早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 10:00~19:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

名古屋&千種校特選 合格体験記サイト

教室長のメッセージ

開校以来、様々な高校から多くの生徒が早慶上智を始めとした難関私立大学に合格してきました。
先輩方の合格体験記をご覧いただき、入塾をご検討されている皆さまが合格を掴みとるよう精一杯フォローさせていただきます。
 
*掲載されている高校以外の生徒様もご入塾いただいております。合格体験記は一部抜粋となります。

私立 愛知高等学校

法政(文)関西(文)合格

現役入塾:堀部 彩女 さん

 私が増田塾に行くことを決めたのは強制自習制度に惹かれたからでした。家ではまったく勉強出来ず、図書館に行ってもお昼休憩に何時間も費やしてしまう私にとって、自習を強制されるというのはとても魅力的でした。""強制""という言葉は怖く感じるかもしれませんが、自分に甘い人や意志が弱い人には最適です。また、慣れれば勉強をする癖がついて苦痛ではなくなります。そして、私は高校には推薦で入り本格的な受験勉強というものをしたことがなかったので、増田塾でやるべきことを提示されたのはとてもありがたかったです。増田塾で提示されること(毎週のチェックテストに向けての勉強や、面談で指示される勉強など)をしっかりやり抜けば、第一志望に合格出来ると思います。また、まわりが難関私大を目指している人ばかりなので、刺激になってモチベーションも上がります。入塾した当時は、GMARCHレベルを受験するとは思ってもいませんでした。増田塾という自分に合った素晴らしい塾に通えて良かったです。ありがとうございました。

慶應義塾(総合政策)明治(情報コミュニケーション)合格

高卒入塾:岡田 彰彦 さん

私はこの一年を通して受験の厳しさを知りました。この浪人生活の一年、受験を舐めている人はどこの塾へ行っても失敗するのではないでしょうか。少なくとも私はそういう人を多く知っています。舐めた気持ちで受験をする、これは自分を支えてくれる両親や応援してくれる友達など多くの人の期待に背く最低の裏切り行為なのではないでしょうか。浪人を決めた以上、自分の目標とする学校に何がなんでも合格する、やれることはなんでもやってやる、ぐらいの気概(勿論たまには息抜きも必要ですが)を一年間保っていかないと私は合格はあり得ないと思います。ましてや、この塾に入塾を考えている方は名だたる私立大学を狙っている方が多いと思います。そんな舐めた気持ちで有名大学(特に早慶など)に合格しようだなんて両親や友達、また他の自分と同じ志望校を目指している受験生の人に失礼だと私は思います。散々言いましたが少なくとも自分の通っていた校舎はモチベーションを高く維持し切磋琢磨し合える仲間が揃っていました。 また増田塾はそういった真面目な受験生が浪人するのには適した塾であったと私は思います。朝から晩まで生徒を献身的に支えて下さる事務の方々、そして指導力はもちろんのこと親身になって相談にのって下さる先生方など大手ではカバー出来ないところまできめ細やかに対応してくれます。スタートが最底辺だった私をきちんと志望校に合格させて下さったスタッフの方や先生たちには感謝してもしきれません。この一年増田塾に通い、この塾は努力の結果がむくわれやすい塾だと感じました。しかしそうは言ってもこの塾で本当に努力を継続させるには並大抵の覚悟では出来ません。入塾する前にもう一度しっかり「自分には本当に一年を費やしてまで行きたい学校があるのか」ということをしっかり考えてください。そしてその覚悟をもった人であれば、きっと合格を勝ち取れるものと私は信じています。

私立 愛知工業大学名電高等学校

同志社(グローバル地域文化・政策・社会) 関西学院(法・総合政策)合格

現役入塾:磯部 啓嗣 さん

僕は増田塾に入って本当によかったと思っています。増田塾で特によかったと思うことは強制自習制度とチェックテストです。まず強制自習制度のおかげで勉強が辛くても10時まで帰ることができないので、結果的に他の受験生に比べて多くの勉強時間を得られたことが合格につながったと思います。次にチェックテストは毎週あり、やることが明確にされており、無駄な勉強をしなくて済んだことも合格につながったとおもいます。塾に入る前はまったく勉強しておらず、他の増田塾に入った人と比べて自分のことが学力低いなと感じても、入ってからの約一年間一生懸命勉強すれば十分合格は可能だと思うので頑張ってください。最後に約一年間お世話になった増田塾の皆さんには感謝の気持ち でいっぱいです。本当にありがとうございました!

慶應義塾(法・文)早稲田(商・教育・人間科)上智(外国語・経済)明治(商・経営・情報コミュニケーション)合格

高卒入塾:酒井 恒志 さん

僕は家では全く勉強できないので強制自習という制度はやる気を起こさせてくれたのでかなりありがたかったです。自由自習だったらおそらくさぼることがあったと思います。そういった点で僕は増田塾を選んでよかったと思います。増田塾は他の大手予備校とは違いスペースが小さく、講師との距離が近くて質問に行きやすかったので、先生が来る日ごとに質問に行ってました。小論文に関してたくさん質問しに行きました。増田塾は私大文系専門なので同じ所を目指す仲間が多かったということが僕にとってはプラスでした。僕は高校が頭のいい所ではなく、ちょっと出来るだけで学年上位になるくらいの高校だったので現役生の時は難関大学を目指す仲間がおらず、その中で上位だったので井の中の蛙状態でした。しかし、増田塾では同じ所を目指す仲間がいたことで自分の立ち位置を知り、互いに励まし合ったりしてつらい時期も乗り越えてこの一年間最後までやり遂げられました。

私立 愛知淑徳高等学校

青山学院(教育人間科)合格

現役入塾:河南 なのは さん

私が増田塾に入ったのは高校2年生の夏でした。それまでは学校の定期テストを一夜漬けでなんとかこなしていたので、SVOさえ分からない状態で入塾しました。それでも増田塾では基礎的な内容を丁寧に指導してくださり、英語を得意科目に変えることができました。増田塾では定期的な面談やチェックテストがあり、常に何をどのように勉強すればいいかを把握できたので努力の方向性を見失うことがありませんでした。また、志望校に合格するために自分がやりたい勉強と増田塾のカリキュラムが合っていたことが合格に繋がったのだと思います。先生やチューターさん、事務の方々との距離が近くいつでも相談にのってもらえ、自習室では友達が頑張る姿が見える環境があり辛い受験勉強のなかでもモチベーションを保つことができました。本番では、増田塾で毎日勉強したことが自分の自信となりました。受験勉強を始めて学力だけでなく人間的にも成長できたのは増田塾のおかげです。本当にありがとうございました。

同志社(社会)合格

現役入塾:山崎 ひかる さん

増田塾に入塾する前は転々と塾を変わり様々な塾に行きました。しかしどの塾に行っても受動的で自ら勉強する習慣がつかず、高2の終わりになっても全く成績は上がりませんでした。そんな私がようやくたどり着いたのが増田塾でした。増田塾の強制自習というシステムに最後の望みをかけて入塾しました。強制自習のお陰で、自分に甘く無駄にしていた時間をしっかりと勉強時間として確保することができ、今まではしなかった授業の復習する習慣がつき、チェックテストのプレッシャーも有り自分から能動的に学習することができるようになりました。また、少人数で編成してあるので、先生がいらっしゃる時は、質問や添削にすぐに対応していただけたのも良かっです。受験校を考える際もポジティブな方向で応援してくださり、アドバイスも的確でとても助かりました。親身になって応援してくださる方々がいたから、くじけそうになった時ももう少しだけ頑張ろうと最後まで踏ん張ることができました。私が誇れることがあるとすれば、誰よりも自習室に通ったことです。授業が無くても「絶対志望校に合格してやる」という一念で自習し続けました。2月になってからは自習室は貸切状態になる日も多く淋しさを感じる日も有りましたが、この頃には増田塾の自習室が私の心の拠り所になっていました。誰よりも自習室に通ったからこそ、結果、高校の担任から無理だと言われていた志望校に合格することができました。私が合格することができたのは、増田塾が私にしっかりと向き合ってくれたことと、やる気にさせてくれる自習室を提供してくれたからです!本当に感謝しています。ありがとうございました。

早稲田(文化構想)慶應義塾(文・環境情報) 明治(文)法政(文)同志社(文)立命館(文)合格

高卒入塾:伊藤 未来 さん

今年、私が試験会場に持っていった一番の御守りは、沢山の人に支えられて過ごした増田塾での一年という日々の記憶でした。それは目には見えませんが、平常心と確かな自信を私に与えてくれたように思います。難関大学を本気で目指す者なら、その多くは努力を厭わないでしょう。そんな中において、自分を見つめ知り自ら考え、努力の上に自分なりの工夫を加えることができたのは、増田塾でのふんだんな自習時間ゆえではないかと思います。また、毎日何時間と同じ教室で自習時間を送った、背景こそ、違えど、志を同じくする仲間たちの背中は、挫けそうな時にも、諦めず耐え忍ぶきっかけとなり、気付けば戦友と呼べる存在になりました。大学に入ってから何をするかが肝心とは言え、合格までの道のりで、昨年までの慢心は自信に変わり、私は大きく成長できたように感じます。この一年で更に膨らんだ、学ぶ楽しさと感謝の気持ちを大切に、有意義な大学生活を送りたいです。

県立 旭丘高等学校

慶應義塾(文)上智(外国語) 青山学院(法・文)中央(法) 立命館(スポーツ健康)

高卒入塾:新実 ありさ さん

高校3年間勉強から逃げてきた私は、1年だけは逃げずに向き合おうと思い、増田塾に入塾することを決めました。増田塾は登校時間や休憩時間が決められており、毎日のリズムが作られたため、有意義な浪人生活を過ごせました。選択科目はほぼ初学からのスタートでしたが、最後には得意科目となり、自信を持てるようにもなりました。私は12月頃に突如偏差値が急激に落ち、英文が全く読めない程にもなりました。精神的なものもあったと思います。そんな時、増田塾の先生方が解決策や励ましの言葉をかけて下さり、本当に救われました。勿論、増田塾のカリキュラム自体も素晴らしいと思います。しかし1番の魅力は、生徒との距離が近く、いつでも相談や質問できる環境にあると思います。受験を終えた今、やり切ったと思えるのは、どんなに辛くても最後まで増田塾に通い続けた自分がいるからだと思います。増田塾の先生方・事務やチューターの方々に本当に感謝しています。そして、支えてくれた親、応援してくれた友達にも感謝の気持ちでいっぱいです。1年間、本当にありがとうございました!

