大学受験生の苦手箇所を集中的に絞って講義する「特別講義」を公開しております。以下からご視聴ください。

大学受験生苦手分野を一気に改善する特別講義映像授業を無料配信!

入試に役立つ直前期講義の「早稲田大学編」「慶應義塾大学編」を公開中です。入試に関するヒントが満載の講義ですので直前にお役立てください!

入試に役立つ直前期講義-入試のヒント- 早稲田大学編 慶應義塾大学編

2017年の私大文系入試解答速報を公開しております。以下からご覧ください。

2017年私大文系入試増田塾解答速報
増田塾紹介動画

YouTubeにて公開している増田塾紹介動画です。どうぞご覧ください。

高卒生版 高卒生版動画 現役生版 現役生版動画
講師紹介 入塾説明会 合格実績 メディア実績 資料請求

増田塾のテキスト

増田塾自慢の英語

英語のテキスト

増田塾が最も力を入れている科目、それが「英語」です。

それは英語が大学入試において最重要の科目と位置づけられているからです。

ほとんどの大学でも英語は必修科目となっており、合格を勝ち取るためには必ずカバーしなくてはならない科目です。増田塾が高い合格率を出している秘訣はこの英語の指導力にあるといっても過言ではありません。その一例をご紹介致します。

最近の出題傾向を徹底分析した英語のテキスト

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

多くの受験生が苦手とする英語の出題形式に「正誤問題(間違い探し)」がある。早稲田の人間科学部では例年、三つある大問のうち一つがこれで、正解箇所の一つにNO ERRORが含まれるという厄介さだ。他大学でも出題するところは多い。もちろん多くの受験生が苦手とするなら、ここを落としても大差はつかないということもありうる。しかし多くが出来ないのであれば、ここで稼げば受験は相当有利になる。そこで一定の得点を取れるようにしたい。出題の傾向は大学によって異なるが、実はこの正誤問題で正解とされる箇所は、受験生なら誰でも知っている基本的な文法事項であることがほとんどである。では、なぜ多くが苦手なのか。その何でもない事項が「見つからない」からだ。そこで「正誤問題」対策は、特別な内容を学習するのではなく、「見つける」訓練を繰り返し、「見つける」習慣を身に付けることにある。下線部を中心に、その箇所が何であれば、他の何とどう関連していなければならないのかを、いわば「条件反射」的に気づき、目的の箇所を追跡する。それが出来るようになれば、実は他愛のない得点源であると分かるだろう。

英語科 年間カリキュラム

夏までに英文法や英文の読み方、単語熟語の英語知識も含めて、 GMARCHレベルまでの英語力を養成していきます。

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

増田塾の英文法

●前期(4月中旬~7月中旬)

英文法は、文法分野と語法分野に分かれます。文法分野は夏までにGMARCHレベルまでの英文法力が身につく授業内容になっています。基礎的な法則から入試に出る知識までを着実に身につけていきます。高校英文法以前からできていない生徒をフォローするために、中学英文法を復習するプログラムもあります。頑張れば0からでも難関大に合格できるプログラムになっていて、それを成し遂げた先輩もたくさんいます。

前期英文法カリキュラム

第1回:文型

第2回:時制

第3回:助動詞

第4回:仮定法

第5回:不定詞

第6回:分詞・動名詞1

第7回:分詞・動名詞2

第8回:関係詞①

第9回:関係詞②

第10回:比較①

第11回:比較②

※前期英文法分野は上記11項目です。

●夏期(7月下旬~8月下旬)

夏からは、語法についての授業になります。語法の暗記と定着を図りつつ、前期に埋めた上記1~11回の英文法の定着を確認し、埋まりきっていないところは補講で埋めなおします。

●後期(9月中旬~12月上旬)

後期(9月から)になると、英文法授業は形式別対策に入ります。整序問題や正誤問題といった受験生が苦手とする王道パターンから、会話文や英作文まで、出題形式別の考え方と解き方をマスターしていきます。この形式別対策が身につくと、早慶上智レベルの文法問題に対応できるようになります。また、この時期から昨年度の早慶上智の出題傾向分析と対策が始まります。

●冬期~直前期(12月下旬~1月中旬)

