大学受験生の苦手箇所を集中的に絞って講義する「特別講義」を公開しております。以下からご視聴ください。

大学受験生苦手分野を一気に改善する特別講義映像授業を無料配信!

入試に役立つ直前期講義の「早稲田大学編」「慶應義塾大学編」を公開中です。入試に関するヒントが満載の講義ですので直前にお役立てください!

入試に役立つ直前期講義-入試のヒント- 早稲田大学編 慶應義塾大学編

2017年の私大文系入試解答速報を公開しております。以下からご覧ください。

2017年私大文系入試増田塾解答速報
増田塾紹介動画

YouTubeにて公開している増田塾紹介動画です。どうぞご覧ください。

高卒生版 高卒生版動画 現役生版 現役生版動画
講師紹介 入塾説明会 合格実績 メディア実績 資料請求

カリキュラム

難関大学合格保証制度

ほとんどの予備校では、その予備校のカリキュラムをきちんと勉強したにもかかわらず、志望校に受からなかった場合「君の努力不足だ」で話を終わらそうとします。

増田塾では塾のカリキュラムをきちんと勉強したにもかかわらず、早稲田、慶應、上智、またはあなたの志望校に合格できなかった場合、年間の授業料を全額返金いたします。

この合格保証をつける事により、私達はあなたの合格に対してリスクを背負っている事になります。

あなたに合格して頂かないと、私達は自分の懐を痛めることになるのです。

なぜこのようなリスクを背負うのでしょうか?

なぜなら、ほとんどの方は増田塾できちんと勉強すれば、合格にたどりつく事を知っているからです。

それと多くの予備校のように不合格の責任をすべて生徒のせいにしたくないからです。

このリスクは、私達予備校側の当然の責任だと考えています。

合格保証制度

保証がとれるかどうかは、やる気と努力次第!(合格保証者の合格率は95%以上!)

増田塾に参加したにもかかわらず、早稲田・慶應・上智またはみなさんの志望校のいずれも合格できなかった場合、授業料を全額返金することをお約束いたします。この合格保証をつけることにより、私達はみなさんの合格に対してリスクを背負っていることになります。みなさんに合格していただかないと、私達は自分の懐を痛めることになるのです。なぜこのようなリスクを背負うのでしょうか?なぜなら、ほとんどの方は増田塾できちんと勉強すれば、合格にたどりつくことを知っているからです。それと、多くの予備校のように不合格者の責任をすべて生徒のせいにしたくないからです。このリスクは、私達予備校側の当然の責任だと考えています。

合格保証条件

  1. 出席率80%以上を維持すること
  2. 各教科のチェックテストで80%以上を維持すること
  3. 課題などの提出物を提出すること
  4. 増田塾が指定した難関大学を二つ受験すること

田代 りか さん

早稲田大学 文化構想学部 合格

私は増田塾を選んで本当に良かったと思っています。

増田塾では基礎の基礎から学ぶことができたので、学校の授業だけではあやふやな理解しかしていなかった分野もしっかりと学習できました。特に私にとって良かったのは、毎週行われるチェックテストと毎日の強制自習です。私は自分から進んで勉強するというのが苦手だったので、否応なしに復習、勉強をしなくてはならないチェックテストのおかげで継続的な勉強ができました。早慶上智の合格保証制度の存在も、自分を鼓舞し勉強のモチベーションを上げる要因になって、最終的に合格保証をもらうことができました。また、家での学習はリラックスしすぎてしまい苦手だったのですが、強制自習のおかげで集中できる勉強場所を確保でき、限りある時間を有効に勉強に充てることができました。塾から少し遠い地域に住んでいたので片道1時間半もかけて通っていましたが、それだけの価値がありました。おかげさまで志望校である早稲田大学に合格しました。この合格は私を支えてくれた家族はもちろんのこと、増田塾の皆さんのおかげでもあります。本当にありがとうございました。