県立 大府高等学校

同志社(文化情報)立命館(産業社会)合格

現役入塾:加藤 駿 さん

高校入試の英語の点数が3点だったこの僕が難関大に合格するなんて今でも信じられません。学校からは不可能と言われましたが、増田塾はそんな否定的なことは一切言いませんでした。なのでぼくは最後まで増田塾についていこうと思いました。この一年間が人生で一番、精神的にも肉体的にも辛かったです。 夏までは野球部で死ぬほど走ったあとに塾での勉強の繰り返しで、部活の強化週間中での勉強は今でもよく死ななかったと思います。僕はどうしても同志社大学に行きたかったので、それくらいのことは元々やる覚悟はありました。しかし、想像以上にきつかったです。増田塾は中途半端な気持ちを持って勉強する人は一人もいない環境です。人数も少ないおかげで一体感も生まれました。僕は部活引退後の勉強量は誰にも負けない自信がありました。学校では放課と昼食も休まずに勉強しました。やはり現役生は学校での時間を有効に利用する必要があります。増田塾には合格するためのツールが揃っていてそれを信じてやったので合格できました。最後に、やはり『人間性』が一番大事だと思います。挨拶、感謝など、当たり前のことはちゃんとやることが試験にも出ると思いました。増田塾を最後まで信じてやってきて良かったです。本当にありがとうございました。

県立 岡崎西高等学校

早稲田(国際教養) 法政(国際文化・文)合格

高卒入塾:齋藤 莉愛 さん

浪人を決めた際、いろいろな予備校の説明会に参加しました。その時に私が重視した点は、先生と生徒の近さでした。私は高校時代も自分から積極的に質問することができず、わからないところも自力で解決しようとしていました。増田塾は少人数制であるため、一人一人をしっかりと把握してくれ、成績だけでなく精神面も気にかけてくださいます。また、強制自習制度のおかげで逃げることなく勉強に向き合うことができました。受験勉強で大切なことは継続することです。私自身もある時急に解けるようになった訳ではなく、強制自習の中で、気がついたら解ける気がするという感覚でした。毎日10時間以上勉強なんて...と不安もあると思いますが、慣れるものです。確かに1年を通して辛い時もありましたが、事務の方が声をかけてくださったり、仲間の励ましがあって乗り切ることができました。本番で1番自信になったのは、増田塾で1年間勉強し続けたということです。合格に導いてくださった先生方や事務の方には本当に感謝しています。

県立 春日井高等学校

同志社(文化情報)合格

現役入塾:加藤 瞳 さん

"高校1、2年の学校の定期テストさえ真面目にやらず、赤点があたりまえでした。偏差値50でさえ普通にありませんでした。高3に入る前にそろそろ勉強しようと思い、増田塾に入ることに決めました。増田塾のいいところは、最初の偏差値なんか気にせずに、みんなが難関私大をめざしているところです。増田塾はわたしに、難関私大に挑戦するというきっかけを与えてくれました。学校では、志望校を無理だといわれ続けていましたが増田塾では最初から最後まで受かる前提で対応してくださいました。いつも同じ自習室で、同じメンバーで、安心して勉強することができます。途中で不安になったり、泣きたくなったり、すごく焦ったりしたこともありました。でも、塾のメンバーがいたからみんなで励まし合いながら乗り越えることができました。「受験は団体戦」と言いますが、ほんとにその通りだと思いました!わたしは塾のみんながいたから頑張れました!夏休みや冬休みのような長い休みの時も学校のだれよりも受験生として充実した毎日を送れたと思えるし、その分自信をつけることができました。増田塾での受験生活は想像していた以上に得られたものが多くありました。今思うとわたしはこの1年間は、勉強勉強勉強勉強!!の1年間でしたが、この先忘れられない充実した1年間のように思えます。増田塾は受験生活として最高の環境です。私がもし他の塾選んでいたらここまで勉強と向き合えていなかったと思います。ましてや同志社なんて受かるわけがありませんでした。増田塾に入って、勉強だけでなく、人間的にも成長ができたと思えます。感謝してもしきれません。ありがとうございました。

明治(経営)中央(法) 同志社(経済)関西学院(法)合格

現役入塾:奥村 昭仁 さん

今思えば、増田塾なしに志望校合格はありえなかったと思います。受験勉強は、自分が想像していたよりもずっとキツかったです。入塾後、初めて頂いたチェックテストの範囲表を見たとき、その範囲の広さに驚きました。夏休みに入ってもなかなか成果としてあらわれませんでしたが、先生方の言葉を信じ、歯を食いしばって食らいつきました。成果が出始めたのは秋です。模試の偏差値が急激に上昇しはじめ、瞬く間に関関同立MARCHの合格圏内に入りました。自分でも驚く成績上昇でしたが、先生方の言葉を信じ、塾に通い続けた結果だと思います。ただし、自分ひとりの力で成績を伸ばせた訳ではありません。厳しくも優しい先生方、事務の方々をはじめ、チューターさんや、切磋琢磨しあった塾生の皆に支えられて、1年間頑張れました。きっとこのような繋がりは、大手の予備校ではありえなかったと思います。少人数クラスで高めあう増田塾だったからこそ手に入れられたものだと思いますし、人間的にも大きく成長できました。本当に感謝しています。かけがえのない一年間をありがとうございました。

同志社(文化情報)合格

現役入塾:三井 稜雅 さん

どの科目も成績が悪かった僕は、3科目に絞り、私大文系専門の増田塾に入りました。この塾のいい所は、強制自習や授業の復習CTです。強制自習は初めは辛かったけど、すぐに慣れました。また定期的に実力テストがあり、その結果を見て面談で何をすればいいのかを指示してもらえるので、やることにあまり困ることはありませんでした。成績が悪くて自信を無くしている時は、先生や事務の人たちが優しく励ましてくれたので最後まで頑張ることができました。本当に感謝しています。一年間ありがとうございました。

慶應義塾(文) 青山学院(経済)法政(経済)合格

高卒入塾:長江 佳樹 さん

大手予備校ではなく、増田塾を選んだ理由は、他の予備校にはない強制自習システムと毎日あるチェックテストがあったからです。チェックテストに向けて勉強していくうちに自然と覚えるべきことが身につき、基礎固めができ、気が付くと結果も目に見える形で現れてきました。また、増田塾の先生方は、個別指導のように生徒一人ひとりに分かるまで丁寧にわかりやすく指導して下さいました。加えて、先生方との距離がとても近いため気軽に質問することが出来ました。これは大手予備校では決してなしえないこと思います。しかしながら、合格までの道は決して容易ではなく精神的にとてもつらいものでした。夏期講習を終えた9月から11月までは、終わりが見えなく目標を失いかけ、11月以降は、迫りくる入試への焦りで張り詰める毎日で、歯を食いしばりながら奮闘しました。辛いとき支えになったのは、増田塾スタッフのみなさんでした。いつも生徒一人ひとりに適切なアドバイスをし、僕たちを精神的にサポートしてくれました。さらに塾での友達との適度な会話によって肩の力が抜け、よりいっそう受験勉強に励むことが出来たと思います。結果的に努力が報われて今はとてもとてもうれしいです。志望校の合格の喜びは格別です。増田塾で一年間勉強できて本当によかったです。有り難うございました。

市立 菊里高等学校

明治(文)中央(文)合格

現役入塾:権田 渉 さん

私は増田塾に入る際、明確な目標がありました。一年間の受験勉強は長く辛いものです。おそらく受験勉強をしようと決めた誰しもが目標を持っていると思います。しかし、それをより明確にしていくことに意味があります。さらに、私には強制されないと勉強ができないという特徴がありました。家では全く勉強が手につかず、学校の成績はひどいものでした。しかし、増田塾の強制自習のおかげで勉強をする習慣を取り戻し、最後には学ぶことが楽しくなりました。さらに、先ほど述べた目標の明確化は容易なことではなく、時間のかかることかもしれません。そんな時、勉強のやり方をあれこれ考えるよりも、勉強は強制されつつも一個一個の目標は己が明確にする。これに時間と労力を割くべきです。そして最後に、受験生のゴールは大学合格ではなく、その先の未来にある。こう考えれば、自ずとすべきことが見出せるのではないでしょうか。

私立 金城学院高等学校

明治(商)合格

現役入塾:深田 怜花 さん

私は部活と習い事が最優先の毎日を送っていました。大手予備校にも行きましたが自分で勉強の管理が出来ない上に大人数の集団授業が体に合わず同じ塾で3日続いたことがないというレベル。そんなときに増田塾のチラシに少人数制の他にも自分に合いそうな制度が多くあり入塾を決めました。私は高3の7月まで週6で部活に行っていましたが勉強を続ける事が出来たのは増田塾の徹底的に管理されたスケジュールや毎週のチェックテスト、先生がその人に合わせて出してくれる課題のおかげで自分で勉強の管理ができない私でも本当に今の自分に必要なことを効率よく勉強することが出来たからだと思います。中高一貫校だったので受験勉強もせず入塾したときには自動詞、他動詞の意 味もSVOの存在も知りませんでしたが増田塾は全教科を基礎の基礎から教えてもらえて授業内容のテストもあるので成績がどんどん上がり塾生カードの裏面の上がっていく成績ランクを見るのが楽しかったです。1年間部活を続けながら勉強していくのは肉体的にも精神的にもつらく何度も心が折れかけましたが支えてくださった親、先生、事務の方々のおかげで部活を中途半端にやめることなく受験でき、確実にこれからの自分の力に、自信になりました。本当にありがとうございました。増田塾は私のような『受験勉強したいけど部活も捨てられない』『自分で計画的に勉強ができない』という方に最適な塾だと思います。同じような境遇で苦労しているならぜひ増田塾で1年後その苦労を自分の自信に変えてください!

法政(社会)合格

現役入塾:竹田 摩帆 さん

高2のときは何をやればいいかわからずずっと空回りしてましたが増田塾では自分に合ったアドバイスをしていただけました。だから秋に推薦入試の勉強をしてても現役で合格することができました。また受験勉強を通して、受験では周囲の環境がとても大事だということがわかりました。周りには志望校合格という明確な目標を持った人ばかりがいます。みんなで目標に向かって励まし合ってがんばることができました。本当に過酷な闘いでしたがなんとか乗り切ることができました。1年間ありがとうございました。

立教(コミュニティ福祉)法政(社会)合格

現役入塾:山内 美裕 さん

塾選びの時に、たくさんの大手の塾と比べて私が増田塾に引かれたのは少人数制・強制自習・費用の面です。初めて増田塾の強制自習について聞いたときは正直、「自由がない!やっていけない!」と思っていました。しかし、実際過ごしてみて、このくらいの束縛があってよかったと思います。家に居てははじめの頃はどうしても集中できませんでした。また、少人数制ということで先生との距離が近いのがとてもよかったです。私は先生に質問することがどうしても怖くてできませんでした。しかし増田塾の先生方はみなさん優しく、すぐに質問に応じて頂けました。チューターさんや事務の方も親身になって話を聞いてくれました。とても感謝しています。設備の面を気にする方もいるかもしれませんが、そこはあまり心配要りません。必要なものは全て用意してあり、自分のペースで受験勉強が行えたのでよかったです。私は高2まで全く英語の長文が読めず、模試だって最後まで志望校にA判定が出たものはありません。しかし、難関大と呼ばれる学校に合格できたのは増田塾のサポートのおかげです。増田塾でなければここまで伸びませんでした。ありがとうございました!!