冬期と1月直前期には、最後の仕上げとなる総合問題演習を行い、知識の抜けと苦手分野のあぶり出し、そしてそこへの改善法の実践が行われます。実力判定テストや基礎力判定テストなどから、自分の実力分析と、最後の対策を導き出します。

増田塾の英読解

●前期(4月中旬~7月中旬)

受験英語は、学問で使う英語のテストです。ですから、日常で使う英語の読解とは異なります。受験英語における読解の肝は、英文精読です。それは、文意が大まかにわかればよい日常の英語とは正反対であり、一文一文の構造を取り、正確な訳し分けが求められるものです。つまり、受験英語には受験英語の読み方(=精読)があり、それを前期の11回の授業で叩き込みます。ここに増田塾の英語指導プログラムの特異性があります。読解授業では、その精読力の養成と同時並行で、長文読解力を培っていきます。長文を読みこなすために必要な力は、まず精読力なのですが、それと同時にパラグラフリーディングを学んでいきます。パラグラフリーディングとは、英語長文の典型的な論理構成を学ぶことによって、長文の中の大切なところと大切でないところを見分け強弱をつけて読解をしつつ、わからない部分を予測して読むことです。その法則と考え方を前期に学んでいきます。

●夏期(7月下旬~8月下旬)

前期で英文精読が終了し、夏からは英語長文読解が本格化します。今まで身につけた法則をベースに、それを使いこなして得点に変える力を養っていきます。また、生徒個人のレベルに応じた「長文演習課題」が渡され、それを夏終わりの期日までにこなしていきます。

●後期~直前期(9月中旬~1月中旬)

後期からは、形式別の長文読解演習に入ります。たとえば、上智の英語長文は速読と語彙を要求してくるのに対して、慶応の総合政策と環境情報の英語長文は、多読とその大意把握を要求してきます。一方、早稲田の教育学部は、傍線部前後の細かい精読を要求してくるなど、大学・学部別に、出題意図や要求してくる能力に大きな違いがあります。そのそれぞれを解説しつつ、どのような力が問われていて、得点するためにはどう考えればよいか、得点できないのはどこに問題があるのかを、形式別演習をしながら見極めていきます。

英語補講(英文法・英読解)

中学英語基礎補講

第1回:品詞と英語の手順

第2回:名詞の複数形

第3回:代名詞

第4回:be動詞

第5回:一般動詞

第6回:文型

第7回:助動詞

第8回:進行形

第9回:完了時制

第10回:疑問詞

第11回:態

第12回:不定詞

第13回:動名詞

第14回:分詞

第15回:関係代名詞

第16回:関係副詞

第17回:接続詞

第18回:比較

第19回:仮定法

●前期(4月中旬~7月中旬)

前期の間は、授業で行った各英文法単元と英文読解に対するチェックテストが毎週行われ、そのチェックテストに対する補講が行われていきます(授業復習補講)。そのほかに、各英文法単元の基礎となる中学内容が埋まっていない生徒たちに、中学内容から埋めなおす補講が組まれ、必要な生徒が出席します。

●夏期(7月下旬~8月下旬)

夏は、前期内容の総復習が行われます。もう一度前期内容の理解・定着を一単元ずつ確認し、その定着していないところへの補講が組まれます。英文法は前期に行う11講すべてが、英読解も、前期に行った英文精読の総復習が行われます。

●後期(9月中旬~12月上旬)

後期になると、各大学学部の出題傾向分析とその出題パターン別対策に重点を置いていきます。「英文法」と「英長文読解」の授業に加え、「過去問演習特別補講」が組み込まれます。最難関レベルと難関レベルの演習授業が追加され、読解のテクニック獲得と解法体得を追求していきます。