ページトップへ

強制自習制度

自宅だとテレビなど誘惑も多く、なかなか勉強がはかどらないという声をよく聞きます。

増田塾では生徒一人一人に自分専用の席を設けており、いつでも塾で勉強できる環境を用意しています。

また「言われないと勉強できない」という生徒のために強制自習制度を設けています。

自習時間を生徒任せにはせず、塾で「自習時間」を管理していきます。

自習中に何を勉強すべきかもスケジュールを作成し指導していきます。

休憩時間以外の外出や私語を禁止することによって、個人では曖昧になってしまいがちな「自習する時間」を効率よくとることができ、また集中して自分の勉強に取り組める環境を用意しています。

この「自習」という時間の使い方が、限られた受験勉強期間の中で効率よく合格へ近づくための第一歩だと言えるでしょう。

週間スケジュール

■現役生モデルスケジュール(前期)

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

■現役生モデルスケジュール(後期)

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

■高卒生モデルスケジュール(前期)

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

■高卒生モデルスケジュール(後期)

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

樋口 葵 さん

中央大学 法学部 合格

増田塾で過ごした時間はとても充実したものでした。増田塾は他の予備校とは違って、自習用に自分専用の机があるため、席取りをする必要がなく気兼ねなく勉強することができました。また単語や授業の復習テスト、補講があるなど学習環境が整っていて良かったです。復習テストで自分の名前がランキングに載ると嬉しくて、毎回それを目標にしていました。このような学習環境にあることを友達から羨ましがられることもあり、誇りに思っていました。

増田塾の先生方は、個別指導のように生徒一人一人にわかるまで丁寧に指導してくれました。また、先生方との距離が近いため、気軽に質問することができました。特に英語や古文は基礎から教えてもらえたので、しっかり身につきました。

大阪に増田塾ができ、入塾して良かったです。そして素晴らしい先生方、仲間に出会えたことを嬉しく思います。有意義な受験生活を送ることができました。

ページトップへ

必ずできるようになる授業システム

大手予備校では、一旦授業で遅れてしまうと、そのままついていけず脱落してしまう人も多いようです。

また、授業コマ数が多いため、予習・復習に手が回らず、ただ授業に出ているだけという状態になりがちです。

増田塾では、例えば月曜日・水曜日・金曜日に授業が入るとすると、空いている火曜日・木曜日・土曜日はその補講として時間をとっております。

増田塾では、このように予習・復習で消化不良がでないような授業システムを採用しているので、生徒が予習・復習をきちんとこなすことができ、無理なく勉強を進めることができます。

また、毎週暗記テスト(英単語・熟語・古文単語・地歴用語など)と授業確認テストを実施し、暗記テストの点数が悪い場合には塾に残して覚えさせる方法をとっており、勉強を生徒任せにすることは絶対にありませんし、授業確認テストの点数が悪い場合には強制的に補講に呼び出し、もう一度先生がわかるまで説明をするため、わからないことをそのままにすることもありません。

さらにテスト範囲は必ず今まで扱った授業内容全てが含まれるので、前に習ったことを忘れてしまった場合も補講に呼ばれるシステムとなり、復習していないと補講に呼ばれ、きちんと復習してから次に進めるようになっています。

復習テストと補講

定着するまで埋め直す

増田塾では通常の授業に加えて補講システムを構築しており、復習テストの不合格者に対して補講を実施していきます。この、毎週行われる前回授業の復習テストにおいて、習熟度が足りないと見られれば、補講に参加してもらい、理解を補っていきます。また、毎週の授業復習に対する補講の中には映像での講義もありますので、何度でも繰り返して確認することができます。

英語の補講風景です。時期によって、英語の補講は生徒参加型のものになっていきます。生徒に説明させたり、解答を導くプロセスを発表させたり、といった補講を採用している先生もいます。

基礎英語改善プログラム

大学入試の英語がわからないのは、実はもっと基礎の中学で習った内容の理解と定着が無いからであることも少なくありません。そこで増田塾では、入塾当初に中学レベルの英文法を把握できているかどうかのテストを行い、その結果、理解が足りないと思われる単元の基礎補講に参加して、文字通り0から基礎英語力を埋めていきます。

