとなっているので、生徒たちにとっても日々の学習の目標となります。チェックテストには2種類あり、英単語などの「暗記テスト」と、授業に対する理解度をはかる「授業復習テスト」があります。どちらも「暗記と復習をしっかりこなしているか」という努力を見るものであって、頭の良さがないとできないものではありません。また、毎週行われる授業復習テストにおいて、習熟度が足りないと見られれば、補講に参加したり、新たな課題に取り組むなどして理解を補っていきます。補講はカリキュラムや時期によって、講義形式型や生徒演習型のものに分かれます。

 

増田塾の課題管理

重要度の高い英語・選択科目については、生徒ごとの課題の進み具合を管理していきます。課題の対象者や内容に応じて、下図のように全体管理するものもあれば、個票を用いて個人管理するものもあります。全体管理の場合は、周囲との比較もできるのでモチベーションの一つにもなります。課題の進み具合が芳しくない場合は、強制自習後も残って取り組んでもらう場合もあります。

 

Method 03強制自習制度による学習習慣の形成

週6日間、塾で「自習時間」を管理していきます。休憩時間以外の外出や私語を禁止することによって、個人では管理が疎かになってしまいがちな「自習する時間」を効率よくとることができます。この自習の時間と、増田塾が行うチェックテストや授業を反復することで、生徒の中で効率的な学習習慣が形成されていきます。

※強制自習制度は受験学年カリキュラムからの制度になります。

 

 

詳しくはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 平日10:00~20:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

ページトップへ戻る