英単語・英熟語

英単語は、1日20個ずつの暗記が必要です。週当たり120個ペースで暗記していくことは、学習習慣があり、効率の悪くない暗記法ができている生徒には難しいことではありません。5月までにセンターレベルの英単語(600語程度)を、夏までにGMARCHレベルまでの英単語(1600語程度)を覚えていきます。夏からは最上位レベルの英単語に入るのですが、この段階でGMARCHレベルまでの英単語についてこれていない場合は、GMARCHレベルまでの英単語を埋めなおすプログラムに移行します。英熟語は、1日10個ずつ、週当たり60個ずつの暗記が必要です。学習習慣を形成しやすいように、英単語暗記テストが始まる2週間後から英熟語のテストが始動します。以降は英単語と同様のプログラムとなります。これらの英語プログラムを通して、夏までにGMARCHレベルに仕上げていきます。そこが順調に進めば、夏から秋の形式別対策を積んで、冬期前に早慶上智レベルに仕上がっていきます。また、夏までが順調に進まず遅れてしまっていても、夏から取り戻せるプログラムを組んでいきます(相当のがんばりは必要です)。秋からは生徒個別の状況に応じた課題と学習指示が出されていきます。

ランダム英単語システム

「英単語を順番どおり覚えてしまい順番が変わるとできなくなる」、「チェックテスト前にテスト範囲の英単語を自分でテストしたい」。そういった生徒の要望にこたえ、英単語の範囲を指定してランダムにテストできるように、プログラムを作りました。生徒たちは、勉強した範囲の確認や今までの範囲が抜けていないかの確認に利用します。

ページトップへ

人気の世界史

受講した大半の生徒から、特に高い評価を得ている科目の1つが世界史です。

その講義内容を少し見てみましょう。

出題のされ方まで理路整然と整理された世界史のテキスト

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

たとえば、早稲田の社会科学部は例年問題数が40問、その全ては5択で大半が正誤判定問題である。しかも、大半の選択肢が教科書や参考書には記述されていない情報だ。従って、受験生は途方に暮れ、カンに頼って解答していく。問題なのはどれだけ因果関係、時代背景などから類推して妥当な選択肢を見極められるかである。また、慶應義塾大学は空欄補充問題が出題の大半を占めるが、用語集にも載っていない用語すら出題し、ごく基本的な用語でも解答根拠を巧みに隠した非常に難解な切り口で出題してくるので、それなりの読解力や理解力がないと解答の見当すら付かないような問題も多い。膨大な暗記量も必要だが、暗記だけでは解けない問題がこれほどまでに出題されている。本気で早慶上智やマーチを目指す受験生は究極の正攻法を渇望しているはずだ。出題される全ての用語を完全網羅し、過去に出題された選択肢、決定的な解答根拠になったキーワードや盲点、出題のされ方まで理路整然と整理されたテキストと授業。欧米、中国、東南アジア、イスラム史のみならず、文化史、年号、各国史、テーマ史、地図まで網羅。それら全てに準拠した合計5000問を超える一問一答テストまで完備。その全てが詰まった究極の正攻法を提示し、入試で得点源にしてもらうのが増田塾の世界史である。

