早慶上智・難関私大文系予備校なら

30秒でカンタンお申し込みデジタルパンフレット配布中!

入塾説明会個別入塾面談お申込みフォームはこちら

お電話でのお申込み0120-842-428受付時間 10:00~19:00 入塾個別説明会お申込みフォームはこちら

MENU

水戸校特選 合格体験記サイト

教室長のメッセージ

水戸校は開校してまだ2年なのでまだまだ数は多くありませんが、様々な高校から早慶上智を始めとした難関大学に合格しています。
先輩たちの合格体験記をご覧頂きまして、増田塾の特徴を知る一助にして頂ければと思います
 
※掲載されている高校以外の生徒様もご入塾・合格されております。合格体験記は一部抜粋です。
※水戸校以外の他都府県校舎に通っていた方も含まれております。

私立 江戸川学園取手高等学校

慶應義塾(文/商)早稲田(人間科/教育/社会科)明治(情報コミュニケーション/経営/政治経済)法政(人間環境/社会)

高卒入塾:田副 俊さん

自分が増田塾に入塾すると決めたのは3月末でした。GMARCHの補欠合格の可能性がなくなってから予備を探し始めてたどり着きました。自分は私立文系に絞ろうと考えていたので、自分にとって好都合な塾でした。授業が始まってからはほとんどの時間を英語と日本史に割きました。しかし、日本史は成績はすぐにどんどん伸びましたが、一方で英語は落ちてしまいました。みんなができるようになっているから落ちるのは当然だと頭では分かっていても、本当に悔しかったです。それでも焦る気持ちを抑えて、塾に言われた通りに、英語の基礎を確実にこなしつつ精読や速読をやり続けた結果、早慶の文章が読めるようになるまで成績が上がりました。自分的にはやっぱり地歴を1番頑張ったことが受験に合格した秘訣だと思っています。浪人を考えている人は地歴に力を入れることをお勧めします。地歴は暗記科目なので時間を掛ければ絶対に成績が上がりますよ。みなさんも志望大学に合格できることを心から祈っております。

青山学院(経営)法政(人間環境)同志社(経済)

高卒入塾:寺西 基さん

僕は現役時代の甘ったれた自分をどうにかしたいと思い、増田塾で浪人という貴重な時間を過ごすことを決めました。勉強の要領は悪いし、地頭も良くないのでとにかく勉強量は増やさなければと思いました。従って僕は入試が始まるまで校舎の開いていない日曜以外、本当に無遅刻無欠席かつ最終自習時間まで残って勉強しました。塾に行けば絶対CTや授業を受けることになりますし、勉強以外やることがないので自然と勉強量は増えました。毎日登校することは冗談抜きで大切です。また勉強は量より質という人がいるかもしれませんが、質が悪いと自覚している人はやっぱり量をこなすべきだと思います。増田塾は僕のように自分を変えたいと心の中では思っているし、やる気もあるはずなのに肝心なところで弱い自分に負けてしまい行動に移せないという人にぴったりです。最後になりますが、この1年間、いつも暖かく応援して下さった先生や事務員さん、チューターの方々、ありがとうございました。そして、受験生活を支えてくれた両親や友人にも感謝の気持ちでいっぱいです。

私立 鹿島学園高等学校

法政(法/社会)立命館(政策科)

現役入塾:真庭 恵莉さん

私は高2までずっと勉強から逃げていました。周りが進路を意識し始めた頃、私はこのまま逃げ続けて大学はどこでもいいから何となく興味がある学部がある所に行ってしまおうかと考えていました。しかし、やはりいつも逃げている自分を変えたいという思いもあり、受験勉強と戦う決意をしました。そう決意したものの、当然ですが今まで勉強してこなかった私には何をすればいいのかもわからず、そもそも勉強する習慣がついていなかったので継続して勉強することが出来ませんでした。そこで、増田塾の自習時間を管理してくれる「強制自習制度」を知り、本気でやるなら増田塾しかない!と思い入塾しました。英語は特に苦手意識が強かったのですが、今更質問するのも恥ずかしいと感じていたような基本の英文法も、全く読めなかった長文も、最初から丁寧に解き方のポイントや読み方を教えてもらえたので受験に必要な基礎を固めることができました。選択科目は知識ゼロの状態で高3から始めましたが、先生が作ってくださったテキストと問題集のみを集中して行うことで、模試や本番の入試において一番自信を持てる科目にまでなりました。現文と古文も、授業を聞き、指示された予習・復習を確実にこなしていくことで、実力がついてきていることを模試のたびに実感できました。このように、勉強すべきことが決められていてそれに従えば成績が上がることも増田塾の魅力でした。この一年間、「自分を変えたい」という思いのみでやってきました。思うように勉強ができなかった事やもうやめたい!と思った事は数えきれないほどありましたし、実際に少し逃げてしまった時もありました。それでも最後までやり遂げることができたのは、増田塾の強制システムと、共に勉強してきた友達の存在が大きいです。志望校に合格することができたのは、質の高い授業をしてくださった先生方、支えてくださった事務の方々・チューターの皆さん、見守ってくれていた家族のおかげです。本当にありがとうございました。増田塾に入って良かったです。