法政(スポーツ健康)合格

現役入塾:坂野 彩子 さん

私は高校2年の時、受験をする決意をしたにもかかわらず大手の塾に自分の気分で行ったり休んだりの日々を過ごしていました。しかし、さすがにこれじゃあやばい!と思い始めていた時ちょうど、増田塾に出会いました。増田塾は時間のメリハリがしっかりあり、その上毎回授業後の復習テストや暗記テストなど自分から進んで勉強を取り組むことができない私にとって本当に良いカリキュラムが組まれていました。そして何より少人数制で、先生、事務の方やチューターとの距離が近く気軽に相談できるし、辛い時期を共に過ごす仲間もできてモチベーションが上がります。私は本当に本当に増田塾に入ってよかったと実感しています。増田塾は私を勉強面だけでなく、人間的にも大きく成長の手助けをしてくれました。忍耐力、関わってくれる人への感謝、人への配慮、努力の大切さ、諦めない気持ち。当たり前のことですが、当たり前だとおもってるからこそ普段気づかない所を改めて教えてくれました。そして最後にいつでもどんな時でも前向きの姿勢を心がけることが大事だということを学びました。受験は毎日が戦いです。辛いことの方が断然多いです。しかし最後まで「この大学に絶対行きたい!」という気持ちを持ち、努力を惜しまなければ結果はついてくると思います。私は増田塾のおかけで第一志望の合格を勝ち取ることができ、将来の夢に一歩近づけることができました。全力でサポートしてくださった増田塾に感謝の気持ちでいっぱいです。後輩の皆さん、是非合格をつかんでください。

県立 桑名高等学校

青山学院(文)明治(政治経済) 立命館(産業社会)

現役入塾:石森 玲名 さん

高1高2で全く勉強に対する関心もなく遊んで過ごしてたわたしが、たまたまネットで見つけたある大学を見て「ここに行きたい!!!」と思い勉強に対する姿勢が変わりました。増田塾の強制自習の制度を見た時に「やっていけるかな」という不安よりも「これを1年やりきればこの大学に合格できる」という気持ちのが強く入塾を決めました。強制自習には3〜5月の間で慣れてきて、まわりの友達がまだあまり勉強してない中で自分は「勉強していないと不安、もっと勉強したい」という気持ちを自然と持つことが出来ました。「1年間死ぬ気で頑張って耐えて耐えてやり抜いた」という経験は生きてく上で大きな糧になると思います。合格発表を見た時は自然と涙がでました。増田塾のおかげで頑張ることの大切さを学びました。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

県立 高蔵寺高等学校

同志社(文化情報)関西(政策創造)合格

現役入塾:草木 奏音 さん

これから受験が始まるみなさん!この1年間、自分の志望校のことだけを考えましょう!本当に自分の志望校に合格をしたかったら、面談担当の先生の指示に従って黙々とやるしかないです。この1年間ぐらいSNSなどやめてみては?私は他の人より量をこなさないと理解ができなかったので時間がかかりました。なんでこんなにやってもできないのかと自分に呆れたことも沢山あり、本当に「もう嫌!」と正直、何度も思うことがありました。そんな時、先生方が励ましてくれたので頑張ることができました。先生はどんなにしつこく何度も質問をしてもしっかりと最後まで教えてくれました。分からないことをそのまま放置しないで質問をする!毎回のチェックテストを大切に!もうただひたすら勉強をする!泣き言をしない!そして、先生、自分を信じれば合格します!先生方、本当にありがとうございました。

市立 向陽高等学校

早稲田(社会科・教育)慶應義塾(文) 上智(総合グローバル・法・経済)合格

高卒入塾:内山 舞 さん

私は1年間増田塾で浪人生活を送りました。その体験を基に、私が増田塾で浪人するのを特にお勧めしたい人は、勉強へのやる気はとってもあるけど1年間勉強し続ける自信がないという人や、今まであまり長時間勉強をしてきた経験がないという人です。「浪人生で成績が上がる人は少ない」というような事をよく聞いたりしますが、これは「浪人生は勉強しても成績が上がらない」のではなく、「1年間毎日勉強し続けることができなくて、成績が上がらない」という意味だと思います。勉強が大好きだという人は別ですが、やはり1年間あまり好きではない事を毎日し続けるというのは辛いです。特に今まで勉強してこなかった人は、最初はやる気があっても3時間くらい勉強し続けたらもう無理勉強したくない家に帰りたい‥‥ってなります。しかし増田塾にはそういうときに、さぼらせない、さぼることのできない体制が整っていると思います。とりあえず塾に来てしまえば、休憩時間はしっかり決まっていて、強制自習時間が終わるまで帰ることもできないので、必然的に勉強するしかなくなります。なので1年間増田塾にちゃんと通えさえすれば、伸び率は個人差があるのでなんともいえませんが、学力自体は必ずあがると思います。少なくとも下がることはないはずです!私も元々自分にすごく甘い人間だし、そこまで勉強が好きというわけでもなかったので、1人で勉強すると15分勉強したら30分休憩しだす、というような感じでした。しかしこの1年は無駄な休憩をせずに1日中しっかり勉強し通すことができました。おそらく高校3年間で勉強した量の10倍以上は勉強したと思います。(笑) これは他のみんなも言っていました。また増田塾のよかったなと思うところは、塾のみんなの受験への士気が高いというところです。ほとんどの人が強制自習時間が終わっても残っていくので、自分もがんばらなきゃと思うことができますし、勉強をさぼろうとする人はあまりいません。むしろそういう人は周りから白い目で見られる感じです。他の予備校へ授業をしにいったことのある講師の先生方も、「この塾は他の塾に比べてみんながしっかり勉強していて偉い」とおっしゃっていました。またチェックテストでは毎回成績のランキングが出るので、そういうのを見て周りと切磋琢磨していける環境だと思います。浪人生活は勉強ばかりで嫌になることもありましたが、最後まで増田塾でがんばれてよかったです。1年間お世話になった事務の方、先生方、本当にありがとうございました。

私立 至学館高等学校

早稲田(教育) 青山学院(文)立命館(経営)合格

高卒入塾:稲垣 勝就 さん

僕は高3から一般受験してみようかなと思ったのですが高2まで遊びとバイトの生活でした。予備校には行ってみたのですが勉強のやり方も全然わからず、遊びもなかなか辞めれず偏差値は30から40前半までは伸びましたが受けた大学はどこも受からず浪人することになりました。そして、強制自習がある増田塾へ入塾を決めました。この塾のメリットとしては強制自習もそうですが、僕のような初めは何もわからないという人には、規模が小さく講師や事務の方々との距離の近さが一番のメリットだと思います。この講師と生徒の接しやすさのおかげで僕が今どのレベルまで達しているか、どの分野が苦手なのかなどを把握してもらえ、相談した際や面談などで個人的に細かなアドバイスをしてもらえました。講師の方々も増田塾のカリキュラムも本当に素晴らしいです。あとは本人のやる気だけです。僕はずっと友達や周りの人に無理だと言われてきました。塾に入ってからも高校名で初めは馬鹿にされもしました。きっとこれを見ている受験生の中にも同じような状況の人がいると思います。しかし高校名やスタート時の学力なんてものは一年の努力で簡単に追いつき追い越すことだってできるものです。そして1年後にみんなを見返してやりましょう!1年間辛いと思いますが、親や講師の方々に感謝し頑張って下さい。

県立 松蔭高等学校

早稲田(人間科) 明治(情報コミュニケーション)中央(経済) 立命館(産業社会・経済)合格

高卒入塾:森井 俊太 さん

2勝7敗。1年前の入試結果です。この結果には早慶はもちろんMARCH関関同立すら入っていません。つまり偏差値50いかないくらいの地元私大に落ちまくったんです。3月このままではいけないと思い増田塾に入りました。とはいえ最初の志望校はぼんやりしたものでMARCHに受かればいいなぁくらいでした(ほんとは良くないのですが…)。ただ先生と面談をすると当然のように「早慶に興味ない?」と言われました。数ヶ月前地元私大に落ちまくった自分を本気で早慶に合格できると後押ししてくれました。それならと思い、早稲田を第一志望にして本気でがんばりました。もちろん気持ちが弱くなる時もありましたが強制自習という制度のおかげで意志の弱い自分もがんばることができ、徐々に成績を伸ばし早稲田の合格を勝ち取ることができました。この1年の経験から1つアドバイス。つらい時は良い未来を想像しろなんて言いますよね。でも自分は逆もアリだと思います。1年後志望校に落ち、これからずっと後悔するのかと考えると今がどれだけつらくてもがんばれるとおもいませんか?おそらくそれに気づき今をがんばれる人が合格を掴み取れるのだと思います。だから人生1度くらい本気でがんばってみるのもいいものですよ。 最後に1年間支えてくださった先生方、事務員さん、チューターさん本当にありがとうございました。

早稲田(人間科) 明治(経営)立教(コミュニティ福祉)合格

高卒入塾:浅岡 真生 さん

僕は浪人を決意したとき「この一年は全てを勉強にかける!勉強以外のことは何も考えずとにかく勉強する!」と強い意思を持ちました。それはお金を出してくれた親への責任と東京に行きたいという強い思いがあったからです(浪人を考えているみなさんも同じではないでしょうか)。その「熱量」をその強い「意思」を正しい方向に向け、全力で最初から最後までフルスロットルで、一度も止まることなく僕を走らせてくれたのは増田塾でした。増田塾の魅力の一つは面談時の徹底的な学習指導だと思います。面談では成績資料を参考としてやることを全て決めてくれるので後はそれを指示に従ってやるだけです。しかも、やる教材、参考書は全て塾にあるのでわざわざ買う必要もありません。いざ受験勉強を始めようと思っても何をすればいいのかわからないなんてことはよくあることです。しかし増田塾ではそんなことに悩まされることはなく淡々と言われたことをやるだけでいいのです。そのおかげで僕はとにかくがむしゃらに先生に言われたことを淡々とやり、課題も淡々とこなし、毎日ただ言われたことをやりに塾に行くだけでした。確かに入試が近づくと不安になり悩むことももちろんありました。それでもやることは変わらず、最終的には早稲田大学に受かっていました。正直こんなに楽に成績が上がっていいのかと思うほどでした(もちろん努力は相当しました)。胡散臭いと思う人もいると思いますが、僕は浪人するときに文転した身で、英語と古文の偏差値は50と35で、日本史は一からやりました。それでも最終的には早稲田に受かるだけの成績になりましたし、日本史は偏差値70を超えました。増田塾の魅力や細かいことを言い出すときりがないのでやめておきますが、文系私大を目指しているなら入って損はないと思います。最後に一つだけ、増田塾に入っただけで受かった気になる人がいますが、そんなわけはなく難関私大に受かるには相当な努力をようします。もちろん努力をするのは自分であり入試会場で問題を解くのも自分です。増田塾の先生ではないです。増田塾は自分の望む結果への最短のレールを敷いてくれサポートするだけです。そのレールを進むのは自分です。たくさん努力して、悩んで、もがいて下さい。そうすればこの一年で得られるものは多いと思います。