ページトップへ

増田塾の現代文

現代文で合格ラインを超えるために必要な力は、「語彙力」「テーマに関する背景知識」「論理的読解力」の3つです。「語彙力」は、直接的には漢字の書き取り、読み、ことわざや故事成句などを指しますが、語句を挿入する選択肢問題を解くためにも必要です。基本的に知識問題ですから、知らないと全く解けません。時間をかけて地道に覚えていくしかありませんが逆に言えば時間をかけて覚えさえすれば得点に直結するわけですから「おいしい」分野でもあります。早稲田の選択肢を見てみると、空欄に熟語を入れる問題であるが、選択肢の言葉そのものの意味の区別ができないと全く手が出ないものも出題されます。最難関大レベルを受験する生徒たちは、単純な知識問題ではほとんど失点しないので、しっかり勉強して知識量を増やしておく必要があります。「テーマに関する背景知識」とは、入試現代文を読んで理解するために必要な背景知識とでも言うべきものです。入試に出題される評論文は「現代社会の諸問題」を「近代の見直し、反省」という視点から書いたものが非常に多いので、一定のテーマ知識を持っていると理解の度合いも、読むスピードも変わってきます。単なる知識ではなく読解に直結する重要な知識なので、マスターしておくと大きな武器になります。早稲田のように難解な評論文を出題する大学でも、この知識があれば読解、理解の助けになることが非常に多く、難関大を受験する生徒にとっては必須の知識といえますが、現代文の学習を体系的に行っていない生徒は、もっていないことが多く、大きな差になるものです。またテーマに関する知識は小論文を書く際にも必要な知識となるので、慶應志望の受験生にとってもマスターしておくべきものです。増田塾では上記の「語彙力」「テーマに関する知識」について、授業内だけで触れるのではなく、毎週実施しているチェックテストで確認していきます。漢字、ことわざや四字熟語、テーマ知識について指定教材の指定範囲を勉強してもらい、毎週テストを行っていくのです。いわば覚えるべき「ノルマ」が決まっていますから、きちんとチェックテストについてきてくれさえすれば確実に力がつきます。自分で計画を立て自分のペースで進めることが苦手な人も安心して勉強できます。「論理的読解力」とは、主観を廃して筆者の頭の中の論理の流れを正確に追っていく力のことです。そもそも論文というものは、筆者が自分の意見を不特定多数の読者に伝えるためのものですから、誰が読んでも同じ結論(=筆者の主張)にたどり着くように書くわけです(そうでなければ自分の意見が正しく伝わらないことになってしまいます)。従って、入試現代文を読む側の受験生としては、筆者の使った論理の通りにたどることができれば、筆者が意図した結論に行き着けることになります。そして難関大の現代文では、筆者の主張をきちんと把握することで正解に直結する設問が複数出題されるので、本文の論理をつかむことが出来ればかなり有利です。その「筆者の使った論理」を学ぶのが現代文の授業です。このように書くと抽象的でなじみにくいように感じるかもしれませんが、実はいたって単純、シンプルです。いくつかのルールを覚えて、それをあてはめる練習をすれば誰にでも基本をマスターすることができます。この「論理的読解力」についても、授業で学ぶだけで終わりということではなく、授業内容を復習するチェックテストで確認できます。こちらも毎週実施されるので、復習チェックテストのペースにあわせて勉強すれば、授業内容も無理なく習得できます。

ページトップへ

増田塾の古文

入試古文には、①文法問題、②現代語訳・解釈や説明、因果関係をたずねる問題、③月の異名や漢字の読み、和歌の修辞などをたずねる知識問題、④文学史、などがあります。①・②の解答作成にあたっては、まず「用言・助動詞・助詞の知識」、「敬語法」、「重要古語」に習熟しておく必要があります。増田塾では1学期から夏にかけて、それらの文法事項を一通り学んで行きます。また、一口に現代語訳・解釈といっても単語だけを見ていけばよいわけではなく、古文(日本語)おきまりの「省略されている主語を補って解釈する」ことが必要です。選択式の問題でも、「主語が誰・何になっているか」は取捨選択の大きなヒントとなります。これらの読解の基本も、授業を通じて学んでいきます。重要古語や月の異名、和歌の修辞といった知識の暗記は、毎週の暗記テストを通して継続的に確認していきます。古文を読むときに、ただ漠然と文章を読んでいませんか。それでは「読み取り」とは言えません。「内容が何となくわかる」は、「わかっていない」とほぼ同じです。難関私大に限らず、近年では内容把握に関する設問が重視される傾向にあります。しっかりと内容を把握する力に立脚してこそ、まぎらわしい選択肢内から正解を選び取ることができます。それを可能にするために大切なのが、読解演習を中心に勉強していく時点での習熟度です。古文の内容を把握するためには3つの力が必要とされています。つまり、1・語学的理解力(単語・文法)、2・歴史的理解力(文学史・日本史)、3・精神的理解力(古典常識)です。これらの情報がどのくらい頭に入っているかがポイントの1つになります。少しでも受験を意識してきた現役生の皆さんは、ご自身で暗記の作業を続けてこられたことでしょう。それはとても大切なことです。増田塾の自習システムを有効に利用して、さらに3つの理解力の基本である単語・文法・文学史等を暗記してください。2つめのポイントは、記憶した個々の情報を、頭の中でお互いに関連づけ合ってネットワーク化することです。暗記した個々の情報をいかに効率よく整理して頭に収納するかが課題となりますが、そのためにテキストや授業、チェックテストを有効に使ってください。ここまで来て、ようやく正確な「アウトプット」が可能な状態になります。暗記の努力を怠らない受験生から、単語や文法の識別は完全に覚えたのに古文が読めない、という悩みをよく相談されます。それは、一方的にインプットするだけで、アウトプットを意識しないからです。古文を読むときに、整理分類した情報と照らし合わせながら読むことで、はじめて「読解」になります。ここから「読み方」の習得になります。理想は1題の文章に時間をかけて読む精読の練習と、短時間に複数の文章を読む多読の練習の両方ができれば言うことはありませんが、まずは精読を心がけてください。どのようにして省略されている主語を把握するのか、本文中に散りばめられている重要文法事項がどこにあるのか、全体を理解するために部分をどう扱うのか、これらを意識して読み取ります。当然、はじめは短い文章に時間を要しますが、くり返して実行していれば必ず慣れ、時間は短縮されます。これが「把握力」です。高校3年生の皆さんそれぞれが、現在の自分の位置を自覚してください。受験古文には効率よく正解を選び出す「要領」も確かにあります。しかし、それは以上のようなベースが確固として構築されていればこその話です。増田塾の古文指導で把握力と要領を身につけ、読み取る楽しさを実感してください。