県立 古河第三高等学校

明治(法)

高卒入塾:小山 恭兵さん

僕は高校三年生の時、自分の受験した大学全てに落ちてしまった。きっと高校受験みたいに上手く行くんだろうと思っていたせいだ。基礎を疎かにし、応用問題集をやっている自分に酔っていた。浪人が決まった日から予備校を探し始め、管理の良さそうな増田塾に入ることにした。増田塾のカリキュラムは定着するまで何度も何度も基礎の繰り返し。これが大学受験に合格するための全てだったと合格してから感じた。また、増田塾では、勉強面だけでなく人間性、社会性を学ぶことができた。これは一見、大学受験とは関係ないように見えるが、とても関わっている。また、増田塾には合格保証いうものがあり、これがあったため心の中に少しの良い意味での余裕ができた。高校時代に合格できなかったが、こうして合格できたのは増田塾のおかげである。増田塾には感謝しかない。本当にありがとうございました。

県立 古河中等教育学校

関西(経済/人間健康)立命館(経済)

高卒入塾:影山 凜さん

増田塾の中で少し珍しいかもしれませんが、自分は現役生の時は「理系」でした。コレと言った目標がないまま受験に挑み、結果は全落ちで浪人する事を余儀なくされました。漠然としていた中で、父親が見つけてくれた塾が増田塾でした。現役生の時は勉強とは無縁の生活を送っていた為、強制自習という文字に惹かれたのを今でも覚えています。浪人するとともに文転をしました。選択科目は数学ではなく日本史です。思い返すと凄い挑戦的な事ですが、毎週の授業は丁寧で、かつ入試に必要なポイントを解説して下さいました。日本史に限らずですが授業はとても充実していました。高校の頃から成績は良くなく、日本史が初学だった為、入塾した直後の成績は壊滅的でした。言い訳をしたくはなかったので自分に何が足りないのかを見極めて、詰まる度にチューターさんや先生に相談する事で解決していきました。受験本番まで成績は決して良いものとは言えませんでしたが、「最後まで諦めないこと」が重要だと身に染みて分かりました。成績に一喜一憂せず、少しでも自分と向き合う機会を設けてみてください。自分に足りない何かが見えてくる筈です。努力したこの1年間は無駄ではありませんでした。辛かった時も勿論ありますが、この経験がいつか人生の役に立つと信じて精進できればと思います。最後に支えて下さった増田塾の先生方並びに事務方、チューターの皆さん、本当にありがとうございました。

県立 境高等学校

早稲田(人間科)明治(情報コミュニケーション)法政(キャリアデザイン)