県立 新川高等学校

関西(人間健康)合格

現役入塾:白木 遼太郎 さん

僕が増田塾に入塾したのは高3の春でした。その頃の僕の学力と言ったら中学生レベルの学力で、高2の3学期に受けたマーク模試では偏差値38という数字を叩き出してしまいました。その後の学校の先生との面談では、「きみ、このままじゃ行ける大学がないよ。」と言われ俗に言うFラン大学や専門学校進学も頭をよぎりました。そんな時に増田塾の案内を見た母親に勧められて増田塾に入塾することを決めました。英単語の1つも覚えていない僕は、最初の英文法の授業でも初めて学ぶ事ばかりでとても苦労しました。それでも増田塾は基礎の大切さを強調していて、初学者の僕でもわかりやすい授業やしっかりと知識が定着できるテキスト、毎週実施されるチェックテストのおかげで徐々に学力が伸びていきました。さらに一ヶ月半おきに行われる実力テストで自分の学力が測ることができ、担当のスタッフさんとの面談ではその後の勉強方針を示してくれます。このような初学者でも着実にステップアップできる手厚いサポートが増田塾の魅力です。さらに増田塾の最大の魅力といっても良いのが強制自習の制度です。学校がある日は登校可能時間から22時まで、休日は朝の9時30分から22時まで缶詰状態です。僕みたいな家で集中できないタイプの人間にはもってこいです。長い学習時間を確保することは学力の向上はもちろん、最後の最後に自分はこれだけやったという自信にも繋がります。そして春に偏差値38だった僕は関西大学に合格することができました。これは両親や切磋琢磨した仲間はもちろんの事、増田塾のカリキュラムやサポートあってこその合格でした。増田塾には早慶上智GMARCH関関同立などの難関私立大学に合格するための素晴らしい環境が揃っています。是非、増田塾で志望校合格を勝ち取ってください!

県立 瑞陵高等学校

法政(経営)合格

現役入塾:斉藤 貴嗣 さん

僕は高校生になってから、部活ばかり頑張って、休みの日は友達と遊ぶという生活をしていました。勉強はテスト直前に詰め込むためだけという感じで、当然学力は全くつかず、赤点も頻繁にとるといった有様でした。2年生の終わり頃に流石にこのままではマズいと思い、増田塾に入塾しました。家で勉強が出来ない僕にとって、強制自習制度がある増田塾は大きな助けとなりました。学校が終って塾に来ると、授業と短い休憩時間以外の時間は自習室で机に向かわなければならないので、否が応でも勉強が捗りました。授業はわかりやすく、最も基礎の部分から始まり、1回の授業毎にチェックテストが行われるので復習もしやすかったです。分からないことは先生やチューターの方に聞くと、納得が行くまで付き合ってくれます。また、長く強制自習を続けていると、勉強する習慣ができて、自然と家でも勉強が出来るようになっていけました。増田塾に入塾していなければ、MARCHに合格することはなかったと思います。

早稲田(人間科) 明治(文)立教(コミュニティ福祉) 同志社(経済・政策)立命館(産業社会・経済)合格

高卒入塾:鬼頭 秀汰 さん

この一年間の増田塾での浪人生活を通して僕は二つのことを学びました。それは努力を継続することの大切さ。基礎の重要性です。当たり前のことではありますが、基礎分野を完璧にして、止まることなく努力を継続していくことは、なかなかできることではありません。どこかで行き詰まったり、目先の過去問の点数ばかりを気にして、演習・応用分野に目が行ってしまいがちです。しかし、最終目標が入試本番で合格点をとるということを忘れてはいけません。過去問がたまたまできたとしても、本番まで過去問ばかりを繰り返しているだけでは安定して点数がとれません。入試直前まで来たとしても基礎がとても重要です。僕は英語がとても苦手で、過去問演習をやっても合格点を下回ることしかありませんでした。しかし、そんな時もいつかはできるようになると信じて、単語や熟語といった基礎を固める増田塾のチェックテストでは8割をキープし続けました。秋頃、過去問の点数が伸びないことに悩み、チェックテストを煩わしく思うこともありましたが、僕はもともと頭がいいわけではなかったので、地道にできることだけやって後悔しないようにと決心して増田塾のテストで8割キープできるように努力し続けました。正直いって、最後の最後まで過去問で点数が思うようにとれず全落ちも覚悟していましたが、なんだかんだ受けた大学全て合格し、雲の上の存在だった早稲田にも合格することができました。それもこれも全ては増田塾のチェックテストにあったと思います。増田塾のテストは範囲が決められてほぼ毎日行われるので、それで8割とれるように毎日取り組むことによってダレることなく一年間勉強し続けることができます。増田塾のチェックテストをしっかり取り続けることができれば、誰でもMARCH以上に行ける実力はつくと思います。最初は僕も信じられませんでしたが、入試を終えた今それは本当のことだったと実感しています。実際に、現役全落ちした僕が早稲田に受かることができました。最後に…去年、増田塾にはいるにあたって不安なことがたくさんありました。チェックテスト、強制自習、休憩時間30分………たしかに、つらいかもしれませんが一年間頑張り切るだけで実力がついて、現役時代には手が届かなかった名だたる大学に合格することができます。実際、天才以外で受かる人は増田塾以外の予備校に通っても上記の環境で勉強しているはずです。自分から勉強しようとしても続かない、という人は増田塾があっていると思います。来年、これを見て増田塾に入った方々が志望校に合格できることを願っています。

私立 滝高等学校

早稲田(文・教育・人間科・商) 明治(文)中央(文)法政(文)合格

現役入塾:伊藤 大志 さん

高2まで勉強する習慣がなく成績も下位常連だった僕が、最終的に早稲田の合格を勝ち取ることができたのは、一念発起して増田塾に入学したからに他ならないと思っています。「強制自習システム」のおかげで、自制心の低い僕でも質と量ともに十分な勉強時間をキープすることができました。さらに志望校合格に直結する勉強内容の指導をたいへん明確にしてくださったため、時間のない現役生として最後の年を「実りある飛躍の一年」にすることができました。授業が上手な先生方が多く、事務員やチューターの皆さんの親切なサポートも大きかったと思います。何より、努力の集大成としてつかみ取った「合格保証」は入試本番でも絶対に揺るがないメンタルを与えてくれました。これからの人生においても、受験生としての一年ほど自らの運命を大きく切り開くことができるチャンスはそうそうなく、この一年で手に入れた成果と自信は一生モノの財産になるに違いないと僕は信じています。そしてその運命を動かす原動力こそが、「絶対にこの大学に合格してやる!」というあなたの意志なのです。自分の未来のために辛く厳しい受験勉強に挑もうとする皆さんの健闘を祈ります。

青山学院(経済)中央(経済) 同志社(経済)立命館(産業社会・文)合格

現役入塾:鈴木 りな さん

私が現役で第一志望校である、同志社まで辿り着けたのは増田塾のおかげです。増田塾を紹介してくれた親には心から感謝しています。努力すれば伸びる文系科目だからこそ、勉強時間の確保が合否を左右します。増田塾には強制自習という制度があり、現役生は学校が終わってから10時まで原則塾の外に出られないという仕組みです。最初は辛かったですが、徐々になれます。また、チェックテストなどの範囲があるため、毎日何をすれば良いかが明確で、勉強の習慣があまりついていない人でも管理を任せることができ、続けていくと勉強のコツも分かるようになります。一年間がむしゃらに最後まで走り抜き、その結果合格を勝ち取ることができて本当に嬉しいし、感謝しています。この達成感は何にも変えがたいです!ありがとうございました!

慶應義塾(文・総合政策) 中央(法)合格

高卒入塾:吉村 瞳 さん

たとえ不合格であったとしても、「自分のできることは全てやったから、この結果に悔いはない」と言える、そんな1年間を送ることができたら受験は成功といえるのではないか。私を担当してくださった英語科の先生がこんなことをおっしゃっていました。残念ながら私は、第一志望の学部にあと2、3点という結果に終わってしまいましたが、悔いは残っていません。それは先生がおっしゃっていたような1年間を増田塾で過ごす事ができたからだと思います。そもそも増田塾に入ってここまで成績を上げることができていなければ、その学部を第一志望にすることは去年の成績からはとても想像できませんでした。他の大手予備校とは違う増田塾の特徴はなんといっても、アットホームなところです。やはり先生方や事務の方々が私たち生徒一人一人の成績や志望校を把握してくださっていたことは、それだけでとても心強かったです。また、それに基づいて質問対応や採点をしてくだったことや課題を出して下さったことは、とても助かりました。学部は違えども念願の慶應義塾大学に合格したことは私の一生の誇りです。心から増田塾に入ってよかったと思います。ありがとう!増田塾!

早稲田(教育・人間科) 明治(情報コミュニケーション・経営・商) 法政(経済)(経営)合格

高卒入塾:元雄 あんづ さん

私は現役生のとき増田塾ではない予備校に通っていましたが、ただ授業を受けるだけで自分でなにを勉強すべきなのかも分からず、今思えば適当に受験勉強をして過ごしていました。そして志望校にことごとく落ち、滑り止めの大学には一応受かったものの、やっぱり自分が誇りを持って通える大学に通いたいという気持ちが大きくて増田塾で浪人することを決めました。増田塾は自分が今やるべきことを常に提示してくれるので現役のときのような適当な勉強ではなく、確実に身になる勉強をしていることが実感できました。先生方もとても優しく親切に教えてくれました。先生との面談では今後の勉強の方針を立てると同時に、先生と話してモチベーションも上がるので私の楽しみでもありました。そして、事務の方々もいつも気にかけてくれていました。私が受験の不安で悩んでいるときも励まして支えてくれて、その支えのおかげで私は最後まであきらめずにやりきれたと思います。その結果、現役のときにことごとく落ちた法政大学、明治大学にすんなり合格することができて、浪人をしてから第一志望に決めた早稲田大学にも合格することができました。私は現役のとき自分が浪人して早稲田大学を目指すなんて夢にも思っていませんでした。浪人してからも最初は早稲田大学は夢のまた夢の大学だと思っていました。けれど、そんな大学を自分の夢の大学に変えてくれて、その夢を現実に変えてくれたのは増田塾です。増田塾でなかったら今の私はいないと思います。ありがとう!増田塾でがんばれてよかった!増田塾がだいすきです!