ページトップへ

増田塾の実力判定テスト

増田塾では、生徒の現状の学力分析と、改善点を見出すための実力判定テストが、5月、7月、9月、11月、12月、1月と、1.5ヶ月に1回ずつ実施します。そして、下記の生徒面談とあわせて、現状分析と改善点を生徒とともに話し合い、 実践していきます。

実力判定テスト・基礎力判定テスト

増田塾では、年間7回の実力判定テストがあり、生徒個々のその時点での学力を分析・把握しています。実力判定テストは早稲田・慶應義塾・上智の入試問題を想定したレベルになっています。また、基礎的な講義が完結する時期になると、左記の実力判定テストに加えて、基礎力判定テストも実施します。これはGMARCH・関関同立などの大学の入試問題を想定したレベルです。異なるコンセプトのテストを同時に受験することで様々な角度から学力の分析・把握を行います。

実力判定システム

年間7回の実力判定テスト(及び年度途中から加わる基礎力判定テスト)、毎週のチェックテストによって、各教科A~Fの実力判定が付きます。過去の生徒たちのデータから、細かな受験校の選定や合否予測も可能になっています。およそB以上で早慶上智レベル、C以上でGMARCH・関関同立レベルとなっているため、生徒たちの目標設定と実力把握に役立ちます。一般的な模試の評価とは違い、今までの実力テストや、毎週のチェックテストの結果なども加味しますので、より信頼性の高い判定結果になっています。

ページトップへ

合格を支える生徒面談

実力判定テストのあと(1.5 ヶ月に1回程度)に、専任講師による生徒面談が行われます。実力判定テストの結果分析と普段のチェックテストの結果からわかることを本人に伝えていきます。現状の問題点を分析するとともに、今後の改善策を話し合います。また、上記テスト後の面談のタイミングでないときでも、学習上の悩みや相談がある場合、いつでも相談できます。また、その内容によっては担当の教科の先生と面談を組み、今後の改善策を一緒に考えていきます。1学期に1回程度、模試成績などをもとに、漠然とした指示をするだけでは、生徒に対して大きな役割を果たすことは難しいと考えているため、増田塾では、毎週の復習テストや暗記テストの結果も踏まえて、生徒の学力構造や基礎力の定着度を正確に分析しています。さらには、本人の事情(志望校や部活・習い事など)を踏まえた上で、個別の計画設計をしたり、不足している点を明確にし、改善する計画を提示していくことができます。

個別学習計画表

教科ごとの学習配分がわからなかったり、何からやってよいかわからない生徒には、話し合いながら学習計画を立てて、それがうまく実行できているかを週ごとに確認していきます。効果的な学習計画や配分を学び、自分で工夫して計画を立てられるようになっていきます。

実力判定テスト結果表

チェックテストの結果と実力判定テストの結果は、連動していてともに良い分析材料になります。それを上のような記録に残し、担当者成績会議などで利用し徹底的に話し合っていきます。

ページトップへ

受験攻略法 増田塾だより

専門塾だから為せる入試分析・受験攻略法を約月1回のペースで伝授していきます!

増田塾では、一月に一回ペースで、「増田塾だより」という塾内報を配布しています。増田塾だよりは、勉強法やスケジュールの作り方、モチベーションの保ち方など、生徒たちに絶賛される内容になっています。その情報が必要なタイミングにあわせて、配布されます。下にその紙面の一部を掲載します。