高卒入塾:田中 慧さん

現役の時、全落ち。浪人を決意しました。"落ちる"と思ってやってました。そうした中、どこの予備校にするのかを決める中で、出会ったのが増田塾でした。他の予備校に比べて金銭的に安いことと、強制自習制度が自分には魅力的でした。増田塾での1年間を振り返ってみると、「変化」、「信じる」、「感謝」、この3つのことを経験しました。まず、色々なことが「変化」しました。成績は高3の時のセンタープレで英語・国語ともに偏差値が30台だった自分が、最終的に60台後半にまで上がりました。それは日々のチェックテストや、授業の予習、復習を脇目もふらずやってきたからだと思っています。そして、周りの人が「変化」しました。特に、父親でした。今まで一度も褒められた試しがありません。『全部落ちた時のことを考えろ』、『無理だ』とよく言われましたが、自分が毎日勉強に取り組む姿と模試などの結果で、母親に僕のことを聞いたり、下手くそでイラっとするような言い方だけど、温かい言葉で応援してくれるようになりました。とても嬉しかった。そして最後に自分の「変化」です。あれだけ嫌だった勉強が、強制されなくても机に向かって勉強している自分がいました。今まで目を背けてきた弱い自分を受け入れ、前へ進むことができました。何より自分が好きになりました。ここまで大きな「変化」がおきたのは、「信じる」ことができたからです。自分は正直、何回か心が折れました。そんな時に先生方やチューターさん、事務の方々にアドバイスされたり、時には叱られたりしながら、最終的に増田塾を「信じ」たからこそ高3の時は思いもよらないような結果が出ました。この一年間、両親、親友、高校の先生方、増田塾の方々、チューターさんに背中を押してもらえました。何よりもこの場を借りて伝えたいのは「感謝」です。本当にありがとう。

県立 竹園高等学校

法政(キャリアデザイン)

高卒入塾:宮坂 南帆さん

現役時代、学校の成績は最下位層、志望校判定はE判定だらけにも関わらず自分に甘く勉強から逃げていた私でも、1年足らずの浪人期間で合格を手にすることができた最大の要因は、増田塾の環境にあると考えます。増田塾は少人数制のため、教師との距離が近く、わからないことがあったら授業後すぐに質問することができます。チューターも毎日いるため、わからないことをその日のうちに解決でき、効率よく勉強することができます。また、昼夜のご飯休憩以外は私語やスマホ禁止というルールや自分の座席が指定してあるおかげで塾の滞在時間のほとんどを勉強に費やすことができ、その勉強量が自信に繋がりました。さらに、増田塾の塾生は志望校に合格したいという強い意志を持った人がほとんどなので、やる気が出ない時でも周りの塾生を見ると、自分も負けてられないと自然に思い、モチベーションをキープすることができます。このような環境のおかげで、私は第一志望にはあと一歩届きませんでしたが、それでも、悔いのない1年を過ごすことができたと断言できます。馬鹿な私を見捨てることなく理解できるまで丁寧に教えてくださったチューターの方々や先生方、いつも気にかけてくれて、応援してくださった事務の皆さん、ありがとうございました。増田塾に入って本当によかったです。最後に、増田塾への入塾を悩んでいる人へ増田塾は厳しい。けれど、その厳しい生活を乗り越えることで、圧倒的な学力と自信を手に入れることができます。「受験生活を後悔なく終えたい」「どうしても志望校に受かりたい」という人には、私は増田塾を推薦します。

県立 取手第一高等学校

関西(商)

高卒入塾:堀越 優人さん

増田塾に入る前の私は本当に愚かな人間でした。一切努力もせず、面倒なことは他人任せ、何となく生きていても人生は上手くいく、そんな甘ったれた自分が初めて挫折を味わったのが大学受験でした。先行きが見えなくなり不安だけが募り続けました。そんな弱い自分を自覚し変革を起こそうと「強制自習」を掲げるこの塾を選びました。初めは弱音を吐き続けていましたが、前向きに1日1日を挑戦し続けました。そうしていくうちに、CTランキングに載り始めたり、1クラスに昇級することが出来ました。大切な仲間も出来ました。この1年で学力は勿論のこと、人として大切な謙虚さや信念を学びました。そして、ここまで支えてくださった講師の方々、事務員の方々、清掃員の方々に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

県立 水戸第一高等学校

早稲田(法/商/教育/文化構想)法政(法)

高卒入塾:西野 亮太さん

私の増田塾での生活は大変有意義で、学習面は勿論の事、精神面でも私を大きく成長させてくれました。そもそも私が増田塾への入塾を決意したきっかけは、何気なく受け取った解答速報のチラシでした。そこに書かれていた強制自習の文字には非常に驚かされましたが、捲土重来を果たすべく、自分の限界に挑戦したいと思い、入塾へと踏み切りました。そうして迎えた生活は、非常に大変なものでした。しかし、毎日の強制自習の成果はチェックテストや実力テストの成績などで目に見える形に反映されやすく、また、先生との面談を通して今すべき事を明確に理解して勉強を進める事ができました。迎えた本番では、志望校である早稲田大学に合格を果たすことが出来ました。この合格は私一人ではなく、私を支えてくれた家族をはじめ増田塾のスタッフ、先生方のお蔭で勝ち取る事ができたと思っています。一年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。