県立 千種高等学校

立教(観光)学習院(文)合格

現役入塾:小出 栞 さん

私は高校3年の春から増田塾に入りましたが、増田塾を選んで本当に良かったと思います。2年生の冬、塾選びの際に他の塾に行った時に、今の成績では私立上位校は無理だ、今すぐ部活を辞めたほうがいいと言われました。""完全に受験勉強に出遅れた""、""もう遅いのかな""と絶望してる時に増田塾に出会いました。体験の時に、今から1年間増田塾についていけば、合格出来る!と言われたときは心が救われました。また基礎の基礎からカリキュラムが始まるので、入塾の時の成績を気にしなくて良く、前向きに頑張ろう!と思えました。私が朝から晩まで打ち込んでいた部活動をやりたいという気持ちも尊重してくださって最後までやり切れました。増田塾ではチェックテストがあるので、合格までの道のり、日々の勉強で何をすれば良いかが明確で、不安を最低限に抑え、ひたすら突っ走ることができました。また強制自習をやり切ることで、入試本番の時に、ここまでやったから大丈夫!と思えました。ここまで生徒一人一人を応援してくれ、自分のやっていることに自信を持てる塾はないと思います!この大学に行きたい!と恥ずかしがらずに言えたのも増田塾だけです。本当にありがとうございました!

早稲田(商・教育・人間科・スポーツ科) 明治(政治経済・商・法・情報コミュニケーション) 青山学院(国際政治経済)合格

高卒入塾:村松 愛衣 さん

私は現役時代、大手塾に通っていましたが、良くも悪くも自由がゆえにサボることが多かったです。周りにすでに大学が決まっている人達がいたというのもあって、勉強よりも遊びたい気持ちが勝っていました。行きたい大学、学部も無いが、ネームバリューのあるところには行きたいという気持ちでしかなかったので、なおさら頑張れなかったのだと思います。当然合格はできませんでした。だから、浪人するからにはこの勉強習慣を変えたいと思い、見つけたのが増田塾でした。ここに来ていなかったらこの一年も無駄にするところでした。私と同じような心持ちの人は本当に増田塾がぴったりだと思います。強制自習は素晴らしいです。モチベーションに左右されず、毎日勉強するという習慣が本当につきます。カリキュラムについて、最初はこれで本当に伸びるのかと疑問に思うこともありました。ひたすら暗記、基礎の徹底です。しかし、その勉強法が正しかったんだと受験本番で実感しました。増田塾のカリキュラムでは、本当に必要最低限のことを徹底してやることが出来ます。それをそつなくこなすことが出来れば合格できます。凡事徹底とはこのことか!と思いました。騙されたと思ってなんちゃらなんちゃら、もこのことか!と思いました。

早稲田(社会科) 明治(政治経済)青山学院(国際政治経済) 立教(法)法政(法) 立命館(法・政策科)関西学院(総合政策・人間福祉)

高卒入塾:野々村 拓真 さん

自己分析をしてみてください。家では絶対に勉強できない人、そもそも勉強の仕方がわからない人、大人数の塾が嫌いな人、自分の学力のレベルや順位を細かく知りたい人、そして絶対に早慶MARCHに受かりたい人。この中に一つでも当てはまれば増田塾をお勧めします。実際僕は上記の全てに当てはまり、増田塾以外には考えられませんでした。なにも僕は最初からうまくいっていたわけではありません。勉強の仕方がわからない、世界史はすぐに忘れる、ランキング上位にのれない... しかし自分は浪人生なので後がありません、徹底的に増田塾を利用しました。増田塾は少人数で先生やチューターさんとの距離が近いので、授業やチェックテストで分からなかったことはすぐに聞きにいけるし、私大専門の勉強の仕方も各教科の先生に教えてもらえました。チェックテストや習熟度テストがたくさんあり、それがランキング化されるため常に目的意識を持って、ライバルを意識して毎日を過ごすことができます。自分は家では勉強できない人だったので強制自習は大変ありがたかったです。そして一番重要なのは増田塾を信じて増田塾のひいてくれている合格へのレールに乗ることです。実力テストの後には自分の志望校合格のためにこれからいつまでに何の勉強をどれぐらいすべきかという自分のためだけのレールを増田塾は示してくれます。それを守ったおかげで僕は成績が一気に上がりました。長くなりましたが僕に的確な指導をしてくれた先生方、いつも支えてくれたスタッフやチュー ターの方々、本当にありがとうございました。

私立 中京大学付属高等学校

同志社(政策)中央(商)合格

高卒入塾:正田 寛治 さん

増田塾は入塾した時点での偏差値はほぼ関係ないです。大切なことは、1年間やり切る強い意志を持つこと、与えられたことをただ淡々とこなすことだと思います。浪人生の自分にとっては、2020年のコロナウイルスの感染により塾に登校することが出来ず、勉強ができるかどうか不安でした。最初は家でしか勉強ができない中、増田塾は家の中でも管理してくれて強制自習というスタイルを貫いていくのは素直にすごいと思いました。塾の中でも時には厳しく時には為になるアドバイスを何度もいただきました。どうしても途中は辛くなる時期が来ますが、増田塾には、周りに高い意識を持ち、夜の最後まで残っている生徒がたくさんいたので、自分も頑張らなければいけないという気持ちになり、なんとか乗り越えてこれました。また課題、チェックテスト、実力テストなどの短期的な目標があることにより、モチベーションを下げることはなく、着々と実力をつけていくことができます。実力テストの偏差値が悪かったりした時は、事務の方や、講師の方、チューターの方にコミュニケーションをとって積極的に活用していくことが大事だと思います。自分は選択科目で政治経済を取っていましたが、増田塾の政治経済の情報量はおそらく他のどこの予備校よりも豊富で努力すれば模試でも上位を取ることができ無敵になれます。最後に私は高校時代は自他共に認める馬鹿でしたが、結果的に第一志望に合格できて増田塾に入って良かったと心から思っていますし、感謝しています。そしてこの塾でやり切った方は今後の経験にも必ず生きてくると思います。難関大を目指す方は一度増田塾に足を運んでみてください!

県立 津島東高等学校

早稲田(教育) 明治(政治経済・商)立教(現代心理) 法政(経済・人間環境)合格

高卒入塾:中村 友哉 さん

僕は受験するにいたって一番大事なのはメンタルだと思います。増田塾では強制自習システムのおかげで一定の勉強時間が確保できます。ですがその時間を有効に使えるかは自分次第です。僕は約10ヶ月間増田塾にお世話になりました。その期間の中、途中で離脱する人が何人かいました。その人達がどんな事情でやめたかはわかりませんが、もし苦しいからとか、成果が出ないからという理由でやめたならば、僕はどうかと思います。増田塾の費用を出してくれるのは親御さんです。お弁当を作ってくれるのは親御さんです。そしてなにより増田塾に入ると決めたのは自分のはずです。自分でやると決めたなら最後まで突っ走ってください。応援しています。

県立 天白高等学校

同志社(法)合格

現役入塾:久留宮 侑希 さん

私が増田塾に入塾したのは高校2年生の春でした。家から遠いということもあり両親からは反対されましたがどうしても行かせて欲しいと伝え入塾しました。増田塾には合格保証や合格への緻密なカリキュラム等がありますが私が1番惹かれたのは強制自習制度でした。元々高いレベルの大学に行きたいと思っていましたが家や厳しくない塾では自分を律せず絶対受からないと分かっていたので管理されるこの増田塾は私にぴったりでした。3年生になると強制自習が始まり受験を強く意識し始めました。平日は学校で遅くなったとしても4時間半以上、休日は12時間勉強してきました。この毎日の強制勉強は正直本当に大変です。下手な覚悟では1ヶ月も持たないかもしれません。私は親に行かせてもらっている、先生に教えていただいている、何より自分に負けたくない、第1志望に合格したいという気持ちがありこのきつい日々を乗り越えました。入試本番ではとても緊張しましたが、勉強漬けだった日々や塾の友人や先生、チューターさんの応援に自信と勇気を貰い第1志望に合格することができました。学力はもちろんのこと増田塾では人としても成長させてもらいました。2年間こんな私を第1志望に、1人前大学生にして頂き本当にありがとうございました。

早稲田(スポーツ科) 同志社(法・商・経済・社会)関西学院(経済・文)合格

現役入塾:大島 康平 さん

僕は増田塾の一番よいところはお互いに尊敬して、切磋琢磨できる友達と一緒に勉強できるところだと思います。大手予備校はクラス制ではないため、特定の人と仲良くなることは少ないかもしれません。しかし、増田塾はクラス制なので最高のライバルを見つけることができます。友人なしでのぼくのストイックな受験生生活は考えられません。ぼくの一年は「長く、きついもの」ではなく、チェックテストや実力テストごとに友達と勝負をして目の前のことに集中して取り組んでいたらおわっていたという「短く、楽しいもの」でした。魔法みたいな話ですが、振り返ってみればそう感じます。繰り返しますが、僕は大手予備校ではない魅力が増田塾にはあるとおもいます。

私立 東海高等学校

早稲田(教育) 明治(商・経営)合格

現役入塾:平野 高貴 さん

僕は増田塾に入った当初は英語の文型すら理解できない状態でした。しかし増田塾のシステムに従って勉強することで入った時とは信じられない程成績が上がり、志望校に合格することができました。増田塾のシステムにはチェックテストが組み込まれており校舎に毎週ランキングが張り出され、このおかげでモチベーションを保つことができました。また、強制自習制度のおかげで効率的でなくとも勉強量で力をつけることができました。僕にとっては増田塾が自分に最も合った塾で、もし他の塾を選んだら、と想像するだけでもゾッとするくらいこの塾を選んで本当に良かったと思います。1年間支えてくださった先生方、事務の方本当にありがとうございました。