少人数制・定員制

一人ひとりを手厚く見ていくための環境づくりに余念がありません

専任講師や職員が生徒の名前を覚えていて成績まで理解している…その質を維持するためには、少人数制でなければなりません。したがって各校舎で定員となり次第、受付を締め切りとさせていただいています。

少人数授業の風景

ひとりひとり把握できる人数は、一クラス30人までと考えています。増田塾全校舎のクラス平均人数は、12.4人です。

映像授業&録音復習

「体調不良で休んでしまったら・・・」

増田塾の授業は、すべて音声録音しています。欠席した場合、その授業の講義ノートと録音した音声を教室内で貸し出しています。また、英語の前期授業は、映像授業による補講も用意しています。直接生の授業を受けてこそ学力は伸びるもの、と増田塾は考えていますが、やむをえない理由で休んだ授業のフォローはしています。

篠田 萌 さん

早稲田大学 文化構想学部 合格

増田塾は毎週チェックテストがあるので、それに向けて勉強していくうちに自然と覚えるべきことが身についていきました。また、授業復習テストもあるので、やりっぱなしになることがなく、きちんと確認することができました。ただがむしゃらに勉強するより、一度やったものを繰り返すほうが効率がいいと思います。この塾はそれができる環境でした。強制自習が朝から始まることにより、勉強する習慣も身につきました。

増田塾は、授業の時間・自分で勉強する時間・休憩時間がはっきりと分けられているのでメリハリのついた生活ができます。つい友達と話したくなったり、なんとなくやる気がでないときもありましたが、強制自習のおかげでペースを乱さず勉強することができました。迷わず自分のやっている勉強を信じることが合格につながるカギだと思います。

ページトップへ

効率が良い増田塾の授業

増田塾では、早稲田・慶應・上智など難関大学に合格するための知識と問題量をすべて授業+課題として指導しております。

また、わからないところは補講に出てもらい、わかるまでトコトン説明します。

ですから、増田塾で指示されたこと以外には勉強する必要がありません。

生徒も 「塾で習ったことをきちんと勉強すれば合格できる」 とゴールが見えているため、余計なプレッシャーを受けることなく、逆に自信をつけて、効率よく勉強を進めることができるのです。

チェックテストシステム

増田塾のチェックテストは、暗記と授業内容の復習です。だから、「やればできる」内容のテストです

増田塾では、志望校合格のために必要な学習量や到達度を明示しています。チェックテストには2種類あり、英単語・英熟語・構文暗記の「暗記テスト」と、授業に対する理解度をはかる「授業復習テスト」です。

「暗記テスト」は事前に範囲が示されており、その範囲に対する暗記の定着度を確認するものです。「授業復習テスト」は、前週の授業内容に対するテストで、授業内容を復習し、定着させられているかどうかを確認するものです。どちらも「暗記と復習をしっかりこなしているか」という努力を見るものであって、頭の良さがないとできないものではありません。それぞれに対する不合格者に対しては前述の補講が組まれることになります。

課題スケジュール

英語の課題スケジュールです。授業の進度予定や各週の暗記チェックテストの課題範囲が載せてあります。

チェックテストランキング

チェックテストのそれぞれの結果をもとに、全校舎の総合ランキングが出ます。また、校舎ごとのランキングも出て、各校舎でのチーム意識が生まれていきます。

西田 香菜子 さん

慶應義塾大学 経済学部・商学部 合格

この一年間は、自分との向き合う機会になり、有意義な浪人生活を送ることができました。どこの予備校とも違う増田塾の特別な学習環境は、学習面はもちろん、精神面など様々な部分で私を高めてくれました。頑張れば頑張った分、さらなる課題が与えられることで、やるべきことが明確になり、自分を見失わずに最後まで続けることができました。結果的に努力が報われて、今は本当に嬉しいです。志望校合格の喜びは格別です。私は、この予備校を選んで、心からよかったと思います。増田塾の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。