慶應義塾(商)上智(法)明治(政治経済)

高卒入塾:早船 祥希さん

私は、現役のときは理系でした。浪人が決定した後、自分の興味がある分野や将来を考えて、文系の道に進もうと決心しました。増田塾に入塾した要因は、やはり他の大手予備校とは一線を画した特異な学習システム、強制自習の存在にあります。なぜなら、私は自律して学習に打ち込むことが苦手だったからです。また、歴史科目に初めて挑んだ私にとっては連日授業がある他の予備校と違い、大きなウエイトを占める強制自習によって自分のペースに合わせて学習を進めることができました。週の初めには、前週の学習の定着度を測るチェックテストがあります。このテストで良い点数をとろうという意識が、毎日の大きなモチベーションでした。そして直前期、本番を通じて私の大きな心の支えとなったのは、合格保証です。早慶上智に合格できることを塾側に約束してもらえたことは、確固たる自信となりました。本番は自分でも信じられないくらい、まるで教室で演習しているかのように受験できて、それが志望校制覇に繋がったと思います。わずか10ヶ月でここまでの実力を養ってくれた増田塾には感謝が尽きません。本当にありがとうございました!

明治(政治経済)同志社(経済)防衛大学校(人文社会科)

高卒入塾:幡谷 寛朗さん

自分は高校生の時は私立理系志望でしたが、浪人が決まった時、難関私大に受かるためには文系の方が可能性が高いという話を聞きました。当初は大手予備校を考えていましたが、面談で『国語と社会が初学で難関私大へ行けるか』と質問したところ、言葉を濁されてしまいました。しかし、増田塾の面談で同じ質問をしたところ、『努力すれば必ず受かる』と言われました。そして増田塾へ通う事に決めました。自分が今年一年でここまで成長できた最大の要因は、事務スタッフの存在です。毎日の朝礼での言葉や普段の会話、テストの結果についてのコメントなど、多面的に正確なアドバイスを聞くことができました。少人数制だからこそ、一人一人の様子を見ていただける。そして、生徒の事を先生だけでなく、事務員さんも見てくれる。増田塾の合格実績の裏には、この面倒見の良さがあると思います。1年間、本当にありがとうございました!

私立 茗渓学園高等学校

早稲田(スポーツ科)立命館(経済・スポーツ健康科)

高卒入塾:髙橋 良典さん

私は、中学から高校までの6年間をラグビーに捧げてきました。そのため、勉強とは無縁の生活を送っていました。正直、私はスポーツ推薦でうまいことラグビーができる名門大学に入学できると思っていました。しかし、現実はそう甘くはなく名門大学からの声はかからず、受験することに決めました。私が本格的に勉強を始めたのは大会が終わった1月からでした。当初は立命館大学を目指していたのですが、結果は不合格でした。実際、心のどこかではなんやかんや合格しちゃうのではないかと思ってたのですが、1ヶ月では足りませんでした(笑)。そこで浪人が決定した私は強制的に勉強させられる環境があると聞いた増田塾に入ることにしました。増田塾の良いところの1つは「基礎の重要性」を繰り返し強調してくれるところです。毎日最低限やらなければならない単語や予習をやり、さらに毎テスト後に行う面談の先生の言うこと聞いていれば、まず間違いなく1200パーセント偏差値は上がります。どの教科の先生も私たち生徒に真摯に向き合ってくれるので、自分から積極的に相談してみましょう。増田塾の生活は他の予備校に比べて本当に厳しいですが、その辛かった生活が必ず受験本番の時に自信になります。最後まで諦めず増田塾信じてよかったと本気で思います。浪人して1年間本気で勉強したいなら増田塾ですよ!!!私が言うので間違いないですよ!