早稲田(商)慶應義塾(法) 同志社(法)合格

高卒入塾:大田 裕通 さん

成績が良い人に共通しているのは自習の量と質だと思います。よく量と質どちらが大切なのかと言われますがどちらも大切です。授業は関係ないの?と思う方もいるでしょうが、これは面談で指示をされた教材を使えば、わざわざ大金を払って有名講師の授業を受けに行く必要はありません。むしろ講義型の参考書の方がまとまっていて分かりやすいことが多い上に自分でペースを決めて進められ、なおかつ何度でも読み直せるので断然おすすめです。まだ読んだことのない人は一度読んでみてください。  では成績を上げるためにどのような自習をこなせばいいか。最初の大きな壁は量を確保することだと思います。意志の強い人や小さい頃から勉強習慣の付いている人でないと十分な量をこなすのは困難です。僕も浪人するにあたって一番不安だったのはもう一年間十分な自習時間をこなせるかどうかでした。浪人するからといって志望校に受かるかわからない最大の要因はこれなんです。だから僕は増田塾を選びました。増田塾で浪人すると前期は9:30~18:00、後期は9:30~18:50まで、途中の30分の昼食休憩以外は否が応にも勉強することになります。これだけの勉強量を週6でこなしていれば量で他の受験生に遅れをとることはまずないです。強制自習という言葉を聞くと苦しいもののように感じると思いますが、誘惑を絶って勉強するしかない環境に身を置いた方が精神力は使わずに済みますよ(つまり楽です)。増田塾に入れば自習の量の確保という問題は解決します。これは大きいですよ。 次に質ですが、こうすれば絶対に成績が上がる!というような勉強法はないです。自分に合ったものを見つけることが一番です。これはもう試行錯誤していくしかありません。一定期間気に入った勉強法を試してみて結果が出ればあまりいじらずにそのまま勉強していけばいいし、結果が出なければ何かを変えてください。僕の場合はとにかくたくさん英文を読んで英語のまま理解できるように努めていました。日本史は授業プリントを何度も何度も目で追って見直していました。でもこのやり方が全ての人にとって正しいものだとは思いません。人それぞれに適した勉強法が存在しますので、指示をされた通りに勉強をしてみてください。増田塾に入れば勉強量不足に陥ることはありません。僕はそれに大いに助けられました。勉強量を確保できるかどうか不安な人には増田塾が適していると思います。

私立 東邦高等学校

同志社(文・社会・神) 関西(文・外国語・社会安全)合格

現役入塾:渋谷 優作 さん

"私は増田塾に入るまでまともに勉強をしたことがありませんでしたが、増田塾に入って勉強の仕方から普段の生活まで変わり、志望校に合格することができました。私には増田塾に入って特に良かったと思う点が3つあります。1つ目は、生徒それぞれに合った丁寧で細かい学習指導です。私の例で言えば、英単語が中々覚えられない時に事務の方が毎日の英単語学習計画を作ってくださり、それに従って勉強を進め最終的には志望校合格に十分な英単語を覚えることができました。このように増田塾は一人ひとりに合った学習指導や課題を与えるので、常に自分のやるべき事が明確であり私は立ち止まることなく勉強を続けることが出来ました。2つ目は、強制自習についてです。この強制自習のシステムは学力にはもちろんのこと、気持ちにも良い影響を与えます。強制自習を1年間やり通すことにより、「自分は他の人よりこれだけやってきた」という自信が生まれ本番では落ち着いた気持ちで自分の実力を発揮できました。3つ目は、私が一番助けられた講師、事務、チューターの方々についてです。学習についてのことだけでなく、個人的な悩みや相談事も聞いてくださいました。さらに、生徒一人ひとりの成績状況や性格までも把握、理解しそれを踏まえてアドバイスをくださいます。私はとても心配性で考え込む事が多くありましたが、1年を通して講師、事務の方々に頼り力強く的確なアドバイスを頂いたことで受験本番を迎える頃には過度に不安になることも無く自分のやってきたことに自信を持てるようになりました。このような事は、増田塾だからこそだと思います。最後に、今振り返ると自分の合格はこの増田塾以外では有り得なかったと確信できます。増田塾に入って本当に良かったです。ありがとうございました。

中央(商・経済)同志社(文化情報) 立命館(経営・産業社会・映像)合格

現役入塾:内田 宏樹 さん

私は増田塾に入って1年間勉強しました。入塾の決めては強制自習でした。この塾に入るまでの私の成績は三教科とも偏差値50もなくて、特に英語と国語は苦手でした。家に居ると全然勉強しなかったのでこの制度は自分にとって最適でした。最初はSVOCの振り方も全く分からなかったけど、すごい初歩的な段階から授業をしてくださり、最終的にはセンター試験や私立の試験でも英語を武器にすることができました。確実に言えるのは、増田塾に入らなかったら私は絶対に今年受かった大学に合格出来たとは思いません。増田塾のおかげで大学に合格出来ました。1年間ありがとうございました。

県立 中村高等学校

慶應義塾(法・商)合格 

高卒入塾:中尾 智哉 さん

3つだけ言いたいことを言います。 1つ。勉強ばかりに気を取られないでください。一年という限られた期間しかなく焦るのはわかります。でもたまには息抜きも必要かもしれません。案外その方が勉強に飽きがきません。それでも勉強量が足りるのは増田塾の強制自習のおかげ。辛いけど幸が来ます。 2つ。自分の入試科目にない科目だからやらないのはNG。3科目しかないんだから全部やって下さい。俺はやらなかったから慶應以外落ちた。同様に過去問もそうです。慶應しかやらなかったから他は全部落ちた。でも裏を返せば過去問はとても大事ということです。増田塾の過去問演習はすごい役に立ちます。順位も載る。受けない学校とかあっても積極的に受けて下さい。 3つ。独りを楽しんでください。塾に行ったらひたすら勉強、休憩中も勉強、そういう生徒は強いです。あと塾のルールを守らない生徒は良い結果が出ないと思います。つまり増田塾の一切の私語禁止ルール、アイコンタクト禁止ルールは最強ってことです。僕はこのルールを違反して成績が上がった生徒を見ませんでした。 結局、増田塾に行ってルールを守って言われたことを、コツコツやったら合格するということです。あまり触れる人が少ないから言いますが、実は増田塾の授業の質は最強。本当にわかりやすく丁寧に教えてくれます。実力が上がるのが目に見えてわかる。1年間""楽しんで""勉強してください。

私立 名古屋高等学校

早稲田(法・社会科) 明治(文)青山学院(文)合格

現役入塾:福永 航己 さん

僕にとって増田塾は最高な塾でした。僕はこの増田塾に入る前、勉強を自発的にすることができなかったので、この塾の目玉でもある強制自習制度はとても魅力的でした。強制自習の中で、勉強をする習慣が自然と身についたということが、僕の受験勉強において1番大きかったのではないかと思います。確かに、入ったばかりの時は、辛かったのですが、夏を超えたあたりから成績がどんどん上がりだして勉強をすればするほど勉強することが楽しいと感じるようになっていきました。僕は増田塾で学んだおかげでずっと行きたかった早稲田大学に現役で行けることになりました。これは去年の今頃は考えられないくらいのことでした。この増田塾に入り強制自習する環境の中で一年間やりきったということが受験を受ける中で心の支えになりました。今回僕が勝ち取った合格は、僕一人の力では到底得ることができなかったものだと考えています。これまでお世話になった先生方、チューターの方々、事務のスタッフの皆さん、色々と支えてくれた両親には本当に感謝しています。ありがとうございました。

早稲田(教育)合格

現役入塾:加藤 優作 さん

私は高校2年生の時に増田塾に入りました。高校3年生まで運動部に入っていたのですが、部活と受験勉強の両立が難しい中、増田塾に通うことで勉強する習慣を定着させることができました。また、熱心な先生やスタッフの方々の応援もあり、勉強はもちろん部活にも打ち込むことが出来ました。強制自や、チェックテスト、授業の振替が好きなように出来た事も、私にとってはとても有り難かったです。具体的な勉強方法も重要であると思いますが、集中して勉強を続けることが出来たこと自体が一番大きいことであったと思います。増田塾には素晴らしい環境が整っていて、支えてくださった増田塾の方々にはとても感謝しています。本当にありがとうございました!

早稲田(文) 同志社(文・社会・グローバル地域) 立命館(文)合格

現役入塾:三浦 薫 さん

高1の時は留年しない程度に勉強し、高2の時も日本史を夏からやった程度でほとんど受験に向けての勉強をしていませんでした。事実、高2の3学期の時点で英語の5文型も満足には理解出来ておらず、模試の結果も立命館がD判定が出るか出ないかそういうレベル。ただ受験まであと1年となったところで流石に焦りが出てきました。自分は大学に受かるのかどうか、受かったとしても無名大学にしかいけないのではないか。しかし今まで勉強など定期テスト前の一夜漬けくらいしかしてこなかった当時の自分は何から勉強すれば良いのか分からないどころか、机に向かって勉強するという習慣すらありませんでした。そんな中で増田塾の情報が耳に入ってきました。強制自習とか定期的なチェックテストとか管理的な感じがして、自力で勉強出来ない自分にうってつけの塾だと思い入ることにしたのです。少し不安だったこともありました。進学先にMARCHやら関関同立がずらーっと並んでいるのを見て、授業についていけるか、周りは頭良い奴ばかりなのではないかと。そういう訳ではなかったです。ただ塾が提示してきた目の前のことを一生懸命にやっていれば1年後には成績は伸びています。塾もあんまり無茶な要求はしてきません。安心してください。増田塾は十二分に受験までの1年を預ける価値がある塾だと思います。

早稲田(政治経済・社会科・教育・人間科) 上智(外国語)同志社(政策)立命館(法・産業社会)合格

高卒入塾:辻本 健治 さん

僕は、現役の時は全落ちでした。そんな自分が、早稲田大学の合格を貰えるまでになったのはひとえに増田塾のサポートのおかげです。増田塾に入って、一番良かったと感じた事はやはり強制自習です。強制自習と聞くと、さぞかし辛いものだろうと感じる方がほとんどだと思いますが、実際は皆さんの想像よりは楽だと思います。僕の場合、入って2週間ほどは辛かったですが、その後は生活リズムに慣れ、休憩時間に話をする仲間もできて、それほど辛いとは感じませんでした。休憩時間以外での携帯の使用や私語が禁止されているためメリハリがつきます。勉強に集中できる環境にある自習室は私にはとても合っていました。他塾に通っていたら、ここまで集中して学び続けることはできなかっただろうと思います。振り返って見れば、塾に入った当初、先生方から「基礎固めをする最初の時期が受験勉強で一番大事だ。」と耳にタコができるほど言われました。当時の自分は、どうせ一年中、今が一番大事と言われ続けるのだろうと思いながらも、現役の時の悔しさを二度と味わいたくないという気持ちで、何度も基礎を叩き込みました。夏頃までは成績が上がらず、模試でもE判定でしたが秋に入って突然伸び始めました。成績はすぐに伸びるものではないため、基礎的な勉強をしていても意味があるのかと不安に思うかもしれません。それでも必ず伸びる時がくると思います。最後になりましたがこの1年間支えてくださった方々本当にありがとうございました。

早稲田(政治経済・法・商・教育・社会科) 明治(政治経済)法政(法)同志社(法)合格

高卒入塾:坂野 伸之助 さん

去年、合格体験記を読み漁っていた自分を懐かしく思います。恐らく、この合格体験記を読んでいる方々の中には受験への不安に駆られている人も多いでしょう。私もそうでした。確かに努力が全て報われるとは限りません。けれども、大きな目標を達成するために努力は最低条件です。増田塾のカリキュラムは、この最低条件をクリアするためのサポートが徹底されています。例えば、強制自習。他の予備校にはないシステムでしょう。加えて、暗記チェックテスト。暗記は疎かになりがちです。地味で退屈な作業ですからね。けど、暗記は1番重要です。暗記を疎かにすると知らないうちにズルズルと成績が落ちていきます。暗記チェックテストがあるおかげでこれらの地味な努力も継続できました。加えて、私がこの1年で増田塾が素晴らしいと思ったところを1つ。それは事務員、講師、チューターの方々との距離の近さです。心が折れそうな時が何度もありましたが、その時は事務員の方が親身になって相談に乗ってくれました。講師やチューターの方々も鋭いです。たぶん生徒のメンタルは全て見透かしていますね。本当にこの1年はキツイと思います。でもこの1年の努力は一生の宝物だし、最後に結果がどうであれ、本気で1年間努力できた人なら自分を誇りに思えると思います。始めに言ったこととは矛盾しますが、努力は裏切りません。だからこの1年の泥臭く、カッコ悪く、がむしゃらに努力しよう!!そして最後には笑って終われるように!!応援しています!!!