県立 竜ヶ崎第一高等学校

慶應義塾(文)明治(法)立教(法)中央(総合政策)法政(キャリアデザイン)

高卒入塾:伊藤 初さん

現役生の頃の大学受験失敗の原因は、計画性のなさにあったと思います。しかし、増田塾では、毎週チェックテストというテストがあり、その出題範囲と教材が明確に定められているので、具体的にどのような勉強をいつまでにすればよいのかがわかり、日々の勉強に計画性を持たせることができました。また、講師や事務員、チューター、清掃員など、多くの方が受験生活を支えてくださったので、辛い時でも勉強に励むことができました。他塾にはない合格保証制度も、受験期直前の大きな心の支えとなりました。増田塾なしには、志望校に合格することはできなかったと思います。ありがとうございました。

早稲田(文化構想)明治(文)法政(文/経済)

高卒入塾:川島 蒼生さん

今は、無事浪人生活を走りきることができて、ホッとしている部分が大きいです。浪人生活を走りきれた理由として、浪人生活に対する自分の捉え方が大きいものだったと思います。一つ目は、同級生には大学に行っている人もいれば、既に働いて社会貢献をしている人もいるということです。その中で、どの部類にも入らない浪人生という部類に入るにあたり有意義なものにしなければならないと強く思えました。二つ目は、家族が自分に浪人をさせてくれたことです。自分の目線でしか浪人生活(大学受験)を考えているような人は自分には最高に理解できないです。家族に将来投資をしてもらい、いらぬ心労をかけさせていると考えれば、毎日塾に来て、CTをがむしゃらに狙って遅くまで残るということは苦に感じないと思います。自分はこう考えました。最後に、自分がたった1年耐え忍ぶだけで1年後の3月には家族はもちろん親戚、近所の人、小・中・高の友人、先輩や後輩が喜んでくれると思うと勝手に背負うことです。そうすることで、自分だけの浪人生活ではないという気持ちになれました。とはいえ大学受験は手強い相手であり、強い意志を保ち続けることは非常に大変でした。そこで浪人仲間がいて、事務員さんやチューターさんや講師の皆様が優しくしてくれたことは、かなり有り難いことでした。自分はこの浪人生活を通じて物事の捉え方が変わり、1年前の自分と比べるとふた回りほど成長できたと思います。本当にありがとうございました。

早稲田(人間科)法政(法)

高卒入塾:吉原 歩夢さん

私は現役の頃に日東駒専すら受からず、先輩から話を聞き増田塾に通うことを決めました。決められた課題をこなすだけで早慶に受かるという謳い文句を信じてこれまで真摯にやってきてよかったと思ってます。強制自習という制度も強制感はあまりなく周りの生徒と共に取り組むことで連帯意識が生まれ、苦手だった英語も塾の課題のおかげで入試では足を引っ張ることもなく逆に得点源になったことが合格した一因だと考えています。講師や事務員さん、チューター等が親身になって相談に乗ってくれ、親、兄弟のサポートそして同じ教室で勉強していた友達と切磋琢磨したことにより想像以上の結果を残せたと思います。ここで浪人してよかったと痛感しています。一年間ありがとうございました。

明治(法/農)

高卒入塾:横山 直杜さん

受験本番で実力が発揮できるかは誰にも分かりません。自分の受験時のコンディションは最悪でした。手の震え、吐き気が止まらずどのテストも手応えはありませんでした。最後の試験が終わってからスタッフの方(とても優しい笑)に1時間以上グチりました。それでも結果は出ていました。それはどんなに調子が悪くても変わることのないない「基礎」の力を増田塾のカリキュラムによる徹底的な暗記、毎週のチェックテストで鍛えられたからだと思っています。落ちる人はどこかで楽をしています。しかし、増田塾で楽はできません。「強制自習」により勉強しかやることがないからです。たしかに増田塾での浪人はかなり辛かったです。でも、楽する一年ではなく辛い一年を選んで良かったと思います。最後に講師、スタッフ、チューターの方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。増田塾最強!

学習院(法/経済)

高卒入塾:柿添 祐人さん

増田塾に入って良かったです。強制に勉強させられ、また周りの意識が高く、無駄な時間をつくることもないので勉強に集中できました。合格でき、今は安心感と解放感でいっぱいです。辛かったけど、本当にここまでやって良かったと感じています。浪人生として一年間やっていくのは大変で辛いときもありますが、塾の方々が支えてくれます。そして家族や友達も支えてくれます。そういう方々に感謝し、悔いなくやりきることができました。ありがとうございました。

個別入塾面談のお申込み・ご相談

ページトップへ戻る