国立 名古屋教育大学付属高等学校

慶應義塾(法)合格

現役入塾:原田 理沙 さん

私は増田塾のパンフレットにあった強制自習の文字に惹かれて入塾を決意しました。強制という言葉がついているので大変だと思うかもしれませんが、日々のチェックテスト対策や授業の予習復習をやっているうちに時間が過ぎて行くので、つらいと感じたことはほとんどありませんでした。強制自習の時間にやるべきことをやるだけでかなり力がついたと思います。私は慶應志望だったのですが、先生は忙しい時間の合間を縫って、個別で添削指導をしてくだいました。構成や論展開、内容まで細かくチェックしてくださり、合格するための的確なアドバイスを頂きました。私の合格は増田塾なしでは叶わなかったと思います。増田塾は第一志望に合格したいという強い意志とやる気がある人にぴったりの場所だと思います。本当にありがとうございました。

県立 名古屋西高等学校

早稲田(文化構想)慶應義塾(文・環境情報) 立教(法・コミュニティ福祉)合格

高卒入塾:今川 雄太 さん

僕は増田塾名古屋校に入学し慶應義塾大学、早稲田大学それぞれの第一志望に合格することが出来ました。去年の浪人が確定したときにたまたま家に届いていた塾のパンフレットを読みその合格実績に驚愕し入塾を決めました。そして、入ってから2週間ぐらいした頃にあの他の追随を許さぬ圧倒的な合格率を叩き出す理由を悟りました。授業を担当される講師陣は、各教科の第一線で活躍されるプロ中プロの方々で、その授業は、分かり易さと得点に結び付く内容の濃さがあります。また、授業に使われる増田塾のテキストは非常に網羅性が高く重箱の隅をつつくような早慶上智レベルの問題もバッチリカバーしています。自分は世界史を選択していたのですが増田塾のテキストを完全に理解し自分で説明できるようになれば、私大世界史をマスターしたといっても過言ではないと僕は考えます。そして、増田塾最大の特徴である強制自習は有効に使うことで爆発的な学力向上を生み出します。では、どうすれば有効に強制自習をつかえるのでしょうか?僕は、能動的、主体的に強制自習に取り組むことが正解なのだと考えます。ここで言う能動的、主体的な自習とは、ただ闇雲に授業の予習、復習をするのではなく、自分で自分に説明できるように自問自答しながら取り組む自習のことです!また、増田塾名古屋校はバックアップ体制も万全で、他の大手予備校では面倒を見てくれないであろうところまでとことん付き合ってくれます。この塾では、最後まで頑張り抜いた人にご褒美が与えられます。それが合格保証です!僕は、この合格保証を頂いたのですが試験会場で自分でもびっくりするほど緊張せず、自分は’’勝つに決まってる’’と自信を持って受験することができました。本当に、自分の合格は増田塾名古屋校なしではありなかったと思います!受験にどうしても勝ちたい!どうしても行きたい志望校がある!やりたいことを見つけれる大学に行きたい!という方には、本当に増田塾は最適いや最強の塾だとおもいます!本当に一年間ありがとうございました。

私立 南山女子高等学校

早稲田(教育)慶應義塾(経済・法・文) 明治(政治経済・経営)青山学院(国際政治経済) 立教(経済)学習院(文)合格

高卒入塾:尾関 杏 さん

私は1度目の大学受験において人生で初めて不合格の悔しさを味わい、どうしても慶應義塾大学に行きたいという強い意志をもって浪人を決意しました。そして、予備校を探す中で、増田塾と出会い、その熱量に魅了され入塾しました。増田塾には特徴的な制度がいくつかありますが、その中でも特に定期的に実施されるテストと面談はすごく自分に合っていたと感じています。自分が今やるべきことを的確に指摘してくれるので、そのおかげで私は迷うことなくまっすぐ前だけをみて1年間走り抜けることができました。その日々の中で、私が1番意識していたことは、「淡々と」過ごすことです。これは最初のガイダンスの時に事務の方や先生がおっしゃっていたことで、私の浪人時代のスローガンでした。これは毎日一定の努力を積み重ね、テストや過去問の出来具合に感情的に反応するのではなく、冷静に自分を分析する客観的な視点を常に見失わないようにするという意味であり、長い受験期を乗り越える鍵だと思います。このように増田塾では、生徒にしっかり寄り添って、進むべき道を照らしてくれるため、勉強だけに集中することができました。本当に増田塾には感謝しています。ありがとうございました。

市立 緑高等学校

関西学院(文・教育)合格

高卒入塾:高橋 孝輔 さん

僕は高校時代、軟式野球部に所属していてその高校は強豪で自分たちの代で東海大会優勝するほど部活に熱心でほとんどの時間を部活に費やしていました。夏から始めた受験勉強。当然、今まで何もやってこなかったので難関大学含め全て不合格でした。自分自身スポーツではあまり人に負けたことがなくすんなりと今まで苦労することなく過ごしていたので初めての<挫折>を味わった気分でした。予備校を選ぶ中、増田塾の強制自習に興味をもちました。強制自習は日曜以外朝から夜まで強制的に塾で勉強するシステムで自分を追い込むには最高の場所だと思いました。また、今年はコロナというイレギュラーな状況下で浪人したのにも関わらず増田塾は最初の2か月間、オンラインの授業と面談、毎日のチェックテストなど徹底した管理で勉強できました。正直どの塾の受験生よりも勉強した自信があります。対面授業になってからは直接先生に質問できる環境になり積極的に活用しました。自分の第一志望は関西学院大学だったので英文和訳や英作文の添削もたくさんしてもらいました。結果、見事第一志望に合格することができました。増田塾ではただやみくもに入試を受けにいくのではなく一人一人にあった強みを生かした方式などの戦略を立ててくれるので合格の可能性を最大限に引き出してくれます。自分もそれで合格できた大学がいくつかあります。最後になりますがこの一年間本当につらいことも多かったけれど塾の仲間やスタッフさん先生方のサポートがあって自分を見つめなおすこともできたし、勉強に集中できました。増田塾にはほんとに感謝しかありません!ありがとうございました!

私立 名城大学付属高等学校

同志社(商)立命館(法)合格

現役入塾:佐藤 健太 さん

僕は増田塾に入塾する前までは勉強ができるできない以前に椅子にじっと座っていられないほどでした。入塾して毎日22時まで自習をしているうちにだんだんと勉強する習慣が付きました。強制自習制度がなかったら絶対に逃げだしていたと思います。増田塾に入って一番良いと思ったことは予めカリキュラムが決まっていて、大手予備校のように何の授業を取るのかという迷いがないことです。他の塾生もみんな同じカリキュラムでやっているので互いに切磋琢磨でき、ランキングを見てモチベーションを高めることができました。一年間の増田塾での生活を通して前向きに考えることやあきらめないことを学ぶことができました。 一年間ありがとうございました。

同志社(商・経済・政策)合格

現役入塾:服部 友美 さん

私は最初の入塾体験授業の時に名詞、副詞、形容詞の区別もつかないレベルでした。でも「自分はなんやかんやできる。」とどこかでうぬぼれて思っていて、夏まではチェックテストとか出席など「やっている感」だけで、あまり身が入っていませんでした。そんな、私でしたが先生方はちゃんと見ていてくれて、見捨てずに指導してくれました。やるならやる。やらないならやらない。その二択しかないと思います。中途半端にやるのが一番無駄でださいことだと思います。この大学に何がなんでも入ってやるという気持ちと、それに見合った努力をすれば必ず受かります。私も途中で心が折れそうになったことは何度もありましたが、先生方、両親、友人、そして今まで勉強してきた自分に合格して、応えたいという気持ちで頑張りました。増田塾ほどいい環境でよい友人に会える塾はないので、自信を持って頑張ってください。心からみなさんの合格を祈っています。

市立 名東高等学校

青山学院(総合文化政策)中央(総合政策)合格

現役入塾:前田 晋吾 さん

受験期というのは今までの経験の中で一番特殊な時期でした。朝から晩まで勉強漬けの苦しい日々でした。しかし、サボろうと思えば簡単にサボれてしまうのも事実です。僕は苦しいことに自ら立ち向かえるほど強い人間ではなかったので、強制自習のある増田塾を選び、結果、入塾以前のままの成績では確実に受からなかった大学に合格できました。本当にこの制度に助けられたと思います。また、不安はありつつも、強制自習によりかなり勉強したからきっと合格できるという自信もつけることができました。しかし、「強制だから仕方なく」という意識ではこの制度にも意味がなくなってしまうと思います。やはり最後は自分でしっかりやろうという覚悟は必要です。増田塾は強制自習以外にも様々なシステムがあり、その覚悟さえあれば確実に合格へ導いてくれる塾だと思います。僕の合格も増田塾や家族に支えてもらったおかげです。本当にありがとうございました。

立命館(産業社会)合格

現役入塾:小川 彩菜 さん

高校1.2年生の頃私は本当にばかな子でした。日本史のテストで「甲申事変」と書く所を「東京事変」と書いて間違える悲惨さで(軽音部でした)、模試も県内の中堅私立大学すらE判定でした。そんな高校2年生の3月、「私大文系に特化」「強制自習制度」 の珍しさに惹かれ入塾を決めました。初めは机に向かうことすら苦痛でしたが、同じように自習してる周りの友達に刺激を受け1年やりきることができました。また、授業では、どうしても暗記物の多い私文の3教科をそれぞれ理由付けをしたり歴史の流れを丁寧に説明したりしてくださったので頭にはいりやすく、CTのおかげもあってか、古い内容を忘れず新しい知識を入れることができました。おかげさまで成績は上り調子でしたが、それでも2月の前期試験では志望校には届かず、後期試験を受けることになりました。心が折れそうになりましたが、長時間勉強するクセは強制自習でついていたので後期の長期戦も耐えられました。また、先生や事務の方がなかなか出回っていない後期試験の問題を集めてくださったり、熱心に指導してくださったりしたおかげで、無事志望校に合格することができました。増田塾は最後まで粘り強く指導してくださる丁寧で面倒見の良い塾です。増田塾に入ってよかったです。本当にお世話になりました。そしてこれから入塾する皆さん、強制自習やCTはしんどいですがやりきれば必ず結果が出ます!1年後いい結果が出ますように!応援しています!

県立 明和高等学校

慶應義塾(法・文)上智(法)合格

現役入塾:松原 悠紀 さん

部活動を引退して本格的に受験勉強を始めてからは、毎週行われるチェックテストを小目標にすることで、一定のペースで継続して勉強を進めることができました。このチェックテストが増田塾の最大の魅力です。大体同じ量の範囲が毎週設定され、さらにテストの結果が貼り出されます。現卒含めた順位が出るので、かなりのモチベーションをもって毎週勉強することができ、実力を伸ばすことができました。また、一年間あるいはそれ以上の努力は自信となって本番の自分を助けてくれます。本命の慶應法学部の直前5日間、僕はインフルエンザにかかり勉強が一切できず、慶應経済と滑り止めの大学の受験も断念せざるをえませんでした。一時はかなりの不安に襲われました。しかし、布団の中で一年を振り返っていると「これだけやった僕が直前やらなかっただけで落ちるはずがない」という自信が次第に湧いてきて、体調もだんだん良くなりました。そして、なんとか無事に慶應法に合格できました。僕が最終的に増田塾で得たものは第一志望の合格以外にもうひとつ、絶対的な英語の力です。増田塾のカリキュラムに妥協はありません。だから、やれば確実に実力が上がります。入塾前、英語の偏差値は60前後でしたが、最後の増田塾模試では偏差値93を叩き出し、早慶オープンでは英語で全国一位(慶應文学部)をとることができました。冒頭にふれたような英語に対する苦手意識は一切なくなりました。先生方、サポートしていただいた事務員の方々、チューターのみなさんには本当に感謝しています。

早稲田(文・文化構想・教育)上智(文) 明治(文・国際日本)同志社(文)合格

現役入塾:名久井 りさ さん

私は高3の春休みまで定期テストの前以外に勉強したことがなく、まともな勉強をしてきませんでしたが、増田塾に入ってからは勉強時間も大幅に増え勉強の習慣が身につきました。入塾してからは基礎から始まる授業やCTを通してだんだんと成績も上がるようになりました。自分がこの1年間を通して意識していたことはスキマ時間の有効活用です。現役生は時間がありません。自分は最後の最後まで学校と受験勉強の両立に悩んでいましたが、逆にそのおかげでスキマ時間や無駄な時間は全て勉強にあてることができたと思います。浪人生の勉強時間に追いつくために強制自習の勉強の質を上げることを常に意識していました。常に浪人生には負けないという気持ちで勉強に臨み、夏頃からは偏差値が70を越えるようになりました。そして、最後の奨学金模試で50位以内に入ることができ、もうムリだと思った時でもそれを自信に乗り越えることができました。増田塾のカリキュラムは辛いものも沢山ありましたが、確実にこの1年間で自分の成績は上がり、目標の早稲田大学に合格する事ができました。1年間、ありがとうございました。

慶應義塾(経済・文)合格 同志社(法・社会・スポーツ健康) 立命館(法・産業社会)合格

高卒入塾:尾藤 実 さん

自分を徹底的に追い込んで、悔いのない浪人生活を送りたい、そんな思いから強制自習制度のある増田塾への入塾を決めました。実際に校舎は勉強に集中するのに理想的な空間で、自分の限界に挑戦できる環境が整っていました。昼夜2回の休憩を挟んで朝9時から夜の10時まで勉強する生活は、はたから見れば過酷に思えるかもしれません。しかし、慣れればそれほど苦にならなくなり、むしろ、努力量に比例するチェックテストの点数に達成感や喜びを感じるようになりました。また、ひとりひとりの学習状況に応じた先生方の柔軟な対応もモチベーション維持するのに非常に効果的でした。何よりも自分にとって第1志望に合格できた最大の要因は、最も苦しかった入試直前期に「これだけ勉強して落ちたら仕方がない」と良い意味で開き直れたことだと思います。1年間の浪人生活を終えて今思うこと、それは、増田塾に入って本当に良かったということです。1年間ほんとうにありがとうございました。

県立 四日市高等学校

早稲田(社会科・人間科) 法政(経営)合格

高卒入塾:森 健二郎 さん

この文章を読む皆さんは増田塾に入塾してどれくらい成績が伸びるのだろうと考えている方もいると思います。僕はその事について書いていきたいと思います。僕は現役時は模試の結果はE判定が続き、センター試験の英語は98点しか取れず、結局MARCHは全落ちしてしまいました。そして、増田塾での1年間の勉強を経て、模試でも冊子に名前が載るなど判定もAが並び、センターの英語は185点を取り、早稲田大学に合格することができました。これらは極端な例ではないと思います。正しく勉強を積み重ねていけば成績は伸びます。そして増田塾が必ずその指針を示してくれます。正直、大手予備校も考えていましたが、文系私大「専門」というところに魅力を感じ、こちらを選びました。増田塾の先生方を信じてきて本当に良かったなと思います。本当にありがとうございました。

県立 四日市南高等学校

早稲田(教育・人間科) 明治(情コミ)青山学院(総合文化政策) 立教(観光・文)中央(総合政策・文)合格

高卒入塾:服部 聖奈 さん

『努力すれば報われる』なんて、そんなことはないと思っていました。私は去年第一志望に落ち、滑り止めの大学に進学しようとしていました。そのままそこに行けば、大学でサークルなどに入って楽しく生活はできます。なによりまた一年受験勉強しなくてもいい。現役の間中は浪人なんてカッコ悪いと考えていて、絶対浪人なんかしてやるものか!!と決め込んでいました。学校の先生や現役時代の塾の先生にも、「あなたは浪人はせずに、ちょっと低いところでもいいからそこで海外留学などをして、自分を高めていったほうがいいと思う。」と言われました。しかし、どうしても引っかかることがあったんです。「私がこの高校の3年間でやってきたことをこんな程度で終わらせてしまって良いのか?自分の最終学歴がこれでいいのか?」って。私は自尊心が強く他の人に負けることが許せない質で、この疑問は自分にとってかなり大きなものとなり浪人することを決意しました。しかし実際なってみると思っていたより大変なことに気づきました。毎日チェックテストのための勉強に追われ、周りの現役で合格した友達が遊んでいるのを羨ましく思ったりしていました。塾内のテストのランキングもあり、うまくいかなかったときは悔しかったし、赤本を解いて全然点数が取れなくて、でも周りの子達はどんどん成績が上がっていくのを感じると、今までやってきたことは無駄なことだったんではないか?と自暴自棄になった時もありました。『努力しても報われない』これは前々から考えていたことで、よくそういう経験をしてきました。やっぱりこの受験も実を結ばず、また失敗してしまうのではないかという観念に取り憑かれてしまっていた時は本当に苦しかったです。ですが、冬くらいになってから模試に今までの積み重ねが現れてきました。まさかの早慶模試のランキングに自分の名前が載ったんです。そこからはもう赤本と今まで増田塾でやってきたことの繰り返しでそのあともどんどん伸びていきました。勉強にも波があって最後の方はやっぱり早稲田は受からない気がする…と弱気になっていましたが、増田塾の方々から多くの自信がわく言葉を頂き、見事合格を勝ち取ることができました!『努力したら報われる』ということを実体験で知ることができたのです!次に私が増田塾に入った経緯と皆さんが気になっているのではないかと思うことを紹介します。浪人することが決定し、塾をどこにしようかという話になり、まず、受験の帰り道で合格速報を配っていた増田塾のことが頭に浮かびました。そこには「強制自習」「合格保証」の文字が並んでおり、自分は縛りがないとすぐにだらけてしまうが、与えられたものは完璧にやりこなすという性格なのをよくわかっていたので、この制度は私に合っているな、と思いました。他にも大手予備校の入塾説明会に参加し、ネットで情報を集め、検討し増田塾に入塾しました。増田塾のHPには、この塾のデメリット?という項目があるのですが、それは逆にメリットであると実際に入って思いました。休み時間は長い自習時間のリラックスになり、その時間もキッチリ決められているのでダラダラと話し続けることもできないというか、皆意識が高いのでそんなことは自然とできなくなります。設備のことに関しても、皆さんが学校で使っているものと全く変わりありません。学校での勉強が机や椅子のせいで全然進まな~い、なんてないでしょ?むしろ、普段の学校と変わらない設備でやるほうがいいんではないかな、と私は思います。人間が一番集中して勉強ができるのはノートを広げたくらいの広さだと言いますし。強制自習時間の長さに関しては、最初は辛いと思います。特に今まであまり勉強をしてきていない人には。ですが、日に日に慣れてきて、終いにはこれだけでは時間が足りない!!という感覚になっていきます。それに難関私大に合格したいのであればこの強制自習の時間ではまだまだ足りないくらいです。ですから多くの塾生はそのことに気づき、自ら強制自習後の時間も進んで残って勉強していました。それをこの縛りなくして他の塾でできるかは疑問なところです。どうしても周りにはカラオケ屋さんはあるし、可愛い服屋さんはあるし、いろいろな誘惑がいっぱいです。今の若い子達にとっては、友達からの遊びの誘いは断りづらく自分も楽しいから、ついつい堕落の道を歩んでしまいがちになります。確かに息抜きも大事でしょうが、やりすぎてしまうともう手遅れです。はい、もう一年、というわけです。しかし、増田塾ではこの縛りがあるからこそ、そんなことにはなりません。などなど…デメリットと思われてしまうことは裏を返せばメリットだったりするのです。授業の質も気にされてる方が多いのではないかと思います。実際私も塾を検討する際に不安を覚えていました。でも安心してください!増田塾の先生方の授業の質はとてもよく、皆さん真心を持って教えてくださり、質問にも気軽に答えてくださいます。大手の塾の授業も受けたことはあるのですが、やはりピンからキリまで、といったところでした。うまくそのいい先生に当たればめっけもんですけど、そうじゃなかったら…っていう感じです。他にも事務員さんやチューターさんにも困っていることがあれば相談に乗っていただけアットホームな雰囲気です。最後に、この一年間支えてくださった増田塾の皆さんに感謝申し上げます。本当にありがとうございました!!あのまま進学するよりきっといい未来、諦めない心、そして『努力すれば報われる』ということ、全てを私にくださいました。このことを私たちの後輩にも伝え導いてあげてください。

個別入塾面談のお申込み・ご相談

ページトップへ戻る